月別アーカイブ: 2008年12月

自己エコロジー

人類はついにエコロジーに従わなければならない。
もしみんながそうしたら、宇宙になるだろう。
宇宙とは
最後の政治家が死んだ、
いまだかつて到達したことのないこの世だ。

偏向した脳

静止した画像であっても、
1秒間に60コマあれば、連続性を感じる。
この場合、静止した画像の視点が
移動しても静止していても構わない。
脳の残像機能があまりにも強力なので、
無意識的に見るという行為に対して、
絶対的な偏りを生じさせてしまう。
脳の連続性を生成する残像機能は、
非同時性を感じさせないように作用する。
実際、光の絶対的速度が測定されるまで、
光も他の現象も同時的だと思われていた。
世界同時不況の概念も
脳の残像機能を利用している。
だれも静止画像を取り出せないのだ。

洗脳論

間違って理解していないかぎり、
間違っているかもしれないことを
気にしないのは、
コミュニケーションの基本である。
だから、間違いをすり込むための
テクノロジーは存在する。

贈与経済学

1ドルは,
連邦準備制度(Federal Reserve System, FRS)に対する
1ドルの負債をあらわしている。
言い換えれば、連邦準備銀行は無から通貨を自由に創造し、
合衆国財務省から政府債権を購入する。
この債権を日本はアメリカ国債として購入する。
これは経済原理を排除した<国際こども銀行>だ。
しかし、こども銀行との違いは、金利を労働で返済し続けていることである。
この独占的な贈与システムは、驚くほど単純だが
バックミンスター・フラーの『クリティカル・パス』(白揚社1998)以上に
分析されたことはない。