月別アーカイブ: 2005年9月

自転車とジャイロ

キリコの絵画のように月光の下で、神之瀬の森を蛇行する川岸を自転車で散策する。そのとき車輪が川面に投影される一瞬のゆらぎが好きだ。

自転車はプリセッション(歳差運動)を経済的移動方法に変換する装置だ。
宇宙ステーションにも姿勢制御(=ジャイロ)で利用さているように、自動車のステアリングにも直進性を高めるためにプリセッションが利用されている。
プリセッションとは、自転する地球とその重力が、すでに車輪が持っている回転軸に対して垂直方向への回転を加えようとしているのである。
運動する物体が他の運動する物体とリモートで相互作用するシステムは
人工物であろうとなかろうと太陽系では無料でインストールされている。

e・食・住.org

偏光

コミュニケーション世界において、エコロジー派が扱う「自然」とは、あまりにも視覚的である。意味を考慮に入れない符号の体系が歴然と存在するにもかかわらず、エコロジーは確実に緑帯のスペクトルに偏光されている。
「記号−意味」化されすぎたエコロジーは、「広告」と「戦争」に通底している。
映画から俳優が消えたように、戦争ニュースから死体が消える。(これは、死体から石鹸を製造するより残酷な編集行為である。フォトショップは映画産業よりは軍事技術の副産物である。)

e・食・住.org

「未知」と「宇宙」

社会科学において、情報は「発信者または受信者にとって何らかの意味を持つもの」として扱われる。「記号−意味」化された情報が世界のコミュニケーションを形成している。コミュニケーション世界において、「記号−意味」化された情報をもたない領域は「無意味=ナンセンス」と呼ばれる。
自然科学において、情報は意味を考慮に入れない符号として扱われる。例えば、存在しない物は数えられないという概念を打ち破ったのが、ゼロの発見である。
「宇宙(Universe)」には、この既知なる符号のすべてが含まれる。

一方、東洋のメタフィジクスにおいては、意味を考慮に入れない符号さえも存在しない領域は「無(Nothing)」として扱われてきた。「未知(Unknown)」とはこの「無」を含むすべてである(一方、コミュニケーション世界における「未知」とは、「記号−意味」化された情報の不在だけを扱っているのである)。
21世紀のもっとも新しい「自然(Nature)」の定義では、この「未知」と「宇宙」を含む。この「自然」という概念の劇的な変容は、ことごとく科学的原理の発見=既知なる符号間の新たな相互関係によってもたらされたものである。

e・食・住.org

情報と原理

ノーバート・ウィーナによれば、情報とは
「われわれが外界に適応しようと行動し、また調節行動の結果を外界から感知する際に、我々が外界と交換するものの内容」である。
情報編集という人為的なシナリオを超越したとき原理の発見に遭遇するチャンスがくる。
原理は情報を劇的に減少させ物事を高度に要約する統合的な存在と見なされる。

e・食・住.org

99.9%

エネルギーは増えも減りもしない。
人間には本質的にエネルギーを作り出せないし消費もできないという物理学の発見がいまだに理解されていないうえ、情報は本質的に増えも減りもしないことも理解されていない。

情報には重さがない。
自然科学において情報とは、「物質・エネルギーの時間的・空間的・定性的・定量的パターン」のことであり、情報は物質・エネルギーと並んで自然を構成する相補的要素である。
99.9%の人間はこの相補的要素の推進と消費にひたすら挑戦しているようだ。

e・食・住.org

情報幻想

情報は決して船のように一方向には推進されない。
情報推進は、21世紀の行政機関の幻想の一つである。
情報はエネルギーのように拡散するのだ。
だから、物質のように編集されなければならない。
自由な生産性から余剰をスピンアウトさせる情報自体も編集である。
情報は風を間切るヨットのように源流に向かって遡上できる。
さもなければ、誘導され操作されるだけである。

e・食・住.org

未知と既知のテスト

ブラックボックステストとは、システムの内部構造とは無関係に、外部から見た機能を検証するプログラムのテスト方法。
ホワイトボックステストとは、システム内部の構造を理解した上でそれら一つ一つが意図した通りに動作しているかを確認するプログラムのテスト方法とされている。
このテスト法の定義に従えば、地球温暖化は、
世界権力構造による化石埋蔵資源の数世紀間の燃焼実験による
完全なブラックボックステストである。

