月別アーカイブ: 2010年9月

人間はどんな書物を読んできたかよりも、
どんなものを食べているかできまるという知識を
病気から理解している。
しかし、何をどう調理するかは
いちばん理解しがたい方法である。

自己教育

あらゆる知恵の中で、
自己教育に関する知識がいちばん遅れている。
教育の本質は個人を普遍化することである。
いまのところ、
それは学校で習ったことをすべて忘れなければできないことだ。
自己教育を継続できないかぎり、
教育は個人を傷つけるものである

統率VS統合

全体は部分から推測できないことに
人間は我慢できない。
個人は集団のために、集団は個人のために組織すると
ファシズム的な機構を帯びてくる。
テンセグリティにおいては、
張力材は分断された圧縮材の統合のためにある。
圧縮材と張力材がそれぞれ局所的に破壊されても
圧縮力と張力は動的な均衡を維持している。
統率者が不在のままで。
張力は距離を超越しているからだ。
質量をもつ物質・エネルギーが互いに引き合う重力のように、
統合するには
統率という人間の目的は不要だ。

最高の授業

最高の授業に
最高の教師と最高の生徒は必要である。
この考えはエリート主義の惨めな幻想だ。
私にとって最高の授業は、
教師のいない、
テキストもない
こどもだけの自律的授業だった。
1950年代にアメリカは敗戦国で自国では禁止された
先端的な教育実験を指導していた。
特に廃墟と化したヒロシマで。
驚くことに
こどもはこどもを教育できる。
お互いの間違った経験によって。
学校という「囲い」によるシステムエラーを
こどもには訂正できないだけである。
「囲い」とは
間違いを除外するための
間違わないシステムである。
それはつねに最高を目指している。

贈与システム

超国家企業というグランチは、
富の交換の媒介である現金会計システムを
完全に独占するために
法律的に抽象的存在を保証している。
それは、人間の生命をどのうように愛情をもって育むかという
問題を無視するためにある。
そして、お金という富が、将来にわたって人間を保護し、育て、
そして環境に適応させる組織化されたノウハウを教育することには
ほとんど利用されないように。
実際、奨学金などの贈与システムは
より強い支配の絆のために利用されている。
個人としてお金持ちも、
お金でお金を稼ぐノウハウに優れているだけである。
小さなグランチはいまや増加の傾向にある。
彼らに憧れる貧しい個人が無数にいるかぎり、
尊敬はどこにもないままだ。
真のノウハウへの尊敬はだれも贈与できない。

構造とパターン————テンセグリティワークショップを終えて

水素と酸素がそれぞれ
水に似ていないように、
テンセグリティモデルは、棒と紐に似ていない。
テンセグリティは人間がデザインした形態ではなく。
構造の構成要素が化学反応した結果である。
この構造が自律的なのは、
その反応の結果が動的に安定しているからだ。
発見されたほとんどの化学反応は論理的には考えられなかった。
実験によって原因と結果に例外のない整合性があるから
自然を論理的に再構築しているのである。
真の構造の構成要素は、
テンセグリティの発見によって
はじめて発見された。
言い換えれば、構造という言葉ができたとき、
まだ誰も構造を定義できていなかったのである。
きれいな水がきれいな水素と酸素から形成されていなかったように、
美しいテンセグリティはけっして美しい棒と紐から形成されない。
圧縮材と張力材からなる非鏡像的な相補性
または
非連続の連続性の概念の発見こそは、
構造とパターンに高度な単純さを探求する
シナジェティクスの成果である。
自然は構造とパターンの宝庫である。

テンセグリティモデル

風はだれも見れないが
船乗りが風を受け入れるように、
本当のシナジーの概念を直観的に理解できるのは
テンセグリティだけ。
震えていない瞬間はないように
つねに角度と振動数に移り変わる。
本当の構造に名前を教えるのは
テンセグリティモデルだけ。
というメタフィジックスは
テンセグリティ・ワークショップで経験できる。

