月別アーカイブ: 2005年9月

自転車とジャイロ

キリコの絵画のように月光の下で、神之瀬の森を蛇行する川岸を自転車で散策する。そのとき車輪が川面に投影される一瞬のゆらぎが好きだ。

自転車はプリセッション(歳差運動)を経済的移動方法に変換する装置だ。
宇宙ステーションにも姿勢制御(=ジャイロ)で利用さているように、自動車のステアリングにも直進性を高めるためにプリセッションが利用されている。
プリセッションとは、自転する地球とその重力が、すでに車輪が持っている回転軸に対して垂直方向への回転を加えようとしているのである。
運動する物体が他の運動する物体とリモートで相互作用するシステムは
人工物であろうとなかろうと太陽系では無料でインストールされている。

e・食・住.org

偏光

コミュニケーション世界において、エコロジー派が扱う「自然」とは、あまりにも視覚的である。意味を考慮に入れない符号の体系が歴然と存在するにもかかわらず、エコロジーは確実に緑帯のスペクトルに偏光されている。
「記号−意味」化されすぎたエコロジーは、「広告」と「戦争」に通底している。
映画から俳優が消えたように、戦争ニュースから死体が消える。(これは、死体から石鹸を製造するより残酷な編集行為である。フォトショップは映画産業よりは軍事技術の副産物である。)

e・食・住.org

「未知」と「宇宙」

社会科学において、情報は「発信者または受信者にとって何らかの意味を持つもの」として扱われる。「記号−意味」化された情報が世界のコミュニケーションを形成している。コミュニケーション世界において、「記号−意味」化された情報をもたない領域は「無意味=ナンセンス」と呼ばれる。
自然科学において、情報は意味を考慮に入れない符号として扱われる。例えば、存在しない物は数えられないという概念を打ち破ったのが、ゼロの発見である。
「宇宙(Universe)」には、この既知なる符号のすべてが含まれる。

一方、東洋のメタフィジクスにおいては、意味を考慮に入れない符号さえも存在しない領域は「無(Nothing)」として扱われてきた。「未知(Unknown)」とはこの「無」を含むすべてである(一方、コミュニケーション世界における「未知」とは、「記号−意味」化された情報の不在だけを扱っているのである)。
21世紀のもっとも新しい「自然(Nature)」の定義では、この「未知」と「宇宙」を含む。この「自然」という概念の劇的な変容は、ことごとく科学的原理の発見=既知なる符号間の新たな相互関係によってもたらされたものである。

e・食・住.org