月別アーカイブ: 2009年10月

ユニバーサルアクセス

パンデミックは人類にとって共通の世界的な脅威である。
インフルエンザは異種有機体生命間の
あらゆる異なった要因にかかわらず、
例えば犬インフルエンザは馬のインフルエンザに変化し異種感染できる
テクノロジーを具現化している。
そして、ついに鳥インフルエンザは、
バイオマス的に豊富な人間にも異種感染できるようになった。
鳥インフルエンザは、他の異なったインフルエンザとの
ある種のネットワークによる情報交換によって、
高度なユニバーサルアクセスを実現して生まれてきた。
大量生産される工業製品にも、
国籍、年齢、性別、障害などあらゆる要因にかかわらず、
誰でも同じようにネットワークから情報を得られる
ユニバーサルアクセスの機能が求められている。
パソコン、ナビ搭載の自動車、家電製品などである。
やがて、人類がデザインするこれらの製品は、
インフルエンザのように
自ら他の製品と相互に情報交換をするだろう。

短命化(エフェメラリゼーション)

平均寿命が延びて人口が加速度的に増加しても、
約3万日間に出会える人間は
3万人にはならないだろう。
たとえ、図書館の隣に住んだとしても、
3万冊の読書は不可能だ。
一生を健康的に長寿で生き抜くことができたなら、
賢者といわれるだろう。
包括的な芸術家のように、
理論と実践が統合されなければ、
とうてい達成できることではないだろう。
しかし、もっとも短命なのは、
芸術家・科学者(アーティスト・サイエンティスト)と革命家である。
彼らの選択的な短命化なくして
人類の長寿化は実現できなかっただろう。

自発的

「この仕事は絶対に負けない」という得意分野には、
特有な幻想が潜んでいる。
だれでも一度は「一を識って十を知る」ことに接近するために、
もっとも効果的な専門分化に憧れる。
しかし、自発的な方法の絶えざる探査で、
専門分化されることは不可能である。
「一を識って十を知る」専門分化のプロセスに
無関心になる経験と発見を積めば、
真の包括主義者の「一を識って十を観る」ことに
接近できるかもしれない。
つまり、知的環境の整備さえも
自発的にデザインできたなら、
それはもっとも包括的な方法のひとつだ。

計画的失業

必要なものだけ買うよりも欲しいと思うものを買うと、
すぐにGDPは上昇する。
必要なモノは有り余っているから、
人々は失業している。

友愛革命

真のコミュニケーションは、
相手のことを深く理解し、
それにもかかわらず相手に好意を感じるかで維持される。
つまり、経験的に相手を理解すると不快になるような
システムを意図的に作れば、
人々は互いに理解しないようにするだろう。
友愛革命には、
このシステムがもっとも機能しやすい。
不況と友愛は、非鏡像的だが相補的だから。

借金を負わせ、その金利で富を増やす連中がいるかぎり、
富は奪うか奪われるかである。
富はつねに誰かの借金で形成される。
しかし、最初の富は、人間以外が考案し、
そして与えたシステムだ。

解釈

脳は事実よりも解釈のほうを優先する傾向がある。
理解を超えた存在には無関心である。
原理は理解よりも存在である。
まれに人間は原理を発見する。
それによって、不安や恐怖を克服して生きている。
これも解釈だろうか。

経済恐慌

たとえそれを知らなかったとしても、
知っていることだけを話されるのは嫌いだ。
自分で考えたことを最初に話してくれ。
そうすれば、もっとみんな考えるようになるだろう。
考えるだけで、
少なくとも今の経済恐慌はなかっただろう。

ゴシップ(gossip)

ゴシップ(gossip)は、
うわさを触れ回る人(gossiper)と同じ
福音、信条(gospel)を語源としている。
さらに、道中無事の祈願(Godspeed)に関連している。
本来の噂は神の情報から、
不安は情報レスから、
恐怖は無知から生まれる。
つまり、前世紀から、
噂は神に代わって、
マスメディアが担当しているのである。
現実は脳から生まれるというのは、
新しい噂である。
マスメディアに代わって、
脳が自発的に担当できる可能性はある。
少なくともイルカの実験では成功している。

時間

多忙を自慢する人は多い。
暇を自慢する人もいる。
時間があるかないかではない。
デッキに出て来ないで、
どうやって全方向性が見えるんだろうか。

雑想

「雑」とは、本来、四季や恋以外のものであった。
雑務とは、中世における所領・年貢を除く民事関係の訴訟・裁判のことである。
雑穀とは、食糧や飼料として広く栽培されている穀物種の総称である。
雑種とは、形態的種、生態的種の間の交配によって
生まれた個体である。
そして、雑草という概念をこしらえたのは、
農薬を製造する化学会社だった。
栽培してお金になる植物以外は、「雑」なのである。
しかし、自然界には、雑種の方がほうが圧倒的に多い。
人類は雑種の代表である。