かけがえのない自然

鳥は翼を傷つけたとき、
他の翼、つまり、仲間の鳥の翼と交換することは出来ない。
鳥には破損箇所を自己修復する機能が与えられている。
われわれの住宅の部品は隣の家の部品と交換できないので
非モジュール的に設計されている。
ドアや窓、畳でさえ交換はできない設計である。
交換できないことで、利益を追求している世界は
まだ支配的である。
(土地資本主義から自己修復できる住居の概念は生まれないだろう)
現代のジェット機の翼やエンジンは交換できる。
モジュールという概念はパソコンや冷蔵庫、自動車にも適応されているが
自然は原子核を構成する核子に適応している。
銀河は10億年以上の時間をかけた衝突によって
互いにモジュールを合体する。
核分裂や核融合では陽子や反粒子などのモジュールが交換される。
かけ替えられるという交換機能または自己修復のデザインは
宇宙の見えないテクノロジーに属する。
人間の感傷的な世界観が生み出している
「かけがえのない自然」は、
唯一無二というかけ替えられない=交換不可能で非動的な平衡状態、
つまり、死の世界の概念である。
同時に、
この概念こそが現在の99%の人類のエコロジー概念を支えている。
エコロジーに自然はまだ含まれていないからではなく、
自然がエコロジーを含むまでメタフィジックスはつづく。

往復2000キロの旅

高速道路を時速120キロで8時間運転すれば1000キロ程度も移動できる。
これは飛行機や船舶でのみ可能な計算方法である。
高速道路を平均時速80キロで移動したければ、
時速120キロ以上で運転しなければならない。
移動時間には休憩と食事と給油などが30%以上も含まれる。
この時間は長距離になればなるほど増加する。
平均速度を下げる最大の要因はドライバーの睡眠時間である。
自動車の移動時間の短縮には、
高性能な自動車よりも
睡眠しないロボットか
交代できる複数のドライバーが必要だ。

消費税

自然は生産をあまりにも重視し、
消費をあまりにも軽視しすぎると言うことはない。
なぜなら、
20世紀の物理学は宇宙のエネルギーは増えも減りもしないことを発見し、
生産と消費は、人間の始まりと終わりの概念から
生まれることがわかったからだ。
エコロジーは生産と消費の専門分化を否定しなければ、
理解できないと言う意味で
エコロジーの専門家は存在しない。
エネルギー生産と消費の概念は
人類に課金するために利用されている。
(経済学者や政治家を使って民主的に合議的に)
グランチが空気に課金できるテクノロジーを所有すれば、
65億人の空気消費税で賄えるかもしれないが、
同時に、彼らのこしらえた生産と消費の概念を適用すれば
グランチは疑似エコロジー的に植物に酸素生産費を
払うべきである。

交換技術

昨日の午後、注文しためがねのレンズを2時間かけて交換した。
はじめて会話する若い担当者の紋切り型の接客態度と
その交換技術を見ていると寂しくなる。
新たな人格に変貌したければ、転職すればよい、
立場が変わるたびに、たずさわる言葉が変わる、
と考えている人間が私の視野を交換したからではない。
彼は眼鏡屋という専門分化で生きているが、
想像したとおり、いつ誰がレンズを発明したかを知らなかった。
イデオロギーは選択できないが
人格は交換可能な時代を生きている。
(もちろん水晶などの鉱物レンズの発明年代などだれも知らないが、
ラフェエロが近眼鏡をかけたローマ法王の肖像を描く以前に
凹レンズを近眼鏡として使用していたのは15世紀である。
凸レンズの発明の方が圧倒的に先行していたけれど、
望遠鏡が発明されたのは17世紀である。
より近くよりもより遠くを見る機能の開発は
明らかに当時のイギリス大英帝国の海上における
軍事技術の要請からだった。
視野は本来、交換不可能だ。
鳥や馬、そして蝿、トンボのように。)

