月別アーカイブ: 2006年9月

犬格

自己プログラムする自律的なしっぽのようにふるまうことに期待して
制作中のプロトタイプのしっぽに、
私の散歩をうっかり頼んでしまったので最悪の組み合わせになっている。

しっぽは犬格(=人格に近いプログラム)があると思いこんでいる。
当分、しっぽが帰るまで犬のしっぽブログはお休みしなければならない。Y.K

宇宙空間

ロシアでは宇宙飛行士同士のセックスは禁止されているらしい。
ロシアの宇宙飛行士はロシアの新聞紙上のインタビュ−に以下のように語っている。
「この問題をめぐってはこれまで、道徳的、倫理的、医学的、様々な方向から議論が行なわれてきました。しかしひとまずの結論として、宇宙空間での性交は行なってはならない、と決定されました。それは生まれてくる子供が一体どうなるのか、全く未知だからです。」

しかし、無重力空間であろうとなかろうと放射能が薄かろうと人類の未来は、依然未知であるという事実は、この宇宙空間に存在している。  Y.K

テンセグリティ・ジョイント

動くテンセグリティ構造体の更なる軽量化のために
引張部材に損傷を与えることなく
一定の張力が常に調節可能で
圧縮部材との動的な結合関係を維持する機能を備えた
テンセグリティ・ジョイントが必要である。

同時に耐久性があり
経済的に量産化可能なデザインが不可欠である。
これは1995年来の私の課題である。  Y.K

テクノロジー

希望や信念そして意志は自己のテクノロジーであり、
善悪や刑罰などの社会規範は記号のテクノロジーである。

そして、宇宙のテクノロジーに唯一接近できるのは自己のテクノロジーである。
なぜなら、「宇宙とは自己を含むすべて」(RBF)だからである。  Y.K

反対称性

ドストエフスキーの描く
囚人に対するもっとも残酷な極刑は、残忍な肉体的拷問ではなく、
深い穴を掘らせ、掘らせた後にまた埋めさせるような
無限の繰り返しによって、短期間に囚人から存在意義を奪う方法である。
囚人にとって遂に自殺こそが、自由意志が残る唯一の選択となる。

一方、発明、発見は、宇宙に無数に存在するという論証不可能な前提こそが、
科学者が失敗を覚悟で自然を探求する時の、目的存在理由を与えているのである。
これらの概念には明白な反対称性がある。  Y.K

次世代の明るい農村

日本の農業は、もっとも制御しやすい状態にある。
指導者なき農村部の過疎高齢化は、結果ではなく長期的な目的であった。
全国的な杉の植林などもその目的達成のための一過程であった。
自然界の元素の循環を妨害するノウハウなど、不可視の技術的ノウハウの膨大な目録の一部である。
世界の農業を互いに似せるために、情報コングロマリットは、
明らかに世界の都市と農村の統合を図ろうとしている。
こうした次世代の明るい農村再生計画に必要なインターネットのインフラ投資の大半は税金で賄うことになっている。  Y.K

軍産複合体

機器類でしか到達も操作もされない化学・冶金学・電子工学、
そしてサイバネティクスという、まったく目に見えない領域の現実にたずさわる新たな世界権力構造の平均年齢は、すでに59才であり、そのほとんどは第二次世界大戦以後の〈軍産複合体=コングロマリット〉から現れた。
彼らはあらゆる特別な学理的ノウハウを独占し、すでに獲得した不可視の技術的ノウハウの膨大な目録を利用する。  Y.K

情報コングロマリット

かつて、一冊の本を作るために、図書館半分をひっくり返していたように、
つまり図書館がないと本が書けなかったように、
現在では、インターネットがなければ本や論文がかけない人たちが無数にいるはずである。
こうして、いよいよ人々は互いに似てくるのだ。
個人の選択の自由度を高めながら、しかし互いに似せるための発明によって、同じケイタイで同じサイトを見る頻度を高めようとするすべてのテクノロジーこそ、表面的にはイデオロギーの介在しないように見える新たな情報コングロマリットである。  Y.K

プリセッション

それゆえに、
エネルギーとの関わりは、軍事国家を形成してきたばかりか、個人の自由度(=プリセッション)も形成してきた。いまこそこの自由度がこれほど高まっている時があろうか。
しかし日本の大多数の個人は生活格差にとらわれている。
生活格差も暗黒時代の妄想の延長にすぎない。
ひたすら宇宙の再生エネルギーシステムを無視した都市型ライフスタイルの標準化が図られている。  Y.K

エネルギーメーター

ガソリンの価格は上昇するばかりだ。
しかし、エネルギーを売ったり買うことがそもそも不幸なユビキタスの始まりである。
なぜならエネルギーは、人類が存続しようがしまいが惑星地球を超えた宇宙のユビキタスである。
すべてのエネルギーメーターでさえ、人類の暗黒時代の妄想の延長にすぎない(ロシアでは旧政権のなごりで天然ガスはすべての家庭で使い放題で、これまで高価なガスメーターは取り付けられてこなかった。共産圏では基本的にエネルギーはほとんど無料化されている)。

