月別アーカイブ: 2011年1月

金融工学

科学的に無から有は生じないが、
テクノロジー的に無から無も生じない。
金融工学的にはどちらも可能だ。
マンハッタン計画は
原爆だけを開発したわけではない。
燃費の改善されたエコカーを
補助金で購入した後に
ガソリンの値上げが続くのは
偶然ではなく
経済学・会計学・数学・心理学を
統合したこの工学の成果である。
ますます
人々が小さなことで
忙しく、貧しくなるように。

最短ルート

現代では「何もすることがない状態」は
裕福な目標になっている。
あるいは
奴隷の繰り返される身近な慰めである。
真実を求めて生きている人々から見れば
それは死への最短ルートである。
ニュートンの静止宇宙観の生き残りから
離脱するには
もっと動詞を使うのが最短ルートだ。
動詞と言っても他動詞に限るが、
この他動性 (transitivity)には目的語が必要だ。
目的語は流転・変遷するための条件だから。

無為自然ーーダイマクション・デザイン(続1)

<無から有を作る>人々は
ロンドンかウォール街に住んでいる。
生命はデジタル貨幣のように
どこからも湧いてこなかった。
<無から有を作る>哲学的飛躍は
科学的思考ではなかったからだ。
ーーーーーーーーdoing more with less
の物質的極限が
ーーーーーーーーdoing everything with nothing
ならば、
人為的な行為を排し
宇宙の原理に従って
自然のままである
<無為自然>こそが
テクノロジーの極限である。
「宇宙はテクノロジーである」
この言葉と共に、
R.B.フラーの「ダイマクション」は
今もひろく誤解されている。