月別アーカイブ: 2006年12月

再生的

森は、ふたたび雪で閉ざされはじめた。
私の場合、越冬に必要な物はほとんど買ってくる。
ところが、樹木の葉が一枚散ると、すぐ他の葉がはえてくる。
完璧な再生的デザインだ。
すぐとは、私の場合、明日か明後日であるが
太陽系では正確に6ヶ月後のことだ。  Y.K

暇人

農業人
自然を搾取するばかりで、
自然と共に生きることが不可能な人たち。

学者人
自然を観察するばかりで、
自然と共に生きることが不可能な人たち。

暇人
田舎でもっとも困難で、知的な行為は
何もしないことである。
これは、自然と共に生きる近道である。

もし、それに耐えられなければ、
醜い杉を切り倒して、焚き火をしよう。
間違った光合成の蓄積を解放させるのだ。  Y.K

天球儀と地球儀

天球儀は、地球からみた外部ではなく、閉じた球面に映る相互関係として描かれている。
地球から観察されるパターンを回復するには、つねに天球儀全体の鏡像反転という操作を必要とする。神の目から描かれた歴史が先行している。神は球体宇宙の外部に位置することができる。

一方、15世紀のイタリアの地理学者パオロ・トスカネリ地球球体説から作成された最初の地球儀は、天球儀のように鏡像として描かれていない。地神の目は、球内部から見た外部、つまり地上よりも下方には存在できない。

クリストファー・コロンブスが 1492年、大西洋をインドを目指してパロス港を出航した。この時の地球議は外部からみた地球儀であった。実用的な航海情報を描いたのではなく、いわば神の目から描かれた歴史が依然支配しているたと考えるべきだ。

なぜなら、その約1世紀後の1603年に出版された測天図で、星座のパターンを見える通りの星の配置、つまり地球から外部を見る観察者の視点が最初に描かれたからである。

ティコ・ブラーエの観測資料はヨハン・ケプラーによって整理され,ケプラーの法則発見の重要なクロノファイルとなった背景には、地球から外部を見る観察者の視点が天文学にもたらされたのである。  Y.K

プライムデザイナー

発明を評価できる人は、特許の審査官ではない。
真の発明家は特許の審査官よりは少ないのである。
そして発見家は、発明家よりも少ないのである。

ビジョンなくして発見には遭遇できないが、
発明は依頼することができる。
しかし、優れた発明家はクライアントなくして、
発見と発明に同時に関わっている。
バックミンスター・フラーは、そのような個人をプライムデザイナーと呼んでいた。  Y.K

発見家と発明家

ほとんどの人は、発見や発明と無縁な人生であると思っている。
しかし一つの発見や発明もないということはあり得ない。
だれでも異なった経験をしているかぎり。
発見や発明であると評価する人に出会っていないだけである。

決定的なことは、評価を依頼する関係からは発見も発明も生まれないのだ。  Y.K

自然の反革命

都会人は、何を食べるか、その選択の自由を奪うことができる。
農民が何を栽培すべきか、その選択の自由を奪うことができる。
なぜなら、工業化された農業が、より多くの食料を生産したことがないから。

学生が何を学ぶべきか、その選択の自由を奪うことができる。
教授が何を教えるべきか、その選択の自由を奪うことができる。
なぜなら、情報化された社会がより多くの方法を生産したことがないから。

すべては私から資源とエネルギー、そして秩序を盗むことで生産される。
なのにどうして、人は私に直接富を支払わないのだろうか。
そして、富がないほとんどの人は、私に感謝しないのだろうか。  Y.K

ショッピング

都市も驚くほど老人が多い。
都市の老人たちの食料品のショッピングを見ると悲しくなる。

彼らの世代が、最初に畑をお金に換えて、お金で食料を買い続けてきたのだ。
食料はけっして一人では収穫できないことを知っている彼らが銀行の利子率に依存して暮らしてきた最初の世代だ。
彼らが、苦痛のなかにいるか、さもなくば退屈しているかぎり
人間の全体の幸福は、まだ先のことだ。  Y.K

