月別アーカイブ: 2010年3月

細胞膜は構造ではない

われわれの細胞がテンセグリティ構造を
採用しているにもかかわらず、
テンセグリティの内部に住むことは
もっとも困難なテクノロジーの一つだ。
細胞膜自体が流動性をもっているのはなぜか。
細胞膜(細胞壁)が細胞内外を隔てている静的な構造体を形成している
という概念から絶縁して、
細胞がテンセグリティ構造を導入した理由を真に理解できるのは
個人がこのテクノロジーを実用化したときだ。
Rhoeo_Discolor_Plasmolysis.jpg
原型質膜(細胞膜)は構造ではない。

実践

だれでも興味をもって学んで
経験したことはけっして忘れない。
しかし、実践することはもっとも難しい。
理解するのはずっと後だから。

超遠近法

エッシャーをシナジェティクスの視点から分析している時、
エッシャー作品自体からエッシャーの気づいていない遠近法が発見された。
私は結晶学的な3つの操作「並進」「回転」「鏡像反転」を組み合わせた
「超遠近法」という概念と技法を一般化した。
『滝』や『物見の塔』などの作品に対して超遠近法の操作を行うことで,
不可能な構造を可能な構造へと転換することができる。
この発見は、美学理論においても
2次元でさえ3次元の特殊化された表裏のハイブリッドとして解析する
シナジェティクス理論の有効性を証明している。
参照
http://synergetics.jp/tensegrityblog/
ネクスト・エッシャー「超遠近法」について その1

少年

「少年老い易く、学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。」
は朱熹の詩文集に存在しない。
そもそも男色と学問にその若い時を惜しんで過ごせという
川柳のような風刺かもしれない。
私の経験では、
「学老い易く、少年成り難し。先験的概念軽んずべからず。」
である。

賢人学習

苦労したからって、賢くなるわけではない。
用心深くなるだけだが、
子どもが苦労しなくても学習できるのは、
より信頼する人間になっているからだ。

モデル言語 再考

最近私はテンセグリティ原理から
テンセグリティシェルターに不可欠なテンセグリティモデルを発見した。
発見されたシナジェティクスモデルは何も隠してはいない。
しかし、つねに別の見えるモノを隠している。
発見とは、見えるモノと見えないモノによる
葛藤が引き起こす最初の神秘である。
モノとはモデル言語である。

生理学

自分のことばかり考えていると
少なくとも頭は確実に悪くなる。
次に体も悪くなる。
みんなこの人体実験が好きだ。

乗りかけた船

船は最初の浮かぶシェルターだった。
ある種の人間は乗りかけた船を降りたがる。
私がテンセグリティシェルターに
ためらわず乗ってしまったのは1995年だった。
その直径11mのテンセグリティシェルターは
フォールディング可能だった。
いつでも降りられるように。

雲泥の差ーーーデザインサイエンスの定義

クルマ、構造物・建築、ウエブ、医療システム、都市計画、家具、
宇宙往還機、人工関節、情報機器、スポーツ用具、ミュージックプレイヤー、
ロボット、人工衛星などを扱うことが
デザインサイエンスではない。
デザインサイエンスは応用技術でも応用科学でもない。
予測的な科学である。
複数の科学者が完成させた元素周期律表のように。
人間の創造的行為を理論的に説明する新たな科学よりも、
宇宙にあらかじめ存在するテクノロジーを発見する科学の方が
人類に影響を与えてきた。
雲泥の差とはデザインサイエンスの解釈にもある。

テンセグリティ・シェルター(生活器)2

父は私が生まれるまでに50回以上も引越しをしていた。
その事実を知ったのは彼の53回目の引越しの前だ。
この半世紀で3回だったのは、私を育てるためだっただろう。
90歳の彼は、私がデザインしたモバイル用テンセグリティシェルターの
最初のユーザになりたがっている。
金がかからない生存方法を瞬時に見分ける才能はまだ健在だ。

