月別アーカイブ: 2011年5月

手間

生きるとは、
死ぬほど手間のかかる時代になった。
そうしない人間が増えすぎたからだろう。

飼育革命

プルトニウムを食べるほど
無知な奴隷はいなかったが、
プルトニウムを食べさせるほど
飼育された人間もいなかった。

非人格的な方法

物質をエネルギーに換える方法を学んでも
その代価を払わないで
効果的な殺戮の道具にした歴史から、
そして
第二次世界大戦の後、
電力産業は原子力計画の資産全体を〈無料で引き継いだ〉歴史から、
そして
基本的な操業コストの絶え間ない削減と料金の絶え間ない値上げとを組み合わせて
莫大な利益を生んだ発電ビジネスから、
そして、
電力市場の独占のための原子力を利用した〈公益事業〉から
つまり
エネルギーをお金に換える巧妙な課金システムを運営する連中から、
そして、
将来的に化石燃料とウランが枯渇することがわかっていた連中の
超国家企業という巨人(グランチ)の非人格的な方法から
いったいどんな誠実さを期待できようか。
われわれはまだこの非人格的な方法に
ほとんど不慣れであるが
誠実さと絶縁した強欲な法律家資本主義は
すでに半世紀前に確立されている。
すべては、
原子力エネルギーの開発と同期していたのである。
参照 
☆リンク 
犬のしっぽ 2011年4月16日
“鉄腕アトム “:http://www.two-pictures.net/mtstatic/2011/04/post-1930.html

菜園場

幼少の頃の私は
歯茎から出血のつづく原爆症に苦しむ母を
理解できなかった。
母は被曝をあまりにも重要な人生の一部だと思っていたので、
ほとんどその話をすることができなかった。
私の家族は四季を通じて
豊かな家庭菜園場にある井戸水で暮らしていた。
いま思えば、
そのときでさえ、
家族全員の内部被爆は続いていた。
その共同の菜園場は
爆心地から5キロ以内の
父が建てた小さなバラックに隣接していたから。
セシウムは
核分裂によって
はじめて
人間の人生よりも短く輝くことができる。

非物質化

兵器の用途開発は平常時に進む。
利害関係で動く人間の無関心が
被曝を確実に
時間的に地域的に
拡大できることがわかった。
これは非物質化した核兵器に等しい。

傍観者

学問には
人格を反映する利点がある。
ずるい人間をいっそうずるくする。
緊急時の学者たちは
こどもたちに放射性物質を食べさせるプロセスの
冷静な傍観者になれる。
それには
超専門的な知識と訓練が必要である。

人工気象

人工地震のことが囁かれている。
少なくとも
ヒロシマの黒い雨は
雨天の日に降ったわけではない。
核爆発によって、
都市での人工気象が発生したのである。
その後の人工気象では
黄色い雨もできるようになった。

ゼロの脅迫

ゼロ金利、残高ゼロ、ゼロ円生活
ガス欠、停電・・・・・
みんなゼロの使い方を間違っているようだ。
昼となく夜となく
<何もない状態>に怯えている。
ゼロという
無限を対象化した概念と記号化の革命で
数えられない無限観(=空)から人類を
解放した歴史が忘れ去られ、
誰かの富は誰かの借金だというゲームを
信じ込まされている。
富と借金を合計するとゼロになるという
<何もない状態>を作り出す経済学に。

大気圏外ガイガーカウンター

原子核崩壊や核分裂反応の発見のあとに
バンアレン帯が発見されたのは
衛星に搭載されていた
ガイガーカウンターの観測結果からだった。
人類は大気圏内でのみ
生命がもっとも安全に維持できる
自然の仕組みを理解したのは
1958年の冷戦の最中であった。

電気製品

本当の美しい電気製品とは
それを使いながらエネルギーを生み出す
全体の装置のことだ。
植物のように
エネルギーは買わないシステムを
まして売る必要もない方法を
想像したことがあっただろうか。
本当の見えない機能は
まだデザインされていない。