危機

二酸化炭素は地球温暖化を生み出すが、植物は喜んでいる。
人類だけに危機がくるのだから。
人類と違って、彼らはジュラ紀*からやり直すこともできる。
環境に適応して進化できるなら退化も自在だ。  Y.K
*ジュラ紀はとくに温暖でソテツなどの裸子植物が繁茂し、恐竜が栄えた

外食と内食

人口密度3人の場所から都市に移動して仕事をしていると
すべての都会人は、すべての食料とエネルギーを買っていることが奇異に見える。

落ち葉の焚火で調理できないことを不満に思ったからではなく、
(私にとって外食とは、天気のいい日に外で食事を作ることである。
都会人は、屋根の下で食事を作るかぎり、内食である。)

火から遠ざかりながら、都市でなおも二酸化炭素を排出するのは
もはや、技術の問題ではないからだ。  Y.K

ハイブリッドの燃費

中国の自動車会社が、日本製のハイブリッド車を輸入し、すべての部品をコピーして、ハイブリッド車を再構成しても、 燃費は15%程度しか改善できなかったのは、
飛躍的な燃費向上のノウハウがハードではなくソフトに依存していたからだ。
実際、ハイブリッド車の開発費の過半数は、コンピュータソフトの開発費である。

朝6時に出発して、雨天の中を9時間かけてはじめて1日で約900キロを移動した。
時速130キロ走行を維持しなければ、この距離は移動できない。 休憩や給油で平均時速はすぐに100キロ以下になる。 スタッドレスタイヤを装着したハイブリッド車の高速走行で平均燃費20キロは驚きだ。
平均燃費を17キロ以下にするには、かなり無駄な加速を強いられる。
平均燃費20キロは、常時瞬間燃費などを注意深くモニタリングしながらの高速走行であり、この方法を意図的に排除したアクセルの一定の踏みっぱなしの平均燃費は、約10%以上も低下する。アクセルの踏みっぱなしよりも断続的な加速と慣性力で、モーターを頻繁に駆動させ、発電させながら運動エネルギーをコントロールするといったこれまでにない運転方法によって、高速での燃費向上させるプログラムはまだこのハイブリッド車にはインストールされていないことに気づいた。 コンピュータエイドドライビングのボタンが一つ欲しいものだ。
ハイブリッド車のラッシュアワーの低速走行時の燃費が格段に良いのは、こうした運転方法が別の理由で結果的に強制されるからである。  Y.K

森のアロマ

木製の住宅には木の温もりと香りが感じられるというアロマテラピーを求める場合は害はないが、その天然素材を豊富に供給する森では、森林セラピーを期待できない。森のアロマは、外敵を排除するために生成される場合がほとんどである。自然林からなる森の中で、現代人が求めるセラピー効果は破壊されるばかりか、健康のバランスを崩す場合もある。
19世紀の産業化にはこの森の営みは非科学的で対立的であった。広葉樹がない杉の人工林で平気で森林セラピー効果を期待する無知な現代人にはアロマという化学物質の心理作用効果以上に、たとえば、巨木の人間に対する治癒作用を積極的に認識しているとは限らないのは、200年間の産業革命の知的体系に飲み込まれているからだ。
どの少数民族の住む森にも、侵入者には知らされない巨木がある。  Y.K

無料に関する情報リテラシー

ほとんどの田舎では高速インターネットが使えない。
情報リテラシーの問題があると言われている。
(都会人が田舎に住めない理由の一つになっている。)
大多数の若者も携帯インターネット以外は自宅ではPCは使わない。
それはコストの問題だと言われている。(多くの若者は本も読まないが、携帯インターネットで情報を検索しても読書に代わる知識が増大するとは限らない。)
日本中の町や村から公衆電話ボックスが消えたが、
設備投資の終わったアナログ電話回線(56K)を無料化しなかったからだ。
常に高い物を買わされるユーザは、
情報リテラシーもコスト計算能力もないことと同じである。

世界のインターネット普及率を見れば、現在でもアナログ電話回線(56K)での普及率が高いところが上位に並んでいることがわかる。
インターネットシステムは本質的に無料であるが、回線使用料は常に有料であると信じ込まされているだけである。無料に関する情報リテラシーはほとんど根絶やしになっている。  Y.K

