月別アーカイブ: 2012年4月

準備と防止

1つの原発でさえ、地震対策と津波対策を同時にしながら発電することは
技術的に経済的にできないということが分かるまで半世紀かかったが
そのためには3つの原発が爆発しなければならなかった。
政治家にも科学者にも「準備と防止」を委託してはいけない。
だれも「準備と防止」を同時にはできなかったから。

場所

「春のキノコや山菜食べるな」といった単なる言葉の反応が
セシウムなどにはまったく作用していない間に
食べるモノよりも
住める場所のほうがより早く少なくなっている。
食べるモノは輸入できても
住める場所は輸入できない。

節電エネルギー

発電するエネルギーのほとんどは棄てられている。
電気エネルギーを蓄積できないテクノロジーが独占されているかぎり。
天然ガスや石油・石炭、そしてウランから生産するエネルギーの節電は
使用するエネルギー量に対してであり
使用しなかった廃棄エネルギー量ではない。
電気エネルギーの節電方法は
近視眼的な政治的戦略以上に
空想に属する。

続)独創性(オリジナリティ)

何かに加工される前の原型が
オリジナリティの定義ならば、
原型のほとんどは原初(=original)に存在する。
例えば、製品の原型とは製品より先行する
プロトタイプ(母型または鋳型)のことである。
そして、産業社会の母型の形成には
言語というプロトタイプが先行する。
言語がなければどんな複製(=量産)も生まれない。

独創性(オリジナリティ)

独創性をひたすら求める時
もっとも独創性に乏しいアイデアは
独創性を求めようとする欲望を抱くことだ。
その欲望が独創性を生み出す動機にはならないのは
真の独創性ほどその欲望を打ち消す葛藤から生まれているからだ。

物質化されたシンメトリー

美とはそれがなくては
ある種の構造が自律できないような
シンメトリーのことである。
自然のシンメトリーを完全に物質化した構造は
テンセグリティと呼ばれている。
この構造の内部空間を
人間の居住スペースにする開発こそ
21世紀のデザインサイエンスの最重要課題である。

永遠の課題

永遠の課題を緊急時に、
緊急の課題を平時に考えるのは
それらは同時に考えられない特別な場合(special case)という
諸経験を伴うからにちがいない。

テオリア

理論(theory)の語源は
ギリシア語の[見ること](テオリア)である。
ほとんどの理論は見ることから作られている。
人間の視神経の太さが視神経内で6mm,頭蓋内で15mmの太さがあり
聴覚神経の約100倍もあることに関連するだろう。
言葉の習得は聞くことから形成されるが
聞くための情報量は視覚情報量ほど必要でない。

工夫

幸福でない人間はいろいろ工夫する。
たとえば、自分をごまかす工夫よりも
幸福でない方がいいと思っている人は
他人をごまかす工夫からでも
幸福になるほうがいいと感じる人を理解できる。

原子力安全委員会

1978年に原子力安全委員会が発足し、
1979年に原子力安全委員会の行う原子力施設に係る安全審査等を決定したが
1970年にはすでに敦賀発電所1号機が営業運転開始されていた。
開始から10年間の安全審査はまったく機能していないことが分かる。
最初の原発に対して歴史的に持つべき外部からの強い権限は
完全に剥奪されていたのである。

喪失

政府は安全な方法を審査することが難しいから
原子力安全委員会に審査する権限を委託したはずである。
しかし、その専門家から構成された原子力安全委員会は
審査方法を輸入しただけだったので
原子力安全委員会は福島第一原発事故後、
原発安全基準である原発安全設計審査指針の見直しについて
初めて言及している。
トリックがバレはじめたのはここからだ。
原発の安全設計審査指針の見直し案が示されないまま、
経済産業省が、検査で停止していた原発の再稼動を自治体に要請した事実から
原子力安全委員会は持つべき強い権限をすでに喪失していることになる。
この喪失は明らかに政府による「政治的判断」が引き起こしている。

電気エネルギー

電力会社は電気エネルギーをつくりだすが、
それはエネルギーを独占したいからである。
宇宙における電気エネルギーの目的や価値について
盲目だからできることだ。

続)現金製造装置

エコポイントなどの補助金システムは
大企業には失敗のない現金化システムであり
国家にはより略奪するための隠れた贈与システムである。

時間

何もすることがないときは
時間が人間を作り直している。
大人は暇をもて余すが
子どもは何もすることがない時間を
たくさん持っている。

現金製造装置

電気自動車を買って
補助金(=エコ減税)をもらう仕組みが
税金を高くしているように
エネルギー生産コストが最も高い原発を
津波対策を施して再稼働させると
税金はより高くなる。
電力会社にとって54基の原発は
つねに最大級の現金製造装置付き発電装置である。

振動

人間は地震という超低周波を怖れているが
バイオスフィアにとって
すべての振動エネルギーは地殻構造の動的均衡には不可欠である。

自己

新しい理想や信念を集めても
新しい人間は生まれない。
それらは自分以外の人間を滅ぼしてきただけだから。

判断

「政治家的判断」は政治家の自由であるが
政府による「政治的判断」は
議会制民主主義にはない概念である。

消費税

とは、消費者が消費する毎に
国家が消費者から借金することである。
返済義務のない借金こそ
人々の労働価値を奪っている。