月別アーカイブ: 2017年3月

生存要素の退化

生存に必要なものは、空気、水、食料、エネルギー、住居である、
それらを持たなければ、その順番の欠乏から死んでいった人々を見て、
森から水源と耕作地を求める時に住居はもっとも後回しにされた。

その結果、その逆の順序で高額な支出によってしか取得できない
巧妙な矯正装置に、人類は見事に順応したのである。

水、食料、エネルギー、住居を獲得する手段を
主に金銭に依存するほど退化しているのである。

人類の生存のための安全装置(fail safe)は、もっとも高額である。

起源的思考

シナジェティクスの本質的な試練とは
物理的無限性とそれに到達する理論とを証明する実験モデリングに至る
批判であると同時に存在論であるシナジェティクス起源的思考にある。

例えば、テンセグリティ球の直径の物理的な無限性を
支える張力の連続性から
浮かぶテンセグリティに至る起源的思考。

起源的思考は、オブジェに幽閉する美学や学習から生まれなかった。

自由空間

テンセグリティシェルターによって
生存のための自由空間をどのように享受できるかは、
エネルギーと食料の規制制度が持っている恣意性を明らかにしながら
矯正と服従から短期間にどのように離脱できるかでもある。

バイオスフィアへの離脱は、
火星に行くよりも安全で、気楽な漂流に違いない。

シナジェティクス

シナジェティクス的思考とは、
デザインサイエンス的現実にできるだけ接近し、
さらに、プロトタイプ制作で現実化する過程を
絶えず再構成するクリティカル・パスによって、
予測的デザインサイエンスを作動させる一つの方法である。

その方法こそが、
シナジェティクスの原理群を発見する方法にちがいない。

それによって、シナジェティクスが幾何学から離脱したのは、
予測的デザインサイエンスなくして
その方法が、ほとんど認識されなかったからだ。

自然のデフォルト

諸原理と素材、そして経済的な加工技術との統合する循環から
しばしば、構造原理の発見が訪れる。
それは、バージョンアップとは言わない。

使用している原理を最新版の原理へと切り替える作業は、
前例のない、しかし、自然が使用する原型(=デフォルト)への
クリティカル・パスなのだ。

類似するデザイン

バックミンスター・フラーが考えたことよりも、
考えなかったことを求める方法の最大の欠点は、
彼のデザインに類似する可能性がもっとも高くなることだ。

彼のデザインが、最初から誰にも似ていなかったのは、
問題解決の方法が、問題の数よりはつねに少ないという事実から
着手したからだ。

経験なき言語

日々の様々な良いあるいは悪い現象を公開するWeb上で社会的ネットワークは、
もはや情報公開の民主的な手続きの延長ではなく、
位置情報の客体化として機能すると同時に、
社会的な要素を備えた手段は、
経験なき言語による矯正あるいは服従の手段として機能するからこそ
政治家による誘導する意図を持った手法に転換されている。

いまや、個人による言語による社会化は、
むしろ個人を全方向性から攻撃している。

大円軌道という地動説

春分の日の地球の影が
東経140°線と平行になりほぼ半円になるというのは
見せかけ上の現象であり、
天球上における太陽が通過する大円軌道であるというのも
観察者の見立てである。

太陽が天球を一周しているように見える地動説から
黄道(大円軌道)を説明したにすぎない。

地球も月も、螺旋軌道を描きながら太陽系を回転移動している。
地球外からの観察方法からどんな大円軌道も存在しない。

半円も大円も、時間を除外した幾何学に支配された観察方法である。

自己表現と相反する作用

優れたデザインには
主体の自己表現と自己放棄との間に、激しい往復運動が形成されている。

さらに、思考を声に出す行為によって
自己表現と自己放棄との間の非同時的な相反作用を増大させた結果は
しばしば発見と呼ばれる。

それは、思考の圧縮力と張力との相反作用の
見えないテンセグリティ化による自然のプリセッションに違いない。

思考を声にする

シナジェティクスは、
特殊な出来事(special case)の多様な存在を差異化し、
それらに固有の形式に変換して類別すると同時に
多様なモデル言語の出現を一般化によって単純化する。

