月別アーカイブ: 2012年5月

ビッグデータ

ほとんどの知識は雲(=クラウド)にある時代になった。
異なる履歴から興味のある情報を即座に取り出すことができる。
外部のクラウドは
ビッグデータでより満たされていくが
満たされることは「知る」ことではない。
「知る」とは
興味のあることを
内部に取り入れるのではなく
生まれつき(ingenious)の才能によって
新しい何かを生じさせる行為である。

企て

より重要なことは
ほとんど意図的に作られている。
われわれをより自由にするための
問題を解決できないように。

瞑想

グルメがレシピを作らないように
音楽愛好家が作曲をしないように
芸術主義者が美を破壊しないように
観察主義者が観察法を否定しないように
科学主義者が原理を発見しないように
非現実は至る処にあるから
夢想家はけっして瞑想しない。

新型フィルター

放射性物質を除去できる家電のエアコンや掃除機は
まだ開発できない。
製品化できるまでは
人間の肺がフィルター機能を代行する。
地上すれすれに動き回る子どもの肺は
とくに高効率である。

複雑さ

テンセグリティは複雑な構造に見える。
テンセグリティをモデリングで再現しても
それは変わらない。
概念が単純に理解できた時に
局所的な複雑さが理解できる。

シナジェティクスの思考方

古いアイディアから逃れる方法は
シナジェティクスから学べない。
古いアイデアを壊す方法は
シナジェティクスにある。
しかし、それを目的にすると
シナジェティクスは遠ざかる。
シナジェティクスは
蓄積した知識をつねに破壊してきた。
そこには新しい思考はないから。

続)破壊について

金銭がもっとも重要と考えるようになるまで
とてつもない破壊が繰り返されたのである。
偶然に見せかけるテクノロジーによって
その金銭でさえ<デフォルト>が待ち受けている。

破壊について

テンセグリティに
より重要なことはけっして起こらない。
統合された全体から部分を取り出すことができないシステムを
破壊することはほとんど不可能だ。
原子核を破壊しても
他の複数の粒子に分裂するように
システムはつねに生き残る。

断片化

もっとも純粋な構造には
より重要な部分が存在しない。
観察者がより重要なことに依存している限り
<不連続の連続>を視覚化した
テンセグリティは理解できない。
(つまり原子核モデルを理解していないことになる。)
より重要な部分という概念こそが
世界の断片化をもたらしている。

ジレンマ

安価なガイガーカウンターの製造工程の
少なくとも一部が
ホットスポットにある場合のデフォルトを想定すると
測定とは
場所の異なるデフォルトを
比較することから始まる。

金冠日蝕

日蝕が始まると
森の鳥たちはざわめいていた。
葉の表面温度が6度下がった。
コンクリートは12度
鉄板は20度下がった。
しかし、もっとも急激に下がったのは
植物ではなく森全体の体温だった。
コンクリートや鉄にはない
タイムラグが存在するのは
樹にも森にも
太陽の放射エネルギーの変化に合わせて
温度を変えられるシステムが備わっているからだ。
地球の急激な寒冷化は4分間で十分だった。

純粋な周期性

軍産複合体が指導する法律家資本主義は
大多数が見事なまでの偽善を生むところの虚妄システムであって、
その偽善こそはすべての宇宙システム(=integrity)が
排除してきたものなのである。
さもなくば
金環日食などの宇宙の原理群がもたらす
純粋な周期的な法則が獲得されるはずもない。
紀元前6世紀頃の世界権力構造は
既に天文学的な周期性を発見しているにもかかわらず
21世紀の支配を企てる法律家資本主義は
生命を構成する<元素の存在度>が
<太陽系の元素の存在度>と一致している現実(リアリティ)に
まったく関与できていない。
そればかりか、より惑星地球を支配する欲望によって
法律なき法律家資本主義に堕落しているのである。
純粋な周期性は
つねに予測的で計画的な宇宙の秩序形成の現れである。
つまり、宇宙の不可視の秩序形成には
コングロマリットや軍産複合体のような
複雑で不可視の法人格を不要としている。

バイオレットの森から

4つの窓を開けて森の中をドライブする。
新緑になる直前の広葉樹の樹木の群れによって
周囲の森はバイオレットに輝いている。
素晴らしい風景に魅入ってしまう前に
デジカメではなくレーザーポイント機能付の放射温度計を取り出して
森の様々な表面を記録しはじめた。
驚くことに太陽エネルギーを受光する新緑のどんな葉の表面温度も一定だった。
新緑は移動した春風の軌跡かもしれない。
最後に爆発するバイオレットの頂上が
未だ雪に覆われているを見れば
その雪が溶ける頃
麓が初夏になっているのをやっと想像できる。
森は
同時に存在する異なる季節を
同時に経験できないように
一つに繋ぎ止めている。
数えられない緑の葉が
一つの風を生成するように。

