カテゴリー別アーカイブ: テンセグリティ

海に浮かぶ船のように大気圏を浮遊するテンセグリティ

自律する超軽量モバイル・テンセグリティシェルターの
強度と剛性を計算できる構造家は未だ存在しない。
構造計算の理論は原寸大プロトタイプの破壊実験から生まれる。
テンセグリティは海に浮かぶ船のように大気圏を浮遊する構造物にデザインできる。
テンセグリティは浮力によってモバイルする。

シナジェティクス研究所は、2008年超軽量テンセグリティ構造の構造とパターンを発見した。
テンセグリティ構造は、海に浮かぶ船のように大気圏を浮遊する構造物である。

モバイル・テンセグリティシェルターはシナジェティクス研究所が研究開発した生活器 制作 2008年

「存在の耐えられない軽さ」

「存在の耐えられない軽さ」ゆえに、
球状テンセグリティ構造の強度と剛性は想像を超えていた。
私は新たな「構造とパターン」を発見し、
同時にシナジェティクスの用途開発におけるシナジー的な現実性を証明した。
材料提供した東レのエンジニア全員が見学。
アセンブル120分。


シナジェティクス研究所の自律したモバイルテンセグリティシェルターのプロトタイプ 
直径6.5m 30kg カーボンテンセグリティ
2008年制作 青山スパイラルにて

テンセグリティ・シェルターの内部 直径6.5m カーボン製

テンセグリティ構造の生活器としての可能性をTHE NORTH FACEの40周年で
来日した創業者ケネス・ハップ・クロップ氏と対話した。
バックミンスターフラーにデザインを依頼したモデルがテンセグリティシェルターの内部に設置された。

シナジェティクス研究所が開発した直径6.5m重量30キロのカーボン製のテンセグリティシェルター
ハップ・クロップ氏と共にテンセグリティシェルターの内部にて。青山スパイラル 2008年

予測的デザインサイエンスの最優先課題

テンセグリティ構造をより少数のアボリジニ(aborigine)のための
生存装置としての生活器をデザインすることは、
最晩年のバックミンスター・フラーが次世代に託した
予測的デザインサイエンスの最優先課題の一つであった。
実際、その35年後の奪われた大多数でさえ
より少数に分裂した情況にいる。

テンセグリティ・ネットワークの補償作用

構造化され自律したテンセグリティは
元素のように対称的なモジュールから構成できる。
非構造的なテンセグリティでは、ネットワークの一部分が破断した場合、
全体が瞬時に崩壊するほどネットワークの補償作用は完全に欠如するが、
テンセグリティを人類の生存空間として構築しない場合に限られる。

大きさの制限がない構造

バックミンスター・フラーはテンセグリティ構造には
大きさの制限がないという一般化された理論を構築した。
一方、テンセグリティはどれほど小さくなっても構造だから
動植物に共通した細胞という単位(cell)に限らず
原子核までテンセグリティ構造になっている。

Donald Ingber’s Tensegrity Cell Structure
Cells contain a highly complex network of tensioned filaments and compressed microtubules that form eukaryotic cytoskeletal construction.

殻の厚み

住居の平均的な壁の厚みは30センチ程度である。
部屋の幅が6m程度とすると、
その厚みは幅の20分の一となる。
人間の頭蓋骨の平均の厚さは6mm 程度で
直径との比率は40分の一以下である。
鳥の卵の殻の厚みと卵の直径の比率は80分の1以下である。
適切にデザインされたテンセグリティ・ジオデシックドームの
その比率は200分の一以下となる。
モバイルテンセグリティ構造の壁は
圧縮材ではなく張力材として機能すべきである。  

共鳴型テンセグリティ構造 直径6.5m 重量30kg

「原子はテンセグリティであり、その構造システム全体には〈固体〉などもはや存在しない(RBF)」
テンセグリティ・シェルターはリダンダンシーを完全に排除した物質の結合状態を露わにした。
その機能は、これまでのすべての産業社会を支配する経済理論(収穫逓減の法則)に反しているだろう。

共鳴型テンセグリティシェルター 直径6.5m 重量 30キロ 
制作 シナジェティクス研究所 梶川泰司 2008年
尚、このプロトタイプは、シナジェティクス研究所が研究開発し
ザ・ノースフェイスの40周年のスパイラルでの展示のためにザ・ノースフェイスにレンタルされた。
現在シナジェティクス研究所が所蔵している。


https://www.goldwin.co.jp/corporate/info/page-22280

プロトタイプの変容

量産するために
プロフェッショナな集団性でデザインした
プロトタイプが
一人の人間が自分のためだけに制作した
個人用プロトタイプよりも
より安全でより軽量でより剛性と強度があり、
より経済的であるとは限らない時代にいる。
個人的利益が目的ではない原型デザインの段階から。

動く自律的受容器

気象変動から生まれる
豪雪や暴風雨などの外部の衝撃を絶えず分散する
モバイル・テンセグリティシェルターは
不安と悲しみ、
改善の余地のない現実に囲まれて生きる苦難を
互いに分かつ友情と愛のように振る舞う、
自律的に動く受容器として物質化した
最初の共振的構造なのだ。