月別アーカイブ: 2011年6月

モバイラー

動物は一生のほとんどを
安全な住処で過ごしている。
より安全な場所へ動くからだ。
人間だけが自宅を大地に
固定したがっている。

カッコウの動機

初夏の夕暮れに
梅雨明けを思わせる雷が遠くで光った。
しばらくして、畑の近くの見通しの良い樹の上で
カッコウがまた鳴いている。
かなり能率のいい非電化スピカーだ。
平地でも半径500メートル以上はカバーできる音量だ。
谷間ならもっと共鳴するだろう。
彼らは自然との共鳴を
恋愛にも緊急時にも使ってそうだ。
互いの微妙なさえずりの違いを判別できる
文法があるなら。
否、これは自惚れた推論だ。
<彼らにないものはわれわれにもない>と
いう生成文法こそを想像すべきだ。
wb_2_049
<註>ネット画像から引用した映像。望遠レンズでも通常はカッコウにはこんなには接近できない。

衰退期

被曝した人間は二種類に分裂する。
言われたようにはしないで
これ以上被曝しないタイプと、
言われた通りにして
より被曝していくタイプだ。
人間も国家も
これ以上衰退しないだろう。

被曝を超えて

環境だけではなく
事実も広範囲に被曝してしまった。
さらに
事実を支える言語も
そして、
言語を支える想像力も
内部被爆したから
真実はあっという間に
メルトダウンしてしまった。
唯一の生き残りのチャンスは
この閉じた構造から
数千年間の絶望を
自らの思考力で
メルトスルーさせることだ

統計学

現在の電力会社の電力ネットワークでは
電気エネルギーは蓄積できない。
にもかかわらず
東電のピーク供給量が
恣意的に操作されているのは
電力エネルギーが
すでに十分にあるからに他ならない。
<エネルギーと食料の欠乏>から生まれる
条件反射的な恐怖感で支配してきた
グランチの統計学はいつも腐敗している。

非同時的な疎開

学校には
集団で同時的に通学してきた。
会社には
集団で同時的に通勤してきた。
しかし、
被曝した後に
個別に疎開させられるほど
不幸なことはない。
被曝疎開は
ゆっくり死んでいくひとびとを
非同時的に隠蔽するための
放射性物質の拡散方法になった。

軍事用語

<疎開>とは
軍事作戦における非戦闘員や産業を
敵の攻撃目標から免れさせることを
意味する軍事用語である。
核戦争と同レベルの
計画的内部被爆に誘導した
権力構造にかかわるすべての意志こそが
今世紀の核戦争なき<疎開>の起源である。
<疎開のすすめ>によって
概念の牢獄がより強化される前に
物理的に安全で平和な場所に
避難しなければならない。
人間は住む場所を
自分の意志で選ぶことができる。

ウラニウムという自然

原子核を壊してエネルギーを取り出す
電力会社が所有するテクノロジーからは
壊れた原子核を元に戻すことはできない。
ウラニウムは核分裂からは生成できない。
重い恒星の超新星爆発によってのみ生成されてきた。
バイオスフィア内では誰も再生できない
ウラニウムという自然を
壊す権利は老いた恒星にもない。

生産性(productivity)

第2次世界世界大戦によって
アメリカは我慢しないアメリカ人を生産したが
日本は我慢する日本人を生産した。
2つで相補的なワンセットが仕込まれた。
グローバル化とは
我慢させる側からの
生産性を向上させる
見返りだったのである。
人間性は映像のように
複製(ダビング)できる時代にいる。

所有者

放射性元素が
その所有者によって回収されないなら
原発を構成するすべての元素は
バイオスフィアに属する。
電気メータでさえ。

放射性

苦しみからの逃避によって
自由からの逃避を加速させ
すべての愛を引き裂くエネルギーは
放射性物質からだけではない。
とどまることなく
常に変移している
無関心からだ。

不在

ガンの危険性を我慢させる人たちが
子どもを被曝させている。
その危険性を我慢する人たちも
子どもを被曝させている。
不幸の不在を
共有しようとしている。

森のように

森は移動した結果だ。
そのためには
樹木から無数の種子が
飛行しなければならなかった。
森は移動することで
より再生的になる。
都市は
森と闘い
森の再生機能を否定することによって
増殖してきたので
固体的なままだ。
都市は静止したコロニーだ。

再生原理

細胞は都市のように復興できない。
ダメージを修復できない場合は
ダメージを再生するのみである。
細胞が修復できな場所に
都市は復興できない。

消費者

電気エネルギー確保のために
被曝しながら
電気料金を払う消費者に
生存本能が
ほとんど機能していない国の復興はできない。

開放系機密

メルトスルーした原子炉に
冷温停止は望めない。
国家が冷温停止しても
これ以上だれも困らない。
どこも穴だらけだが
機密でいっぱい。

流離う

利権が羅針で、欲望が支配するまま
多くの理性も被曝している。
かすかな英知とは
被曝奴隷よりも
自ら被曝難民になって
流離う自由だ。
分子の不規則な衝突によって引き起こされる
ブラウン運動のように
最小限の個体の
自然なふるまいに回帰できる。