節電エネルギー

21世紀の電力エネルギーは
現実(リアリティ)の変換にも使われている。
節電エネルギーは
虚妄に満ちたリアリティの維持に費やされる。
なんという無駄遣いだろうか。

リアリティの否定

あるがままに見ることは
他人の思考を排除するための
純粋な否定の状態をつくりだす。
ほとんど稀ではあるが
この状態が非同時的に他者と共有できるのは
見ることが
同時性という虚妄に満ちた現実(リアリティ)に対抗できる
唯一の想像力を生成するからにちがいない。
それゆえに
群れを形成しているリアリティの否定は
群れから離脱するよりもはるかに困難である。

未知(unknown)

思考する優れた方法には
目的と手段を融合させるための長い準備段階が含まれる。
例えば
バックミンスター・フラーが50年の歳月を費やして到達した
<クリティカル・パス方法>は
1950年代に開発されたジェネラル・ダイナミクスと
アメリカ海軍のクリティカル・パスとは異なっている。
彼の晩年の代表作である『クリティカル・パス』(1998 白揚社)は
最短経路ではなく
必要不可欠な試行錯誤を含んだ絶対時間を積算した
最長経路の思考方法である。
プロジェクト完了までにかかる最短時間を決定するためには
最長経路のデザインが最優先される。
それゆえに、クリティカル・パスは
未知の分野の探査に使用されてきた。

排他的生産性

何もしない時間を怖れている人は
何も生産しないように思える植物に
名前を与えなかった。
そればかりか
何もしない時でさえ
雑草を憎んでいる。
太陽とともに動く
名前のないすべての影を
排除するために。

記号化について

家、車、書物、知識といった所有物のなかで
移動可能で重さのないモノは
知識だけである。
しかし、精神をあらゆる条件反射から自由にするのは
知識ではないだろう。
知識にはそれ自体重さのない大きな支配力があるからだ。
ほとんどの知識は
意識的にしろ無意識的にしろ
古い社会に追従するように記号化されていると考えるべきだ。
それらの記号は絶えず再結合しながら
やがて個性や日常生活でさえその集大成となる。

反対称的

自然は、部分からはけっして全体のふるまいを予測できない
システムをデザインしてきたが
人類は、全体からは決して部分のふるまいを予測できない
疑似システムをデザインしてきた。
例えば、核兵器のように爆発した原子力発電システム。

非単純化

複雑なシステムの統合が
未だうまく制御できない段階にいるのではなく
原子炉を原子核ほど単純化できなかったテクノロジーに
自惚れていただけである。
なぜか?
部分は未だ全体との関係において存在しうるにすぎない。

秩序化

検索システムに
経験された事実を秩序化する機能は未だないが
経験するための動機を映し出す機能もない。
何かに興味があるとき、
それを即座にやってのける以外に
秩序は形成されないだろう。

行動原理

敗北することが分かっているから
戦わない奴隷のための行動原理(Law of motion)は
勝つことが分かってから
戦う議会制民主主義によって作られた。

地球温暖化

事実にこだわる科学者を信じてはいけない。
二酸化炭素を金銭と交換するシステムに
意志を託してはいけない。
真実は事実を統合したものではないから。
         (引用は嫌いだが2009年8月2日の私のブログから最初の引用)

見えない外部

外部から与えられた食糧とエネルギーが
常に不安と恐怖をコントロールできるように
外部から与えられた秩序こそ
意図的に混乱を引き起こしやすくできる。
たとえば
軍事目的から要請された
低量被曝による人体実験を隠蔽するために
考案されたボランティアによる除染活動。

知識

「こうあるべきだ」という規範の生成に
知識が使われるかぎり
知識は常に過去のものである。
知識が自己を映し出すための
鏡のような役割を持つことは稀である。

原子力ムラ

危険だけをもらって金(銭)をもらう貧乏な日本人と
電気だけもらって金を払う金持ちの日本人とを
互いに分断する方法を考案したのは
科学情報と引き換えにより高額な研究費をもらう
貧しい科学者ではない。
原子力ムラの支配の方法を
ほとんど誰も知らない。