月別アーカイブ: 2005年8月

進化論

市場の原理で金融経済を機能させる民営化政策には、
ダーウィンの「進化論」が適用されている。
21世紀の企業間の生存競争、自然淘汰、適者生存による「進化」の正当性は、
19世紀の大英帝国が生物学から借用した概念そのままである。
グローバリズムは、資本主義の適者生存説である。
したがって、グローバリズムは、市場の原理を「公理」のように扱う。

e・食・住.org

操作主義

政治は操作主義である。
あまり知られていないが、科学も操作主義である。
例えば、アインシュタインの科学的発見方法。
前者が虚構のシナリオに、後者は真実への接近に利用される。
どちらも経験を素材にしている。

e・食・住.org

バイオスフィアという開放系システムの初期の概念が発見されて、1世紀が経過した。
かつてないほど、個人には十分なテクノロジーと時間、
そしてエネルギーが与えられている。
不足しているのは、お金ではなく戦争でもない、
クリティカルパスという重さのない富である。

e・食・住.org

ドア

どっちが良い入口か、悪い出口なのかは終わった。
良い悪いは、政治家に任せよう。
所詮、出入口は、外部と内部とに分断するために人為的に作られる。
内部では、財源が不足し、外部では第4次世界大戦が進行する。

e・食・住.org

2つのドア

ドアには2種類ある。
入口と出口である。
都会のマンションには、入口しかないが、
中山間地ではもう一つの出口がある。
それらは背戸(せど)と言われる。
背戸は、70年代の造語である里山と同義である。

ナロードバンドしかない360万世帯には
この背戸から、広大な裏庭が続く。
この裏庭は、落ち葉と雨水以外に何も生産しない場所だが、
他のどの裏庭にも続いている、
バイオスフィアのブロードバンドである。

e・食・住.org

配当金

会社は株主への配当金のために働く。
しかし、すべての仕事の責任は有限である。
宇宙船地球号の乗員、
つまり、地球株式会社(Earth,Inc.)の社員は
地球の利益のためにのみ
有限な資源を借りて働く。
そして、バイオスフィアへの仕事の責任は無限である。
地球株式会社の配当金は、太陽の放射エネルギーをシントロピー的に
変換した富である。

e・食・住.org

環境デザイン(1)

産業社会が日々排出する二酸化炭素量は問題にされるが、
日々消費する(正確には化学的な酸化作用)酸素量は問題にされない。
気体酸素は有限な資源だ。他の天体では製造されていない。
植物がない場所には、酸素もないという大気圏の生成の歴史は
バイオスフィアにいる限り、認識しにくい。

e・食・住.org

民営化

民営化によって権力構造が独占していく法律家資本主義は、
舞台裏からこの廃れた西部劇を観戦している。
個人の預貯金もバイオスフィアの預貯金(主に地下埋蔵資源エネルギー)も
すべて合法的に搾取される歴史には例外がない。
民営化という手法は歴史的にメイドインUSAである。
正確には第二次世界大戦後のアイゼンハワー大統領の時代に生み出された。

e・食・住.org

西部劇

政治的経済的な政策にまつわるネガティブとポジティブな対比は
どちらかが刺殺される権力構造の再現に集中し、
敵か味方かという大衆向けのいつもの字幕スーパー入の西部劇に翻訳される。

e・食・住.org

宇宙という冠詞

宇宙はすべてを拡散させる言葉になっている。だから、宇宙をつければすっきりする人たちは宇宙バカと揶揄されてきた。宇宙という冠詞には思考の弱点が集約される傾向がある。
宇宙物理学、宇宙生物学、宇宙開発、宇宙空間、宇宙計画、宇宙船、宇宙食、宇宙パイロット・・・・・
唯一、宇宙エコロジーを除いて。エコロジーはもっとも身近な自然=再生的宇宙であるという前提が拡散した宇宙を思考に引き戻す。原子から宇宙までを引き戻す。

e・食・住.org

エコロジーと非電化

太陽によって大地が暖められる。その温度差が空気中に霧を発生させる。気化する時には周囲からの熱を奪う気化冷却が同時に発生する。そのとき、人体表面も通常はプラス帯電しているので、マイナスイオンの霧で、プラス帯電した人体とマイナスイオンは互いに引き合う。こうして高原の霧は、避暑の条件を満足させてきた。

