月別アーカイブ: 2010年4月

簡単な方法

強い興味を抱くがまだ未経験の実験は
何でもしたほうがいい。
評価されている社会的前例が
その実験の結果とは限らないから。
このもっとも簡単な方法には年齢がない。

より包括的

動的均衡は、
より包括的な概念で言い換えることができる。
シナジェティクスでは
「シナジー」、
東洋では「一粒万倍」と呼んできた。
シナジェティクス・モデリング
(例えば、正12面体=正20頂点体のトポロジー変換)
または原寸大の現実
(例えば、自然農で収穫された稲や林檎の名状しがたい香り)
で再現可能である。

林檎

「みんなと同じ事はしたくない」といって
表現を志す人はいるが、
宇宙の原理を発見した人はない。
宇宙は表現の対象ではない。
一つの林檎でさえ。

地球は富を必要としない。
地球はシステムを必要とする。
富はシステムの均衡の結果だ。
人間だけがシステムの維持に人間を必要とする。
ついに誰かの富は誰かの借金だ。

16歳のとき私は同じ夢を何度も見ていた。
その夢では暗い大きな森と向かう分かれ道でいつも躊躇して
やがて目覚めてしまう。
人の通らぬ道を選ぶ時の名状しがたい不安から
目が覚めるのである。
夢で道を選べれば、すべてが変わることも、
そして、森に入れば無意識が案内することも
私はなぜか知っていた。
しかし、理解したのはずっと後だった。

想像力

想像力は恐怖感をかき立てるが、
恐怖はつねに無知から生まれる。
われわれの環境のほとんどはこの恐怖感の産物だ。
例えば、人間が農産物の収穫に投入する
すべての化学物質。

最初の道

そこを歩く人が多いだけで道ができる。
ある日、原理が発見されるともう一つの道が見える。
そして、最初の道は最短ではなかったことがわかる。
しかし、原理を発見するための
独創的な方法やルールも存在しない。
地上のどんな最短ルートも原理に至る道ではない。

シナジェティクス

同じことは何度でもできるが
同じことは何度も考えられない。
一方、問題は何度も考えないと解決しない。
私は同じことを教えたことはない。
新しことは問題に潜んでいるから。

想像力

「夢は追えるときは追え」
そうでない時は、
「お金を追え」
どちらも追う側よりも逃げ足が速い場合は
待ち伏せるしかないだろう、
未来から。。。

孤独実験装置

いかに孤独で暮らせるかを知るには、
食料とエネルギーに対して自律的なシェルターがいる。
宇宙ステーションの船内は、ジャンボジェットの1.5倍程度もあり
居住空間と仕事場が分かれたゆったりした空間にもかかわらず、
まだその居住実験をしていない。
宇宙空間での孤独はもっとも危険な人体実験だからだ。
春先の畑に集まるモグラやへぴ、
そして蝶や小鳥がいない
浮かぶシェルターに暮らすのは
神秘ではなく他者との絶縁に近いだろう。

バームクーヘン

ホットケーキの素材が同じなら、そのおいしさは焦げ目で決まる。
バームクーヘンはホットケーキの変形であるが、
無数の表裏が円筒形になっている。
バームクーヘンは開放型の直火で、回転して生地を焼き上げる。
人生も「偶然と時間」という非閉鎖型の直火で焼けば、
美しい年輪のような焦げ目ができるだろう。

コピペ

美術館での模写は画家にとって重要な創造的トレースであった。
表現技術の模写は模倣ではないが、概念のコピペは模倣である。
それは、思考の放棄に近い。
あるいは思考の偽装だ。

蜂の巣わかれ

世界の摩天楼と工場群は個人では所有できない不動産であるが、
コングロマリットに雇われて蜂のように労働する人間たちに
占有される空間(主に昼間に)に過ぎない。
これらの蜂たちには依然在宅勤務は許されないが、
つかみどころのない不可視の組織とその歴史についての
信頼できる情報が最近やっと明らかにされてきた。
超国家的に地球を支配する少数の人間との
起こるべき対立に目を向ける状況がやってきたのである。
それはこれまでのような共産主義と資本主義の戦いではないだろう。
イデオロギーによる分裂でさえ、
効果的な支配のための分割方法であったならば。