再生的思考

課金メータのない再生的宇宙を
排除するために
地下から採掘した原子核を
わざわざ壊して学ぶことから
ついに
自然のエネルギーを
永続的に利用できなかった。
光や風、そして波や水、、、
それ自体が統合された自然は
つねに再生的である。
どこでもありふれているように。
不足しているのは
科学ではなく
われわれの思考力(=メタフィジックス)である。

(続)分割思考

分割思考の特徴は
間違いを犯さないことである。
理解する過程で
間違いを絶滅させようとしている
カルト集団を容易に組織することができる。
こうした破壊的な機能は
内破までの究極の共同性を確立できる。
例えば、文部科学省とか
原子力安全保安院とかだ。
事実、彼らは決して謝罪しない。
彼らでさえ、グランチから見れば
<分割して征服する>ための下部構造だから。
彼らを投獄し排除できるのは
税金で雇用されているという現実である。
しかし、
その法律は第2次世界大戦後には
すでに法律家資本主義(ピッギーたち)の管理下に置かれている。

分割思考

原発の核爆発は
<Think global, Act local.>によって
分割して支配された結果である。
東電にも国家にも
管理技術は存在していなかった。
製造管理技術は
すべてグランチが所有している。
統治に必要な分割思考は
義務教育によって推進されている。

欲望

無尽蔵の原子力エネルギーは
自然に従った後に、
自然を征服するテクノロジーが
もたらすはずだった。
しかし、
自然を征服できない時は
自然に従うこともできない
テクノロジーだった。
アインシュタインの発見以後
権力構造が
エネルギー独占という見えない欲望の変換を
名誉と助成金の見返りを果せる科学者たちに
委託しただけだったから。
自然のテクノロジーは
つねに欲望からは
構造化できないように
デザインされている。

(続)Half-life

半減期が
全体の半分が変化を受け入れるために
要する時間ならば、
衰え始める直前までの時間こそ
相補的な半減期(Complementary Half-life)である。
母乳から内部被曝した赤ん坊は
この相補的な半減期がもっとも短い。

宇宙エコロジー

人類に対する
外部被曝も内部被爆も、
バイオスフィアにとっては
すべ内部被爆である。
核物理学や放射線医学の概念には
観察者の宇宙エコロジー的階層(レイアー)が
不在である。
フィジックスが
メタフィジックスを無視した
地球エコロジーの段階から
太陽系を含む宇宙エコロジーへと
移行しなけければならない。
☆参照
『宇宙エコロジー』バックミンスター・フラー+梶川泰司 著(美術出版社 2004)

doing more with less

99%の科学者は
半世紀以上も
政府と電力会社が推進した
「効率の良い発電システム」である原発が
「もっとも効率の良い」発電システムではないことを
批判できなかった。
物理的な効率は
グランチによって
「もっとも効率の良い」政治的な便宜に
変換されただけだった。
みんな空飛ぶ「鉄腕アトム」(1951生まれ)と
「ウランちゃん」
に洗脳されたのだ。

被曝を低減する方法

被曝を低減する5つの方法のなかで
最初の3つの方法は
時間・距離・遮蔽である。
放射性チリを集めて移動させることによって
この3つを効果的に実現できる。
そして
これ以上稀少なウラニウム資源を採掘しないことである。
さらに
核分裂核種を原子炉内外で決して生成しないことである。
それらを格納するテクノロジーが
大気圏外宇宙を除いてまだ存在しない以上。
つまり
人類のみが被曝を低減する方法を知っている。

Half-life

半減期とはHalf-lifeである。
全体の半分が変化を受け入れるために
要する時間である。
プルトニウムの半減期は長い。
より安定するために
悠々自適な残された時間(=Half-life)を生きる。
核を連鎖的に破壊した人間にとって
残された人生が長ければ長いほど
不安定な思考と病気が増大する。

タダ

生きるためには
食料とエネルギーとシェルターが必要だ。
それらをすべてお金で買う
システムこそが
放射性物質を無料で拡散させている。
資本主義の
タダほど怖いシステムはない。

対話

最後の想像力(=image+nation)を
夢見ている遺伝子は
破壊され始めた。
最初に
対話のない民族から
ゆっくりと確実に。

ブナの森

注水量から1日100~200トンの水を
蒸発させる4号炉の熱源に
驚いてはいけない。
ブナの原生森は
その何千倍もの水を
無数の葉から蒸発させて
森を覆う以上の雲を生成している。
太陽光だけの常温常圧で
そして
秋にはそのすべての葉を
大地に捧げるのだ。
貯水して
森の外で生きるすべての生命を
もう一つの森(=海)に移動させるために。