高度に一般化されたシナジェティクス・モデルは、
しばしば、<思考を声にする>過程に出現する。

それは、自己の確実性から誘導される<閃き>からではなく、
言語形成に根ざす<他者性>の領域からである。

潰しが利かないウラン

<潰しが利く>とは
本来は、金属リサイクルのことであった。
硬貨や携帯のレアメタル、そして自動車のように。

学んだことを武器に、職を見つけることが出来る意味に転じたが
実際の武器も、溶かして再利用される。

人間も工業製品も武器も、いまや<潰しが利く>動く資源である。
とりわけ、潰しが利く職業は、陳腐化への怖れから選択される。

宇宙の元素は、他の同じ元素と掛け替えられても
けっして劣化しない。
宇宙に、中古元素は存在しない。

しかし、意図的に元素(ウラン)を潰すのは、原発と核兵器だけである。
さらに、本来は潰しが利かないウランを潰して鉛にするまでの
膨大な処理コストで、国家や大企業自らが潰れるほどである。

直立と浮遊

二本足で直立することで原始人の脳が大きく重くなったように
圧縮材が相互に非接触になると同時に、
連続する張力材で統合されたテンセグリティは、
劇的に軽量化された。

さらに、原始人の直立歩行が
重力とのプリセッションの制御技術ならば、
テンセグリティは、大地から自律し、
ついに浮遊する動的構造となったのである。
(どちらも重力との相互作用である)

直径の無限性に伴う圧縮材の細分化によって。
(それは、水に浮遊する直径100㎝の
カーボン・テンセグリティモデルによって証明可能だ。)

安全装置(fail safe)再考

安全装置(fail safe)とは、
失敗から生じる損害や不利益、不注意から生まれる故障や事故を
防ぐための安全装置を意味するが、
軍事的には、核装備の爆撃機が何かの誤りで
攻撃目標を爆撃することを防ぐシステムである。

つまり、自分の間違いや失敗を認めた時に、
未然に相手の損失や破壊を完全に防ぐための現実的方法を
システム自体に含ませることを意味している。

間違いを証明する客観的な証拠によって
相手から反論されたり、批判されて始めて自分の間違いを認める行為は
どんな安全装置も存在しないことを証明する行為である。

日本の原発にも、国会にも
生き延びるための安全装置は、意図的に消滅させられている。

☆シナジェティクス研究所 テンセグリティ・プリセッション参照
安全装置(fail safe

不可視の軍隊

個人を法律と規範の領土下で、監視しながら管理し、
学習が矯正システムである社会から逃亡することが
ほとんど困難な成熟したテクノロジーを批判しないで、
北朝鮮の独裁的同族社会と可視的な軍事力を非難することは、
すでに矯正システムによって機能する無意識の条件的反射思考なのである。

その反射思考によって
軍事力で維持される<資本主義の動く構造>を外から見ることは
より困難になっている。

軍事力は、すでに不可視の監視・管理・矯正技術である。
職場や学校、病院にすでに張り巡らされている。

未完の書『コスモグラフィー』

シナジェティクスモデルと縮小モデルは本質的に異なる。

縮小モデルは、形態認識の手段として定着してきたが
シナジェティクス・モデリングによる未だ認識しえない関係を発見していく方法は
まだあまり知られていない。

シナジェティクスモデルは、物質化を通して
人格的段階と同時に非人格的な領域までを捉えようとしている。

バックミンスター・フラーは、私がその方法を彼と合う前から
直観的に実践していたことを感じていた。
1983年、『コスモグラフィー』は彼の遺稿となった。
(バックミンスター・フラー著 梶川泰司 訳 白揚社 2007)

