月別アーカイブ: 2009年4月

支持率

内閣支持率は首相の指導力に影響を与える。
一般大衆から気に入れられることが最も尊いことである。
こうして、ヒットラーも大衆から支持された。
そして、エコロジーの推進者になった。

早朝はストーブを全開にしている。
畑のまだ小さな雑草一面は、霜で覆われている。
空気と接触している物体の表面が冷やされることで、
空気中の水蒸気が氷の結晶になるには、
地表よりも水分を蓄えた雑草の若葉のほうが選ばれる。
晴れた夜の地表は主に赤外線を放射するので、地表は冷却される。
この放射冷却は、冷蔵庫の冷凍室のような
直接的な熱伝導による冷却効率の約3倍になる。
冷気は下降するが、
霜は、雨や雪のようには「降らない」。
霜は、大気圏外に向かって、大地が外向きにエネルギーを
放射することによって生じる。
霜を「しも=下」とイメージするかぎり、
「上・下」の概念で思考する世間から脱することができない。

生物兵器

鳥・豚インフルエンザや蜂の蜂群崩壊症候群も、
遺伝子工学による生物兵器である可能性があると言われている。
タミフルは、元アメリカ合衆国国防長官のドナルド・ラムズフェルドが
関与したアメリカのギリアド・サイエンシズ社が開発し、
毎年大量に生産されている。
モンサント社の抗生物質とダニ駆除剤は、
ミツバチのコロニーに使用され、
ミツバチを農業国に輸出しているのも事実である。
これらの関係は、コンピュータウィルスとそのワクチンの開発が
相互補完的なビジネスであることを連想させる。
インフルエンザはいまや大気中を漂う目に見えない第2のダイヤモンドだ。
自ら増殖する兵器に工場は不要だ。
しかし、インフルエンザの遺伝子工学であれ
蜂の免疫システムの低下であれ、
たとえそれが人工的な生物的・化学的な操作だとしても、
これまで自然界に存在しなかった組合せを、
自然は受容したのである。
そして、この科学的事実によって
新しいビジネスがこれまで存在していなかった部門で
利益を上げていることも事実である。

知性的

学生は、論文やレポートを書くとき、
他人の思想について思考する訓練を選ぶ傾向がある。
この方法は、知性的に見える。
実際、もっとも利用されやすい個性になる。

自然交配

ロバが旅に出かけて、
馬になって帰ってくる方法は3通りある。

高速道路を1000円または無料にして、
移動経費をより軽減するエコカー(ハイブリッドカー)を
補助金付きで販売する。

ガソリン税を安くして、エンジン形式を変えないで、
実質的な燃費を良くする。
(しかし、だれもエコカーを買わないだろう。)

ディーゼル・エンジンの燃費と排ガスを改善する。
(フィアットのトラックの最新のエンジンは高速でリッター13キロである。)
もともとピーナツオイル(植物油)で走行するように
デザインされているディーゼル・エンジンは、
ハイブリッドよりも基本的にサラブレッドなのである。
自然交配でなければサラブレッドとして認められないからだ。

分別智

分別がある人は、
自分を世に適応させるタイプと
世を自分に適合させるタイプとに分別できる。
常識は前者から、
進歩は後者のタイプがいなければ成功しない。
両者は、
自己と137億光年の宇宙のかかわりとは無関係だ、
という見方は、分別智ではない。
シナジェティクスが、
教育プログラムから除外されているのは
20世紀までの分別智にすぎない。

派遣の起源

派遣社員を派遣する会社でさえ、
歴史的には、
大英帝国が経営する東インド会社から「派遣」されてきた。
(経済学者マルサスや科学者ダーウィンは、
この最初の有限会社に雇用された。)
たとえば、
アメリカ合衆国は、最大の派遣会社である。
実際、社旗と国旗は、
同じロゴマーク(13本の赤と白の横縞のデザインで、
後の合衆国の星条旗)で統一されていた。
初代支店長は、ジョージ・ワシントンである。
他国の新しい経済のただなかへ入り込んでいくための
もっとも効果的な手法として、
「派遣」が確立された。
「派遣」には、将来の開戦の正当性や大義を
強欲に主張できる法律家資本主義に変貌させるための、
「覇権」のシナリオがある。

