カテゴリー別アーカイブ: テンセグリティ

シナジーの存在度

単位体積あたりより少ない物質とエネルギーによって
より大きなテンセグリティシェルターを制作するための構造計算は
精密な縮小モデルのシェルターの破壊実験によって確認できるとは限らない。
風や雪や水を構成する水分子まで縮小できないからではなく、
より大きくなるテンセグリティ構造には
より加速するシナジー効果が出現するからだ。
シナジーの存在度は原寸大の破壊実験に依存する。

機能はそれ自体では存在できない

機能はそれ自体では存在できない。
機能は他の機能とのみ相補的に共存する。
柔軟な強度をシナジー的に形成するテンセグリティ構造においては、
張力と圧縮力は非同時的にまたは同時的に共変動する。
それは現象からでしか認識できない。
最初に構造モデルありきである。

SYNERGETICS RBF 1975

多孔ネットワーク

環境に作用する経験と実験のすべてに全体パターンが関与する時、
そのパターンには開始と停止がある。
テンセグリティシェルターは台風の外力によって
あるいは居住者のクシャミでさえ構造をより強化する。
穴だらけのテンセグリティ・ネットワークにはその機能がある。

SYNERGETICS RBF 1975

電磁気学的ネットワーク

日本にしか生存できない麹カビの特殊性は
異なる微生物コロニー間の電磁気学的ネットワークの
構造安定度性に支えられているはずだ。
テンセグリティモデルの不連続の圧縮材を統合する
張力材の連続したネットワークの振動数から
それを制作した人間の固有情報が瞬時に伝達されるように。

SYNERGETICS RBF 1975
Tensegrity Tetrahedron with “Me” Ball Suspended at Center of Volume of the Tetrahedron

構造モジュール

放散虫のシンメトリックな形態をどんなに分類しても
彼らの生存方法と種族維持目的に利用している
構造のモジュールは発見できない。
ジオデシック・テンセグリティモジュールも
人工物のようにデザインできないだろう。

SYNERGETICS RBF 1975
テンセグリティモジュール

自然の模倣

同時に異なる構造デザインに挑戦した結果、
それらが融合し統合されたなら、もはや元の構造単位よりも単純だ。
モジュール化されるテンセグリティ構造は
自然の模倣からは生まれない。
モジュール化されるテンセグリティ構造は自然の模倣からは生まれない。
モジュールは形態認識からではなく概念による認識から発見される。

共鳴と共振

森に熊は生きる。そして熊が森を育てる。
森は熊の外部であるが内部でもある。
異なる生命種間の「同調と共感」は、
テンセグリティ構造では
異なる物質(圧縮材と張力材)による「共鳴と共振」に変換される。
すべての生きた構造には内部と外部が存在する。
共鳴と共振は見えない統合性の現れである。

類似を超えて

形態化にもかかわらずシナジェティクスモデルが
非物質化される段階に到達している時、
真実との類似を超えている。
たとえばこのテンセグリティモジュールは
構造の空間充填における相補性そのもである。
合金の構造解析からは発見できなかった。
それ自体では存在し得ないからだ。

Tensegrity by R. Buckminster Fuller 1961

可逆的な超遠近法

超遠近法はエッシャーの不可能な構造を可能な構造に変換するだけではなく、
可能な構造を不可能な構造に変換できる「可逆的な超遠近法」なのである。
たとえばテンセグリティ構造も不可能なテンセグリティ構造に変換できる。
エッシャーの「だまし絵」を3Dモデルで種明かしするこれまでの方法とは異なる。
エッシャーは3Dモデルを参考にして不可能性を描いたわけではない。

制作 シナジェティクス研究所 梶川泰司 2006
http://synergetics.jp/escher/Escher-ch4.html
PCのみで再生可能