独創性の偽装者鳴川肇氏

慶応義塾大学環境情報学部准教授 鳴川肇氏の
これまでのオーサグラフに関する解説や講義は虚偽に満ちている。
彼の弁護士は結局辞任せざるを得なかったのだ。
シナジェティクス研究所におけるテトラマ世界地図の開発に従事しながら
その事実を秘匿した彼の現在の履歴紹介などは、盗作者の特有な一面である。
研究履歴の詐称そのものである。

鳴川肇氏はこれまで何も反論しないにもかかわわらず、
2017年10月11日、オランダでのラナルド・マクドナルド賞2017も辞退しなかった。
http://nlin.jp/2yCD2Vg http://nlin.jp/2g33TDj


「テトラマ®」のデザイン技法を盗用した「オーサグラフ」について

「テトラマ®」のデザイン技法を盗用した「オーサグラフ」について



テトラマ®(Tetrama)とは何か 世界初の正4面体の全方位的な世界地図投影法

テトラマ®(Tetrama)とは何か 世界初の正4面体の全方位的な世界地図投影法



独創性の偽装 慶応義塾大学環境情報学部准教授 鳴川肇氏の場合 その1

独創性の偽装 慶応義塾大学環境情報学部准教授 鳴川肇氏の場合 その1