月別アーカイブ: 2009年12月

より重要な部分

より大きなプロジェクトには
より小さな知性しか宿らない。
われわれのすべての危機は、
より重要な部分を
専門家に委任してしまった社会構造が引き起こしている。
これはテンセグリティシステムにはないことだ。
他よりもより重要な部分がなくなっているから。

知的産業社会

金を稼ごうと思ったら、
金を使わなければならない。
知識を得ようと思ったら、
知識を使わなければならない。
知恵を得ようと思ったら、
経験を経なければならない。
つまり、
富は不可逆的だ。

more with less

より多くを生産するための方法は
仕事をより長く安く働かせることである。
ITは仕事をより短く高く働くようには機能しなかった。
仕事はまだ19世紀的にしか見られていない。
効果的により少なく働く自由こそ、テクノロジーの源泉だ。

同時性

すべての物理的現象は同時的かつ非同時的である。
世界同時的恐慌こそ
企てられた同時性にちがいない。
貯金はこの世で最も危険な同時的な富になる。

金融活断層

海底が地表よりも低いのは
海底が海水で浸食されたからではない。
海底の地質の方が陸地よりもその密度が高いから
重力で沈下した結果だ。
同じ理由で
地上でヒマラヤ以上の山脈が形成されなかったのは
重力で地殻そのものが沈んでしまったからだ。
バイオスフィアに
クレーターが少ないのも重力が月の6倍強いからだ。
人間はクレジットローンや金利返済の絶対額と返済期限に比例して
より深く地殻に沈み込んでいる最初のほ乳類だ。
巨大な地殻変動以外で移動することができないほどに。
金融資本主義は巧妙に張り巡らされた
見えない活断層だ。

オフレコ

私のシナジェティクス講義は
すべてビデオなどに記録される。
同じ話をしないようにするのではなく、
記録すると相互作用が変化するからだ。
同時性を共有する場合の意識変化は
鯨にもイルカにもある。
人間のオフレコの会議は、
たいていうわさ話か
そうでなければ、
インサイダーで終わる。

運命

運命は天体の運行に支配されていると考えられたが、
現在では運勢は経済に支配されていると考えている。
科学者は星々やお金よりも
遺伝子がより現実的に有機体の生命を支配していると考えている。
しかし、人々の運命を
もっとも強く支配しているのは
言語である。
言語は自らを解放できない運命
を嘆いている。

燃焼

太陽はいちども燃えていない。
水素がヘリウムに変換される
熱核融合反応によって
エネルギーを放射する。
燃料電池でさえ、燃えていない。
化学エネルギーから電気エネルギーへの変換
は純粋な化学電池である。
熱エネルギーを伴う燃焼の概念は
言語をも酸化させている。

できなかったことよりも、
しなかったことで
年齢よりも早く老いていくのは
人間の脳だけだ。

生成文法

Think globally, act Locally.
は、そもそも命令形でつまらない。
命令形を容認しない場合の
上記のエコロジー主義者の傲慢さに対する書き換えには
構造の発明が必要だ。
Nothing can change locally without changing everything else.
二重否定は最終的に目的としている容認された文法にたどり着く。
自己のテクノロジーは命令形には無関心だ。
そして、エコロジーシステムに
目的語を伴わない命令形は存在しない。

オリジナリティ

自然は人間にも原理を理解させるように
原理を美しく単純に作ったが、
自分のアイデアが他人のアイデアよりも優れているという
オリジナリティを優先するかぎり、
原理の発見には至らないものだ。
これも科学的原理だ。

実験

失敗しない方法は実験しないことであるが、
実験すればするほど、失敗が上手になる。
核実験でさえ、ほとんどコンピュータによる
シミュレーションである。
設備が不要でもっとも簡単な実験は
思考実験である。

知的爆発期

学んでばかりいると、理解しなくなる。
理解すると学ぶ必要がないことを・・・
10歳までの知的爆発期に
シナジェティクスを学べなかった人の
人類の教育コストは最大になる。

朝焼け

朝焼けを見ると
何も考えないことを考える。
太陽光にはつねにデフォルトに
リセットできるエネルギーがある。
昨日の自分と同じである必要がないように。

無化(zeroize)

料理がまずい場合は、食材だけではなく、
作り方にも原因があると考えられてきた。
本当の原因は会話がないからだ。
つまり、
自己との会話、
あるいは生得的な自己教育の最小限のシステムの欠如。
自己のテクノロジーは家庭科では教えない。
まして、
科学テクノロジーからも学べない。
権力テクノロジーが抑圧以上に
それを圧倒的に無化(zeroize)してきたからだ。
男たちが黙って食事をする習慣を
なぜ男の威厳に仕立ててきたかにも応用できるだろう。

