月別アーカイブ: 2010年5月

反対称的存在

この幾何学的オブジェを対称性の概念で、
それゆえに美的に扱いすぎていないだろうか。
圧縮力と張力からなる動的な相互作用を
<非鏡像的な相補性>で思考する反対称的な概念
(=不連続な圧縮材を連続した張力材で統合するシステム理論)は
半世紀前まで存在しなかった。
真の構造を認識した瞬間に、
他人によって誘導されるか、
強要された多くの表面的な振る舞いに埋没した
記号的すぎる現実を暴き出すシステムは
テンセグリティ・モデル以外には存在しないだろう。
慣習的に容認された権力のテクノロジーの企みから
完全に絶縁している反対称的存在は
宇宙のテクノロジーに属する。

映画

映画では人が生まれるより
死んでいく場面のほうが圧倒的に多い。
人口増加に対して映画のシナリオは
もっとも敏感に対応している。

検索

思考は出来事の相互関係の最小限の集合から形成されるが
ニュースは出来事の断片の集合から成る。
これらの集合は
結合と分離を繰り返す化学結合のように
情報の無限の組み合わせを生み出している。
検索機能のない新聞やテレビ、そして出版は
すでに廃れている。

間違い

教師がいなくても多くの間違いから
子どもはかなり知的になるので
間違いを怖れるように教育することが発明された。
こうして、
「どうして転けたの?」という母親が生まれている。

不連続性

3日前に誰かと交わした会話が私の思考に影響を与えることはあるが、
3日前に誰かと一緒に食べたランチが
現在の私の体にどのような影響を与えたかは
まったく知ることはできない。
食べることは、思考以上に無意識に包まれている。
しかし、アミノ酸を合成できることと
人間に必要なアミノ酸の成分の量と配合が不明確であることは
不均衡な知性に違いない。

包括性

優れた教育は
優れた学生ほど、優れた専門家になりたがる傾向を生んできた。
これまでに分かったすべての生物学的絶滅が
過度の機能の特殊化、つまり超専門分化に起因しているにもかかわらず。
より高い包括性に無関心になるほど危険な教育はない。

現在

概念を一般化したければ、
完全に混乱させられた現在に帰らなければならない。
そこには純粋な問題がある。

例外的

われわれが利用する空間構造の99%は
まだ圧縮力に依存している。
それらの空間の構成要素を形成するすべての原子は
張力と圧縮力とが動的に均衡する相互作用からなるにもかかわらず。
これは太陽系では例外的な物理現象であるといわざるを得ない。

レシピ

料理は素材と道具という既製品の組み合わせだ。
そのオリジナルがあるとすれば、
独自な経験から生成される見えない生化学反応である。
同様にシェルターも既製品からデザインできる。
構造は既製品から構成されるどんな部分からも
けっして予想できない
見えない力学的な相互作用の統合に関わっている。
料理も構造も
経験に基づく自己のテクノロジーを含んでいる。

編み物

天気のいい日に
蟻は大きなビスケットを一日かけて運ぶように、
女性は公園でセーターを1ヶ月かけて編む。
雨の日に
漁師は大きな網を仲間と一緒に編むように、
シナジェティクスを学ぶ学生は、
ジオデシック・テンセグリティを1ヶ月かけて
アセンブルするできる。
この移動可能な球状のセーターの寿命は
実験から半永久的である。
自然は本質的にユニットからなる編み物が好きだ。
(実際、炭素繊維は炭素からなる
最小限の正4面体のテンセグリティ・ユニットの集合である。)

ナノチューブ

ナノチューブは実験室で作られた先端科学の産物である。
その後、地球に落下した隕石にはありふれた物質であることが分かった。
人間は自分達が作り出すテクノロジー以外は
自発的に認めないほど礼儀知らずだから、
それ以外を「自然」と呼んでいる。

転換期

良識のあらゆる基盤が崩壊している。
金儲けはできないが、
知識の獲得範囲が急激に拡張している
転換期にいると理解しなければならない。
知識はこれまでお金以上に奪われ続けていただけだ。
いま起こっているのは商品の過剰生産よりも
インデックスのない知識の過剰供給である。
地図のない遠足は冒険以上に危険だ。