シナジェティクス

シナジェティクスは幾何学ではない。

そして、シナジェティクスを時間を含む幾何学とする定義に甘んじている人たちが、少なくともシナジェティクスをアートに変換することが最大の副産物であるとでも思っている間に、プライムデザインは、バックミンスター・フラーの時代以上の可能性を備蓄している。
デザインサイエンスを遂行する懐胎期間は完全に終焉している。  Y.K

短命な楽園

田舎のことを、住みよい気楽な場所だとか、住みづらい場所などと比較するなんてばかげた話だ。魅力ある人間が住んでいるか、退屈な人間が住む退屈な場所なのか、田舎も都会もそのどちらかだ。会社のように。
田舎でログハウスに住んでログを売っているか、喫茶店を経営する類の都会人は、もちろん退屈な人間たちの頂点だ。都会人が軽井沢型リゾート指向であるかぎり、田舎暮らしのマガジンが出版され、相も変わらぬミニチュアの田園が再生産される。樹木はもっとも加工しやすい天然素材であることで、残りの自分の人生を選択できる木の温もり派が、地球に降り注ぐ膨大なエネルギーと地球のメタボリックシステムに無関心である限り、彼らのログが100年の耐久性を証明する未来は滑稽で短命な楽園にちがいない。マンションとログハウスの所有、これは平均的都会人の欲望の結晶であるが、実現できたとしてもコミュニティのない場所を交換するだけなのだ。(田舎が退屈でないならば過疎は起こりえないが、都市の人口過剰が豊かな充実度を表すわけではない。)  Y.K

防衛庁から防衛省へ

「プライムデザインは、過剰人口の脅威を回避する根本的な解決策を示している。地球に存在する人間の抱える重要な問題は、平時におけるさまざまな強制的な禁止法の執行か、あるいは戦時における無意識でしかない、かずかずの破壊行為を承認する政治的改革によってでは、根本的には解決しない。根本的解決策をお金で買うことはできない。うぬぼれた職業的な社会革命家を大衆が支援しても無益な結果に終わるだけだ」  R.B.F (1960)
 『宇宙エコロジー』美術出版社 2004年 第1章 プライムデザイン 

軍事技術は民生化を加速する情況のひとつとして、
たとえば、2001年、中東が舞台の対テロ戦争シミュレーションゲーム「Real War (現実の戦争)」を販売した。このゲームは、米軍軍事訓練用のシミュレーションソフトから、一部機能を取り除き、児童用ゲームとして開発され、陸海空軍を駆使して、いかに戦術をまとめあげるかを学習するために使われた。
一方で、ブッシュ政権がテロ攻撃を考慮して、IT 計画の優先順位を再考した結果、実現が遅らせられた本質的な IT 計画もある。全体としてはその後5年間でIT支出が65%伸びた。
徐々に迫るこうした軍備化の戦略は、半世紀前にバックミンスター・フラーが一般化している。  Y.K

林檎

天然ワックスで保護された本来の林檎の芳香は、
雑草に群がる昆虫と光のない大地の中で成長する根毛と
微生物で決められている。

売ったり買ったりばかりする間、林檎の本当の芳香さえ
忘れてしまったばかりか、林檎は置いておくと腐ると思わされている。

しかし、自然の林檎はけっして腐敗しない。
(同じ理由で柿も腐敗しない。)
もし腐敗していたら、果実のなかの種子は発芽しなかっただろう。  Y.K

近親憎悪

都市には、エネルギーも食料も、シェルターもない。
ただ売っているだけだ。

農村には、種も肥料も栽培法もない。
ただ、買っているだけだ。
だから、都市と農村は交流する前から
ゾッとするほど互いに似ているのだ。
(反対称的に相似である)

バイオスフィアを搾取するかぎり、
この近親憎悪的経済学はつづくだろう。  Y.K

step out

私は時計を見ない生活をしている。
太陽を見れば時間は分かる。

私は天気予報を見ない生活をしている。
山の頂を見れば正確な予報は分かる。

私は本を読まない生活をしている。
読書で考える時間が失われる。

これはstep outの基本である。
隣の井戸には無数の情報と資源があるので、
離れた場所でも新しい井戸を掘ることに専念できるのだ。  Y.K