月別アーカイブ: 2007年4月

脳教育

学校で脳は、最初にうぬぼれを学ぶ。
人間だけがつねに満足できるように。

その結果脳はテストが大好きになった。
教師の脳もテストなしでは、教育は不可能だと考えている。
地球温暖化は一部の人間が満足した過程だ。
緊急事態なのは、脳教育だ。

RBFは私にテストを一度もしなかった。
理解を紙面で試すこと自体が彼にとって理解ではなかったからだ。 Y.K

社会vs宇宙

両親は、学校のランキングが社会で認められるための
最初のハードルであると考えている。
教師と学生がランキングで採用する以上、学校は最初の社会だ。
しかし彼らは「学校での成績がよいからといって、
社会で認められるとは限らない」ことは教育しない。

シナジェティクスを学ぶと、「社会で認められるからといって、
宇宙で認められるとは限らない」ことばかりだ。  Y.K

産業パターン

どんな発明品も会社組織も平均25年で廃れ、
物質も人間もより効果的に再組織される産業パターンがある。

47年ぶりに学力テストが実施された。
ある教育法が半世紀も廃れないで存続している場合、
その運用に反対しなかった組織とその構成員は、
どんな軍隊よりも硬直しているといえるだろう。  Y.K

包括的予測能力

2億戸の住宅の量産(1927年のバックミンスター・フラーの構想)が、
地球温暖化より緊急であると考えられないのは専門家だけである。
とくに建築家である。
彼らは、とりわけ、主に北半球に暮らす裕福なクライアントからの注文やコンペによってのみ、仕事を開始する習慣がある。包括的予測能力など、発展するはずもない。

車や飛行機、船、パソコン、書籍もいちごもネットで買える時代に、
動くシェルターが買えないと考えるのは、時代遅れだ。  Y.K