月別アーカイブ: 2017年2月

反・ブーツストラップ理論(Bootstrap Theory)

pull oneself up by one’s bootstrapsとは、
自身のブーツストラップ(編み上げ靴のつまみ皮)を使って
自らを自力で持ち上げるという意味である。

テンセグリティは、そのモデルが発見された後も
どんな足場(根拠)もない場所から
靴のブーツストラップ(編み上げ靴のつまみ皮)を自分で引っ張ってあげて
空中浮遊しようとする反物理的構造と見なされた。

実際、スネルソン:Kenneth Snelsonでさえ、
球状テンセグリティのモデル化を思い描くことが出来なかった。

では、ブーツストラップ以外のアイデアから

誰が最初に、煉瓦造りやコンクリートの固体の構造と重量の歴史から、
非固体的な方法によって
圧縮力と張力を純粋に分離して理解する可能性を求めたのか。

それは、建築家ではなかった。


誰が最初に、圧縮材と張力材の機能を互いに分離して
非同時的に作用する原理の存在を証明する実験に成功したのか。

それは、物理学者ではなかった。


誰が最初に、構造とは、不連続的な圧縮力と連続した張力との
非鏡像的な相互作用のことだと定義できたのか。

その背景を、考察したのは科学哲学者ではなかった。

しかし、テンセグリティ構造原理の発見とその理論化は
バックミンスター・フラーによって完成したわけではない。

テンセグリティは、浮遊する雲(cloud nine)のように現れてから
半世紀以上も経過したが、
まだ十分なテンセグリティモデルが発見されていない可能性がある。
テンセグリティはまだ元素周期律表のように分類されていないのだ。

目的論(teleology)

シナジェティクスが、圧政の知識、または、
建築や環境デザイン、そしてプロダクトデザインの方法になることはない。

宇宙と自己との関係を絶えず発見していく
<目的論(teleology)>であるかぎり
自己を除外した環境デザインは存続できないだろう。

絶えず非固体的

テンセグリティシェルターの方がジオデシックドームよりも
剛性が高く軽量でありながら、より安全で経済的であるのは
客観的実験からだけではない。

ジオデシックドームにおいて、それを構成する構造材の各端部は
硬い樹脂系や金属系のジョイントで相互に結合されるが、
哺乳類や爬虫類の間接においては
骨と骨を非接触にするための隙間には、ガスを十分に含む滑液が存在する。
それらの関節には非固体的な液状の潤滑剤が介在する。

骨と骨を非接触にするために
自然がデザインする張力材やジョイントは、
絶えず非固体的である。

受動性の否定

張力は、受動性に閉じ込められていた。

テンセグリティは受動性の否定から生まれた。
圧縮力と張力は、共振するために共存している。

その相互作用こそ、
気取ったり、懲りすぎた細部と技法のすべてを排除するのである。