異なる知識が同じ軌道を形成する

ベクトル平衡体のすべての頂点がつねに収縮拡大する球面上にある時、
各頂点は楕円軌道を描く。
観察者が移動して球の中心に位置する場合は
その軌跡は螺旋軌道を描きはじめる。
観察者は非同時的にしか、内部または外部を選択できない。
異なる現象を記述する知識が同じ軌道を形成する。

ベクトル平衡体 SYNERGETICS 1975 RBF
すべての頂点がつねに収縮拡大する球面上にある

環状DNAは最小限の捻れた紐の構造

先験的な偏りで閉じたDNAは
細胞内で身体の偏りを補正する最初の
プリセッション装置かもしれない。
ミトコンドリアの環状DNAは
旋回性(左勝手または右勝手)のある
2重螺旋構造である。
環状DNAは最小限の捻れた紐の構造である。
身体には一兆個の細胞との相互作用がある。

ミトコンドリアの環状DNA
旋回性(左勝手または右勝手)のある最小限の重螺旋構造である。

先験的な偏りで閉じたDNA

DNAが二重螺旋を形成する場合、
転写されたRNAが親鎖の閉じたDNAの一部のDNA領域と
もう一方のL鎖領域を解いていく。
閉じたDNAは捻れのあるリングである。
このリングの捻れには先験的な偏りがある。
この偏りがDNAの複製に関与している。

先験的な偏りで閉じたDNA

テンセグリティ構造とブロックチェーンの起源

ブロックチェーンの概念図が球状ではないことが
ブロックチェーンのリアルな構造安定性を
決定的に視覚化できていない。
テンセグリティ構造と比較するとブロックチェーンの
P2Pとモジュールとのシナジー効果が
相似律的に4次元的に物質化されていることが分かる。
人間と情報の中央管理は時代遅れだ。

ブロックチェーンの概念図は閉じた球状ではない

血管と毛細血管の血液が圧縮され難い原理

フリーダイバーのジャック・マイヨールが100mを超える潜水記録を樹立できた時、
すべての血管と毛細血管の血液が圧縮され難い原理によって
テンセグリティの圧縮材として機能させた可能性を思い描く。
血管からなる圧縮材ネットワークは非対称テンセグリティを形成する。

血管からなる非対称テンセグリティ

テンセグリティ構造とブロックチェーンの起源

ブロックチェーンの概念図が球状ではないことが
ブロックチェーンのリアルな構造安定性を
決定的に視覚化できていない。
テンセグリティ構造と比較するとブロックチェーンの
P2Pとモジュールとのシナジー効果が
相似律的に4次元的に物質化されていることが分かる。
人間と情報の中央管理は時代遅れだ。

ロックチェーンの概念図は球状ではない

ブロックチェーンの起源

ブロックチェーンの優れた機能は
P2Pのシステムに対して情報をモジュール単位にすることによって
データの信頼性を高める方法にある。
しかし、ブロックチェーンの概念図はまだ2次元的だ。
モジュールからなるP2Pはテンセグリティを起源とする。
その構造とパターン以上の柔軟な強度は存在しない。

外力分散機能を備えたテンセグリティはもっとも破壊されにくい構造
SYNERGETICS RBF 1975

水は圧縮されにくい圧縮材

空気は圧縮されやすい。
消化中の消化ホースは、岩のように固体的なのは
水は圧縮されにくいからだ。
植物の導管には水が満たされて無数の消化ホースが形成されている。
枯れ木が、折れやすいのは導管内部の水がなくなり
導管が空洞化して空気が入ったからである。

カボチャの導管内の水分は螺旋状の細胞壁で囲まれる

Z型の互いの鏡像から

構造が安定している場合、
その総ストラット数はつねに6の倍数から形成されている。
正4面体の稜線数6を単位とした整数倍である。
正8面体も正20面体も正4面体の稜線数の整数倍である。
最小限の三角形のスパイラルまたはヒリックスは
Z型の互いの鏡像から形成される。

Triangular Spiral Events From Polyhedra. SYNERGETICS RBF 1975

経験は知性に対して不可逆的

物理的現象は経験できる。
つねに特殊な経験として再現できる。
知性はそれらの異なる物理的経験を分析統合できる。
その逆は不可能である。
局所的な経験は知性に対して不可逆的である。
ベクトル平衡体だけから
誰も4つの回転軸上のすべての三角形の回転運動を思いつかない。
視覚的学習さえも特殊な経験段階である。

4つの回転軸のあるベクトル平衡体 SYNERGETICS RBF 1975