月別アーカイブ: 2011年3月

暗黒時代の黄昏

原発以外の
現在のエネルギー変換技術で、
全人類が必要とする全エネルギーを
太陽からの放射エネルギーと
重力エネルギーだけで
まかなうことができる。
情報統制しなくとも
言語の牢獄化によって
阻まれてきたのは
この物理性だけでなく
包括的概念の理解である。
議会制民主主義を偽装した
暗黒時代のエネルギー危機からはじまった
世界権力機構の黄昏は
この包括的理解のみが
もたらすにちがいない。
                                   
                                          

ウランを含む地下資源

停電は産業の死を意味する。
真のテクノロジーに
停電は存在しない。
ウランを含む地下資源を独占するグランチは
太陽光エネルギーで水から水素を取りだす
燃料電池システムの開発を
ほぼ半世紀間にわたって
意図的に停滞させてきた。

原発

平時にインストールされた
発電機能付き核弾頭は
津波ではなく
震度6で発射する自爆装置だった。
設計ミスにしては
同時多発的すぎるだろう。
これは
文珠(もんじゅ)の知恵で理解できる。

非<計画停電>

真の電力テクノロジーには
計画停電など不要だ。
電力ネットワークという
有線テクノロジーは時代遅れだ。
人類は20世紀までに
生存のための
無線、無柱、無管、無軌道を
達成している。
これらは
1969年のアポロ計画で使用済みである。

オール電化

イチゴの果実にも微弱な電流は流れている。
風も雲も潮流も
太陽と海洋が生成する
電気的作用の結果である。
人類がエコロジー概念を発明する前に
バイオスフィアは
もっとも効果的な
オール電化を達成している。
この無料のオール電化の起源は
太陽系に互いに非接触に浮かぶ
惑星と衛星間に存在する交流発生機である。
人間は電力テクノロジーを発見しただけだ。

粒子崩壊

α線、β線、γ線などの超高周波を出す粒子を
虹のように人間の視覚でも捉えられたなら、
水道水も、野菜も
マスクや手も
そして、
胃袋も排泄物も
輝いて見えるだろう。
そして
夜空も明るく感じるだろう。
人類にこれ以上の節電は
できないだろう。

ユーモア

福島の土壌から通常通りのプルトニウムが検出された。
外国メディアは
核実験の直後の通常の数値だ
という。
<通常>という
定義を自由に決める
日本人の独創的な
ユーモアはいまや国際的である。

核燃料

核燃料はけっして燃焼しない。
間違った概念が人々を閉じ込めている。
酸化作用でない核反応に
水をかけても
燃えていない火は消えない。
プルトニウムを原子炉ではなく
大気圏に閉じ込めた専門家の概念を
信じてはいけない。
なぜなら、
彼らの概念でこの惑星には生き残れないから。

電磁スペクトル

地球の将来に影響する
あらゆる現象の99パーセントは、
不可視な電磁スペクトル領域で発生している。
この不可視の領域で起きていることには、
まったく矛盾がない。
しかし、
この電磁スペクトル領域を
コントロールする
原子炉と権力機構は矛盾だらけだ。

電力会社

電力会社は、
ウランも
プルトニウムも
電子も発見しなかった。
さらに
電磁気学的な相互作用を
発明したわけではない。
かれらは、銅線と
電気メーターを量産しただけである。

電気的宇宙

バイオ・スフィアには
つねに電磁気学的な相互作用がある。
その結果、地球には稲妻が1秒間に100 回、
1 日あたり、864万回発生している。
都市が計画的に停電しなくとも
電気的な宇宙は
計画的に存在する。

真実

幸福になりたければ
自分にとって何が大切かを考える。
それで人の生き方が決まる
という幻想が終わる。
真実を知りたければ
すべての生命にとって何が大切かを考える。
それで未来の環境が決まる
という現実が始まる。
そして、
だれも見たことのない今を
生きるために。

生物的半減期

「プルトニウムによって発生する人体の障害を
直接実験で確かめるわけにはいかない」
というエセ人道主義が今回の被曝を招いている。
セシウムやプルトニウムが体内にとどまる時間を表す
生物学的半減期は、
ヒロシマとナガサキで
原爆投下後から開始された軍事的な放射線医学による
半世紀に及ぶ長期的な調査結果から
わかったのである。
(長崎に投下された原子爆弾はプルトニウム239である。)