霧の帯電して浮遊する現象は、重要なバイオスフィアの電気的な作用である。(個人的には有機的である。霧と雷が発生する蕎麦畑から、秋には蕎麦のなかでも極上の恵みとなる。蕎麦の実は4面体である。)これらの現象の源は太陽である。太陽がエネルギーを放射し続けているかぎり、山脈の気象には決まったパターンがある。このパターンから、衛星情報よりも局所的情報はより正確に予測できる。バイオスフィアは、「非電化」とは言い難いほど、大規模に電化された、しかし送電線、または端末機や電源コードのない有機体である。バイオスフィアは、電磁気学的相互作用の集積である。この非工業製品に関する太陽系システムによる保証期限中に限り、すべての部品の交換サービスは無償で受けられる。かけがえのないエコロジーではなく、無限にかけかえられているエコロジーこそが再生的宇宙の惑星地球バージョンである。

e・食・住.org

シームレスな流体

真夏の朝日が射し始める時、深い霧はさらに密度を増して視界は閉ざされ、千メートルを超える山頂はすっかり見えなくなる。この山脈の谷間に発生する霧を、異なった観察場所からみると浮遊する雲である。雲は偏西風と共にロシアや中国大陸から移動して来るように思えるが、雲は頻繁に森が発生させている事実は、衛星から見る気象情報からは見逃しがちである。

ロシアや中国大陸から移動してくる雲は、ロシアや中国大陸の森林が、そしてバイオスフィアの「一つの陸と一つの大洋」がつくり出していシームレスな絶えることのない流体である。
http://weather.asahi.com/gms/asia.html

e・食・住.org

八月六日のために(8)ーー持続的発展と再生的宇宙の違い

控えめな人々は「持続的発展」という「再生的宇宙」の代用品を愛用している。神に近い、しかし、宗教ではない「再生的宇宙」は、核分裂による放射性物質の半減期が終わるより遙か前に無数の生命を誕生させた。世界の覇権を手にした連中の誰一人として、環境のすべてが破壊された後のヒロシマの再生を予測していなかった。黒い雨を飲料水にして生き延びた人々の60年後の証言を予測していなかった。ヒロシマの地獄は、軍部の驚喜であったが、ヒロシマの短期間の復興は、世界覇権の「持続的発展」のシナリオを破壊した。

e・食・住.org

八月六日のために(7)ーー自然科学者

自然界で分解しない化学元素の一時的な集合体(古い概念では、ゴミと呼ばれる)は、崩壊する時間が人間の寿命に比べて長すぎる放射性廃棄物も含めてすべて自然科学者が関与している。あるいは物質の相互作用の対象外に置かれた結果と考えられる。

e・食・住.org

八月六日のために(6)ーー宇宙ゴミ

その60年後の2005年8月6日、スペースシャトル・ディスカバリーがドッキング中の国際宇宙ステーション(ISS)の壊れた10億円の宇宙服などの「ごみ」など約2.3トンを詰め込んだ保管庫をISSからロボットアームで取り外し、シャトルの貨物室に移したと報じられた。

宇宙開発にもゴミという言葉がコミュニケーションに使われる限り、「再生的宇宙」の存在は、知性的産物にしかすぎない段階を表している。

e・食・住.org

八月六日のために(5)ーーヒトゴミ

ヒロシマの原爆は核分裂理論にしたがって太陽よりも輝いた。開発に従事した軍部にとって、瞬時に14万人の焦げたヒトゴミと大量の放射性廃棄物とがゴミ出しされた事実は、世界の覇権を意味していた。有機的生命の破壊行為に、自然法則は介在しなかった。

e・食・住.org

八月六日のために(4)ーーゴミと想像力

ごみ 【塵/芥】とは、物のくず、不要になったもの、役に立たないものなどの総称とされている。ゴミ出しという行為によって、誰でも意識的に、無意識的に日常的にゴミを合成できるわけではない。化学的存在であるゴミという物質の解離と結合には、自然法則が介在する。廃棄物質は「ケミカルアブストラクト」には登録されない92種の元素の組み合わせの総称である。ゴミは、人類の想像力の欠如から、抽象性(アブストラクト)とエントロピーの無限性の融合した状態である。

エコロジー運動に関わる多くの人が、この概念を「ゴミ問題」というように日常的に再現するかぎり、「平和運動を戦っている」場合のような概念の撞着がある。

e・食・住.org

宇宙のユビキタス

高度300キロメートルの大気圏外では宇宙服なしで生存できないが、ジェット機が飛行する高度1万メートルでも、特別なスーツを着用しなければ人間は生存できない。われわれはどこにいても被爆している。宇宙のユビキタスとは電磁波であり、放射能である。放射能はどこにでもあるありふれた放射エネルギーである。太陽からもっとも安全な距離に置かれた惑星こそが、バイオスフィアである。バイオスフィアは脱ユビキタスとして見事にデザインされている。これが、宇宙遊泳がもっとも不格好な哺乳類の遊泳スタイルとなっている原因でもある。

