月別アーカイブ: 2011年1月

金融工学

科学的に無から有は生じないが、
テクノロジー的に無から無も生じない。
金融工学的にはどちらも可能だ。
マンハッタン計画は
原爆だけを開発したわけではない。
燃費の改善されたエコカーを
補助金で購入した後に
ガソリンの値上げが続くのは
偶然ではなく
経済学・会計学・数学・心理学を
統合したこの工学の成果である。
ますます
人々が小さなことで
忙しく、貧しくなるように。

最短ルート

現代では「何もすることがない状態」は
裕福な目標になっている。
あるいは
奴隷の繰り返される身近な慰めである。
真実を求めて生きている人々から見れば
それは死への最短ルートである。
ニュートンの静止宇宙観の生き残りから
離脱するには
もっと動詞を使うのが最短ルートだ。
動詞と言っても他動詞に限るが、
この他動性 (transitivity)には目的語が必要だ。
目的語は流転・変遷するための条件だから。

無為自然ーーダイマクション・デザイン(続1)

<無から有を作る>人々は
ロンドンかウォール街に住んでいる。
生命はデジタル貨幣のように
どこからも湧いてこなかった。
<無から有を作る>哲学的飛躍は
科学的思考ではなかったからだ。
ーーーーーーーーdoing more with less
の物質的極限が
ーーーーーーーーdoing everything with nothing
ならば、
人為的な行為を排し
宇宙の原理に従って
自然のままである
<無為自然>こそが
テクノロジーの極限である。
「宇宙はテクノロジーである」
この言葉と共に、
R.B.フラーの「ダイマクション」は
今もひろく誤解されている。

無為自然ーーダイマクション・デザイン(続2)

彼が定義するダイマクションとは、
Dymaxion(=Dynamic and Maximum output with Minimum input)
であり、
doing more with less
を言い換えた概念である。
ダイマクション・デザインは、
酸素との燃焼作用がまったく関与しない方法を発明しないで
二酸化炭素増加に反対するエコロジーや
より少ない排ガスや燃費を劇的に改善する
炭素ビジネス用エコロジーとは無縁である。
ーーーーーー煙突のない原子力エコロジーも
地下資源という有限な資源に左右される。
しかも核廃棄物は再生利用できないから、
再び地下に戻しているのは太陽とは異なる。

エフェメラリゼーション

発明とは何か
クライアントのための工業所有権の獲得は単純すぎる。
アイデアを陳腐化するために
残酷なほど明確にものを見ることはできる。
発明とは何か
発明を瞬時に陳腐化する
原理を発見できるかどうかだ。
それはもっとも純粋な
エフェメラリゼーションである。
残酷さからはけっして
獲得できないプロセスがある。
エフェメラリゼーションによって
発明はより単純化された無数の発明を生み出すだろう。

愚者

人はつねに迷っている。
愚者が書いて、
賢者がコメントを書くのは
まだいい関係だ。
私のコメント欄は
4年間も閉鎖されたままだ。
わたしはまだ、
自分に何かを求めている
愚者にちがいない。

言語数

人類が人口爆発するには
移動しなければならなかった。
都市の人口は移動人口である。
移動すると移動しないよりも賢くなるのは
生存技術が向上するからだけではない。
混血によって
未知の言語を習得するか
新たに創り出さなければならなかったからだ。
20世紀以後の資源戦争は
世界の言語の数を
絶滅危惧種以上に急速に減少させている。

賢者

できもしないことばかり望んで
できることをしないのは
うぬぼれだ。
できることしかしないのは
理解力の現れだ。
できないことができるまでに
だれでもできる失敗に
神秘を感じるのは
賢者の現れだ。
理解から
見事な失敗は生まれない。