思考方法

考える方法を知らないなら、何を考えても同じだ。
モデリングは、最良の思考方法である。
モデリング言語の翻訳だけは、
つねに経験というユーザ辞書に依存するから。

Know Why

重要なことを
親切に教えるのは難しい。
私が親切に教えるときは、
相手が興味をもっていないときだからだ。
Know Whyのない砂漠に水をまく虚しさは、
もっとも危険な偽善を生む。

ヒロシマ型モデリング

モデリングは知識にまさる。
しかし、モデリングを本のように
読破してはいけない。
モデリングは理解にまさる。
しかし、モデリングに
形態的な独創性を求めてはいけない。
モデリングは事物にまさる。
モデリングに
すぐに翻訳可能な概念を求めてはいけない。
自然に、ではなく、
自然から、記号は生成されるから。
こうして、原理は発見される。
無限に・・・・
最初のヒロシマ原爆もこのようにして
生成された最初のテクノロジーである。
ハイパーリンクによって意図的に
発見されたのである。
これは核物理学でも、幾何学でもない、
シナジェティクスである。

理解

自然とともに生きることはできたとしても、
自然を模倣するデザインも、
自然を翻訳する芸術も、
一本の美しい樹が
いくつの原理で統合されているかは知らない。
自然を擬人化しないで理解する唯一の方法は、
原理を発見することである。

操作主義

オートミールに牛乳をかけるだけでは、
おいしくない。
栄養価は変わらないけど、
無意識にかき混ぜるだろう。
単純なことは、経験から学ぶ。
言語の生成方法は、
画家が絵具の製造方法を知らないように、
数学の教科書には書かれない。
シナジェティクスは、
モデリングによって直観的に理解できる
最初の数学だ。
直観は、
オートミールのようにかき混ぜることによって、
そして、オートミールと違って、
はじめて分離できる。

画家

ブログを書くことで大切なことは、
他人に自分の考えをどう伝えるかということではなく、
私が彼らのことをどう感じるかということだ。
みんな画家に近づいている。
ブログでは売り絵を描かなくてもいいから。

アイデア

アイデア(Idea )は着想・思想・観念. 理想であるが、
見る(ideo)が語源である。
良いアイデアも悪いアイデアも
錯視(バグ)を生み出す脳の見るという感覚器官の
物の見方に関する偏向にすぎない。
原理はアイデアの集積からは到達できない。
数学的、科学的原理に関する発見は、
自分自身のことは
最後に考える習慣から生まれるのではなく、
自分を超越した存在を受け入れる
受容的メタフィジクスの一部だ。
目は、わずかしか見れない
というメタフィジクスが支えている。

シナジェティクス・モデリング

シナジェティクスは川に似ている。
源流から遠ざかるにつれて、
絶え間なく支流と合流し、
ついに古典幾何学(=堕落した平面幾何学)に合流する。
そして、
メタフィジクスはすっかり蒸発している。
そればかりか、フィジックスでさえ汚染されている。
たとえば、テンセグリティの張力をゴムひもで代用させて、
張力ではなく、斥力を失った工作的体験に甘んじた教育や、
ステンレスワイヤーで耐久性を装って
美的要素を所有するための芸術は、
互いに合流しやすいだろう。
原理を物質化するすべての過程から
モデリングを除外する行為は、源流から遠ざかる。
シナジェティクスは、
原理に対して遡上する思考の幾何学である。

衛星インターネット

地震などの地殻変異によって人類のインフラは簡単に途絶える。
宇宙空間に生存するすべての生命は静止状態を基準にはできない。
固定や静止は死を意味する。
しかし、陸地では通学・出勤と住宅ローンの返済のために
定住させる化石燃料依存型の収奪システムが、
人類の漸進的変化を停滞させてきた。
今月からアジア地域でサービスが開始された
衛星インターネットの受信システムでさえ、
ユーザが移動しないことを前提にデザインされている。
もちろん現在の航空機は、
高速移動に対応した衛星インターネットを装備しているが、
地上では、アンテナを固定するタイプの通信テクノロジーから
計画的陳腐化が始まる。