一方、エコロジー運動の人々が熱心に推奨する方法はホワイトボックステストではない。

e・食・住.org

非対称性

二酸化炭素の増加率と地球温暖化には対称性があると考えられている。
しかし、植林によって自然林を再生させて
二酸化炭素を減少させ酸素を増加させても、
地球温暖化は防止できないのは非対称的である。
つまり、非鏡像的だ。むしろ隠れた相補性が多すぎる。
ブラックボックスとホワイトボックスの入れ子なのだ。

e・食・住.org

「過」×「過」

リモート・テクノロジーによって
自分が地球のどこにいるかを気にしなくなるばかりか、
本質的に人里離れることはなくなる。
しかし、リモート・テクノロジーは
中東の資源戦争でもっぱら武器として使用されている。

e・食・住.org

「過」+「疎」

人里はやがて火星まで及ぶ。
そのとき、火星を過疎地域とは言わなくなるだろう。

テレコミュニケーション(telecommuniction)とは
遠距離通信技術という意味である。
teleとは[遠くから]というギリシャ語である。

失業者が増加して破綻した社会主義を攻撃する自由主義経済が
イデオロギー的に優位ならば、
過疎化とは破綻した電子的社会を意味する。

e・食・住.org

直観と神秘

直観と神秘を科学から除外したのは、歴史的にソヴィエト共産党である。
現在のグローバリズムがそのノウハウを受け継いだ。
直観と神秘によって、権力構造の企てが瞬時にハッキングされてしまうからである。

e・食・住.org

無用の用

DNAにも<無用の用>が潜んでいる。
たんぱく質を作らない遺伝領域のRNAを調べると、他の遺伝子の働きを調節するものがあることが発見された。たんぱく質を作らないRNAが、生命活動の重要な役目を担っている。

稲作には、元来何もしないことでもっとも効果的な作用(一粒万倍=シナジー)を生む叡智が集約されている。
<無用の用>は、稲作から生まれたもっとも経済的な経済学である。
水と光があれば、稲は生育可能であるばかりか水を与えられた以上に浄化する働きがある。

e・食・住.org

雑草の原種

現在、日本の在来種の雑草の原種をすべて収集し定期的に栽培しているのはアメリカの農林省である。
<無用の用>の重大性を認識しているのは、伝統的なグローバリズムである。

農民が、種を現金で買うようになって久しいが、その間接的現金収奪法は、グローバリズムによる原種のコレクションに端を発している。
最初に世界中の動植物と資源目録を作成し、博物館のためのコレクションを担当したのは科学者ダーウィンである。
グローバルに物事を考えたがる人たちの隠された欲望には、たいていこの間接的収奪法に対するノウハウの獲得がある。

e・食・住.org

海草と雑草

海底から海草が激減し魚がいなくなって、海草が海洋生物の活動の重要な役目を担っていることは理解された。
海草を除草する漁師はいないが、除草剤を使用する農民は後を絶たない。
だから同時に陸からも在来種の雑草が激減している。
イネ、ムギ、トウモロコシはともにイネ科で、役に立たないとされている雑草を品種改良したものだ。(品種改良技術の共通の対象となるため、同一特許に含まれることが多い。)
イネ科は、分類学的にすでに完全民営化されている。

e・食・住.org

日本版コングロマリット

日本権力構造の情報・社会保障に関する最初の包括的戦略は、前島密(1835〜1919)によってほとんど構想された。
当時アメリカは世界権力構造の内部にはいなかったので、彼は大英帝国で戦略的ノウハウを伝授された。
1870年、駅逓権正兼任となり、郵便事業開始を発案する。この年渡英し、郵便事業を学ぶ。
1871年、郵便の基礎を築いた後、鉄道敷設の立案し、新聞事業を育成。
1875年、郵便為替、郵便貯金の取扱いを開始。生命保険・ 養老年金についても構想を持っていた。
1888年、逓信次官に任命され、1900年までの間、官営による電話交換事業の開始等に活躍した。

現在、アメリカは世界権力構造の内部そのものである。
日本はその資金(アメリカ国債)提供を約束した同盟国である。
2005年の日本権力構造の情報・社会保障に関する包括的戦略は、
総務省が郵政事業、通信事業や年金事業として担当している。

e・食・住.org

原爆とインターネット

核分裂の仕組みの発見は、物質とエネルギーの統合の仕組みの発見であったように、情報にも階層構造が発見された。情報にはエントロピーもシントロピーも存在する。
支配のためには分断する取り組みにもっとも熱心なコングロマリットは、核兵器とインターネットによるエントロピー的放射機能を駆使する。
意図的に軍事的に、前者は非公開で独占的であり、後者は公開され非独占的技術である。
公開された技術とは無料を意味する。

インターネットという情報の構造の在り方を考案したのは、原爆を開発した同じアメリカのチームである。これは偶然ではなく、原爆とインターネット開発はコングロマリットの20世紀最大の成果であった。それなくして世界制覇は達成できないと考えていたからである。

それがどれほど効果的であったかは、非同時的で分散型の見えない第4次世界大戦に対する大多数の地球市民の無知から明らかである。
静かにゆっくりとしかし確実にシントロピー的富は奪われている。

e・食・住.org

コングロマリット

自然界から「本来くっつくはずもなかった関係」が発見されるようになり、生物学に新たな生態学が生まれた。市場経済の適者生存論がいまでも支持される背景にはこの生態学が関わっているが、エコロジーの理念が、大英帝国の指導者たちによって19世紀に作成されたという歴史的事実はほとんど知られていない。
コングロマリット(conglomerate)(=軍産複合体)の起源も、エコロジーの理念にある。
たとえば、金融コングロマリットとは、銀行、証券、保険という、これまで「本来くっつくはずもなかった」3つの業態が、一つにまとまった金融機関である。90年代以降、世界的にこの金融コングロマリットが組織された。
民営化とは、金融コングロマリットの別名である。