(続)構造

グランチは見えない構造で
人々を搾取してきたが、
グランチは自然の構造までも
支配できなかった。
彼らの戦略は
自然のように構造化できなかった。

構造

構造を主体的に変えられない。
構造は経済的に換えらない。
構造を政治的に代えられない。
構造はイデオロギー的に替えられない。
流転して自己破壊する現象は
主観的に傍観できるだろう。
社会は構造を定義していない。
原子核構造以上にはまだ定義されていない。
われわれは構造の安定性を
冷温停止状態と定義したに過ぎない。
もっとも安全な構造を
<運転停止>に求めているが
宇宙の核反応を人間はけっして停止できない。
宇宙の構造は
つねに客観的に
エネルギー的にのみ動的に変換されている。
宇宙の構造に停止を望むことは
主観的にしかできないだろう。

外破と内破

このところ目がさめてもやはり
福島原発3号炉の核爆発のシーンが脳裏から去らない。
被曝のメカニズムについてのシナジェティクス的考察を
2009年7月9日の<犬のしっぽブログ>から引用します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
キノコ雲の外破と内破
真空管が破裂することを、内破(implosion)という。
内側に向かって爆発するという意味である。
ヒロシマの原爆は、空中爆発(=外破explosion)であったから
爆発と共に強大な球状空間が真空化され、
ついに、内部に強力な吸引力が発生した。
このもう一つの重力はやがて、上昇する螺旋運動を形成し、
キノコ雲の球体を形成した。
原爆はけっして都市を吹き飛ばす爆発力だけではない。
原爆の瞬間を表したヒロシマ原爆資料館の最新のCGのように、
爆発の放射(=圧縮力)のみに注目する原爆の物理学には、
内部への吸引力としての張力は不在である。
秩序を見分ける方法は、
もっとも大きなパターンの存在を発見すること以外にない。
そのパターンは、概念によってはじめて投影される。
<外破と内破は核爆発では非同時的に発生する。>
kinoko_01.jpg
映像1
最初の原爆のニュースは、共同通信社の特派員による手書きのイラストだった。
キノコ雲の下には、巨大な螺旋状のトルネードが描かれている。
kinoko_02.jpg
映像2
アメリカ空軍が撮影した高度1万メートル上空からのキノコ雲。
キノコ雲よりもトルネードの方が黒いのは、爆発によって形成された放射性物質を吸い上げているからだ。このキノコ雲は排気と吸引の機能を持っている巨大な掃除機と考えられる。電気ではなく、原子力で作動した最初の掃除機だ。
多くの瓦礫と死体、そして元安川の水を大量に吸引した。
これが後の黒い雨となって落下した。
ヒロシマに川がなければ、もっと被爆者は少なかっただろう。

想像力

放射線が大量に出ると人々は
短期間に宿命論者になり,
薬物・アルコール依存,失業,無気力をもたらす。
そして、政府はお札を欲しいままに刷る。
緊急事態の想像力はそれだけ?
母は被曝から半世紀以上も生きて
被曝しない民主主義を夢見ていた。

呼吸

奪う側が
譲渡と贈与を発明した。
人々は貧しく
それらを愛の行為のように感じたから。
ついに、北半球から
放射性物質が無償で譲渡された。
すべてを包む分割不可能な大気こそ
最初に与えられた無常だった。
奪う側すら
自然に呼吸回数が落ちていく
哺乳類になろうとしている。

(続)相互作用

自然との相互作用を
意図的に
そして確実に
排除するシステムに
支配されているから
われわれの健康は
当てにならない
幻想的な基準になってしまった。
被曝するとこの基準は
さらに低下する。
そして、ついに
病気は遅れてやってくる。

相互作用

原子さえも、
エネルギー条件がそろっていなければ
最初の構造ではいられない。
原発問題は
「われわれの欲望と向き合うことを強要させる」のではなく
われわれが
最大規模の世界権力構造の欲望と向き合って
無数の死や絶望
そして
数えられない敗北すら
受容していく
最大規模の同時的・非同時的な
「人間が作ったもの」との相互作用なのだ。

決める力

誰が決めるのか

誠実に生きることは
本来、同じ問題だった。
人々は稼いで生きるために
権力に屈してしまうことに
風景のように馴染むので
これらは別々の問題に見えはじめた。
そして、
誰に決めて欲しいかに
すり替え
誰が誠実に見えるかで
問題を傍観し
人々は決める力を
あまりにも簡単に
代理人(=政治家)に与えてしまった。
真実を知り、
現実を決める力を
譲渡した夢想家たちには
もはや夢から覚める
エネルギーさえないのだ。

方法

α線ではなく、
朝日で目覚める生活が懐かしい。
光合成の傍で暮らす夏の日々はもう望めないが
雨上がりの畑に最後の苗を植えよう。
今は植物と一緒に暮らす生活よりも
その方法がより重要になった。
方法こそつねに
重さのない
移動できるトリムタブ(trimtab)だ。