月別アーカイブ: 2012年3月

仮定法過去完了

瓦礫と一緒に放射性物質を焼却したら
ウラニウムやプルトニウムを回収できるなら
東電は直ちに瓦礫と土壌を一カ所に集めていただろう。

幸せな孤立

不確実で安易なものを求めた結果
確実な土や空や空気を数世紀分も失ったが
群れずに自然につながることができるのが
真のテクノロジーである。
この幸せな孤立を許さないテクノロジーは
まだ不完全だ。