月別アーカイブ: 2009年1月

価値観

もっとも失敗しない方法は、何もしないことである。
もっとも成功する方法は、失敗を繰り返すことである。
選ぶべき方法は、たいてい
どちらが有益かという価値観で決まる。
ところで、私はどちらも選ばなかった。
デザインサイエンスの、
宇宙の目的論に従った厳密な化学反応に魅せられたから。
宇宙は価値観をもたない。

概念の牢獄

問題は超物質的なエントロピーである。
(政治的解決はつねに物質的なエントロピーをも増大させる。)
先験的に存在する宇宙の諸原理の発見に導かれて問題を解決する、
反エントロピー的な機能として、
人間はこの惑星に存在する。
この惑星では、
太陽光と光合成によって、
問題を解決するための有り余るほどの
エネルギーと食料が与えられている。
これは科学的な事実だ。
もし夢想に思えるのなら、
あなたはまだ概念の牢獄にいる。

生活給付金

所場代をとりすぎている連中が考案するゲームは
もっとも退屈だ。
政治は、いかさまなカードを再配分するだけである。
あるいは、存在する事実を装飾する技法にすぎない。

定年

1975年米国で物理学博士号を取得した科学者は9000人であったが、
そのライセンスで仕事を得た人は、僅か2000人であった。
多くの人は、教育投資をしてきたが
定年前に失業している。
定年とは、歴史的に保険会社が発明した
失業を一般化するための概念である。
そして、人々は車や住宅、それ以上に
自分の生命に保険をかける習慣が生まれた。

純粋な出来事

純粋に科学的な出来事は、
無知と虚構の厚い壁に窓を開けてきた。
唯一の現実、つまり、
ありのままの宇宙の
過去と未来の振る舞いを理解するために。
例えば、ブラックホールとは、
エネルギー経済的に崩壊した星ではなく
他の領域と時空の因果関係を持ち得ない
観察された未知の領域である。
かすかに現れる真実は、
不確かで不完全かもしれないが、
その振る舞いは、
絶対的に抽象的で漸次的に明確化されてきた。
それ以外の「現実的な解決法」とは、
つねに最大の無知に基づいている。
例えば、宇宙に灯油やLPGは存在しないという絶対条件が
包含されないまま、石油会社は、
灯油やLPGで動く非科学的な燃料電池システムを
開発してきた。

金利

冨とは、多数の人間の貯蓄を上手くかき集めて、
金利をつけて貸し出すことである。
つまり、どんなことがあっても社会の誤解と
破綻を必要とする。

安全の起源

お金についてよりも、
人々についてよりも、
出来事についてよりも、
アイディアについて暮らせば、
偉大な社会になる可能性がある。
つまり、人生の目的をお金にしておけば、
もっとも安全に支配できるのである。

実験

生活が質素になれば、
不安はより無知から発生しやすくなる。
この実験を拒むことは、
もっとも困難な時代になった。

思考

シナジェティクスで発見したことを
すっかり忘れてしまった時に、
なお残存するノウハウこそ、思考方法だ。
忘れることは、思考するための
操作主義的な純粋化である。

アイデア

他人のアイデアや考え方に関してイライラすることは
自分を理解することに繋がる。
しかし、人間の思考法ではない原理は、
ついに理解できない。

情報共有

情報を共有するプロジェクトにおいて、
次第に良い友人ではなくなるのは、
目的意識よりも情報によって、
互いに結びついている場合である。

方法

人間はつねに知りすぎている。
しかし、想像力を最大限に利用する方法は、
知識ではなく経験によって形成される。

操作主義的自然農

最も生産的で、最も楽しく、最も自由人に適するのは、
自然農である。
否、
自然農こそが、
人を最も生産的に、最も楽しく、最も自由人にするのである。
「粘土団子」が原理を応用した人工物(Trimtab)であるかぎり。

テクノロジー

パートタイムかフルタイムかではない。
私の現実と宇宙の現実を
どうして自ら区分しなければならないのか。
仕事と職業が完全に一致することがなくとも、
仕事をすることはできる。
それは、自己のテクノロジーの問題だ。

ケチな方法

収入の範囲で暮らすとは、
収入よりも支出を少なくして余裕を残すことではない。
自然はこんなケチな方法を採用しない。
自然のエネルギーは増えも減りもしないにもかかわらず、
惑星地球が生命で溢れているのは、
人間以外、物質的な富を備蓄しないからだ。
地球本体からと他の生命体から元素を
奪いすぎているにもかかわらず財政赤字とは、
グランチの奴隷どもの非科学的な概念である。

裕福だから幸福なわけではない。
貧乏だから不幸なわけではないのは、
未来という真の富が物質として所有できないからだ。

派遣村

派遣村を1万倍にすると、見慣れた小さな都市になるだろう。
自らエネルギーと食料を生産しないかぎり、
自律への機会は、簡単に失われるだろう。

習慣

自分に理解できない問題は、なんでも否定する傾向がある。
ゆえに、死はもっとも否定されている。
そして、死という自然の習慣を忘れるために、
あらゆる戦争を肯定する傾向がある。

百年に一回

自然は、
完全な真空や完全な球を拒むように
完全な平衡状態を退ける。
有限回の操作では決して、絶対零度には到達することができないように、
非平衡状態では、エネルギーのどん底など存在しないように
デザインされている。
しかし、金融資本主義は有限回の操作によって、
絶対的に見せかけた破綻に到達することができる。
百年に一回のこの人為的どん底には、非平衡状態の振動が存在しない。
なぜ百年に一回になったのか。
人間の平均寿命から
おきまりの大企業や銀行の借金の補填操作と
百年間におよぶその利子の返済期間が忘却できるからだ。

科学的発見

偉大な科学的発見には三種ある。
自らの実験から類推した発見、
自らの概念から類推した発見、
複数の他者の偶然を編集した発見。
そして、
科学的発見が偉大かどうかが、物質化できるか(例えば、発明力によって)
で決まるならば、
有限な92種の化学元素の物質化(=原子数の整数化)の過程には、
無数の偉大な人格が介在するだろう。
人間の知性で原理が形成できなかった事実は、
最大の科学的発見である。
これは複数の他者の偶然を編集した発見に含まれる。

概念

経験から学んだことが
互いに矛盾することが解ったとき、
それが概念の誕生の兆しだ。
つまり、言語の牢獄から
這い出るときだ。

ユーザアカウント

戦時では科学が武器という道具を、
平時では教育が貧者という奴隷を作った結果、
今はどちらも共存している。
何も選択しないで生きることは
もっともありふれた人生となった。
それでも、もっとお金が必要なら
だれでも兵士(ユーザ)になれるだろう。