ベルヌーイの定理

自然は扇風機のように

羽を使わないでも風を興せる。
風が吹くのは、
海水があって、

陸には植物が水分を保存しているからだ。

そして、太陽系を地球が公転しているからだ。

さらに台風やハリケーンは、

地球の自転(コリオリ力)を利用して回転し始める。

強い風は軸回転力から生まれる。
ダイソンの羽根のない扇風機(Air Multiplier)には、

風を興す内部に回転するある種のローターが内蔵され

リングのスリットから吹き出すことで、

リング状の表面に気圧差を生じさせている。

流速が上がれば圧力が下がるベルヌーイの定理にしたがって。
この気圧差が粘性の高い気体の流速にシナジー効果を与えている。

しかも、異なった空気の流れには
温度差(冷却)が生じているはずだ。

離陸直後のジェット機の主翼のように・・・
羽根のない扇風機は、矛盾した言葉である。
扇という言葉自体に羽が内蔵されているから。
扇風機は、純粋な <風の加速器>になったのである。
より少ない風でより多くの風を興せる
台風やハリケーンのメカニズムに接近したのである。
風はつねに軸回転によるプリセッションから生まれ、
ついに大気圏がバイオスフィアを制御するように、
空気は空気自体を制御できる。
お金のないアメリカは、

膨大なドルを印刷して世界中に
経済格差を生じさせても

世界を回転させ続けることはできなかった。
民主主義で偽装された経済原理には、

支点の消失によるレバレッジという圧縮材の機能の不全から
一挙に拡がる破綻の原理しか機能しないだろう。

変速ギアボックス

私が高校生の時、
変速ギア付きのドロップハンドルの自転車はまだ高価だった。
さらに、追加のパーツから15段変速の自転車に改造した時、
羨ましがる友人たちからF1と命名された。
しかし、ギアの合金の強度が不十分だったので、
変速時にチェーンからかかる衝撃によって
ギアの歯が変形し折れることがたびたびあった。
後輪のむき出しの歯を見れば、
使用する各ギアの頻度がすぐにわかる。
もっとも使用するギアは最小半径のトップギアであった。
思い描く速度に対応する十分な脚力があれば、
加速するには、3速で十分であった。
だれもが、15段変速のギアの大半は使っていない。
時速300キロで安全に走行可能なF1のギアは、僅か7速である。
ギア比からエンジンの回転数と出力(特にトルク)が想像できる。
(ちなみに、速度よりもトルクがより重要な大型トラクターでは
前進32速である。)
F1のセミオートマチック連続ギアボックスだけのコストは、
2000万円程度である。
高温にも耐えられるカーボンファイバー製のクラッチは200万円程度らしい。
より早く走行するための変速器の性能は
つねにより優れた合金にこそ期待できる。

サツマイモ

植物にとっては、
毎日は一年の最善の日の連続である。
そして、ついにチャンスを貯蓄できるようになった。
太陽光は電気に変換して売ってもいいが
食べるのも健康にいい。
今日は朝からいい天気だ。
畑のそばで焚き火をして、
焼きいもをこしらえた。
私にとっては最善の日にちがいない。

動的平衡

有機体生命以外で、
もっとも単純な動的平衡状態を観察したければ、
テンセグリティモデルが一つあれば十分だ。
しかし、
圧縮力と張力という互いに非鏡像的で反対称的な流れは、
テンセグリティモデルの振動以上に観測することができない。
互いに非連続な圧縮材と連続した張力材と物理的な動的平衡は
シナジーの概念によってのみ説明できるだろう。
テンセグリティ構造の概念のアナロジーは、
テンセグリティの発見以前には存在しなかった。
実際、1911年ラザフォードは原子核を発見したが、
テンセグリティ構造の発見者ではなかった。
トムソンによる電子の発見(1897)から陽子・中性子の発見まで
原子核構造の概念形成に14年間の懐胎期間があるように、
原子核を発見から球状テンセグリティ構造の発見まで、
38年間の懐胎期間が存在する。
さらに、細胞がテンセグリティ構造であると認識されるまでには
球状テンセグリティ構造の発見から約半世紀を必要としている。
原子核構造と同じように、
球状テンセグリティ構造と細胞テンセグリティ構造は
電子顕微鏡という人間の視覚の拡張装置ではなく
概念によって、視覚化されてきたのである。

