月別アーカイブ: 2010年9月

人間はどんな書物を読んできたかよりも、
どんなものを食べているかできまるという知識を
病気から理解している。
しかし、何をどう調理するかは
いちばん理解しがたい方法である。

自己教育

あらゆる知恵の中で、
自己教育に関する知識がいちばん遅れている。
教育の本質は個人を普遍化することである。
いまのところ、
それは学校で習ったことをすべて忘れなければできないことだ。
自己教育を継続できないかぎり、
教育は個人を傷つけるものである

統率VS統合

全体は部分から推測できないことに
人間は我慢できない。
個人は集団のために、集団は個人のために組織すると
ファシズム的な機構を帯びてくる。
テンセグリティにおいては、
張力材は分断された圧縮材の統合のためにある。
圧縮材と張力材がそれぞれ局所的に破壊されても
圧縮力と張力は動的な均衡を維持している。
統率者が不在のままで。
張力は距離を超越しているからだ。
質量をもつ物質・エネルギーが互いに引き合う重力のように、
統合するには
統率という人間の目的は不要だ。

最高の授業

最高の授業に
最高の教師と最高の生徒は必要である。
この考えはエリート主義の惨めな幻想だ。
私にとって最高の授業は、
教師のいない、
テキストもない
こどもだけの自律的授業だった。
1950年代にアメリカは敗戦国で自国では禁止された
先端的な教育実験を指導していた。
特に廃墟と化したヒロシマで。
驚くことに
こどもはこどもを教育できる。
お互いの間違った経験によって。
学校という「囲い」によるシステムエラーを
こどもには訂正できないだけである。
「囲い」とは
間違いを除外するための
間違わないシステムである。
それはつねに最高を目指している。