月別アーカイブ: 2011年9月

被曝者へ

原爆症とは
原子爆弾による被災によって生じた
健康障害の総称である。
3月の原子炉爆発によって生じた
健康障害の名前はまだない。
原子爆弾被爆者への
援護に関する法律(平成6年法律第117号)ができたのは
原爆投下後から半世紀後のことだった。
しかし、この法律が成立したのは
あきらかに
損害賠償の該当者がほとんど亡くなってからだ。
人為的かつ歴史的な
この大規模の被曝には
まず病名が必要だ、                
医療詐欺師に命名される前に。

企て

資本主義もひどく内部被爆している。
半減期のα線によって
資本主義は
権力から分離しはじめている。
このままでは企画倒れだ。
残るのは時代遅れの官僚政治だ。

ニュートリノ

ニュートリノに
質量があることは
物理学者以外にもいち早く知られた。
しかし、
あらゆる知識のなかで
被曝に関する知識が一番遅れている。
ニュートリノも被曝に関する情報も
つねに自分たちが支払った税金で
運用されているにもかかわらず。

主観的現実

自分から見た外部は
同時的でかつ非同時的に
互いに重ならない。

福島からより遠ざかる観察者ほど
放射性が増大する。

無政府状態はこの主観性をより拡大させ
東電はそれを利用する。

自分を含む現実を変化させる方法こそが
客観的である。

さもなくば
客観的現実は
主観的現実に奪われたままだ。
bf9f69cc-thumb-500x247-8
作者不明

自由への方法

彼らがもっとも怖れていることは
集団賠償請求ではなく
広範囲な放射性の除染でもなく
放射性から
遠ざかる自由だ。
そして
それ以上に
真実を求めることを妨害する
邪悪なすべてのイデオロギーの分析と
その排除方法だ。
社会を方向づけるのは、
つねに自由への希求と
それを具現化する方法の革命である。

(続)貧しさ

この見えない戦争こそ
多数の市民が騙されなければ
できないことだ。
そもそも戦争だと思っていない
貧しさがそのはじまりだ。

貧しさ

前世紀の終わり頃から
誰もが貧しいと感じていなかったから
互いに世間一般の考えに従っていた。
ところがいま国家が詐欺師と分かったので
そうとう貧しいところにいる。
世間一般の考えが
その詐欺師がこしらえた空想話だったとしたら
一番危険な貧しさの中にいるだろう。

観念

イデオロギーは
思想・行動や生活の在り方を
根本的に制約している観念である。
やがて無数の被曝者たちは
この観念を最初に破棄するだろう。
すり替えられた過去と
騙された未来だけが
残ったとしても
想像力までは被曝しないだろうと
思っているのは
イデオロギーではないからだ。

(続)放射線障害

人々はすでに無気力だ。
そして国家の不誠実を隠すために
非暴力が民主主義だと信じ込まされている。
しかし、これまでの法律家資本主義は
紛れもなく
より暴力的になることで成功してきた。
多数の被曝難民を
半径80キロ以内の
猛毒性のプルトニウムによる深刻な汚染地帯に
意図的に閉じ込めた行為は
もっとも残忍な暴力である。
そこでは
生存者への被曝医療行為さえ放棄されている。

放射線障害

母から原爆の日に何度か聞かされた
証言からも言えることは、
急性の放射線障害の外傷を伴わない
無気力と脱力感、疲労感は
被曝による組織の損傷から生じる
明らかな初期症状である。
短期間に進行する
放射線障害の医学的知識は
核分裂の物理学よりも知られていない。

代理人

報道統制に屈服したメディアを
批判するメディアもほとんどいなくなった。
日本の情報統制がこの半年間で
より激しくなったのはなぜか。
日本国は民主主義を捨てて
核戦争に突入したと考えるべきだ。
すでに
多数の子どもが犠牲になりはじめている。
それでも
エネルギーを独占する権力者たちは
エネルギー源と電力ネットワークを確保するだろう。
この戦争でも
政治家が市民の代理人ではなく
独裁者の代理人でしかないからだ。
拡散したプルトニウムではなく
この代理人たちに権限を委譲することで
子どもの命はより奪われるだろう。

吸引テロ

生存をかけた長い闘いがはじまった。
国家が被曝の拡散を合法化した以上の
残忍な見えないテロは存在しない。
お金への愛以外に動機がない
人間とその裕福な子孫たちもまた
長期的にプルトニウムの放射壊変物の飛沫を
吸引し続けるだろう。
バイオスフィアの循環する
国境のない大気によって。

除染産業

地下水脈に達するほど
メルトダウンした原子炉があれば
放射性を合法的により拡大する
除染産業はいまや
お金を生む永久機関に等しい。
官僚とそのしっぽの政治家に任せると
ほぼ永久に
被曝するばかりである。
この永久機関を維持するために
税金を支払ってはいけない。

客観的行為

東電が工程表を無視している事実と
すべての生命の環境を危険にさらす
汚染がれき処理法案を
成立させた政治システムが存在する事実から
市民は電気料金と税金を支払う義務はない。
そして
それらを報道しないし
批判しないNHKと契約する義務はない。
これらは個人ができる客観的行為だ。

客観的

被曝したら
楽観主義者は
政府の検出データを見るが
悲観主義者は半減期をみる。
しかし、
結果が同じなら
主観的である。
客観的とは
それらの結果を
より少なくする行為である。

(続)エネルギー奴隷

過剰なエネルギー奴隷は
電力ネットワークに従属する。
線も柱も管も、そして軌道のほとんどは
グランチが所有している。
21世紀は
無線、無柱、無管、無軌道
以外からの自律は期待できない。

エネルギー奴隷

過剰な電力エネルギー設備は
不足する恐怖感を前提に投資されてきた。
学生の時は成績に
就職後は銀行の預金高に
影響を受けるグランチの奴隷が
大多数を占めなければ、
過剰な電力エネルギーは
金に対する愛が
呼び覚ます
放射性に対する無関心から
けっして生産されなかっただろう。

無安全状態

いまこの無政府状態で
教えられることは教育ではない。
まず
何を食べるかである。
次に
どこに住むかである。
そして
それらの安全への自由が政府によって
意図的に妨害されている
史上初の無安全状態にいる。
つまり
政治システムと闘わなくては
生き残れないだろう。

宅急便

飛散した放射性廃棄物は
まず物質の表面に付着する。
毎日平均4回程度来る
関東からの宅急便の段ボール
(例えば、アマゾンのロジスティックスを誇る巨大倉庫は千葉県にある)
などの包装資材の表面には
「1年0.01ミリの被曝を下回っています」とは表記されていない。
そもそもこうした一般的な包装資材が
どこで生産されているかを表記する関する法律は
日本にはない。

非・現実

復興によって
放射性物質から逃れることは
難しい。
どちらも
誤りと無知を利用しているから。
現実は
すべての核爆発の前から
奪われたままだ。
現実を生きるためには
事実を知るという
メタフィジックスが必要だ。

農夫と教師

ほんとうに絶望していれば
農夫は畑に種をまかない。
科学的に測定しても
教師は子どもに授業している。
無政府状態が来たのではなく
農夫も教師も
最初からいなかっただけだ。
農夫と教師がいない国家に
復興はない。

定義

緊急事態の終焉は
死である。
生き延びるための
緊急事態とは
つねに前例のない現実を
定義することである。
未来は定義から生まれる。