月別アーカイブ: 2006年2月

団塊の世代

酔って友愛、醒めて企画。
彼らが運命を共にした記念碑なオンラインシステム管理には教育のマネジメント不足が死ぬまでつきまとう。
自分たちだけが必要とされるようにデザインしたから、skypeとipod と100ドルPCが世界の貧困地帯でどう統合されるかはニッポン老後文明には関係しない。  Y.K

「私」

すべての外部入力を意図的に一時的に止めて、それでもいきいきと感じることが出来るのが「私」とは限らない。

「私」たちは、同じ化合物である水や塩、そして同じ遺伝子の植物を食べている。
さらに、同じ検索エンジンで同じ情報を探索する。
だから限りなく他人に似てしまっている。
すでにほぼクローンなのである。
(クローンは経験の違いからタイプが派生するようにデザインされている。たとえば、変わった食べモノや変わった情報を入力していると変わった人になる確率が高くなる。)
人々がこの世界に「私」と同じ人間はいないと考えるのは高度な消費社会には不可欠なエンジンである。  Y.K

巨大タンカー

星空の見える美しい夜は
放射冷却が作用するモードだ。
バイオスフィアは開放系エネルギーシステムである。
この作用以上に温暖化が作用していることが大多数の科学者によって確信できたのは約20年前であった。

人々が無力化されているうちに地下資源を独占しておこうと世界の権力構造はより対立を激化している。
しかし、人類のこれまでの問題解決能力の平均的パターンでは最終審査はパスできないことは明らかである。

巨大タンカーは、2キロ先の航路上に氷山を発見しても衝突回避には間に合わない。
もはや救命具に乗り移ることしかできないだろう。
この救命具が偶然流れてきた「ピアノの蓋」であるはずがない。

それは、所詮一人分でしかない運命論を意味する。  Y.K

地産地消5

地産地消とは、自然農の栽培法の開発によって認識され始めたエコロジー運動によって引き起こされた、「食」と「農」の物理的・心理的な距離の拡大現象を縮小する目的で立案された国家政策である。

同時に、地域自給率を高めることで、共産主義圏との資源争奪戦に対抗して勃発する戦時に備えた兵站線の段階的確保でもある。

全国の農協数は、95年から10年間で2389組合から878組合に減少したにも関わらず、農協依存が続く中山間地では、シナリオは違っている。

「資本主義では損益がつきものだ。規格外の農産物を腐る前に消費率のもっとも低い地元(農家こそ自給自足である)以外で分別、包装を省略した産直形式で安く売ってしまえ。規格外商品の売り上げの期待を行動のバネにさせよう。その分、農協は米の買い取り価格を下げられる。」

地産地消の動機は表向きほどエコロジー的ではない。
不良債権処理のための、出口のない資本主義だ。  Y.K

地産地消3

過疎地とは明日、なにをすべきかわからない人が多数を占めた場合である。
高齢化とは老後に備えた将来の年金受給者が、静かな絶望的な計画的節約生活を送っていく姿である。
日本人とアメリカ人だけがこの種の搾取型グローバリズムに熱中している。  Y.K

地産地消1

シェークスピアは「今が最悪の状態と言える間は、まだ最悪の状態ではない」と言ったが現在の構造つまり負債総額750兆円返済のために、都市と農村が交流したら最悪の状態になるだろう。
共同体を大切にするならば、都市住民と農民を含んだ半径15キロの共同体が地球惑星の歴史上、すでに成立していることに気づくはずだ。  Y.K

トポロジー

風はどこにでもありふれているが、
今、風が吹いているとき、
吹いていない場所が地球上で少なくとも2カ所存在する。
オーロラはどこにでも現れないが、
北極でオーロラが見えるとき、同時に南極でも見えることが発見された。
風とオーロラにはトポロジーの極性原理が支配している。  Y.K

自殺者定数

ベトナム戦争で5万人のアメリカ兵が戦死した。
しかし、戦後に15万人の元アメリカ兵が自殺している。
ちょうど1年前、イラクで戦死した米軍兵士の数は1350人を超えていた。
(負傷者数は9844人)
帰還後の自殺者定数が3倍だとすると、
これから約4000人以上が自殺するだろう。