SNS 

信頼をお金で買ってくれる人を
信用するビジネスから
アイデアをお金で買ってくれる人を
信用するビジネスに移行したわけではない。
まして、アルゴリズムや
プログラマーを尊敬しているわけではない。
彼らから主導権を合法的に奪う
法律家資本主義が
より高度化されただけだ。
信頼をお金に換えることから
アイデアをお金に換えるシステムに移行させた人は
そのアイデアを作り出す人ではなかった。
アプリをお金に換えるビジネスが
20世紀型の広告代理店の収益を短時間に
そして地球規模で奪うには
多国籍の縄張りを脅かすことなく
頭脳的なグランチの協力が前提になる。
しかし、アプリの可能性を理解して
無数のサーバーを分散して設置するための多額の資金提供は
ベンチャーを支援する銀行レベルでは不可能だ。
「ほとんど何のリスクも負わない資本主義」の
動機のない理解力は
お金でお金を増やすノウハウの蓄積による想像力である。
(この続きは
“http://synergetics.jp/tensegrityblog/”:http://synergetics.jp/tensegrityblog/2011/01/24/%E7%B6%9Asns/
テンセグリティプリセション)

海底原発

太陽系に
メルトダウンする原子炉は一つで十分だ。
ただし、
この天然原子炉から約1億5000万kmも離れて
すべての生命はデザインされた。
光合成はこれで十分だ。
この43億年間
ここ以外では上手くいかなかったから。

無為自然

人智を捨て「無為自然」に還るために
人智の象徴であるテクノロジーを捨てる解釈がある。
(例えば、産業界は「無為自然」は
東洋的な哲学だとして実用性の対極に置いている。)
物理的なシナジーによるdoing more with lessの極限が
非物質化するdoing everything with nothingであり、
ついに「無為自然」に到達するならば、
テクノロジーは先験的に自然に内在するだろう。
この先験的エフェメラリゼーションの原理を
数学的に工学的に変換するシナジェティクスは
「無為自然」を無機化学的に再構成し
視覚化することに成功してきた。
しかし、バイオスフィアにすでに実在する
「無為自然」(例えば、大気中の酸素の一定な含有率)に
課金メーターを付加できないことを
知っているグランチは
人々にテクノロジーを悪いモノだと思わせてきた。
その結果、人々は無為自然を稀少性に満ちた桃源郷に
求めるようになったのである。
(例えば、ナショナルジオグラフィックが提供する
ネイチャー映像システムに組み込まれた写真家と
世界中に待機しているその予備軍への配慮、
科学者でさえその映像に魅入ってしまう。)
それこそが21世紀のエコロジー運動の主要な戦略であった。
そして過去最大のこの非政治的な心理戦争に、
膨大な資金が使われてきたのである。
(例えば、先進工業国のエコ減税はその僅かな部分だ)

ネットワーク

情報を共有しても
情報共有を目的化すると
事実は稀にしか生まれない。
思考と言葉と行動が調和しているとき、
ネットワークは不要だ。
それ自体が外部を形成する
最小限のネットワークだから。
そして、
外部を形成するためには
つねに移動しなければならない。

陽電子

絶対量が電子と等しいプラスの電荷を持ち
電子と同じ質量を持っている反・電子の存在を
P.ディラックが概念化して
C.D.アンダーソンが発見した。
この陽電子が電子と衝突すると
対消滅してしまう。
この陽電子の概念を人間に当てはめると
才能豊かだがほぼ同じ程度の個人の集合のなかで
才能が一つ少ないと
あたかも一つ多いように
機能する現象である。
不足によって
プラスの電荷を生成できる原理は
まだこどもの教育に利用されていない。

従順

自分に命令するものを求める理由を
誰も知ろうとしないし
誰も教えないので
食糧危機とエネルギー危機が発明された。
株価の上昇よりも
食料とエネルギーの不足は
どの国にも属さないで
どのイデオロギーにも属さないで
そして
どの宗教にも属さないで
誰をも従順にさせることができる。

支持率

メニューを見ないで
行列をみて
レストランの評価をするのは正しい。
しかし、
支持率を上げれば
より支持され
下げれば
より支持されなくなるのは
正しくない。
その行列を数える方法と公開の仕組みを
市民が監視できたことはないから。
それは最初にヒットラーが成功した
メディアを利用したバーチャルな方法であり
権力というテクノロジーの変形である。

