月別アーカイブ: 2011年8月

ターザン

日本語は周波数が低すぎて
叫ぶようにはできていない。
だから
緊急時に逃亡して
互いに遠くから呼び合う生活には適していない。
密林で生きるターザンは
もちろん英語だった。

背後

権力批判をしても
だれも権力の起源には
接近できないほど
グランチは古代から
政治権力の背後で
生き延びてきた。

水素

どんな元素も最初は水素だった。
水素は宇宙で最も豊富にある元素である。
地球ではそのほとんどが
海水の状態で存在している。
グランチは
空気と同じように
この海水には無関心である。
ありふれたモノに
無関心でいる傾向は作られてきた。
その結果、大多数の人間も
この態度を模倣してきたのである。
明らかに
グランチが怖れているのは
このありふれたモノがデフォルトで機能する
水素社会
あるいは
水素資本主義である。

(続)自律的

個人が
自律的な自由を拡大するための
テクノロジーを所有することに
絶えず妨害し続け、
同時にその行為によって膨大な利益を獲得するための
巨大な組織と権力が相互に緊密に連絡する社会が存在する。
彼らはグランチと呼ばれている。
その社会では
市場原理など存在していない。

自律的

水力発電では水にお金を払わないがダムにお金を払う。
火力発電は石油にお金を払う。
原子力発電はウラニウムにお金を払う。
太陽光発電ではソーラーパネルにお金を払うが
太陽にお金を払う人はいない。
しかし、送電線の利用料を電力会社に払うすべての発電システムは
時代遅れである。
電気を売ったり買ったりしない
自律的な自由こそが
真のテクノロジーである。

限界

情報は編集され
事実は汚染されている。
情報には限界がある。
想像力は情報より重要である。
想像力は生命の現れである。

(続)unknown

unknownなすべての生命現象が
政治家や広告メディア、
原子核物理学者や
放射線医学者などの超専門分化した
知識を独占する人類から構成される
グランチの奴隷たちの
現世的な誘導利益欲によって
直接的に、間接的に
同時的に、非同時的に
否定されることには
全生命の統合力をかけて
闘わなくてはならない。

生命

放射線によって
元素自体が劣化したり、
汚染される元素は存在しない。
宇宙に<放射性廃棄物>は存在しない。
これは宇宙のテクノロジーだ。
人工的に生成される<放射性廃棄物>に接近し過ぎると
ほとんどの生命現象は廃棄される。
これは生命独自のテクノロジーである。

unknown

若い時に学んだことが
年をとって理解できるとは限らない。
知っていることだけでは
理解できない
宇宙は
知らないという事実(=unknown)によって
はじめて存在する。

習慣

もっとも効果的な内部被爆は、
ゆっくり被曝するということである。
逃げるのを躊躇することよりも
何を食べるかで決まる。
好きな食品を好きなレシピで
いつものように
食べ続けることで効果は上がる。
ゆっくり被曝するための習慣には
半減期は訪れない。

可視化

拡散する放射性物質を
もし知覚できたら
日本中の大地と人間が
虹色に輝いて見えるだろう。
12才のときに経験した
未来のように。

知者

緊急事態では
新たな書を求めるよりも
いま生きている
一人の知者が求められている。
だがそれは
戦争が準備されている兆しである。
税金を払って
あまりにも傍観する人が増えたから。

(続)実験

核兵器の開発では
実験によって獲得された新たな諸発見を
コンピュータによる核実験シミュレーションによって
互いに統合してきた。
2万発以上の核兵器が世界中に常備されながら、
日々コンピュータ内部では
もっとも経済的な核実験シミュレーション
が進行している。
グランチにとって
世界の破壊のシミュレーションは
もっとも興味のある実験である。

実験

実験すればするほど
うまくいく方法と
そのプロセスの発見が増える。
実験と経験との違いは
認識の過程や
成果としての知識の違いとして現れる。
私にとって
人生は経験の対象ではなく
もっとも興味のある実験の対象である。

樹上生活

私は
コウモリが空を飛ぶ前に起きて
コウモリが
日没時の太陽の位置を頼りに
巣に帰ってくるのを見届けて
私も寝る。
コウモリは哺乳類全体の4分の1近くを占め、
森の樹上で生き続け
私は森の傍で生活している。
コウモリと私はまだ
太陽系に忠実な哺乳類だ。
これ以上の願いは叶えられないだろう。

傍観者

現在は
予測に失敗した未来ではなく、
経験された事実を公開しなかった
虚偽の新たな歴史でもない。
現在を傍観する人々の
遺伝子だけは
絶えず未来から照射する地獄を
隠すことに
ついに失敗する現実を知っている。

(続)航空機モニタリング

航空機モニタリングの方法と機材は
マンハッタン計画終了後の1946年に設立された
原子力委員会(AEC)を前身とした
米国エネルギー省が所有している。
航空機モニタリングのテクノロジーは
核兵器の製造と管理
そして
原子力技術の開発には不可欠である。

航空機モニタリング

高速で移動する飛行機から
放射線量は測定できる。
その航空機に搭載された測定器を地上に固定すれば
都市の地上を飛行機よりも低速で移動する
すべての人間や車
そして、食糧や水を瞬時に測定できる。
その測定値はETCシステムのように
都市のあらゆるゲートを通過する毎に
カードに記録できるだろう。
ちなみに、
航空機モニタリングの飛行高度は、対地高度で150から700m
航空機下部の直径約300mから1500mの円形領域である。

