月別アーカイブ: 2008年8月

全方向性

宇宙的な座標点を固定しないで、
経験的に全方向性を備えていることが、
ナビゲーションのデフォルトである。
それゆえに
「環境とは自分以外のすべて」なのである。

地球水

工業化によって農村から都市に移住したように、
脱工業化によって大気圏外宇宙で生存するためには
他の生存形式を選択しなければならないと
いう前提をたやすく受け入れることはできない。
自然界に存在する同位体の各元素の純粋な整数的な原子量を
測定する場合、最初にそれらを分離しなければならなかった。
その結果、分布のパターンは整数比ではなかったのである。
水素と酸素を整数的に化合した水だけを日々の飲料水にすれば、
未知な微量元素の働きを完全に除外してしまうだろう。
微量元素の薬理的な働きはシナジーそのものである。
大気圏外宇宙では、地球水はもっとも高価な化合物の一つになるだろう。

有限

宇宙は有限である。
しかし、人類の局所的システムは無限を前提にデザインされてきた。
たとえば、エネルギー効率の低さを無視した内燃機関(ガソリン車は現在でも5%程度)。
バイオスフィアという人類にとって一時的に都合良く、
エネルギーコストを無料化された乗り物は短命に終わるにちがいない。