世間話

人と話すときは
インターネットで知ったこと以外の
話をしよう。
検索しながら世間話はできるから。

暗黙の了解

奴隷的と自覚している人々のほうが
自覚していない奴隷よりも多い場合は、
サーバーの電気代を稼がされている
真の奴隷である。
陰謀は無知からではなく暗黙の了解の結果だ。

テンセグリティ・シェルター(生活器)

裏庭の樹木の木陰に小さなバイオスフィアは
係留しているだけでエネルギーを受容できる。
無管、無柱、無線、無軌道
という4つの固定化からの自由こそ
モバイル基地のデフォルトだ。
このまま浮遊するのもいいだろう。
太陽系ではこの光合成体にだれも課金できない。

talk2_03_01

■デザインサイエンス講座開講予定(2010年度)  テンセグリティプロジェクト

教えること

最高の授業には最高の教師と最高の生徒が必要だ
という前提から入学制度が維持されている。
彼らは入学試験の難易度を誇りにしている。
最高の教育は、子どもが子どもを教えるプロセスにある。
教師も教科書もそれほど重要ではない。
宇宙についてほとんど知らないと言う前提が
そのプロセスを生成する。
宇宙の統合性について知りたいという要求が
しばしばこどもに新しい言語を生成させる。
その場面に教師が立ち会うことはほとんど稀だ。
この自己教育の経験が彼らの子ども時代にすでに
欠乏しているからである。

シナジェティクス・モデル

シナジェティクスモデルで再現できることは
人生でも起こるとは限らないが、
宇宙では起こっていることを理解したら、
こうして350万年間も
権力機構の身勝手な既製品の幻想に浸りながら
くすぶってはいられないだろう。
問題はそれをいつどのようにして理解するかだ。
少なくとも土地不動産を占有した学校ではないだろう。
シナジェティクスモデルの再現には
高価な実験設備は不要だ。
シナジェティクスの実験は自宅で十分だ。
シナジェティクスを学ぶ個人は対話のために裏庭に集まるだろう。
リモートデスクトップは最初の黒板のない裏庭だ。
この裏庭で原寸大のテンセグリティシェルターでさえ、
アセンブルできる。
参照
シナジェティクス研究所
シナジェティクス入門講座生募集2010年(第4期生)のお知らせ

南極水

南極には全世界の氷の90%と、
全世界の淡水の70%以上があるが
南極には液体としての水はない。
どんな水も凍っている。
南極で生存するには、
最初に氷を溶かさなければならない。
凍っていない淡水は、
多くの生命にとって熱エネルギーの宝庫だ。

陰謀説

偽テロ事件
偽大地震事件
偽ウィルス事件は
9.11の分析からすべて関連づけられるという
陰謀説には2種類のタイプがある。
陰謀情報を捏造する人間と
実際の陰謀の目撃者である。
陰謀の目撃者はしばしば暗殺されているという
新たな陰謀説にも同様に2種類ある。
陰謀のない権力構造はないが
陰謀は無数の無力な奴隷たちがいなければ、
効果的に囁かれない。

月水

月のクレーターから水6億トンが見つかった。
科学者が喜んでいるのは、
そこから水素と酸素がとれるからだ。
その分解に必要なのは太陽エネルギーだ。
だから経済的に科学的に月で生きていける。
地球でも同じ方法で
経済的に科学的に生存すれば、
科学者以外の65億人も喜ぶに違いない。
http://www.nasa.gov/home/hqnews/2010/mar/HQ_10-055_moon_ice.html

地球有限会社

地球有限会社は創立43億年である。
人類の株式会社という人工物の平均寿命は25年以下である。
すべての人類は生産過程に従事しなければならないとしても、
なぜ人々はその短命な人工物に競って
正規雇用されたがっているのだろうか。
その人たちが考える会社規模の危機意識では
地球有限会社には就職できないだろう。