月別アーカイブ: 2009年7月

自転

政治革命(social revolution)は、
たいてい古い考えをひっくり返そうとする意図を持っている。
ひっくり返すとは、半回転(180度)でしなかない。
政治革命は、真に回転し続ける自転運動には、保守的である。
なぜなら、指導者を必要としないからだ。

ボルボ・デザイン

ボルボという車名がある。
Volvoは軸回転を表している。車輪という機械革命の象徴としての自動車。
自動車に乗る人間は、はるかに長い距離を移動できる。
革命(revolve)とは、回転し続けることである。
そのためには、もっとも摩擦が少ない軸回転を選択すべきである。
電子や原子のように、
潤滑油を必要としない非接触のスピン状態が存在する。
自然は最良のボルボをデザインしている。

散歩の終わり

ついに銀行口座が総凍結される日程が決まった。
新しい金融システムについて総選挙後に世界発表がある。
ということが事実かどうかを確認してから、行動する個人はいないだろう。
ゆえに、上記の日程はけっして公開されない。
犬のしっぽの散歩もそろそろ終わりだ。

共鳴システム

未来は、現在の拡大された怖れと無知との共鳴である。
だから、先のことなど考えてはいけない。
すぐに互いに共鳴して騒がしいから。
静かなところは、過去にしかない。
個人が現在を静かに生きることは、稀である。

安全係数

技術的に無知であればあるほど、構造に適用する安全係数は大きくなる。
建築産業では、最大6対1という安全係数を使うのに対して、
航空機では、安全性と軽量化が矛盾しないことが理解されているので、
2対1よりも小さな安全係数しか使わない。
安全係数が大きくなればなるほど、
冗長度が大きくなる一方で、
荷重を分散する自由度はより小さくなる。
われわれは、この自由度のより低い住居を
より金利のかかる不動産として所有するほうが
経済的だと思い込まされている。
(最新のエコ住宅もこの安全係数でデザインされている。)
地上のシステムとエコロジーは、1世紀以上も遅れている。