ノウハウ

大企業は天然資源の情報( know where)を独占し、
専門家たちは特許にも公開しないほどの
技術情報(know how)を独占している。
頭のいい学生たちがその企業や専門家に憧れるとき、
情報を独占したいという強い動機づけがあるわけではない。
家族とよい暮らしができるという見返りで、
目的意識(know why)の芽生えた若い優れた頭脳を
素早く分断していくために、
人間の利己主義と人生の保証につけ込む
ノウハウがある。
そのノウハウには社会のモラルを効果的に支配する方法を含むが
グランチはそれ以上の発明はしてこなかった。
彼らが地球の稀少元素を独占しているかもしれないが
それらを自発的興味から発見したことは一度もない。
その結果、家庭でさえも、
目的意識がなくとも富の蓄積を優先する考えが
模倣される場所となった。
こうして興味がなくとも
お金持ちになるための職業に憧れる条件反射が形成され
利己主義を発展させる近視眼的な子どもたちが
両親によって教育されている。
競争によって
より奪われていくノウハウの餌食である。

基礎という概念 2

基礎という概念は大黒柱の別名である。
共に圧縮を引き受ける特別な場所である。
他の部分よりより重要な部分の存在は
共産主義であろうが資本主義であろうが
生まれる前からシステムに組み込まれる。
基礎構造
基礎デザイン
基礎知識
基礎研究
基礎科学
など、
すべての超専門分化によって、
絶えず人間の認識上の壁はくまなく強化される。
特別な場所を守るために。
そして、
ついに基礎から始める教育システムを
盲目的に容認することになるが、
「部分から推測できない全体のシステム」の存在を認識する
人間の先験的能力は除外されたままだ。
テンセグリティの基礎構造がない革命に関して
社会は半世紀間も沈黙している。
(スネルソンのようなアーティストが直感的に美的な価値だけを複製したに過ぎない。)
シナジーに基礎と応用との相互関係は存在しない。
つまり、
デザインサイエンスはシナジェティクスの応用分野でもない。
シナジェティクスの学習プロセスもまた
基礎(下部)と応用(上部)には分割されないのは、
包括的理解は上・下ではなく全方向的だからである。
(経験と直感ではない直観によってシナジーを自ら発見し
人類に教育できるアーティストサイエンティストは
いまのところ軍事産業に吸収されている。)

基礎という概念

すべての構造は重力なくしては成立せず、
建築構造は大地との結合なしでは成り立たない。
構造の自重は大地に流れていく。
しかし、
巨大な鉄の塊を船のような器にデザインすると、
浮力という重力の反作用によって、
海上または海中を浮遊する構造となる。
テンセグリティにおいては、重力を張力に置き換えると、
大地との結合から自由になり、大気圏を浮遊する構造になる。
テンセグリティ原理を利用する
原子核や細胞から、基礎という構造を取り出せないのは
張力が基礎との絶縁から生まれるからである。
基礎という概念は、
数万年間、構造に対して抱き続けている
人間の認識上の壁なのである。
そもそも重力は断面積がゼロの非物質化した張力材であるという認識は
シナジェティクスによるテンセグリティの発見を
待たなければならなかった。

Twitterの機能

人々は友人より知人のほうが多い世界を望んでいる。
どこにいても自分の状況を知人に知らせ
同時に知人の状況を把握できるテクノロジーは、
やがて誰のことばにも口を挟むが、
口数は少ないほどよいモラルを生んだ。
沈黙には堪えられない人々の機知である。

平均的人間

家は、地上における住むべき場所に適応するために、
大きな距離を短時間に安全に移動する航空機や自動車のように、
デザインされてこなかった。
しかし、いまや平均的な人間でさえ
3年に一回の割合で引越しをしている。
高齢化と出生率の低下で
都市でも農村でも誰にも貸せない空き家は増加している。
空き家とは、
高価すぎる移動しない、しかも短命な道具を
個人が所有しすぎた結果である。
有機体生命が必要とする真の機能は
未だデザインされていない。
土地資本主義の許認可システムで働く
21世紀の最後の奴隷たちに、
外部化すべき道具のデザインを依頼してはいけない。
彼らに宇宙の要求に基づいた諸機能が意識的にデザインできない以上、
富は失われるばかりだから。