惑星地球のエネルギー収入

人類にとっての宇宙エネルギーの収入はすべて、
水力、潮力、波力、風力、
植物が生成するアルコール、メタンガス、火山活動といった、
われわれの重力と星(その99%が太陽)が
もたらす宇宙の配当から成り立っている。
人類の現在の総エネルギー使用量は、
そのエネルギー収入の割合から見れば1%の、
さらにその100 万分の4 にしかすぎない。 バックミンスター・フラー
☆『クリティカルパス』序章- -世界権力機構の黄昏 
(バックミンスター・フラー著 梶川泰司訳 白揚社 2007)
                                               

<システム>

より危機的な事態は
炉心溶解の情報を
人々から奪う<システム>が招いている。
例えば
原子力発電で得られた電力のコストについて、
経産省はけっして公開しない。
この<システム>さえ
エネルギー欠乏論によって
大気圏内に原子炉をデザインしてきた
<見えないグランチ>の下部構造である。

非常事態

この非常事態で
もっとも重要なことは
問題を解決するためのマニュアルが
最初からなかったということだ。
われわれがもっとも危機的な失敗から
学びつつあるのも、
結局は、
犬のしっぽに散歩を依頼した歴史には
マニュアルが見つからないからである。
だからこそ、
知性を使うことを余儀なくされているのである。

(続続)電力テクノロジー

原発の放射性に関して
メディアが情報を操作するのは
優先株主の意見に従っているだけである。
そして、優先株主は電力会社が倒産しても
元金は保証されるのである。
電力テクノロジーは
<doing more with less>からほど遠い
時代遅れな金融テクノロジーである。

電気メーター

便利さ­と引き換えに命を差し出していたのではない。
第二次世界大戦の後から蓄積した富によって
自らの政治権力と石油業界の巨人がもつ権力とを結合し、
原子力計画の資産全体を〈無料で引き継いだ〉
電力産業は、エネルギー独占によって
各家庭にメーターを取り付けて
電気代金を徴収したいだけだった。
福島原発3号炉は輸出用の主力商品だった。
彼らは電気メーターのない
風力や太陽光システムの
広範囲な個人所有を妨害し続けたのである。

2重否定

「事態の推移により放射線量が増大して
避難指示を出す可能性も否定できない」
避難指示に2重否定を使ってはいけない。
生命の危機的な状況での2重否定は
権力機構の機能しなくなった
醜い文法だ。

科学者の裏切り

原子物理学や放射化学の科学者たちが
中性子の危険性について
経済産業省の原子力安全保安院と異なる
事実に基づいた解説や
社会に対して独自なリスク宣言をしない理由は、
電力市場の独占を協力する見返りに
研究助成金を受け取るからである。
科学者の裏切りは
法律家資本主義のデフォルトそのものである。

電力テクノロジー

電力市場の独占を達成するために
原子力発電による〈公益事業〉は
以下の目的を達成していなければならなかった。
政府が投資した原子力施設の経営を電力会社が請け負うという目的と
原子力を熟知した政府側の科学者が、
送電線と料金メーターを含むエネルギー市場独占システムに
電力を供給する原子力プラントを世界中で建設するための
あらゆる不可視のノウハウを
国際原子力機関(IAEA)の監視の下で
アメリカから吸収するという目的である。

(続)電力テクノロジー

電力を生産する生産・流通設備の重量とコストは、
生産・供給されるエネルギーの1キロワットあたりで、
急速に減少してきたにもかかわらず、
電力価格が上昇したのは、
価格の吊り上げによって株主に
それまで以上に大きな額の配当金を支払うことで、
自分が保有する株の価格を株式市場で吊り上げるだけでなく
他人が蓄えたお金を資本として支配する権力を
強化したグランチの企ての結果だった。

グランチ

ほとんど何のリスクも負わない資本主義は
原発事故でもまったく責任を取らない。
国民の税金で損害を負担させるこの怪物は
第2次世界大戦中に生まれた。
見えない所有者が支配し
地球規模の抽象的な法律でのみ機能する
この超国家企業は、
人間のコミュニティを
潜在的な消費者か、
徴兵要員としてしか考えていない。
この利己的な軍産複合体こそ
有害な経済有機体として成長している
グランチである。

圧力釜

原子炉の技術的な話を
学者やメディアの解説員や東電の管理者に
聞きすぎることに驚いている。
3号炉の原子炉の設計者に
直接質問できない仕組みこそ
メルトダウンすべき
分厚い圧力釜だ。