システム

孤独を求めないように
共同性にも期待しない。
あるいは、
静寂に身を置きながら、
夕暮れの雑踏を懐かしんだりするように、
思考はいつもよろめいている。
システムが目的に向かって動いているにもかかわらず。

神秘

シナジェティクスの原理は、しばしば神秘的である。
しかし、シナジェティクスに神秘を導入すればするほど
原理の発見から遠ざかるのは、
経験が神秘の対象ではなくなるからだろう。
経験には、複数の経験が互いに及ぼす関係を
考察することが含まれる。

武器

人類の初期の基本的な武器でさえ
石ではなく
秘密であった。
その秘密を守るための
言語と記号の存続期間は
加速度的に短くなっている。
これらの秘密が人類の暮らしを豊かにしてはいない。
より奪うための言語と記号が
つねに生まれ変わるかぎり。

経験

間違った経験を他の個人と共有する重要性を認識するまで
どんなデザインを学ぼうともその現実化が停滞するのは、
デザインはそれらの経験された事実を含む
秩序から形成されるからだろう。

コンセプトモデル

認識から客体を除外できないように、
概念から主体を除外できない。
高額または発売予定のない燃料電池車のコンセプトモデルは
どちらも除外している。
水素を地球惑星の地下資源に依存するかぎり。

目的意識

見えない異なった2種の気体から、
水という液体が統合されたように、
もっともありふれた既製品から、
新しい機能は意図的に生成できる。
デザインの機能は、つねに総合的で目的意識的である。
そのいくつかは完璧に見えない機能に変換される。
たとえば、浮力や揚力。
船や飛行機は最初の動く住宅であった。
陸のみに係留された現在の建築が
もっとも危険な構造に晒されているのは
見えない機能に無関心になったからである。

単純な方法

自然にはつねに三角形化できるもっとも単純な方法を現実化した結果、
テンセグリティを形成する。
しかし、正確で美的なテンセグリティモデルを再現する方法には、
これまで芸術的な技法が必要であった。
それはテンセグリティを自然よりは複雑に理解しているからだ。

構造

最良の建築では
構造は、
美と機能の調和である。
シナジェティクスでは
構造は、
圧縮力と張力における相互作用の調和である。
前者は静的であり
後者は動的である。
シナジェティクスがしばしば建築家や科学者より前に
構造を発見してきたのは、
彼らが構造を定義しなかったからだ。

調整

概念的な過程は静的ではない。
しかし、発明でさえ、依然主観的である。
現実化の過程は、さらに動的である。
発見こそ客観的な調整である。
宇宙と私の新しい関係。

デザインサイエンス

人生が、偶然と無意識に包まれているかぎり、
誰も他者のための不可欠な仕事を認識しない。
デザインサイエンスには失業がないのは、
本当に必要なモノがまだほとんどないからだ。

理解(comprehensiveness)

テストで理解度(understanding)を図る学習から
学習の意欲はほとんど生まれない。
理解する(comprehensiveness)ために注がれる情熱こそが、
より理解するための情熱を生む。
学習はそのプロセスである。
学校はこどもからこのプロセスを
取り上げてしまった。
国家が定める理解の標準化のために。

包括性

最初の貨幣は、丸い石ではない。
それは重くて動かせないし、食べられない。
最初の貨幣は、雑草を食べて増殖する生きた牛だった。
資本主義(Capitalism)のcapitは「牛の頭」を意味する。
この「牛の頭」は自ら移動できる。
生命を維持するエネルギーの所有こそが初期の資本力を表していた。
21世紀の知的産業社会では、
いつでもどこでも移動できる情報を所有こそが
「知本力」を表すようになっている。
「知本力」は生命を維持するエネルギーではないが
社会的生産性を物理的に高めることができる。
しかし、この「知本力」は
宇宙をどう理解するかには無関係である。
たとえば一つの岩石を太陽系から理解する包括力は
情報所有欲とはあきらかに異なるのである。