剽窃は情報操作ではなく犯罪

統計は個人情報の集積である。
遺伝情報と共にそれらの情報は個人に属する。
虚偽または虚偽にならない範囲で改変する情報操作に関連した
著作権に対する日本の意識は急速に変わりつつある。
慶應義塾大学教養研究センターの「剽窃について」赤江 雄一氏の講義を再度聴いてみてた。
特に論文に関して著作権の一般的な見解が明確に述べられている。
「剽窃は犯罪である。」