川沿いの隠れ家

大工も左官屋も死んだ後のヒロシマは
瓦礫の中のバラックからサバイバルが始まった。
星々が見えなくなるほど川面を照らす炎が好きだ。
人々の群れが町になるまで、
川沿いの隠れ家で釣りと流木の焚火の日々だった。
あの頃、バックミンスター・フラーは
裏庭でテンセグリティを発見していたのだ。

SYNERGETICS RBF 1975

最後のユーザになる現実がきた

最初にテンセグリティを制作した時その構造から何でもできる気がした。
永遠に陳腐化しない元型を感じた。
後にフラーレンが発見され、DNAやウイルスの構造も、
宇宙で生き延びるテンセグリティ原理の優れたユーザだと分かった。
気象災害用シェルターで人間は
最後のユーザになるだろう。

放散虫はモバイルテンセグリティ構造を採用している。

労働が隅々まで分断された世代

自然が超専門分化に従って、細切れにされ続けていたなら
同時的・非同時的な一つの全体を一度も再生できなかっただろう。
21世紀の子どもはスマホで世界を切れ切れにする方法を学んでいる。
子どもがネットに向かう時間を制限し、
学校がある平日はデバイスの使用を禁じる両親は少ない。
両親に分断化の経験がなかったからではなく、
すでに労働が隅々まで分断された世代だったからである

細分化された労働によって脳は分断され征服される。

沿岸部から人の住めない内陸部に移動するための住居

哺乳類で家を買うのは人間だけだ。
1927年のR.B.フラーの最初のモデリングは
テンセグリティ=4Dハウスだった。
それは、世界の沿岸部から人の住めない内陸部に移動するための
超軽量シェルターの開発だ。
デザインサイエンスはテンセグリティの
人間生活への適応性を証明するために生まれたのだ。

浮遊するテンセグリティ都市 直径800m R.B.フラー 1962
裏庭のテンセグリティシェルターは母船に帰還する。

人工的な川が流され、自然の川は川底と共に動く。

決壊して川の流れが変わったのではない。
宅地と農地の拡張のために川底を堤防で固定した人工的な川が、
遂に成長した巨大雨雲に流されたのだ。
リセットされた川底が剥き出しの重力に従った本来の川なのだ。
川は川底と共に動く。
流入量と流出量の収支バランスを維持するために。

利根川 川底と共に動いた流れは、
土木技術によって一時的に川幅を固定されている。

国境なき消費終活宗教

価値生産を加速する産業から生まれる経済は
失うものを増やしていくゲームに変貌する。
1ドル紙幣を刷るだけで誰かの借金だ。
水素原子は、他の原子と結合するためのエネルギーを
宇宙から借金しない。
その現実を見ない地球サバイバルは、
ただ生きているだけの国境なき消費終活宗教だ。

水素原子は宇宙の全質量の約75%を占め反応性に優れているのは
ほぼすべての元素と結合するためである。
単離した水素原子は地球上の最初のモバイラーである。

水素結合の対称化
「水素結合の対称化にともなう結合様式の変化によって鉱物全体のマクロな物性変化を引き起こす」
https://j-parc.jp/c/press-release/2018/11/22000178.html#no5

焚火が人間の脳波を瞬時に変える

家族で食事や旅行しても
家族で焚火を一生しない人類が増えている。
650万年の人類史の99%は
焚火で食事しながら移動していた。
焚火が人間の脳波を瞬時に変えるのは
洞窟から見る夜空の星々への記憶にある。
裏庭のテンセグリティシェルターは
銀河系洞窟への入口である。

洞窟の元型

人命救助出来る実際の道具の数は僅かだ

自衛隊の災害救助隊が災害前に出動しないし
自衛隊は軍事用ヘリやボートの保有数を公開しない理由がある。
非常時が発生する事態につねに備えるからだ。
広範囲で大災害が発生した後に自衛隊がたとえ2万人出動しても
各被災現場で最優先で人命救助出来る
実際の道具の数は僅かにちがいない。

千曲川での救助に使われたヘリは何機だったかのか?
現場では報道のヘリの方が多かった。

災害の規模と場所と時間を予想できるテクノロジー

非常災害が発生する前に
災害の規模と場所と時間を予想できるテクノロジーがある。
災害が発生した後に対策本部を設置し自衛隊を派遣して
ヘリやゴムボートで被災者を2日間以上も掛けて救出する前に、
川が氾濫し決壊が予想される流域全体に
ゴムボートと水と食料、エネルギーを配備する方が
確実に経済的で安全である。

船外機が装着できる4人乗りゴムボート

格差システムは細分化された独占から生まれる

ラーメン屋のためのラーメン屋、
学習塾のための学習塾、
保険屋のための保険、
探偵屋のための探偵、
政治家のための政治、
コンサルタントのためのコンサルタントから
遂に金で金を稼ぐシステムに到達する。
働かない富裕層のために何もしない目的を維持できる富裕層は
日本人口の3%の360万人。
既に産業は格差システムに支配された。
格差システムは細分化された独占から生まれる。

格差システムはこのような平面を形成しない。
格差システムは時間を含む4次元にある。