『コスモグラフィー』で登場するシナジェティクスモデルの
隠れた<構造と意味>は、
手の思考力と直観との相互関係から生成される。

つまり、未だ認識しえない関係は
『コスモグラフィー』にこそ存在している。

月影

春の最初の満月の夜は
冬を越した乾いた丸太で焚火ができる。

月影が炎で消えるまで
遠くの獣たちも眠らない。

コウモリの帰巣も
満月と焚火の匂いで混乱するだろう。

先験的構造システムは存在する

仮設住宅は、地震に対応したのではなく
迅速な設営と撤去を前提にした居住空間である。

仮設住宅は基礎を前提にしている構造である。
基礎によって、大地に依存した従属性を排除することはできない。

しかし、真の構造には基礎という概念もなければ
耐震、免震、制振システムの概念もない。

全方向的な外力に対して
剛性と強度を維持するテンセグリティ構造には
耐震、免震、制振システムが先験的に内在して
外力を分散しているのである。

そればかりか、真のシステムを通過した外力が
システム自体の強度と剛性を向上させている
シナジーが出現するのである。

デフォルト化するシェルター

人々が求めた住居は、
自分と家族のために<獲得された空間>であり、
絶えず自分と家族と共にある空間ではなかった。

私がデザインするシェルターは、
宇宙と共に機能する環境制御装置である。

水と食料、そしてエネルギーを自律的に生産し制御するための
シェルターを生産する人々にこそ、
最初にこの都市に依存したすべてをデフォルト化するシェルターが必要だ。

21世紀は、すでに難民の時代だ。

フラーレンとナノチューブ、そして細胞とシェルター

もし、テンセグリティが発見されていなかったとすれば、
フラーレンとナノチューブ、そして細胞とシェルターは、
それぞれが特殊な形態として存在していたに違いない。

さらに、自然とその概念をささえる思考が
どのように形成されたのだろうか。

テンセグリティが発見されるまでの世界の科学哲学史に貢献する
圧縮材が不連続な構造を統合する連続する張力材にまで
抽象化された思考を共有する科学的・数学的・哲学的コロニーは、
孤立し遊離しながらもバックミンスター・フラーが練り上げた独自のコロニー以外に
いっさい存在していない事実を除外したならば、
フラーレンとナノチューブ、そして細胞とシェルターを、それぞれ
もっとも少ない物質と時間、そしてエネルギーで形成する同一の構造原理への理解は
他の惑星で展開されていたただろう。

予測的デザインサイエンス

構造とパターンは、
相互的に直接作用しながら変容する織物である。

面、線、点の相互作用から
閉じた新たな構造のパターンが発見される。

しかし、純粋な構造のパターンの目録には
ストラットやジョイントや皮膜のコストの情報は含まれない。

デザイン行為は、異なった原理間の調整のみならず、
それらすべての要素間の相互作用を調整する段階に存在する。

その認識は、予測的デザインサイエンスに属する。

その単独者へ向かう私の自己のテクノロジーの修行は、
バックミンスター・フラーに会った29歳から始まったが、
幸運にもその物質化の最終段階がついに訪れた。

短命な閃き

独創的なアイデアの源泉を
閃きに依存する人々の幻想は驚くほど平凡でありながら、
傲慢さを巧妙に隠蔽したオリジナリティに身を包む。

一瞬であろうと、徐々にであろうと
オリジナルなアイデアが閃くと言うことはありえない。

それはどこかで見た誰かのアイデアにちがいない。
瞬間的に思い浮かぶ他者のアイデアを模倣する人々に
共通する幻想は短命だ。

風が吹かなかった場所は存在しないが
風は、異なった場所で
同時に同じ方向から吹かないトポロジーにしたがって
独創的なアイデアは、ついに発見されるのだ。

発見は、短命な閃きとは無縁である。
発見は、計画的偶然が織りなす主体的な産物だ。

独創的なアイデアは、人間には属さない輝きをもたらす。
それは、自然の原理に触れた瞬間の電磁誘導なのだ。

媒介者(vehicle)