自己愛

若者も貯金を始めた。
長生きする努力は、
自分をより好きになる傾向を生む。
それでは戦争できなくなる。
彼らの貯金を奪う方法こそが
資本主義だ。

秘訣

あらゆるケースに適用可能な人生の秘訣はないだろう。
しかし、自然の原理はあらゆるケースに適用できる。
自然は秘訣を必要としない。

ドメイン

世界は真っ二つに分かれている。
共産主義と民主主義に。
と資本主義は主張している。
世界は共産主義と資本主義に分割され続けているとしても、
たった2つしかないドメインでさえ
だれも選べないで生まれている。
次に、
宗教のドメイン数に次いで、
国家のドメイン数、
そして企業のドメイン数の順に増えるが
これらの選択肢は
より増えるようにデザインされている。

ゼロの発見

久々にカレーとインドビールを注文した。
会計時に厨房から出てきたコックさんが
慣れない手つきで食事代の総計2880円を計算した後、
私が受け取ったおつりが同じ2880円だったので、
私は即座に「逆だよ」といった。
慌てた彼はすぐにレジのそばの電卓を手にした。
私はもっと驚いた。
その総計をゼロから引き算する意外な操作を見たからだ。
マイナス7120円。
その数字をおつりとして私に支払った。
インド人は純粋なゼロの概念の教育を受けている。
無はカレーのようにスパイシーだ。

国債

国債は戦費を公債で賄うための厚い外套であったが、
同時に、その下で債務不履行で凍えている姿も隠してきた。
いつものように金利(=配当)は見せ金だ。

あまりにも単純すぎるデフォルト

デフレからスパーインフレに移行する段階、
つまり経済がより悪化するにしたがって、
人々は価値を決定するシステムにより疑問を抱くようになる。
そして、奪うか奪われるかという単純さと残酷さの正体は、
資本主義の目的が資本主義自体が崩壊する初期設定(=デフォルト)
にあったことに気づくだろう。
あまりにも単純すぎるので、
経済学にもノーベル賞が設けられたのだ。

デフレ家電

お米を電気炊飯器でおいしく炊くのは簡単だ。
玄米を圧力式の電気炊飯器で炊いてもおいしくできる。
天然酵母パンを電気パン焼き器で焼くのも
ほとんど同じくらい簡単になった。
そして、ご飯よりもパンは水分量が少ないので
冷凍庫でも風味を保存しやすい。
最近、これら道具類はほとんど同じ価格になただけではなく、
小麦粉などの材料が同じなら、電気パン焼き器で焼いた自家製のパンは
天然酵母から作るプロのパン屋さんのおいしさと
ほとんど差がなくなってきている。
さらに、決定的なことは保存剤入りの大量生産品を買うよりも
安価にできることにある。
炊きあがりのお米をスーパーで買う人はいないように、
焼きたてのパンをパン屋さんで買う人はいなくなるだろう。

境界線

宇宙とは、
地球の地上約100km以上の観測可能な球状空間のことではない。
137億年前に生まれた物理的な宇宙全体は部分にすぎない。
宇宙という境界線はない。
宇宙は生成・膨張・収縮・消滅するすべてを含む。
すべてには、同時的と非同時的がある。
世界経済不況は、境界線だらけだ。
だから同時に起こる。
人間の意図によって。

習慣

人類にとって深刻なことはほとんど作られたものである。
例えば9.11と連動した経済危機。
不安と恐怖を受け入れる習慣は
ますます利用されている。

デフレ

ノウハウがない正規労働者にも、
悲しい長い昼と
楽しい短い消費の夕暮れと夜がある。
消費がなかったら、
苦痛なほど退屈してしまうなら
すでに見えない牢獄の模範囚だ。

少子化の目的

児童手当を支給すれば、
子どもを作ろうとする人が増えるという。
「子どもを作る」と表現する人が増えたことと
少子化は比例している。
「子どもは授かる」と表現した時代の子どもの
総人口に対する人口比率と子どもの死亡率は比例していた。
「子どもを授かる」と言う表現は理にかなっているが、
「子どもを作る」と言う表現は、
単に非科学的だけではなく、傲慢で無知だ。
人間はまだ自動車を作るように
運転手付きの自動車は作れない。
食料とエネルギーが十分にあれば少子化になる。
出生率の低下と高齢化は産業社会の目的だったのだ。
少子化と高齢化で困るのは、税収に飢えた国家と
産業社会の富を根こそぎ収奪するグランチだ。

デリバティ豚

豚は太らせてから潰す。
しかし、うっかり太らせすぎて
餌代の金利に追われて
だれも潰せなくなった。
国家でさえ。
そして、
派生的で独創性がない人(derivatives)から愛されている
豚のために一生働くことになるだろう。