月別アーカイブ: 2018年5月

独創的

バックミンスター・フラーはシナジェティクス学派を作らなかった。
数学論文を発表したことがない。
それ自体が独創的であった。
シナジェティクスはシナジェティクスモデルをオブジェ化する手段によって
趣味的に受容することができない。
それ自体が自然の原理である。

短縮された孵化(Hatching)

早朝の春はカッコウの鳴き声で目が覚める。
裏庭の高い樹で鳴くからとても騒々しい。
そっと窓を開けてもすぐに飛び立つほど鋭敏だからこそ、
カッコウは直接巣を作らないが、巣の持ち主の卵よりも
早く孵化(Hatching)するようにプログラムを
ハッキング (Hacking)したのだろう。
巣から脱出する替わりに巣の所有欲から
人間の住宅は銀行によってハッキングされている。

首尾一貫性(consistency)

政治と教師そして両親は、首尾一貫性を求める。
そして、社会構造の安定性に安易な堅牢さを求めて、
定住と税金収奪のための代理人になる。
一貫性の原理は思考を操ることができる。

原子核の安定性は、元素の相互変換性にある。
テンセグリティは振動数の変動に対する自動調整機能にある。
遂にジョイントレスでより柔軟な強度と剛性で安定する。
首尾一貫性という擬似的な原理は人為的な重力圏でのみ発生する。

5回対称性の原始シンメトリー

正20面体の対称性のある最密充填のシナジェティクスモデル(右)では
中心の球の半径は、周囲の12個の球の半径よりも小さい。
この5回対称性は紀元前3500年ごろの青銅器時代よりも
2500年以上も先行する海の民による
最古の最密充填モデル(towie stone)で認識されていた。
これは兵器でも装飾でもない、
純粋な幾何学的思考の軌跡にちがいない。

原始シンメトリー感覚は数学と科学を
通底する「構造とパターン」の前駆体である。

SYNERGETICS RBF
5回対称性のある最密充填のシナジェティクスモデル

最古の最密充填モデル(towie stone)

スコットランドで出土した約7千年前のtowie stone(最密充填モデル)から
注目すべきは正20面体の対称性をすでに概念化した思考方法にある。
それは顕微鏡がなければ自然界では発見できない方法だ。
観察から発見していないならば
古代ギリシアのプラトン派のモデル言語に圧倒的に先行している。

towie stone

https://www.atlasobscura.com/articles/what-are-scotlands-carved-balls

反ミニマリスト

ミニマリスト(断捨離)とは、受動的な抵抗であり
生命の可能性を増大させる方法ではない。
植物は、光合成においてミニマリストではなかった。
ミトコンドリアと葉緑体との相互作用を統合して
より経済的な生存の多様性(細胞内共生)を獲得したように、
モバイラーは道具の絶えざる選択と
軽量化の発明によってより移動する。

外部化した眼鏡

スマートフォンは各社半額キャンペーン採用してきた。
半額はまだ所有概念に始終しているが
安価な装置レンタルサービスの概念に移行するだろう。

ユーザーがより利用することによって
ハードウェアはより廃れていくと同時により高度化される。
眼球というカメラ機能と視神経の伝達機能は互いに分離できない。
人間の視神経が他の神経繊維束の1000倍も太いのは
視覚情報を重視した脳の一部だからだ。
スマートフォンは外部化した眼鏡のようになるだろう。

眼球は脳が外部化した器官

http://www.kiyoyoshi-kobayashi-clinic.com/page0111.html