外部化

鳥は一カ所に卵を産まない。
人間は都市で主に人口を増加させてきた。
鳥も人間も
自分の巣を一番好むのは変わらない。
しかし、巣が子宮とは違って
分離移動可能なのは
巣がつねに利用しない
外部化された身体の道具だからだ。
人間は2番目の人工物としての巣を
移動困難にデザインしてきた。
そのほとんどを銀行の担保物件にするために。
あるいは
国家の所有にするために。

善良な意図

未熟なデザイナーは
賞賛をもとめて自然の形態を模倣し、
熟達した構造家は
自然の方法を求めて
自然からの拒絶の試練を受け入れる。
より少ない言葉でより多くを説明できないかぎり、
真実への過程は言語化できないだろう。
例えば、
テンセグリティとその視覚化の起源について
あらゆる論理的な不快さを解消させた
建築家やデザイナーはいない。
形態と構造の違いは
これまでの幾何学では扱えないが
それゆえに
テンセグリティを表現手段にするのは
善良な意図による虚偽である。
まして人が住めないテンセグリティは
浮かばない船の模型にすぎない。

コロニー

女王蜂がいなくとも巣別れして
コロニーが形成できるテクノロジーは
十分に備わっている。
この思想がアンチ・石油系グランチの火星地球化計画である。
40年前から始まった
宇宙移民計画とデザインサイエンス計画の違いは
宇宙服を着けていないだけである。

世論

不安と欲求から生まれた知恵に
見せかけた言葉からは
だれも暖められない。
一つの真理も含まれないばかりか
事実を隠すための解釈だから。
事実を隠す言語こそ
自発的に命令する力を求める
21世紀の見えない戦争機械である。

閃き

アイデアが閃くと言うことはありえない。
それはどこかで見た誰かのアイデアだ。
熟考したとしても
原理を発見するまでは
だれも本当の発明を為し得ないだろう。
宇宙で機能するための
本当の閃きは
電磁誘導のように
非接触で遠隔でも可能な
ミュート・コミュニケーションを通してやってくる。
人間がデザインできないこの閃きは
いつとは言えないが
風のように確実にやってくる
と私は感じている。

ライフスタイル

人間のあらゆる外部化されたライフスタイルは
時代遅れを作るために作られてきただけではなく
ライフスタイル通りの人間にするためでもある。
第2次世界大戦以後
人類の食欲は空腹からよりも
食べているうちに出てくることが発見された。
動物にライフスタイルがないのは
いつも空腹だからだ。
生きるための最良の方法が内部化されている。

軍事科学者

科学者には3つのタイプがある。
発見の数より論文の数が多いタイプと、
発明の数より発見の数が多いタイプと。
そして、ほとんどは
才能以上に論文の数が多いタイプである。
どのタイプが人類に有用かは明らかであるが
3番目のタイプは軍事ではなく
もっとも教育に関係している。

自然脳

子どもは、社会の仕組みよりも前に
人の気持ちが分かるようになる。
それよりも強い関心を抱くのは
非人格的な宇宙との関係だ。
10才までの学校や家庭では
その自然な順序はまだ実現されていない。
こどもの脳を耕すのは教育ではない。

生得的

教える間は学んでいるシステムは
生得的であるが、
学んでいる時は教えないシステムは
人為的である。
私の子どもの時の経験から
こどもは子どもを教育できる。
学ぶ数は
教える数に等しい。
なんという時間の無駄遣いだろう。

現金製造装置2

人々から奪い取る富と同量の富が
再びバイオスフィアから奪い取られているのは
農業や漁業に化石燃料と補助金を投入しているからだ。
食料生産におけるビジネスは
食料生産に必要な太陽光エネルギー収支を無視して
補助金という現金製造装置に如何に依存するかである。
(農業や漁業への小口の補助金は
農業投資に対する金利を支払わせるための誘導装置である。)
自然農は無肥料・無農薬だからではなく
基本的にアンチ補助金であるからこそ
より拒絶されているのである。

ユーティリティへの道

すべてを理解するよりも
理解しても完成しない場合がある。
そこには理解した原理の有用性への変換が残されている。
しかし、原理の発見は
言語ではもっとも理解しがたい変換であるが
もっとも完成した論理性に到達する
唯一の方法かもしれない。