タイムラグ

子どもたちが
自発的な会話もない教室で
曖昧で散漫な学習に時間を費やし、
大人たちが
動機もないまま解決すべき優先課題を持たない
学問や教育に時間をかけすぎると、
どんな人間をも
怠惰で不確かな人生へと導かれる。
それは大多数から富を奪うために
非同時的に感じさせる
歴史的な企てなのだ。
そして、
情報を非同時的に管理され
ついに健康までも奪われている。

あまりにも局所的な

大気中の酸素を独占する方法は
永遠に再生的な植物の光合成によって
科学的に不可能だった。
地下資源の有限なウランに
無尽蔵なエネルギーを期待させたのは
エネルギーを政治的に独占するためだった。
(鉄腕アトムの世代は核物理学の全盛期である)
このすべての企てには各国の税金が使われた。
しかし、知れば知るほど短気な私は
自らの苛立ちに屈してしまいそうである。

科学者の裏切り

科学者は核分裂反応を発見し、
その生成物に名前を付けるが、
それを食べるなとは言ってくれない。
核分裂反応は
生命反応よりも
魅力的な幻想に満ちているのだろうか。

実験

自分のことばかり考えるとバカになる
人体実験は終わった。
次は、自分のことばかり考えると
被曝する人体実験がはじまった。
生産者も消費者も新しい実験が好きだ。
兵器産業(放射線医学も含む)は
歴史上最大規模の実験データを無料で入手している。

絶対時間

学校で間違ったことを教えられると
それを打ち消すには
5倍以上の学習時間が必要になる。
移転しない学校で被曝すると
それを打ち消すには
こどもの人生は短すぎる。

主観的

この情況に楽観的か、悲観的かは
まだ主観的だ。
怒りさえ、時間が鎮静化するだろう。
絶望こそ、
客観的行動のための初期設定だ。

絶縁国家

独立国家の中でも民主化が最も困難なのは、

明らかに日本国である。
これほどの放射線量でも暴動を起こさないで
静かに受容的な未来を待っている。
絶望からも絶縁している超国家からの
恩恵は何もない。

被曝3世

哀しみにも終わりがあるが
物質の半減期はどんな人生よりも長い。
ヒロシマは自国内の
どこでも複製されている。

放射と統合

アインシュタインの発見した法則を利用して
エネルギーを放射できるが、
その放射したエネルギーを水に吸収させて
「高濃度汚染水」にする以外
元の物質に統合するテクノロジーは
まだ出来ていない。

クリティカル・パス

危機的な問題を解決するための
工程表の作成に
日数と予算がなければ
科学的なクリティカル・パス方法は
完全に除外されたままだ。
原子力社会に
メタフィジックスは存在していなかった。

危機とは何か

この緊急事態とは、
歴史上最大限に長期化する
内部被曝からの物理的な待避と
半減期が終わらない放射性物質の除染方法が
予測的にまったく確立できていなかったことである。
そして、最大の危機とは、
専門分化によって
こどもでもわかる言葉が失われれたのではなく、
こどもでもわかる言葉を作る社会ができていなかったことが
大多数に分かったことである。

教育システム

人々は科学と法律が
虚偽の装飾に利用される仕組みに驚いている。
今では、資本主義圏の独占的な発電事業だけではなく、
教育でも利用されているこの仕組みに。

20ミリシーベルト革命

学校へ行くより、
行かない方がよほど遺伝子を保護できる
この法律こそ、
21世紀の知性的な教育を先取りしている。
なによりも通学に電気エネルギーを使わない
革命的な方法になるから。