第3次産業革命

「二酸化炭素を増加させないもっとも効果的な方法は
原子力の平和利用である原発である」
これを科学的かつ経済的だとした政治的判断は、
この2週間で全世界から否定され始めている。
そして、<計画停電>のお陰で、
通勤通学を廃止することが、
生命に安全で二酸化炭素を増加させない
もっとも効果的な方法であることに気づき始めている。

被曝3世

人類が合成した物質の中でもっとも強い毒性
がある放射性物質の測定値を改ざんし、
国家機関で公開する以上の
風評被害は存在しない。
この国家的風評による乳児の被曝は
3世代目である。

クリティカル・パス

最悪の事態を回避する方法は
メルトダウンが回避された事実を
証明するネット上のデータからは
生まれない。
最悪の事態を回避する
唯一の科学的な方法は
<クリティカル・パス>である。
クリティカル・パスは
最長で最悪のシナリオから生まれる。

内部被曝

内部被曝のほとんどは
「直ちにリスクがない状態」を含んでいる。
なぜなら、
内部被曝とは
量的ではなく
放射性物質と細胞との
距離の問題だから。
これは
私の体験的かつ科学的な意見だ。

廃炉

ヒロシマが
ほぼ無害な廃炉になるまで
30年間かかった。
セシウムは細胞と共に生き延びた。
放射性物質を多量に含む
水蒸気を水に通すか
直接大気で薄めるかの選択しか
残さなかった原子力技術者には
廃炉にできるテクノロジーさえ
存在していない。

DNA

自然は
太陽風などからの放射性粒子が
地球の磁場に捕えられるように
バンアレン帯を形成すると同時に
遺伝子をとても壊れやすくデザインした。

宇宙エコロジー

太陽から降りそそいでいるエネルギーのたった1時間ぶんで、
全人類が1年間(8760 時間)に使う
すべてのエネルギーをまかなうことができる。 R.B.F
       
●太陽と地球
全人類が1年間に使用する
全エネルギー量は、地球人全員が、
100W の電球を一人当たり1 9 個、
2 4 時間365 日、常にともしつづける量である。
太陽が宇宙空間に放出している放射エネルギーは3.85×1026W
『宇宙エコロジー バックミンスター・フラーの直観と美』より
バックミンスター・フラー+梶川泰司 著 (美術出版社)2004
                                         

義援金

日本ユニセフも日本赤十字も
官僚の天下り天国で
災害の義援金は
非対称的に消費されている。
グランチの贈与テクノロジー
は津波でも破壊されない。

バックミンスター・フラー

宇宙船地球号には
エネルギーの欠乏も
エネルギーの危機も存在しない。
人間の無知が存在するだけである。R.B.F.
There is no energy shortage,
there is no energy crisis, there is a crisis of ignorance.
                                         
☆              
『クリティカル・パス―宇宙船地球号のデザインサイエンス革命』から引用
R.Buckminster Fuller (原著), 梶川 泰司 (翻訳)
白揚社(2007/04)

傲慢な概念

「計画停電」は
原子炉の設計が予測的でなかったから
実施されている
傲慢なグランチの日常的な概念である。
正しくは、
「非予測的停電」である。

プレートダンサー

柔軟性を備えれば、
いくら年をとっても若い。
もっとも高齢で柔軟な物質は
大地だった。
彼らがゆっくり確実に永遠に動けるのは
マグマに浮かぶ
プレートダンサーだから。
都市はすべてにおいて
固体的過ぎた。

硬直した言語

電力会社が
停電を実施できる側にあるにもかかわらず
「大規模停電の恐れがある。」
というニュースこそ、硬直した言語だ。
この言語に見覚えがある世代は
死に絶えたが
この言語は生き残っている。
言語は、人間の愚かさを学んでも
偉くはならない。

核処理班

沖縄の基地拡大計画との交換条件で
時間がかかったが
核戦争を想定した武器は
すべて空母に集結された。
30年先の仮想的未来に住んでいる
米軍にとって
3号炉のプルサーマルによる
プルトニウム拡散以上の
実践訓練はないだろう。

無人ロボット

原発事故処理のための無人ロボットは
福島の事故原子炉だけではない。
3号炉のプルトニウムの緊急事態に対して
情報公開しなかった
無能な霞ヶ関と東電にも必要だ。