回遊モバイラー

シロナガスクジラはいまでも
どこで繁殖してどう移動しているのかよく分かっていない。
体重200トンもあるが、高速で移動できたので、
ディーゼルエンジンの高速捕鯨船が開発されるまで
人類による捕獲は困難であった。
しかし、体重200トンを支えるために、
1日4トン以上の獲物を補食しなければならない。
この惑星で太陽光エネルギーを直接的に変換するテクノロジーで
最も成功したバイオマス生物に依存することを選択した。
つまり、体長30mのシロナガスクジラは、
南極沖に生息する体長6cm、体重最大2グラムの
オキアミを補食することによって、
全海域に生息し、回遊することができる。
シロナガスクジラは、全海域の往復には
南極大陸がもっとも効果的な中心にあることを経験的に知っていた。
<Think global,Act local>ではなく
<Think global,Act global>でなければ、
彼らはかつての30万頭の群をこの惑星の全海域で維持できなかっただろう。
そして、このような命令形のプロパガンダで生存できるほど、
自然は単純ではなかったはずだ。

洗脳

グローバリズムは、<Think global, Act local.>と
表裏一体で成長した概念だ。
それは、専門分化による経済支配の最終段階を意味している。
エコロジーに関心がある人々でさえ、否、彼らこそが
有効な行動原理だと信じている事実が
プロパガンダによる洗脳の有効性を証明している。

優先課題

政府や経済評論家が「大不況だ、経済恐慌を回避する」
って言っている間は大丈夫。
でも「国防優先」って言い出したら気をつけよう。
イデオロギー戦争は、
世界の人口増加に歯止めをかける有効な手段だから。

自転ミサイル

少なくとも日本やアメリカからの迎撃ミサイルよりも
地球の自転を利用して少ない燃料で射程距離を拡大しているから、
北朝鮮の弾道ミサイルはエコロジー的である。

公的軍用資金

大規模な複合企業は、リスクを多様化させ分散化したほうが、
より安全で有益で、より高い社会的信用が得られるノウハウをもっている。
実際、成功した複合体の〈ビジネス〉はますます巨大になる。
こうして複合した巨大企業は、
たいていあらゆる国防用兵器の生産を統合できたので、
表向きの事業が財政困難または負債が返済不能に陥った場合でも、
政府が保証する〈公的資金注入〉に必要な条件を〈合法的に〉満たしてきた。
例えば、アメリカ政府が1970年代のエネルギー危機の直後に行った
ロッキード社への救済措置、
そしてクライスラー社という自動車ではなく、
主に軍用戦車を生産する私企業への数十億ドルの保証付き融資などは、
過去のそして現在の顕著な例である。
ロシア軍の戦車部隊に対抗する新型戦車は、
ハイブリッドエンジンを搭載してもしなくても、
新たな冷戦構造には不可欠である。

炭素固定法

炭素固定法は、テンセグリティ・シェルターによって可能である。
あるインタビューから
要旨
超軽量シェルターは戦地や極地以外では効果的ではなかったが、
宇宙が要求するもっとも単純で高度なシェルターの再生デザイン
(=この構造システムは圧縮材も張力材も宇宙でもっとも豊富な炭素から
形成されている)こそは、
21世紀の最大の do more with lessである。
なぜなら、
家を買わなければならないのは、この惑星では人間だけだからだ。 Y.K
http://www.plus81.com/plus/tnf/talk2_1.html

植物言語

人類は有史以前から、
3000種以上の植物を食料として利用してきたが、
現代の消費者は、イネや麦などのわずか20種程度の植物に依存している。
限られた植物種の摂取から、嗜好だけではなく、思考も形成される。
例えば、先進工業国の消費者は、産業活動によって強くエコロジー的破壊を
受けた空間——陸と海底—-に生息する分類上は、
多種多様な植物からなる群を雑草、あるいは海草という
非生物的な概念に置き換えてきたのである。
人間に名前があるように、すべての雑草にも名前があった。
植物学が存在する以前から、集落の周辺でのみ生きている
愛する存在に名前を付ける習慣があった。
良い消費者をつくる手っ取り早い方法は、
自分だけの嗜好や習慣と結婚させることだ。
こうして、66億人の無数の嗜好や習慣は、
より限られた植物で間に合っている。
同時に、地球上の数千種の言語も激減させたのである。