シナジェティクス・クッキング

すべてのクッキングは複雑な生化学反応を伴ったある種の操作主義だ。
シナジェティクス・クッキングは習得可能だ。
しかし、発見されたシナジェティクス・モデルは、
つねに美的な存在であるが、
美術館向きではないばかりか、
発見者の知的または美的センスにも依存しないだろう。

5つの嘘

最初の嘘は言葉からである。
2番目の嘘は習慣である。
3番目の嘘は政治である
4番目の嘘は宗教である。
5番目の嘘は、それらを支える概念である。
概念から形成できるもっともらしい真実は、
もっぱら学会という共同組合のメンバーである
科学者たちによって維持されている。
たとえば「宇宙からの帰還」という概念によって
見事に地球を宇宙から除外できる。

魔法

純粋な構造原理を物質化する方法は、
魔法と見分けがつかない。
35年前一つの魔法の再現に挑戦した。
一筆書きの共鳴型の球状テンセグリティモデルのデザインだった。
このもっとも純粋なモデルは、
数カ所のテンション材が破断しても
基本機能は失われなかった。
そして、球状のままバウンドすることができた。
この魔法はいまでもほとんど信じられていない。
多くの場合、張力材の断線に対する恐れと物理的な断絶は、
中央集権的な電力と上下水道の閉じない
非自律型ネットワークに由来する。

教育

学んだことが一切有用でなくなる時、
自分の無知を発見し、
さらなる孤立感のなかで
思考できる方法が残っていれば、
それこそが最初の言語だ。
知恵を他人に求めるよりも
幸福な言語だ。

コミュニティの利益

「国が負う多額の債務と、民間の多額の負債によって生じる利息は、
われわれ国民の懐から銀行と保険会社に引き渡されてきた。       
同時に、さらなる富は銀行家、不動産仲介業者、
そして手工業的建設業界への利益誘導のために、
政府が緻密に立案した<貨幣製造機>である助成金という名目で
蓄積されてきた。
その助成金は、個人とコミュニティの利益のために
蓄えられたものではなかった。 」1972 RBF
これは、『宇宙船地球号操縦マニュアル」を出版した10年後の
バックミンスタフラーの言葉である。
つねに単独者の想像力によって、
物質のマクロとミクロの構造を
見抜いてきた独自の経験から、
国家の擬似的な<経済構造>をもリアルに分析した
最初の包括的な思想家ではないだろうか。

喧嘩ゴマ

偏西風は北半球で発生する左方向に軸回転する渦である。
台風は南太平洋上で発生する軸が移動する左回転の渦である。
この2つの異なった喧嘩ごまは、
気候が安定しているときは
たいてい2つの渦は日本列島上で衝突するが、
衝突によってこの回転速度が減速する過程で、
外部電源のいらない巨大掃除機は中心付近の湿気を吸引しながら
大量の雨を再び左回転方向に降らせる。
台風は可能な限り持続的で動的なメカニズムを自己形成するための
エネルギーを恒星と地球の自転運動から獲得していると同時に、
過剰なエネルギーを90°のプリセッション(=コリオリ力、転向力)で
地球表面に拡散する効果的な冷却方法とみなせるかもしれない。
しかし、冷却にはこれまで以上の喧嘩ゴマが必要だ。

シナジェティクス

自分のことを最後に考えることは勇気がいる。
自分以外のすべてのことを考えるには経験がいる。
さらに、自分を含むすべてのことを考えるには
メタフィジックスを発見しなければならない。

テンセグリティ

私はこれまでいくつかの異なったタイプの
テンセグリティ・モデルを発見し、
異なった定義のモデルをデザインしたが、
テンセグリティ・オブジェをまったく作らなかった。
オブジェの美しさでさえ、
これから物質化される純粋な原理の
千分の一の現実にすぎないと感じた時から。
同時に、テンセグリティが発見されるまで、
構造は存在していなかったということを理解した時だ。

返済期間

貨幣は借金奴隷制度の確立のために発明された。
3年間の支払い猶予は画期的だが
気安めに過ぎないのは、
人類の返済期間は確実に数百年間続いているからだ。
これ以上の経済的でグローバルな牢獄があるだろうか。

アイデア

朝は暗いうちに起きる。
夢から目覚めた時の
ぼんやりとしたアイデアから、
自分が何も知らなかった事に気づくことでもある。
その日は太陽を感じることができる。