中東支配のために、もっとも効果的で史上最大規模のコングロマリットが形成された。
彼らの目的のひとつは地下埋蔵資源の独占である。
3億年前の太陽系の支配である。
彼らはシナジーの定義を独占するほど傲慢である。

2005年9月11日、世界権力構造は日本権力構造の最後の砦を解体する。

e・食・住.org

エコ国家・エコ企業

大黒柱は、他より重要な場所や人物を意味する唯一の概念的な砦でもある。
ゆえに、エコロジー的国家などあり得ない。
エコロジー的企業もあり得ない。
政治的企業的リーダー(大黒柱)を否定する自家撞着だ。
エコロジーが国家や強大な権力の隠れ蓑となった歴史は存在する。
ヒットラーは熱烈なエコロジストであった。

e・食・住.org

大黒柱

大黒柱とは、日本民家の中央にある最も太い柱のことである。
または家族や国など集団の中心となり、それを支える人物。大極柱ともいわれる。
他より重要な唯一の部分や場所を意味する大黒柱は、
エコロジーには存在しない。
エコロジーのこつなど存在しない。

e・食・住.org

巨大なラジエーター

もうじき日本列島全体が広域の暴風圏に突入する。
巨大台風、ハリケーン、竜巻は、巨大な掃除機や扇風機として捉えるべきではないだろう。
海面の上昇温度を上層圏まで吸い上げて冷却する熱力学的な装置である。
一種のラジエーターのような働きがある。
いわば、大森林が自然火災によって自らを消失させ、
森の極相林の平衡状態を破壊するシステムをも自己制御する仕組みに似ているだろう。

http://weather.asahi.com/gms/index.html
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/

e・食・住.org

ケミカル・アブストラクト

昨日まで地球にないと思われてきた新たな化学組成は、毎年20万種以上も作られる。
「ケミカル・アブストラクト」に登録された物質はインターネットで閲覧可能だ。
今のところ、他の天体に求めることなく、92種の元素の組み合わせで十分である。ただし一日100トンもの地球に落下する隕石に含まれる元素を含む。

※注「ケミカル・アブストラクト」(ChemicalAbstracts)とは、「化学の各分野をカバーし、関連分野の文献も検索できる、現在、世界最大・最高の化学の報知的抄録誌」

e・食・住.org

地球にない鉱物

地球の中心は鉄でできており、364万気圧、5000度とさらに高温高圧であるという推論は、土壌の金属成分中、鉄はもっとも含有率が高く比重も高い岩圏での観察事実を根拠にしてきた。天王星や海王星の中心部(核)の主成分である二酸化ケイ素と同じ組成でも結晶構造が違う新たな事実の発見から、「300万気圧で地球にない鉱物が生成された」ことになる(2005年08月05日朝日新聞 サイエンスニュース)。
地球にない鉱物は常に地球にある元素から構成されるが、地球にない元素は太陽系にもないという神秘を証明したわけではない。

この種の推論は今も科学の対象外であるが、19世紀より以前を遡ることはできないごく最近の伝統的思考である。

e・食・住.org

オークション

通信テクノロジーによるコミュニケーション全体は、課金システムの餌食となっている。
そのための貨幣価値の交換(決済)という概念は、電子決算のテクノロジーでほぼ完成していると言える。
オークションは、金融グローバリズムの効果的な教育法である。

e・食・住.org

一般電話回線の完全定額制(2)

この平均的な巨大インフラを完全定額制(通話とインターネット用)にさせない根拠は、大企業の高速の携帯電話事業による利益の一部が、確実に国家の税収入と株主への配当金に変換されていくプロセスの障害になるという理由以外にはないだろう。中山間地に住まう500万世帯規模の潜在的ユーザのほとんどはこの抽象的なプロセスにいまのところ無知であるが、一般電話回線の完全定額制は、IP電話化よりも重要なインターネットのインフラになるにちがいない。
高価な光ケーブルやCATV、ADSL計画よりも、経済的に最大規模のインターネット社会を国土の過半数を占有する中山間地に即座に構築するもっとも効果的な方法である。

e・食・住.org

一般電話回線の完全定額制(1)

一般電話回線である56K網のインフラ投資は、すでにユーザが1世紀をかけて支払い済みとなっている。
(ほぼ撤去された公衆電話はその象徴である。)
都市部ではこの回線を他の通信業者に有料で貸し出す一方、
この設備投資の原価償却費は、いまでも電話代金の基本料金に含まれている。

e・食・住.org

Co., Ltd.

株式会社はCo., Ltd.で表記される。 Ltd.とは、Limited=有限の略である。
どの行為においても責任が有限である法律的根拠は、
19世紀のグローバリズム(大英帝国)によって整備された。
アメリカでは Inc. と略して会社名の後につける。

e・食・住.org