投稿者「e-shokuju」のアーカイブ

面が存在しないテンセグリティは多面体ではない

「宇宙に固体は存在しない」(フラー)という認識から
テンセグリティ原理が発見された。
面が存在しないテンセグリティは多面体ではない。
圧縮材と張力材との合金であり、
合金を構成する元素は金属元素とは限らない。
宇宙の合金はつねに振動し、より高い固有振動数によって
相互により結合する。

テンセグリティ・トラス構造 1961 バックミンスター・フラー
自律するテンセグリティ・モジュール
module

頂点・辺・面は遂に発見できなかった。

物体または実体とは、集合体であり、固体を意味しない。
その統合された集合に対して、
同時的に客観的な認識は形成されない。
「宇宙に固体は存在しない」(バックミンスター・フラー)
という認識までに、ギリシア哲学から25世紀間を要した。
頂点・辺・面は、ついに発見できなかった。
ゆえに、宇宙に多面体も存在しない。
頂点という「出来事」とそれらが相互に作用する「関係」と
その「関係」に囲まれた無としての「窓」が存在するだけである。

SYNERGETICS RBF 1975
Fig. 511.10 Two Triangular Energy Events Make Tetrahedron:

法則性がないランダムという無作為

科学はランダムな要素という概念によって、
主観的な出来事を人生における刺激的だが
不注意なランダムな経験として捉える。
明確な目的のない経験をより排除しても,
客観的な出来事は認識できない。
主観どうしが化学反応を起こして
予測できない全体を垣間見る経験を
他の出来事から見分けられるかだ。

「ランダム再生」を選択する行為は、真の「無作為」を再生しない。

「窒息ポイント」再考

情報の監視と共に支配は深く浸透するが、
履歴を抹消できる「消しゴム人間」たちは
SNSから始まる行動や言動を完全に透視できる。
真実を抜け目なくシュッレダーにかければかけるほど
内部支配をもよりランダムに分断していく。
自由を監視する以上のエントロピーは存在しない。

「テロリスト」を捕まえるはずだった監視システムは
民主主義を妨害するために使われる。
(特定)秘密保護法はアメリカがデザインした。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49507?page=4
図3(Trans-Pacific Express)盗聴プログラム「STORMBREW」の一部としてNSA文書に記載された国際海底ケーブル「トランス・パシフィック・エクスプレス」。日本の接続地点は「Shinmaruyama」(新丸山)と表記され、「窒息ポイント」と呼ばれる侵入地点、米西海岸の「BRECKENRIDGE」につながる。

真の起源はどんな規範にも変換されない状態でやって来る

生存への挑戦とその困難さがどんなに重圧的であろうとも
個人の独自な経験が生む違いが前例のない変化の兆しとなる。
世界に異なる個性を求めることが目的だとしたら、
最初の重要な変化は起こらなかっただろう。
真の起源はどんな規範にも変換されないほど、
野性的で非言語化された状態でやって来る。

シナジェティクスは、ギリシア幾何学を陳腐化しただけではなく、
25世紀間も存続した多面体(solid)の固体概念を破壊したのである。
テンセグリティは、今後、数千年間も存続するニューモデルである。

他者の自由度を減らすことなく他者の生存に役立つ構造デザイン

鯨を捕獲するための狩猟用カヤックは、
防水性に富んだアザラシの毛皮コートを
転覆しても沈まないように
船体デッキを覆うまで存在していない。
他者の自由度を減らすことなく、
他者の生存に役立つ構造が存続しえるかを考察する時に
構造デザインは初めて生存段階の有用性からリセットされる。

狩猟用カヤック
狩猟用カヤックは、荒波で沈没する危険を減らすために
クローズドデッキのデザインで構造を進化させた。
構造的には獣皮ボート(skin boat)

自然の原型は外側からではなく内側から

発見されたシナジェティクスが
直ちに人間の意識を変容することはほとんどない。
継承された数学幾何学的概念が
その意識を規定していることが
観察者のシナジェティクスの発見を阻んでいる。
自然の原型は集団的に概念化される前に
観察者の外側からではなく内側からもたらされる。

内部と外部は相補的で変換可能
SYNERGETICS RBF 1975
Fig. 1032.31 Concave Octahedra and Concave Vector Equilibria
Define Spherical Voids and Energy Trajectories:
“Concave octahedra” and “concave vector equilibria”
pack together to define the voids of an array of close-packed spheres

教育された分類と分割の癖

Truth is completely spontaneous. Lies have to be taught.
バックミンスター・フラー

デスクトップから離れて探査するだけでは、
完全に自発的な発見には遭遇できないだろう。
教育された分類と分割の癖は
全体から目を反らすばかり。

部分には非対称性があるが、
全体には対称性が形成される
シナジェティクスモデルは
教育された「分類と分割の癖」を破壊しなければ
発見できない。
またそれを再現する制作も困難だ。

SYNERGETICS RBF 1975
Fig. 458.12 Folding of Great Circles into the Icosahedron System:
The 15 great circles of the icosahedron folded into “multi-bow-ties”
consisting of four tetrahedrons each.
Four times 15 equals 60, which is 1/2 the number of triangles on the sphere.
Sixty additional triangles inadvertently appear,
revealing the 120 identical (although right- and left- handed) spherical triangles,
which are the maximum number of like units
that may be used to subdivide the sphere.

シナジェティクスの脱・方法序説

バックミンスター・フラーが、幾何学研究者であったことは一度もない。
シナジェティクスは幾何学からは始まらなかった。
学者の考えの寄せ集めによる学習よりも
探査によって経験された事実から
秩序を発見していく峻烈な操作主義によって
初めてシナジェティクスが形成されていく。
シナジェティクスはシナジェティクスを分割して分類しない。
この包括性の探査方法は、他に類を見ない脱・方法序説となる。

バックミンスター・フラーのシナジェティクス
脱・方法序説 intuition=cosmic fishing