日別アーカイブ: 2005年8月6日

八月六日のために(8)ーー持続的発展と再生的宇宙の違い

控えめな人々は「持続的発展」という「再生的宇宙」の代用品を愛用している。神に近い、しかし、宗教ではない「再生的宇宙」は、核分裂による放射性物質の半減期が終わるより遙か前に無数の生命を誕生させた。世界の覇権を手にした連中の誰一人として、環境のすべてが破壊された後のヒロシマの再生を予測していなかった。黒い雨を飲料水にして生き延びた人々の60年後の証言を予測していなかった。ヒロシマの地獄は、軍部の驚喜であったが、ヒロシマの短期間の復興は、世界覇権の「持続的発展」のシナリオを破壊した。

e・食・住.org

八月六日のために(7)ーー自然科学者

自然界で分解しない化学元素の一時的な集合体(古い概念では、ゴミと呼ばれる)は、崩壊する時間が人間の寿命に比べて長すぎる放射性廃棄物も含めてすべて自然科学者が関与している。あるいは物質の相互作用の対象外に置かれた結果と考えられる。

e・食・住.org

八月六日のために(6)ーー宇宙ゴミ

その60年後の2005年8月6日、スペースシャトル・ディスカバリーがドッキング中の国際宇宙ステーション(ISS)の壊れた10億円の宇宙服などの「ごみ」など約2.3トンを詰め込んだ保管庫をISSからロボットアームで取り外し、シャトルの貨物室に移したと報じられた。

宇宙開発にもゴミという言葉がコミュニケーションに使われる限り、「再生的宇宙」の存在は、知性的産物にしかすぎない段階を表している。

e・食・住.org

八月六日のために(5)ーーヒトゴミ

ヒロシマの原爆は核分裂理論にしたがって太陽よりも輝いた。開発に従事した軍部にとって、瞬時に14万人の焦げたヒトゴミと大量の放射性廃棄物とがゴミ出しされた事実は、世界の覇権を意味していた。有機的生命の破壊行為に、自然法則は介在しなかった。

e・食・住.org

八月六日のために(4)ーーゴミと想像力

ごみ 【塵/芥】とは、物のくず、不要になったもの、役に立たないものなどの総称とされている。ゴミ出しという行為によって、誰でも意識的に、無意識的に日常的にゴミを合成できるわけではない。化学的存在であるゴミという物質の解離と結合には、自然法則が介在する。廃棄物質は「ケミカルアブストラクト」には登録されない92種の元素の組み合わせの総称である。ゴミは、人類の想像力の欠如から、抽象性(アブストラクト)とエントロピーの無限性の融合した状態である。

エコロジー運動に関わる多くの人が、この概念を「ゴミ問題」というように日常的に再現するかぎり、「平和運動を戦っている」場合のような概念の撞着がある。

e・食・住.org