この定数は元イラク兵にも確認されるにちがいない。  Y.K

長老

子供らしさが死んだとき、大人と呼び、
大人らしさが死んだとき、老人と呼び、
老人らしさが死んだとき、死人と呼ぶ。
村で裕福な長老だけは死を免れ、マンションの管理人になったが
住民は彼の名前も知らない。  Y.K

神秘

子供は身近でもっとも神秘的な存在である。
芸術家や科学者を除いて、この期間が探求されることは稀である。
この期間をひどく誤解しているのは両親である。
自分たちが属する社会規範に適応させたいがために。  Y.K

子供

どんな人間にも子供時代があるが、けっして子供にはなれない。
想像力によってのみ子供になるか、
彼らとコミュニケーションするとき達成できるかもしれない。
ところが、子供はけっして子供になりたいと思っていない。  Y.K

予測 VS運命

未来を予測する主観的方法は、常に失敗しないように傍観することである。
未来を予測する客観的方法は、自ら行動し自分自身をいかに理解するかである。
どちらにも中途半端な人が運命占星学に聞き入っている。  Y.K

ブナの原生林から遠ざかるにつれて、熊たちは絶え間なく殺されている。大気圏外に放り出されるのは犬だけではない。熊たちは森や川を日々30キロ以上移動しなければ生きられない。私の祖母でさえ若き日々に4里(約16キロ)を歩いて生活した時代を懐かしんでいた。  Y.K

金を使わないようにする節約は、もっとも簡単な努力である。
安く量産することと、安く売ることが異なっているように、
金を持たずに済ますことは金を儲ける以上の価値がある。
そこには発見と発明が必要である。   Y.K

玄米食

玄米食(またはマクロビオテック)を3ヶ月続けて適度な運動をしている人は、活発で健康な子供のようにトイレでトイレットペーパーやウォシュレットをほとんど必要としない。なぜなら、すべての健康な動物の肛門は、トイレットペーパーを必要としないようにデザインされているからだ。たとえば、牛舎暮らしではなく、放牧された牛の脱糞行為を見るだけでも、生まれつき清潔好きであると感じる。
これは都会でも可能な森林再生法である。
同時に肛門の退化を図る目安でもある。
(ちなみに自衛隊では一回のトイレットペーパーの使用量は1m以内。軍隊は入口ではなく、出口から規律されている)。  Y.K

デザインサイエンス

デザインサイエンス的解決法は、誰でも素晴らしいと確信できる。しかし、この70年間生活水準をより高め、人類の労働を軽減しながら、なぜ人類に幸福をもたらさなかったのか。

物事は単純にしか理解できない。
人類がそれを有意義に利用するに至っていないからである。
いまのところ、人類の考え方を変えるよりは、原子核構造を変える方が簡単である。
しかし、それには知識と許可が必要なので、人々は普通の手製爆弾を好む。 Y.K

法律家資本主義

製造上のテクノロジーは、工場やラボでの試行錯誤の中でしか獲得できないものであり、工場を持たないで、サービス業中心の経済戦略ではこのテクノロジーを高度化していくことはできない。しかし、製造業は、サービス産業に比べて多大な生産設備を持たねばならないので、投資効率が悪い。
会計士上がりの経営者などには全く理解できないテクノロジー自体のサバイバル技術である。

アメリカが国内製造業を保護せず、国内消費市場を外国企業に気前良く開放し続けてた結果、現在の製造業の衰退と貿易赤字の増大を招いたのは、会計士や弁護士上がりの政治家に委任したからである。

国内製造業が衰退した後、国民と政府に借金をさせてまで消費させ、海外から商品を買い続けているのは国家ではなく国家を餌食にした世界権力機構である。世界権力機構を舞台裏で見えなくさせるのは弁護士の得意とする分野である。弁護士へ投資効率が最大になるのは法律家資本主義である。
第2次世界大戦後にアイゼンハワーに消費税を発明させたのも彼らである。  Y.K