確実に

解放された放射性物質は
服従する人々の
あらゆる習慣に侵入できるから
死は
不意にではなく
確実に
閉じた未来から
待ち伏せしている。

暴動の原因

暴動の原因は
イギリスの若者の失業率の高さではない。
彼らは
イギリス人を搾取している多国籍企業から
かつてのインド人のように
独立したがっているのである。
格差の拡大のための装置(=システム)を
彼らは最初に攻撃しているのである。
イギリス国内で
権力は植民地のようにふるまうしかない。

瞞す、欺す、騙す。

意識的に
だまし易いのは市民である。
無意識的に
だまされ易いのは
自分自身である。
つねに誰かをだますために使われる
人間のエネルギーは膨大だ。

迷惑の起源

元来、どうしたらよいか判断に迷うときは
自分に対しても他人に対しても
「迷惑かそうでないか」の識別によって
考え分けるようにされてきたが、
最近はその起源すら忘れられている。
ひとに迷惑をかけないよう生きていたい
若い人が増えているという話を
若い編集者から聞いた。
実際、国家がこれほどまでに
人々に迷惑をかけている時に
いったい何が起こっているのだろうか。
どうしていいか分からないという
最大規模の「非常事態」が
国家の意志によって隠されている事実を
彼らはどうやって言語化できるのだろうか。
否、
「国家によって」ではなく
「言語によって」それが隠されているのだとしたら
記号言語のテクノロジーは
ついに国家をも支配している。
これはまったく新しい現実ではないだろうか。
自分に対する迷惑の識別が消えていく現実は
自己への配慮を欠いた
自滅的な世界に接近している。
痛みを知覚できなくなった神経細胞のように。

民主国家

看守はいないのではない。
人々が共産主義国に逃亡しないから
監視する必要がないのである。
安上がりな維持費で賄えるこの牢獄では
人々と共に
放射性物質も一緒に閉じ込められる。

無限の概念

宇宙エコロジーに永遠はあっても
無限は存在しない。
無限のエネルギー概念こそ
惑星地球の支配者以外の
全生命を裏切るための
巧妙な概念である。
人々はこの無限観と引き換えに
新たな牢獄に閉じ込められているのである。

配慮

放射性物質の人為的な拡散で
本当の思考が始まった。
自分のことしか
思考できない人に
自己への配慮はできない。

超ウラン元素

すべての超ウラン元素は
放射線(アルファ線)を出して崩壊する。
このすべての生成過程に税金が使われている。
しかし、その監視体制はどこにもないばかりか
監視のための測定装置と測定方法は
ほとんど彼らによって独占されている。
無論、その装置と方法の所有には税金が使われている。
自然界に存在しない物質を求めて開発された
超ウラン元素とその所有方法は
まさにグランチの戦略そのものである。

反・きり

あの日から
生き延びるのを拒まれた細胞に囲まれ
なおも生きる希望を持ち続けた
母に捧ぐーーーーー
 
物質とエネルギーが
永遠に相互変換可能なのは
それらが有限だからである。
人類は元素の周期律の原理の発見から
有限な92種の元素とその組み合わせにのみによって
宇宙に生存できるということを学んだのだ。
人類はこの1世紀間で
概念の無限性よりも
掛け替えられる物理的な永遠性を
理解できるようになったのである。
超ウラニウム(例えばプルトニウム239)を、
さらには超超ウラニウムを
自ら被曝しながら巨大加速器や原子炉で追いかけるための
建造費が巨大なことを自慢にする科学者たちは
「きりがない素粒子や元素の存在」を前提にした
無限宇宙観の信奉者にすぎない。
(2011年、原子番号114番目の元素が間もなく周期表に追加される)
そして
この超専門分化した科学者たちの
競争意識に燃えた偏向した思考が
原子力による無限エネルギーへの信仰を
生んでいるのである。
          2011年8月6日  梶川泰司

非電荷と非電化

人間が考える、
電気をより使わない「非電化」エコロジーよりも
自然は、中性子や光子のように
粒子そのものを「非電荷」にすることによって
つねに他の電荷された物質と電気的相互作用をしている。
「電荷」はエコロジーの基本原理に含まれる。
放射線の1つであるベータ線は電子そのものである。
(しかし、アルファ線の正体はヘリウムの原子核である。)
そして、野イチゴの果実にも微弱な電流が流れている。
非電化された野イチゴは存在しない。

きり

何を期待しても何も変わらないから
何もしない人はいないが
それでも何も起こらない時に
テレビを見てはいけない。
何も否定できないように
きりのない明日が慰めてくれるから。
きりとは最後のものである。
(そして、元素の最後はウラニウムである)

計画的人格

人間の一生を偶然に見せかけて
台無しにするのは、放射性物質ではない。
人間でもない。
法律的な人格をもったグランチだ。
彼らの行為は
停電や恐慌
そして、戦争や飢餓でさえ計画的である。
つまり、合法的に
つねに強欲に。

分散

地震が多くなったのではない。
バイオスフィアは
長期的に大陸を移動させて
人類を分散させているのだ。
都市の構造が
バイオスフィアの進化に
適応していなかっただけだ。

放射線医療

日本には
他国に比べてCT装置の設置台数が多く
高額な装置ゆえに
検査が過剰に行われ
CT検査による被曝が日常化しているが
本当の放射線医療は
戦争の防御テクノロジーとして
ほとんど公開されていない。