計画的堕落

リアルとは、社会経済の権力機構が
現実(=リアル)だと定めた一時的な幻想である。
エネルギーの欠乏さえも幻想である。

ゲーム

静かな絶望の生活を送っている人々に
月並みな悲劇への同情は不要だ。
「今が最悪の状態」言いながら
この不幸を人類の踏み台にする
ゲームがあるかぎり。

原発リダンダンシー

原発について学べば学ぶほど、
自分が何も知らなかった事に気づくが、
気づけば気づくほど
核分裂そのものに比べて
エネルギーの受容方法は
巨大な湯沸かし器からの
過剰なエネルギーロスを伴った
蒸気機関時代の技術にすぎないことが分かる。
自然エネルギーを受容するために
植物はそんな破滅的な方法を採用していない。
彼らは人間よりも長く惑星地球に生息している
科学的生命体だから
バイオスフィアの常温、常圧で十分だ。

無意識

人間は放射性の危険を回避して移動できる
唯一の動物である。
被曝した学校に通学させることは
もはや教育ではないばかりか、
種族維持を無意識に願う種の本能に反している。
この無意識を支配するプログラムは
プルトニウムのようには変えられない。

あらゆる窓

種の切迫した緊急事態のなかで、
大多数の個人は
政治権力機構の主目的と戦略だけではなく
教育制度の限界を理解すると同時に、
科学と工学そして教育システムの重大な欠点を
発見することができる。
種の切迫した緊急事態に立ち向かうために、
われわれにはどのような選択肢があるのかという
目的意識をあきらかに除外してきた故に、
それらは絶えがたいほど
利己的で分裂的にしか機能しない。
世界を見るための信頼すべき窓は
すべて塞がれていたのだ。
はやかれおそかれ大多数の人々は、
新しいイデオロギーや宗教ではなく、
そして
代理的なあらゆる窓ではなく、
個別に神を発見するだろう。

非同時的民主主義

有機的な存在を目指すが
無生物である企業は、
人間の感受性や思考を感じることも
表現することもできない。
それは
何のリスクも負わない資本主義が
株主のために発明した
もっとも裕福な帰結だ。
魂も心もないその現実に憤りを感じるように
議会制民主主義を
発明したのも彼らだ。
しかし、議会制民主主義には
致命的な非同時性(=タイムラグ)がある。
これが国民に致命的な危険を
同時的に知らせなかった
メカニズムである。

探究者

今こそ個人は、
再生エネルギーの変換という
航海の途上の探究者になり得る。
この過酷な外洋のサバイバルを通して
自分以外の存在(植物や岩石など含む)のために生きる
新たな知恵を学んでいる。

再生的宇宙

人類が使用すればするほど
元素自体が劣化したり、
汚染される元素は存在しない。
ウランやプルトニウムでさえ再生的だ。
宇宙に<放射性物質を含む廃棄物>という
身勝手な概念は存在しない。
科学を装った概念の牢獄化は
言語そのものにある。

ライフスタイル

大気に国境は
デザインされなかった。
それこそが
バイオスフィアの
戦略だった。
ライフスタイル好きの
しかし、大地に根を下ろした人類には
ついに理解できないだろう。

4つの危機

科学的な生産コスト計算から
自然エネルギー以上の
再生的なエネルギーは
存在しないという科学テクノロジーが
20世紀に発見されたことから生じる
4つの危機について

この事実を科学者・技術者が認識しているにも関わらず
専門分化の牢獄(名誉と地位)から脱出できないように
深く法律的に洗脳されている。

放射性物質による環境の浄化コストを
支払う能力もないまま有限な法的責任しか持たない私企業に
原子力テクノロジーを所有させた権力テクノロジーが
放射性物質の日々の予測外の蓄積から致死量に至った
危機的な情況から脱出できない。

記号のテクノロジー(法律言語やメディア言語、芸術言語など)を所有する
法律家資本主義がその本質的な危機的な情況をこぞって隠蔽している。

ほとんどすべての教育機関が
誠実さの欠如から
エネルギー危機を偽装する権力テクノロジーを批判できないまま
疑似民主主義とその奴隷化を加速させ、
真実の探求と精神の自律性をすでに喪失している。
結果的に、これらの4種の同時的・非同時的な危機の連鎖によって
歴史的に前例のない大規模な
こどもの内部被曝が進行している。

