月別アーカイブ: 2010年5月

反対称的存在

この幾何学的オブジェを対称性の概念で、
それゆえに美的に扱いすぎていないだろうか。
圧縮力と張力からなる動的な相互作用を
<非鏡像的な相補性>で思考する反対称的な概念
(=不連続な圧縮材を連続した張力材で統合するシステム理論)は
半世紀前まで存在しなかった。
真の構造を認識した瞬間に、
他人によって誘導されるか、
強要された多くの表面的な振る舞いに埋没した
記号的すぎる現実を暴き出すシステムは
テンセグリティ・モデル以外には存在しないだろう。
慣習的に容認された権力のテクノロジーの企みから
完全に絶縁している反対称的存在は
宇宙のテクノロジーに属する。

映画

映画では人が生まれるより
死んでいく場面のほうが圧倒的に多い。
人口増加に対して映画のシナリオは
もっとも敏感に対応している。

検索

思考は出来事の相互関係の最小限の集合から形成されるが
ニュースは出来事の断片の集合から成る。
これらの集合は
結合と分離を繰り返す化学結合のように
情報の無限の組み合わせを生み出している。
検索機能のない新聞やテレビ、そして出版は
すでに廃れている。

間違い

教師がいなくても多くの間違いから
子どもはかなり知的になるので
間違いを怖れるように教育することが発明された。
こうして、
「どうして転けたの?」という母親が生まれている。

不連続性

3日前に誰かと交わした会話が私の思考に影響を与えることはあるが、
3日前に誰かと一緒に食べたランチが
現在の私の体にどのような影響を与えたかは
まったく知ることはできない。
食べることは、思考以上に無意識に包まれている。
しかし、アミノ酸を合成できることと
人間に必要なアミノ酸の成分の量と配合が不明確であることは
不均衡な知性に違いない。