現金製造装置

外車のハイブリッドカーを最近まで
国内で見たことがないのは
政府が輸入禁止にしていたからだ。
その結果、国民は日本車のハイブリッドカーが
世界でもっとも優れていると思っている。
最初のハイブリッドカーは
ポルシェが1896年に発表している。
そして最新のポルシェのハイブリッドカーは
最高速350キロで燃費は35キロだ。
同時に燃料電池車をすでに市販している。
エコカー減税で多くの人が
燃費のいいガソリンの内燃機関を延長させた新車を購入して
次世代の燃料電池車や電気自動車の開発を
遅らせてしまったのである。
自動車産業の大株主たちは
エコカー減税という補助金の延長で
手っ取り早い配当金を貰ったように、
自動車産業が開発よりも
現金製造装置を選ばせる保護政策こそ
グランチの基本的な戦略である。
つまり
石油の価格は今後確実にもっと高くなるのである。
燃費こそ石油を存続させるために生まれた
19世紀の概念である。
電気自動車では電費であり。
太陽光エネルギーに換算可能である。

非物質化から物質化へ

着陸せずとも火星のことは知っている。
しかし、生命が存在しているかどうかは分からない。
生命現象はまだ科学者の同時的な観察に委ねられている。
テンセグリティが構造として存在可能かどうかは
デスクトップのCGやアニメーションだけからは分からない。
テンセグリティ機能の存在は
包括的なデザインサイエンティストによる
原寸大モデルでの
同時的な観察に委ねられている。
つまり、シナジーの存在をその可能性だけから
物理的現象に変換可能な包括性を
部分からは見抜く段階にはいないのである。
少なくとも
この物質化のための諸原理を調整する
メタフィジックスから
科学が意図的に絶縁しているかぎり。

頭脳的思考

どんな生命にも容認される方法で
基本的な環境の変化に適切に意識的に関与できる
テクノロジーを人間はつねに発見してきた。
**「宇宙はテクノロジーである。」RBF**
この神秘に驚嘆することから科学は始まるだろう。
しかし、それを容認できない超専門家たちを
生み出しているシステム
つまり、テクノロジーこそは
人間の頭脳が創り出した産物だと考えている集団が
イデオロギーに無関係に存在することは
じつに驚異である。
グランチは
頭脳明晰な若者から
神秘からの真の動機付けを破壊する
心理学の超専門家を抱えている。

動機付け(インセンティブ)

牛を10キロ太らせるためには、無料の雑草ではなく、
輸入した10倍の100キロの他の生態系の穀物が必要になり、
畜養マグロの体重を10キロ太らせるためには、
20倍の200キロの他の生態系の魚の餌が必要になる過程が
生まれるには、
表向きは「自主規制」という
大抵は補助金付きの「外部から与える動機付け」が必要であった。
つまり、人間の内部から生まれる動機付けが
最初に封印されなければならなかった。
そして、大多数の人間は自然の恵みではなく
自然を食い物にするビジネスの恩恵からしか
自らを養えないと考えている。
経済学を捏造するグランチは
太陽以外に光を求め
膨大な資金の蓄積を提供する組織や制度を支援する
「外部から与える動機付け」の胴元なのだ。
インセンティブとは
誘因された奨励金であり
俗語でコカインを意味する。

欠乏か、さもなくば過剰か

生産設備が過剰になって、
担保物件は没取され
100円ショップが誕生し、
より安く暮らせても
ますます失業者が溢れる。
誰かの損失は誰かの富だという
システムは不変だ。
欠乏か、さもなくば過剰が
つねに貧困か富かのゲームに変換されているかぎり、
人類の生存に必要なエネルギーと食料と住宅は、
このシステムからけっして供給されない。
捏造された
欠乏か、さもなくば過剰から
絶えず戦争機械だけが
最優先でデザインされている。

銀河新年 

非同時的・同時的に
明けまして
おめでとうございます。
銀河系宇宙に同時的なお正月は来ないが
偶然に過去と同期した一つの銀河と共に
新年を祝おう。
ginga2011.jpg