本当のコスト

本当のコストとは
機能が失われたときに
ふたたび再生するための
最小限の時間とエネルギーである。
ありふれた水に戻すための
エネルギーコストが2兆円もかかる
原子力テクノロジーでは
その発電コストには含まれないが
電力料金には含まれる。

浄化コスト

原子炉の冷却に使用した海水は無料だったが
汚染水1立方メートル(=約1トン)の浄化コストは
2億円程度である。
このテクノロジーのお陰で
バイオスフィアが43億年かけて
大気圏から放射性の除去に費やした
全コストが科学的に計算できるようになった。

ポリグラフ

「核燃料が圧力容器の外に漏れているとは考えていないが、可能性は否定できない」
ーーーーーー東電
「メルトダウンが1号機で起きた可能性が否定できない」
ーーーーーー経済産業省原子力安全・保安院
頻繁な2重否定の使用によって
事実を誠実に否定しない場合は
既にすべて現実化されていると言っていい。
彼らの硬直した言語は、
データを隠蔽し続けるために
事実に対して
正確な反応をする。
嘘を言うための言語には「構造」がある。
彼らが作り出す現実の「変化」を分析することから
彼らの捏造する「構造」が見える。

余震

そして、
安らぐ場所にいながら
余震に怯えているが、
天井から吊したテンセグリティモデルは
つねに余震に満ちている。
振動を怖れる
すべての概念と習慣は
固体的テクノロジー(=陳腐化された軍事的要塞)
の残像である。
振動を吸収できる
外力分散ネットワーク(Web)の物質化によって
大地の振動と大気の呼吸に調和する
テンセグリティ・シェルターは存在する。

人工気象

雨には3種類ある。
透明な雨、
黒い雨、
黄色い雨。
後者の2種の雨は、
人工的に作られたが
ヒロシマでもフクシマでも
そして東京でも観察された。
21世紀の天気予報では
傘マークのロゴデザインを
3色で表すべきである。

生物有機体

人間が生存するにはエネルギーが不可欠だ。
すべての種についても同様である。
生物の有機体は、
宇宙のあらゆるシステムのように、
純粋な原理で局所的に相互再生する機能から構成されている。
地球上のすべての生命体は
太陽に依存する再生的な
エコロジーシステムに調和してきたが、
人間は種族保存と人口増加の過程で
エネルギーを発生させる道具を独自に発明した。
しかし、火力発電や原子力発電は
地下資源に依存した非再生的な道具である。
主に支配と搾取のために開発された道具は
意図的に非再生的にデザインされてきた。
こうしたタイプの道具の機能は、
人類史においてごく部分的な段階でしかない。
部分的な段階に意図的に押しとどめる
すべての学説やイデオロギー、
そして企業や国家は太陽系では死滅する。
なぜなら生命は、
テクノロジーの集積だからである。

うぬぼれ

人間が想定できないことは
想定外である。
地球が存在しているのも
人間の想定外である。
まして人間が
エコロジーシステムを
デザインしていない以上、
エコロジーは想定外である。
あるいは偶然の産物である。
人間がデザインする組織が
誠実さを欠いているのは
想定内である。
超専門分化が包括性を欠いているのも
想定内である。
誠実さを欠いた超専門分化にとって
自然はつねに想定外である。
うぬぼれた連中は
想定外の偶然を隠蔽するか、
排除する教育を受けてきた。
人間の子孫を教育する
メタフィジックスのかけらもない
原子力エコロジーを信じてはいけない。

緊急事態

首相は浜岡原発の運転中止を要請したが
アメリカは首相に運転中止を命令した。
国民の生命よりも
横田基地や横須賀基地の防衛システムを炉心溶解から
予測的にかつ優先的に保護するという
<間違った理由で正しいことが行われる>
情況が続いている。
つまり、いまは
前例のない
緊急事態なのである。