月別アーカイブ: 2012年1月

退化

ペンギンは鳥類である。
南極のペンギンが空中を飛べなくなったのは、
氷の大陸に敵がいなかったからではない。
彼らは翼を羽根(feather )のない
ひれ状のフリッパーに退化させて
餌を求めて海中を飛行しているのだ。
彼らの水中速度が容易に最大36km/hに達するのは
海は陸より敵が多いからだ。
陸では長すぎる不格好なフリッパーは
流体との相互作用によって
効率よく揚力を得ると同時に方向舵にするための
抜け落ちる羽根がない翼に退化した
形態デザインだったのだ。
そして、
彼らは食物連鎖の頂点に立つシャチよりも
機敏に動くフリッパーを与えられた。
ーー人間は環境の変化に機敏に適応するために
どの器官を退化させたのだろうか。
soratobu-1-thumb-500x333-11

自然選択

正しい理由から
正しいことが選択できた議会制民主主義は存在しない。
間違った理由から正しいことが選択されるのは
一種の自然選択である。
それこそが
自惚れた人間の知性では解決できない場合の
最良な選択方法。

言語

希望のない恐れから
若者の愚痴さえひからびてしまった。
最初に見えない兵器で破壊されたのは
細胞ではなく
われわれの言語だった。
富の合法的な略奪だけではなく
生存の目的を奪うために。

タイムラグ

すべての動的平衡にはタイムラグが存在する。
食事によって摂取される放射性セシウムの量と、
体内の放射性セシウムの量との間には平衡状態が見られる。
摂取された7%が最初の一週間で、10%が2週間で
そして、ついに43%が母乳中に分泌される
動的平衡状態が形成される。
放射性セシウムは
生命に対して致命的なタイムラグを形成する。

委任

人々が過去の間違いを考えたがらないのは
あっという間に
新しい間違いがやってくるからだ。
指導者に明日の解決方法を委任するかぎり
本当の現実はやってこない。

元素存在度

「(放射能のことを)勉強しないと死ぬぞ」
という命令から生じる恐怖感は
こどもの学習の動機にはならない。
命令から生じるのはトラウマと劣等感だけだ。
ウラニウムの放射エネルギーを学習するためには
全宇宙の理解から始めなければない。
われわれを構成する元素存在度が
銀河系の元素存在度とは変わらないという
生命の神秘に導かれて。

インテグリティ(=integrity)

インテグリティ(=integrity)は
統合という意味だけど、
誠実という意味がある。
さらに完全無欠という意味もある。
レイマンだけがインテグリティに接近できる。
テンセグリティ(tensegrity)とは
そのインテグリティの無限性に成功した構造とパターンだ。
☆参照
テンセグリティ・プリセッション
テンセグリティ vs 球状放射エネルギー
“http://synergetics.jp/tensegrityblog/2012/01/24/alamo-gordo/”:http://synergetics.jp/tensegrityblog/2012/01/24/alamo-gordo/

続)軍産複合体

その結果、
国家予算の4500億円が毎年日本の<原子力・ムラ>に当てられている。
この現金と超専門分化的思考方法とを引き換える権力システムに
理系の若者と学者たちは無意識的に安心感を覚える。
権力構造を支えるための
放射エネルギーとエントロピーをより増大させる
非科学的システムに。

軍産複合体(=Military-industrial complex)

第二次世界大戦以後、
アイゼンハワーによる〈軍産複合体〉が開発してきた、
現金と引き替えに全宇宙から真の富を奪うためのシステムには
「原子力発電システム」と「金融クレジット・システム」の2つが含まれていた。
不可視の技術的ノウハウの、
膨大な目録を利用するグランチにとって、
地球上のすべての富の合法的な収奪以外に
彼らの目的は存在しない。
こうしたグランチの態度に憧れる、
将来性のあるほぼすべての理系の大学生は
まぎれもなく就活に勤しんでいる。
つまり、この彼らによる進路選択自体が、
理系の科学主義が上述のグランチによる利己主義を採用し、
増殖してきたにすぎないということを証明している。

人間の「樹を見て森を見ない」習慣は
森を見て樹を植えても
森にはならなかった経験から生まれた。

仕事

価値のある人間が少ないのは、
価値のある仕事で
成功する人間が少ないからではない。 
ひたすら成功する人間を
目指しているからだ。

探査

真実が多数派に支持されることはない。
かといって、
真実が少数派から生まれるとは限らない。
真実は
つねに変化する宇宙のプロセスに
調和するための探査方法にある。

想像力

知識は読書に比例しないが、
想像力はその知識にも比例しない。
経験にさえも比例しない。
想像力が
読書よりも
知識よりも
経験よりも大切なのは
素心と同じように
学ぶ以前に与えられたものだから。

経済

21世紀の経済原理も、
富より大きな損失を無知な人
または自分がいない未来にまわすことだから
日本経済に想像力は不要だ。

方法

新しいアイディアは
古いアイディアから逃れたときにやってくる。
つまり、逃れるためのアイデアが最初に必要だ。

続)絆

その絆(きずな)は、
人を動かし、物事を処理するための
手綱(たづな)にすり替えられやすい。
実際、子どもたちを被曝させている国家が
最初に絆を求めている。
手綱の語源は靮(たづな=馬具)である。

<絆>とは語源的には
犬や馬などの動物を繋ぎ止めておく綱のことだ。
放射性物質の渦巻く圏内に
無数の人間たちを動物のように
繋ぎ止めるための道具だ。
そのすべての<絆>を断ち切らなければ
被曝するばかりだ。

日本版グランチの構造

セシウムにはグランチの階層構造(ヒエラルキー)を
明確にする構造解析機能がある。
東京電力→文部科学省→マスコミという権力の流れで
情報は確実に制御されている。
このヒエラルキーの構築こそ
原子力発電の主目的だったのである。
(文部科学省は1月3日から4日にかけて、放射能定時降下物のデータの中のセシウム134、137が急増し再び降下しはじめたことを発表したが、同時に東京電力が「異常なし」と発言したため、マスコミは放射能定時降下物のデータをいっさい発表しなかった。さらに文部科学省は1月7日からこの劇的に変化したデータを公開しないようにした。マスコミは当然発表しない。)

生得的

言語を習得する前の
すべての赤ん坊の鳴き声が
とりわけ平原や森の中では
3キロ先でもはっきり届くのは
横隔膜に支えられた
完璧な呼吸と発声のテクニックを
生得的に備えて生まれるからだ。
守護と引き換えに
社会は6000年前頃から
あらゆる生得的デザインを
抑圧してきた。
現代では生存するための
エネルギー・食料・住宅(=ローン)と引き換えに
1億2000万人の自律的思考を抑圧できる。

弱者

大多数の弱者が取るに足らないと思っている強者は
弱者がけっして許すとは思っていない。
心の中に暴力性があるのなら、
無気力はけっして言葉には転換されないだろう。

時間

何事かをなそうとすると
時間は早くすぎていく。
時間をより長くする方法は
退屈することである。

2つの現実

空想できる出来事はやがて実現される現実である。
しかし、原理は空想から発見されたことはない。
無数の原理群はもう一つの現実に属している。
その現実に遭遇するための方法は
メタフィジックスにある。

銀河新年

希望を奪われても
畑に種をまいている人々は
絆を求め、
希望がなければ
畑に種をまかなかった人は
連帯しはじめる。
絆は目的語を持たない名詞にすぎない。
銀河は絆ではなく
動詞に満ちている。