月別アーカイブ: 2007年12月

風の吹いていない場所はつねに存在するが、
地球上で風が吹いていない時はない、
風はそれ自体が非同時的ネットワークである。

風は持続しないから、
だれも風を原子力のように所有できない。
これはすばらしいことだ。 Y.K

忘年会

今日は明るいときからスカイプ(=和名は天女)で
朝までエンドレスな忘年会をすることにした。

飲酒は無限。
話題も無限。
私はストーブの前で玄米甘酒を発酵させながら、
芳香漂う自家製どぶろくを飲み干すだろう。

ただし正確には同時的な会話はできない。
球状ネットワークシステム上に発生する
タイムラグがわれわれを少しだけ隔てている。   Y.K

樹上

アジア人は森で瞑想する。

しかし、砂漠で瞑想する民が
圧倒的な包括的な思考を身に付けた。

砂漠を離陸したシナジェティクスは、
森のない地変線の見える小麦畑で覆われた
北米大陸を通過して、
アジアの森の樹上に軟着陸するだろう。

海の民には見覚えがある風景だ。 Y.K

思考

人間には重さのない事象は見えない。
他者の思考でさえ、誰も見ることはできない。
そして、
思考は発明できないことを知る。

これはもっとも重要なことではないか。 Y.K

特別な場合

専門化とはハイブリッド化することである。
無数の名詞はこのハイブリッド化された結果生まれた。

宇宙の統合化された機能、
つまり漸進的変化の過程に参加した有機体は
ついに動詞を発明した。

しかし、この永遠の過程では
すべての動詞でさえ、つねに特別な場合(special case)である。

すべてのデザインはハイブリッドである。
原理のみが特別な場合を超越している。

そう感じる有機体が存在しているのは、
神秘ではないだろうか。

つまり、私は「特別な場合」だけではないのである。  Y.K