テンセグリティ」カテゴリーアーカイブ

バイオスフィアへのインドア

人類は地球の外側、つまり球体の表面に生存している。
テンセグリティシェルターは
都市から一時的に遊離するアウトドアへの新たな道具ではなく
バイオスフィアへのインドアなのである。
植物のように太陽と大地に求めるテクノロジーによって
閉じたバイオスフィアをモバイルするための。

SYNERGETICS RBF 1975

内部の反転

甲殻類の筋肉というタンパク質から形成される
テンション材は殻で保護されてつねに内部化されている。
テンセグリティ構造においてはテンション材は外部化されている。
ロボットは前者のタイプだが、
間接部にギアまたはジョイントやケーブル、
ベルトどの伝導機構を内蔵する。
テンセグリティは伝導機構を反転させる工学を生む。

伝導機構を内蔵する甲殻類

テンセグリティの不随意筋ネットワーク

人間の随意筋では伸筋の収縮と屈筋の弛緩が同時に起こる。
テンセグリティ構造の同時的な共振作用は
張力材の収縮と拡張の非同時的な差異から形成される。
テンセグリティ構造の閉じた張力ネットワークは
自己意識下で動かすことの出来ない
自然の不随意筋の現れである。

SYNERGETICS RBF 1975

非対称的なテンセグリティ構造

バックミンスター・フラーは、
ジオデシックドームの発明よりも前に
すでにテンセグリティ構造を発明していた事実は
あまり知られていない。
サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」の移動用劇場テントのために
非対称的なテンセグリティを開発していた晩年の仕事と共に。

Non-symmetrical tension-integrity structures 1975 RBF

住居の自重を大地に流す危険性

船は水の質量から生まれる浮力によって、
飛行機は移動する空気の流体から生まれる揚力によって
それぞれ移動の安全性を確保する。
住居は自重を大地に流して安全性を確保するために
大地を不動と見立てた。
テンセグリティは自重をより軽量化しながら
絶えざる共振によって構造体の安全率を飛躍させる。

コツが学習を支配している

効果的だが安易な学習方法ほど、
隅々までコツが支配している。
テンセグリティモデルの制作のコツを掴む方法は圧縮材には求められない。
秘訣としてのコツは歴史的に骨のように圧縮される特殊な部分に求められてきた。
テンセグリティの張力調整機能は重さのないネットワークパターンにある。

共鳴テンセグリティ構造 制作シナジェティクス研究所 2015

人々を大地に固定する土地資本主義

航行する船の価格に海域は含まれない。
高速で移動する飛行機の価格に空域は含まれない。
植物の光合成システムに
太陽系の受光料または光速移動代は含まれない。
大地に固定されて安定する住宅には
未だ土地代と固定資産税が含まれている。
建築家はもっとも時代遅れである。

概念の物質化

現象を再現する過程で未知だった概念が発見されるのはなく、
概念を物質化する過程で新たな物理的現象が発見される。
実在と過程の相互作用が未知の概念モデルを視覚化する。
最初の概念モデルを視覚化した瞬間に
その相互作用の行き詰まりが消える。
物質化の元型は純粋な空虚。

動く裏庭

災害時のアウトドア・テントは水平な床もなく、
紫外線に対して短命である。
車に住めないようにアウトドア・テントには住めない。
テンセグリティ・シェルターは、
バイオスフィア内部で半永久的に使用される。
テンセグリティ・シェルターは
裏庭の動くミニバイオスフィアである。