月別アーカイブ: 2011年3月

暗黒時代の黄昏

原発以外の
現在のエネルギー変換技術で、
全人類が必要とする全エネルギーを
太陽からの放射エネルギーと
重力エネルギーだけで
まかなうことができる。
情報統制しなくとも
言語の牢獄化によって
阻まれてきたのは
この物理性だけでなく
包括的概念の理解である。
議会制民主主義を偽装した
暗黒時代のエネルギー危機からはじまった
世界権力機構の黄昏は
この包括的理解のみが
もたらすにちがいない。
                                   
                                          

ウランを含む地下資源

停電は産業の死を意味する。
真のテクノロジーに
停電は存在しない。
ウランを含む地下資源を独占するグランチは
太陽光エネルギーで水から水素を取りだす
燃料電池システムの開発を
ほぼ半世紀間にわたって
意図的に停滞させてきた。

原発

平時にインストールされた
発電機能付き核弾頭は
津波ではなく
震度6で発射する自爆装置だった。
設計ミスにしては
同時多発的すぎるだろう。
これは
文珠(もんじゅ)の知恵で理解できる。

非<計画停電>

真の電力テクノロジーには
計画停電など不要だ。
電力ネットワークという
有線テクノロジーは時代遅れだ。
人類は20世紀までに
生存のための
無線、無柱、無管、無軌道を
達成している。
これらは
1969年のアポロ計画で使用済みである。

オール電化

イチゴの果実にも微弱な電流は流れている。
風も雲も潮流も
太陽と海洋が生成する
電気的作用の結果である。
人類がエコロジー概念を発明する前に
バイオスフィアは
もっとも効果的な
オール電化を達成している。
この無料のオール電化の起源は
太陽系に互いに非接触に浮かぶ
惑星と衛星間に存在する交流発生機である。
人間は電力テクノロジーを発見しただけだ。