外部コア

溶解した鉄とニッケルから形成された
地球の内部にあるコアを取り巻く「外部コア」は、
地球の自転運動に影響されながら
太陽風を跳ね返す磁場を形成する。
このエネルギーシステムが発見されたのは、
大気圏外の地球探査からである。
現在の地球人の考案したエネルギーを分配する経済システムを
外部から観察しても、
外部コアという安全機能を生成する概念は存在しない。
ひたすら破綻というリセットで
人々に混沌を受容させるのである。
(第2次世界大戦まではこのリセットの周期が
人間の平均寿命よりも長かったから
いかさまゲームはバレなかっただけである)

拡張した道具

アリの巣はアリの生存機能を拡張した道具である。
クモの巣はクモの生存機能を拡張した道具である。
鳥の巣は、鳥の生存機能を拡張した道具である。
これらの道具もつ種族維持のための機能は、
鳥の一生においてきわめて部分的なものある。
生存と成長に必要な総合的機能のうち
つねに必要でない機能を
身体から分離しなければならないのは、
鳥が飛ぶことを選択したからだ。
人間の家は、人間の生存機能を一時的に拡張した道具である。
しかし、人間の一生においてきわめて部分的なものある。
あらゆる道具は、有機体生命の成長過程に
不可欠な機能を担う部分としてのみ宇宙に存在できる。
人間がつねに必要でない機能を
身体から分離しなければならないのは、
いったい人間が何を選択したからなのだろうか

レイマン(layman)

こどものころは不思議なことが多い。
よく観察して確かめても
不思議さが減らないように
理解することはできる。
そうして最後に長いなぞがとけても
神秘だけはますます輝いている。
無口で利口な専門家が死んでしまった後のお月見は、
正4面体の5層の最密充填の餅米のお団子にしよう。
そして、蔵出しの冷酒を少し飲むんだ。
そうすれば、たまにはましな話ができるかもしれない。
つまり、なぜ5層なのか。
僕は酔っぱらう前に
ネットで中国製のピンポン球を
1+42+92+162+252個買うだろう。
包括的な神秘は、
レイマンにそっとにじり寄る。
(バーボンでは成功しないだろう)

バーボン

下町の夜の商店街を歩いていたときのことだ。
自転車の通行を禁止するアナウンスの最後に
インサートされた
「朝までバーボン、朝からバーボン」
という飲み屋の宣伝が気に入った。
田舎暮らしが長い私は
そういうお店が実際にあることに驚きながら、
「バーボン」を戦争という言葉に置き換えてみた。
そして、借金、仕事、男、女、携帯・・・・・
という単純に思いつく言葉を入れ替えるゲームに
しばらく夢中になった。
こんなゲームは森の中では思いつかない。
いま商店街の夜は、ネガティブな言葉が似合う。
森に帰れば私は相変わらず、朝からシナジェティクスだ。

問題と方法

学んだ方法を応用しようとして使えなかった数々の問題は、
学んだときと同じ考え方では解決できない。
つまり、こうした問題は解決方法よりも独創的なのである。

日本版サブプライム

自分自身のことを最後に考えた結果、
家族のために家を買う決心をする男がいる。
住宅ローンは、未来を抵当に入れて家族のために
生き残りを強制する契約である。
未来は今に生きられない牢獄のようだ。
自分自身のことを最後に考えた結果、
家族のために住宅を自分で作る決心をする男はいなくなった。
みんな銀行家に雇われてしまったから。

調和

物理的宇宙に現状維持は存在しない。
調和すらも動的だ。
現状維持はすべての動きを破壊してきた。

デスクトップ

机上の空論 (desk theory)
机上学問 (book-learned)
机上研究 (desk study)
机上戦術 (closest strategy)
そして、最大の机上の空論 (metaphysics)
に人々は不安を感じてきた。
しかし、宇宙で成り立つことは
机上でも成り立つ。
いまや、複数のデスクトップは
遠隔で相互に同時的に非同時的に結ばれている。
シナジェティクスにとって
モデルとは、
机上研究(desk study)でありながら
机上の空論(desk theory)を避け
机上学問(book-learned)では到達し得ない
至上の空論(metaphysics)
(それゆえに、人々がもっとも信頼しない)
を物質に変換することではない。
シナジェティクス・モデルとは
重さのない宇宙の原理を発見するプロセスとその生成の履歴だ。