e・食・住.org

最初の被曝者

今日は8月6日である。史上最初の被爆者は原子物理学者のマリー・キューリー(日本ではキューリー夫人といわれている)である。宇宙パイロットは、一種の被曝志願者である。キューリーよりも比較にならないほど、被曝している。キューリーの時代にはまだ生命とラジウムの危険な関係が十分に捉えられていなかったが、宇宙パイロットたちは宇宙飛行の後はだれも子どもは生まない。シャトル乗組員には軍隊ほど若いパイロットや技術者がいない理由である。

e・食・住.org

八月六日のために(3)ーー小さな太陽と大きな太陽

八月六日の晴れた夏の朝に、太陽系に投下された2番目の小さな太陽(最初はニューメキシコ州アラモゴード)はもちろん特殊な気象現象を引き起こした。それが、ヒロシマのデルタ地帯にそびえる巨大な積乱雲と黒い雨である。山脈の谷間に発生する霧を異なった観察場所でみると雲であるようにキノコ雲の電気的作用を説明しなければならない。

原爆の日には、小さな太陽から1500メートル離れた場所にいて奇跡的に助かった母のために物理学の話をする。ウランの核分裂により生ずるセシウム137は、半減期30年の放射性元素である。医療用の放射線源に使われるが、体内に入るとカリウムと置き換わるなどどいった怖い話が彼女は好きだ。またこの瞬間にもバイオスフィアのどこかで落雷が発生しているというありふれた話も好きだ。

八月六日の黒い雨のまえに落雷があった話がまた思い出されるだろう。事実以外に彼女から決してイニシャライズされなかった苦痛を私は、共有する ことができない。そして大気圏外で大きな太陽から身を守るには10億円の宇宙服をオーダーメイドで仕立てなければならないという最近の話題で、この世に生きていることをありがたく思わせなけばければならない。退屈な時は、たいていあの日のことを思い出すらしいから。

私の幼年時は、セシウムのたっぷり入っている井戸水で育てられたが、原爆の物理学は被爆の物理学とともに隠蔽されすぎている。しかし、そのすべては戦後のアメリカ軍とその指揮下にあった広島の医療施設でファイルされている。

e・食・住.org

美しい眺め

われわれは350万年以上も前から宇宙空間である地球の大気圏内に生存している。人類が宇宙空間で宇宙遊泳する前からバイオスフィアは宇宙遊泳していた。それは天文学と航海術の関係から明らかである。われわれは2つの海を遊泳している。宇宙にいながらにして宇宙から帰還できない「存在」自体を「美しい眺め」と言っているように思われる。

e・食・住.org

「地球に帰還」はできない

ディスカバリーは地球の外側からより外側へ発射されて、地球にもっとも近い軌道上にいる以上、「地球に帰還」できない。飛行機が空港に着陸する毎に、「地球に帰還」とは誰も言わないように、ディスカバリーはもっとも高い高度をもっとも経済的に飛行している飛行機である。

e・食・住.org

八月六日のために(2)ーー食料と教育

さらにすべての人間に十分な食料が分配されると情報は激しく分散し、再組織されるだろう。食べるために教育を必要としているならば、子どもを教育させる権限を学校に委任しなくなるだろう。すべての人間に十分な物質とエネルギーが分配されなくとも、叡智は黒板に書いたり書かれたりしていないことは直観的に理解できている。

e・食・住.org

暗黒時代のコスモロジー

国際宇宙ステーションに滞在中の野口聡一氏らスペースシャトル・ディスカバリーの乗組員が8月2日早朝(日本時間同日夜)、宇宙で地上からの質問に答える記者会見に臨んだ際に、彼は「無重力の生活に慣れて、地上の生活に戻れるか心配」と話し、2度の船外活動を振り返って「足下には筆舌しがたいほど美しい地球があり、頭上には漆黒の宇宙」という無視できない重要なメタフィジクスを述べた。NASAの厳しい訓練においても、この種の「暗黒時代のコスモロジー」、つまり無重力空間においてさえ「地球は下、宇宙は上」という方位に関する非科学的ビジョンは、宇宙体験として丁重に温存される。あるいはブッシュを支持する宗教的宇宙観が意図的に再現されている。

e・食・住.org

不可視のテクノロジーとのコミュニケーション

不可視のテクノロジーとのコミュニケーションが決定的に不足している。不可視のテクノロジーとのコミュニケーション自体が、一つの不可視のテクノロジーである。メタフィジクスは語源的にフィジクスを越える包括的な科学である。

e・食・住.org