耕起民族

畑が絶えざる耕起で枯渇していくのを見て、
有機物を投入する方法を採用する
「農業経営体」という商業主義的農業者のほとんどは債務者である。
真の富の源泉は銀行に所有されている。
この5年間で農業労働者が20%以上も減少した理由である。
(高齢化によって農業をやめた人が増えたことが主な要因だとしたら
現在の都市人口の増加を説明できない。)
過剰な有機物が投入され、雑草のない畑からのほとんどの収穫物は
カボチャでさえ、1週間で腐敗している無農薬農業を
エコロジー的に肯定しているかぎり、
耕起民族は危険な債務者である。
不耕起の尊さを知るまでは、いかなる民族も栄えない。

より新しい情報

パソコンの個人購入と学習によって、
人々は未来の労働から軽減されたがったが、
ネットワークの統合によって人々は見事に
これまでなくより巧妙に搾取されてきた。
消費は条件反射的な隷属から人々を解放しない。
隷属から人々を自由へ解放するのは
思考である。
その思考の道具は言葉である。
つまり、グランチは
言葉を条件反射的に消費させれば
思考方法は変わらないことに気づいている。
入手可能なより新しい情報が
より好きになっている情報グルメ以上の
隷属はないに違いない。
より少ない言葉から
人間の思考は成り立っている。

思考力

才能ある若者が
記憶力に優れた知識人への願望に支配され過ぎると
よい思索者になれない。
その記憶のほとんどは
たいてい読書や音楽(そのすべてはもうじきインターネットにある)に
費やされるか、
あるいは、
その優れた、しかし、平均的すぎる条件反射的な読解力によって
自分自身の主観的な記憶や曖昧な出来事を
忘れることに費やされているからだ。
主観的な記憶や曖昧な出来事のカテゴリーは
記憶力ではなく、
行動によってはじめて客観的に分類できる。
単に記憶力に優れた知識人が、
すでに、僅かな電気エネルギーで不眠不休で働く
サーバー(記憶奴隷)によってほぼ陳腐化している時代こそ
行動の時代だ。

可能性と確実性

可能性とは何か
真の機能がまだ発見されていないが、
想像した美点ばかりで
自己変革と無関係に
観察から組み合わせたアイデアである。
では、確実性とは何か
その組み合わせたアイデアからは
経験的に世界は変えられないから
他人から理解されるアイデアで構成することで
失敗を免れたい時の選択肢の一つ。
なんという思考の無駄遣いだろう、
原理の存在を除外しているなら。

芸術教育

労働からの恐怖に
芸術が利用されることはないが、
労働による自由の獲得に
芸術は利用される。
自分の芸術以外のことは
何もしない芸術家を夢見ていた芸術家は
たいてい教育者になっている。
20世紀の超専門分化によって
芸術はもっとも利用されやすい
専門分野になっている。

隣人

私は、ついにエアコンを使わないで、
窓とドアを開けてこの夏を過ごした。
畑を隔てた隣の家族が何人いるのか未だに知らない。
きっと来年も彼らの名前も知らないだろう。
インターネットのある寂しくない田舎は私には便利だが、
私の選んだ無意識は
北半球の人間は南半球の人間がどんな生活をしているかを
知らない理由を説明できる。

瞑想

畑は3年もすれば鏡のようなものだ。
畑の私に対する態度は、
私の畑に対する態度そのものと考えていい。
そして、
さまざまな畑と田んぼが
絶えず人間について対話している。
その鏡の背面で。

インテグリティ(統合力)

言葉を単純にするのは知識ではない。
経験である。
理解を単純にするのは経験ではない。
統合力である。
統合力は
けっして人間独自の仕事ではない。
それは人間をとおして
流れ出るだけのものである。
統合されたものは
物質であれ、人間であれ
信頼できる完全性、
ある種の高潔さを備えている。

鋳造技術

貨幣は印刷された自由である。
お金は自由と交換できるが
しばしば鋳造された偽の幻想にすり替えられる。
印刷されたすべての富は
われわれの実際の借金である。
この単純すぎる経済原理を発明したのは
自由を鋳造し、欲しいだけ貨幣を印刷している連中、
グランチである