月別アーカイブ: 2010年8月

思考言語(thinktionary)

シナジェティクスは
どんな科学的分野よりも
構造とパターンを発見してきた。
シナジェティクスは
形態学ではない。
まして
3次元幾何学ではない。
なぜなら、
例えば、テンセグリティ原理は
生物形態の抽象化やその模倣からは
発見されなかった。
その独自のバックミンスター・フラーの
思考方法を想起するだけで十分だろう。
シナジェティクスは
メタフィジックスである。
瞑想よりも
対話よりも
そして、
モデリングよりも、
知識から学ぶことをより少なくすべき
新しい思考である。
経験を置き換える言葉を
専門分化された特殊な辞書から探すべきではない。
数千年間にわたる概念の牢獄から解放された
シナジェティクスの思考言語(thinktionary)によって
普遍的概念を表すことができる。
この思考言語(thinktionary)は
キャンパスという専門分化された時代遅れの場所では
より少なく学べないだろう。

雑草とは何か

先住民を追い出したから
雑草の本来の名前も分類も忘れ去られ、
その機能がまだ発見されていない植物のように見えるだけである。
戸籍のない彼らははいまや侵入者である。
しかし、保護されているのは
退屈な教育を受けた
野菜や花ばかりである。
核攻撃の後
ヒロシマの焼土をエコロジカルに再生したのは
この無数の真の先住民たちである。
アメリカの軍部はこの事実から
世界中の雑草を収集し
いまや遺伝子を分類しはじめているのである。
雑草とは何か?
遺伝子工学が解明する遺伝子コードという知的財産以上に、
植物に対する先住民の自発的な敬意は
植物名の絶対数として表わされ、
その民族の生存に関する包括的知的レベルを表している。
65億の地球人のそれぞれに名前があるように
惑星地球に名前のない植物は存在しない。

航海

熟考する(=weighable)とは
錨(イカリ)を揚げて出帆の準備をすることである。
錨が思考を妨げているのではなく
思考はまず錨を抜くことから始まる。
その時、錨の重さは船に移動する。
陸に繋がった停泊生活で身につけた
すべての重量を大地に流す習慣によって、
この重さを除外した航海計画は
とても危険である。

都市

庭に集まるどんな昆虫の一日でさえ
合目的な存在に見える。
都市で人間が生活すると、とても稀なシステムが起動する。
ただ存在しているだけの生活。
時間を奪われた生命が作り出す
ある種の免疫システムかもしれない。

グランチ

グランチは、
世界規模の大量生産と大量流通のあらゆる投機的企業を創始するために
すべての金融資産を支配してきた。
非共産主義圏の金融クレジット・システムを
意のままに動かすことができる。
グランチ(GR-UN-C-H)とは
全宇宙から真の富を現金化して奪う
見えない超法人格的な泥棒(GRoss UNiverse Cash Heist)〉を意味する。
負債総額、約64兆円のリーマンの破綻でさえその配当金額には及ばない。
1980年代のグランチはすでに一兆USドルを越える配当金を毎年支払ってきた。
そのグランチについて、われわれはあまりにも無知である。
『グランチ』は、1981年に出版された『クリティカル・パス』の直後に書かれた
バックミンスター・フラーの最晩年の著作である。
彼はあらゆる構造の歴史を扱った。
グランチという世界権力構造(Power Structure)も含まれたのである。
1960年代に書かれた
『宇宙船地球号操縦マニュアル』に出てくる海賊のアナロジーは
『グランチ』ではいっさい使われなかった。
それゆえに、
『宇宙船地球号操縦マニュアル』ほど理解されるまでに
半世紀の懐胎期間を必要とした。
同時に、グランチはますますひとびとの驚異になりつつある。

独創性

若者にとって独創性の獲得は
うねぼれと希望の闘争に始終する。
しかし、うねぼれと希望の闘争は短命である。
独創性が生まれるには
恐ろしい断崖の端まで行く勇気がなければならない。
その勇気とは、
社会的孤立や経済的貧困に対する受容のためではなく、
言語の牢獄から脱出するための
新しい概念の獲得のための孤独な闘争に耐える勇気であるはずだ。
途絶えがちな、しかし真に孤独なこの闘争は
しばしばその過程自体が独創的になる。

定数

定数は存在する。
電子や陽子、中性子の静止質量などは不変である。
しかし、すべての標準は変容する。
標準は存在しない。
定収入や消費税、高速料金
定額制のエネルギー料金や携帯料金、
そして国会の議席数など、
社会は「任意定数」という標準だらけである。
宇宙の定数の発見者よりは、
古い「任意定数」を陳腐化し
「未知の定数」を法律言語で標準化する人のほうが
圧倒的に多い。
古い任意定数を、
また別の任意定数に置き換えてみせてる
このテクノロジーこそ
21世紀の最大の標準である。

モバイラー

グローバル社会では遠隔地から
地球の隅々までの情報が
手に入ると思われている。
世界中の貧乏人が持っているのは
役に立たない情報と借金だけであるが、
グローバル社会の真の金持ちは
地球の隅々にまで親戚や友人をもっている。
彼らは季節毎に移動している。
人間が互いに交流する(そして時には交配する)には
移動する時間とお金が必要である。
貧乏人は家を買うことによって
より移動する傾向を無視できる。
インターネット付きグローバル社会は
まだ19世紀だ。

アイデア

金を稼ぐ人は金を使っている。
金で金を稼ぐように、
アイデアで稼ぐ人はアイデアを使っている。
そのアイデアがお金で買えるから。
最高のアイデアは原理である。
原理は無数に存在するが、
自然は金で買えないように
原理をデザインしている。
つまり、人間が考えなかった概念(イデア)で。

現金製造システム

農薬を使う先住民はいない。
農薬を買うシステム(=補助金制度)が
世界中の先住民を追い出したのだ。
補助金制度とは
大多数の都市納税者は知らない
現金製造システムである。
先住民を追い出した見返りと同時に
食料生産過程での農薬使用は、
「消毒」作用という概念に変換される。
そして
都市納税者は
消毒済みの高コストな食品を買い続けている。
この「消毒」作用によって
有機体生命体の内部に蓄積される毒を排出するシステムを
自然はデザインしなかった。