企業にとってノウハウは、富の構成要素の一つである。
難民を受け入れる国家は、
確実な富の源は人口にあると考えている。

企業にも、国家にも、
人間は宇宙と大地とを繋ぐ本質的な媒介者
または伝達システム(vehicle)である
という観点はどこにもない。

確実で無尽蔵な富という概念によって
人々は目的のない牢獄に繋ぎ止められている。

先験的システム

権力システムに対抗する政治哲学論よりも
エネルギーと食料、水とシェルターを無料化するテクノロジーのほうが
それらを互いに断絶させ分裂させる権力システムと
反対称的な先験的システムなのである。

先験的システムは、つねに包括的である。
ーーーー例えば断面積ゼロの重力、つまり張力的存在。

自然の構造

構成要素とは、
どのような要素を使って構造が組み立てられるかを
検証した結果である。

検証なき構成要素からは
どんな構造も主体的な思考の対象から逃れてしまう。

主体的な思考から発見される自然の構造は
つねに先験的である。

有用性(utility)とメタフィジックス

シナジェティクス領域から
デザインサイエンス領域に移行する過程で
理論的段階から実践的段階へと質的に転位するだけに終わらない。

実践的段階が理論的段階へと押し戻すほどの
工学的技法を超えた数学的な原理の発見に遭遇したならば。

異なる2つの段階を通過し、往復することで
異質な原理から成り立つビジョンへ移行できているかどうかが
生存するための<有用性(utility)>に到達できる
信頼すべき兆しなのである。

テンセグリティ・シェルターの生産過程で遭遇する
シナジェティクス原理の発見は、
最大のプリセッション(計画的偶然性)である。

シェルターが完成すれば、
その内部で私は再びシナジェティクス論文を書くだろう。

自律していくコロニー

流動する圧倒的な難民を受け入れない情況を先導する場合
その国家の民主主義はすでに消失しかけている。

自国の領土を買ったり売ったりしている間に、
その領域内にいるかぎり、
安全で平和に生きられることを保証するという国家は
もはや存在しないのだ。

エネルギーと水と、食料
そしてシェルターを過不足なく自給し、
自律していくだけで
人類は短期間にコロニーを形成できるのだ。
——-火星に行かなくとも。

権力がもっとも怖れているのは
人類の自発的な集団化(コロニー)なのである。

極地へ向かう工兵隊(military engineer)

自然と出会うために
人間が道具を使用して短期間に居住可能な場を形成するという考えで
アウトドア製品はデザインされてきたと思われてきた。
しかし、軍隊が来るべき資源戦争に備えて
予備的に行う極地的調査方法から
派生した道具類の洗練された段階に過ぎなかったのである。

アウトドア製品は、
それらをデザインする人々から
自然についての知とコスモグラフィー的認識が消失し、
予期せぬ死の危険を帯びた自然探検への
疑似体験やそれを追体験するための道具にとって変わった。

戦時なら、つまり、21世紀の難民大移動の時代なら
モバイルテンセグリティシェルターの開発は
工兵隊(military engineer/pioneer)の最優先課題の一つであるだろう。
軍隊から主体的に離脱する彼らは、
バイオスフィアのエネルギーと食料生産の可能性が眠る極地へと向かうだろう。

(工兵隊という包括的パイオニアを代表する活動は
ペンタゴンの計画と建設、および原子爆弾のマンハッタン計画などであり、
これまで<見えない権力構造>の技術部門を代表していた。)

主体的に学ぶ

構造は、根本的に自由だという認識や
構造は、社会的な条件によって決定されているという
分析からだけでは、構造を知るには不十分である。

シナジェティクスを学ぶと、
構造はつねに発見されていることがわかる。

シナジェティクスを主体的に学ぶとは
主体的に構造を発見し、
これまでに存在していなかった
構造とパターンを明らかにすることである。