月別アーカイブ: 2007年5月

報酬

報酬への期待を仕事の動機とする人は、
あたりまえのように増加している。
つまり、パブロフの犬の条件反射の実験は人間でもよかったのだ。
最近、条件付けのモデル生物として、哺乳類以外の
ゴキブリでも成功することがわかった。

さらに、こうした条件づけでは協調性が
激しく損なわれることが人間を使った実験でのみ証明された。  Y.K

新しい家族

私の家には猫がいる。
うう、うに、じょじょ
の3匹だ。
みんな捨て猫だった。
傷ついた野ウサギの子が2日ほど家にいたが、
すぐに死んでしまった。

この増え続ける家族が
畑で遊んでいる時に、いつもの2羽のカラスが
彼らを襲うときの鳴き声で
誰かは遠くからでも分かる。

彼らの役目は、カラスも含めて
新しい家族の発展に参加することだ。

先日もキセキレイを自慢げに口に加えて帰ってきたばかりだ。
この災難にあった鳥こそは、天気のいい午前中など、
庭先の至近距離で年老いた家族をわざわざ
からかっていた鳥である。  
彼らほど、野生を学んでいるペットはいないだろう。
私だってこのごろは、散歩で集めた薪を誰よりも早く着火させ、
いつまでも焚火ができる。            Y.K

ユーザの興味

今日は友達からの投稿を引用する。

「庄原市の情報推進課および教育委員会の
これまでの過剰な権力行使に疑問を抱いた私たちは
情報公開制度も民主的に運営されていない可能性を感じた。
そこで信頼できるアルチザンとともに
「備北・市民オンブズマン会議」を結成した。

その3週間後に
「情報公開」 「庄原市」
の2つのキーワードでグーグルで検索すると、
以下の順序でヒットしてくることが確認された。」

「これは、私たちの基本的な IT技術ではなく、
情報の分類学的な目録化において決定される優先順序は
ユーザの選択した興味を反映している、と解釈できる。
情報の市場原理は、インターネットの検索システムに
期待して良い。

そして、そのことは十分に予測できていた。
検索タームとその順序は、ウェッブデザインの重要な動的な機能である。」
アルチザン・デザイン委員会

johokokai.png 大きい画像を見る