月別アーカイブ: 2006年2月

団塊の世代

酔って友愛、醒めて企画。
彼らが運命を共にした記念碑なオンラインシステム管理には教育のマネジメント不足が死ぬまでつきまとう。
自分たちだけが必要とされるようにデザインしたから、skypeとipod と100ドルPCが世界の貧困地帯でどう統合されるかはニッポン老後文明には関係しない。  Y.K

「私」

すべての外部入力を意図的に一時的に止めて、それでもいきいきと感じることが出来るのが「私」とは限らない。

「私」たちは、同じ化合物である水や塩、そして同じ遺伝子の植物を食べている。
さらに、同じ検索エンジンで同じ情報を探索する。
だから限りなく他人に似てしまっている。
すでにほぼクローンなのである。
(クローンは経験の違いからタイプが派生するようにデザインされている。たとえば、変わった食べモノや変わった情報を入力していると変わった人になる確率が高くなる。)
人々がこの世界に「私」と同じ人間はいないと考えるのは高度な消費社会には不可欠なエンジンである。  Y.K