地球温暖化こそ、もっとも科学的にこの妄想を否定する惑星バイオスフィアによって完全に無料化された物理的エネルギーメーターである。  Y.K

ガソリンスタンド

日本ではガソリンスタンドのすぐ側で稲作をしている。

地下に埋蔵したガソリンタンクに亀裂のないスタンドはほとんどない。
ガソリンは徐々に地下に漏れている。
ガソリンスタンドを中心として半径500mの地下は確実に汚染されている。
ガソリンに含まれる「ベンゼン」は発ガン性物質である。  Y.K

独占

地球温暖化は、地下資源の独占から引き起こされる。
地下資源イデオロギーに無関係に独占されている。
この世は、他の惑星の最悪の出来事から成り立っている。  Y.K

最後の夏休み

食料を摂取できなくなれば数日で人間は死に至る。
水を摂取できなくなれば3日で人間は死に至る。
空気を摂取できなくなれば数分で人間は死に至る。

そしてこの順序で汚染は進行してきた。
それは絶対量の問題でもある。

20年前日本では飲料水をペットボトルで購入する人は稀であったのは、
空気も水も、植物が循環させていることに無関心でいられたからだ。
やがてアルミ缶の酸素を購入して暮らすことに耐えられない人たちは、
最後の夏休みを森の近くで過ごすにちがいない。  Y.K

地下水をコップ一杯飲む。冷たい地下の温度が体内を巡る。
この水分子を一つだけ分離して印を付けたとして、
この分子が再び私の体内で新陳代謝に参加することは二度とないだろう。
もしバンアレン帯がなかったら、この確率も瞬時に消えてしまうだろう。
この現実は、他の惑星の最良の出来事から成り立っている。  Y.K

太陽系の株主たち

太陽のエネルギー粒子は、地球の磁場に取り込まれて、北極と南極間を往復しはじめる。さらに、太陽放射の増加は、地球大気の“膨張”を引き起こし、軌道周回中の人工衛星に対する大気の抵抗も増大する。その結果、人工衛星は正確な軌道から逸脱する。

太陽の黒点が増え、それに伴って磁気あらしやオーロラの出現も多くなり、世界中の通信ネットワークを攪乱したとしても、株価を変動させることはないとしたら株主たちの科学的知識の欠乏を意味する。

しかし、テロ攻撃で通信ネットワークが部分的に破壊されたとすると事情は一変するだろう。
株主たちは、旅先での飛行ルートを最初に変更するだろう。

株価は経済活動のマイルストーンと信じられているが、太陽系の物理現象には連動していない世界に属している。その世界が地球惑星の過半数の人類を主導していると信じられている。  Y.K

太陽系と株価

太陽系の辺境にある最も小さい惑星冥王星は惑星探査機が訪れていない唯一の惑星であったが太陽系から除外された。その理由は、大きさが月よりも小さく、他の惑星と比べると、冥王星の軌道は黄道面に対して17度と大きく傾斜していて楕円軌道離心率はどの惑星よりも大きいからであった。

太陽系の惑星が8個に減ったことは、株価を変動させる原因にはならなかったが、約41年ぶり男子皇族の誕生と皇族では初の帝王切開による出産、そして現皇室での最高齢出産の記録は株価を変動させた。  Y.K

情報

水が高いところから低いところに流れるのは位置エネルギーがあるからだ。
情報も高いところから低いところに流れる。
新聞の家庭欄に記載された科学情報で研究成果は得られない。

では情報の位置エネルギーとは何か。
情報が「ある位置」にあることで情報に蓄積されるエネルギーのこと。
位置エネルギーが高い情報ほど、不安定で、動き出そうとする性質を秘めている。

未知こそ最高度の位置エネルギーを潜めている。
ただし未知は、「位置」情報すら特定できない場合なのである。  Y.K

消毒

一斉に農薬を散布する。
その3日後にはどの河川からも悪臭がする。
微生物や昆虫が死滅して、浄化機能が著しく低下するからだ。
こうした事態は、稲刈りまでに数回発生している。
マスクをしないで農薬を散布している農民が多数いる。
彼らの内的代謝機能も著しく低下するだろう。

彼らは農薬の散布を消毒と呼んでいる。
生きるための知識は生産性にしか使われていない。
心理学者はこうした関係を外圧がないマインドコントロールと呼んでいる。  Y.K

運河と川

先週は、夜10時にならないと暗くならないオランダにいた。
アムステルダムには垂直なビルディングが少ない。
古い建物のほとんどが傾斜している。
海を埋め立てた砂上の人工都市に関係しているにちがいない。
運河の流れは止まって見える。高低差がない運河は淀むしかない。
朝食のトマトもキュウリも大地を失って、硬直している。

日本の国土の80%は山間地である。
自然も人間も生きるためには、大地を削るしかない。
そのためには雪や雨や風が必要なのだ。
野菜も大地に自生できるほど、元素は循環している。
希有な日本の植生を感じる日本の農民はほとんどいなくなった。
 
その結果、高低差がある日本の川でさえ淀んでいる。 Y.K