月別アーカイブ: 2012年8月

WEBデザイナー

私のスタジオの天井から吊してある
つねに風の流れに沿って
ゆっくり回転している
アルミ合金製の球状テンセグリティに
蜘蛛はしばしば巣を張る。
これほど安定したWEBはないだろう。
彼らは、WEBつまり
ハイパーリンクによる情報網の物理的デザインに関して
圧倒的な先駆者だ。
部分的な破損を全体的な破壊にまで連鎖させない
ネットワークデザインの。

昼寝

こんな暑い日の午後は
いつもの渓流の淵沿いで
長袖を着て焚火しながら
お湯をゆっくり沸かして
蚊帳付きのハンモックで
お茶を冷ましながら飲むのがいい。
ここには確実に10度も低い秋風が集まっている。
昼寝から覚めたら
ーーーーーーきっと雷雨が来る夕暮れ時だろう。

独創性

独創性を獲得する秘法は
独創性のなかった人しか知らない。
その秘法を実践できる現実に
遭遇する神秘に無関心だったから。

無への過程

デザインが
doing more with less
の物質的極限という非物質化を試行し
瞑想によって
doing everything with nothing
という<無為自然>に至ったとしても
doing nothing with nothing
という<無への過程>が
けっして経験できないのは
死という自然のデザインと考えるべきだろう。

富について

統一(unify)ではなく
統合(integrate)のために使われる富(=時間とエネルギー)は
つねに僅かである。
富のほとんどは
<物>と<事>への
分裂と分析に使われている。

階層構造

原理から特許が生まれやすいが
発明から原理は生まれない。
発明は原理を応用する側だと考えられているのは
この二者間に階層構造があるからだ。
事実、原理の発見者は
発明家よりもはるかに少数である。
しかし、優れた発明家はしばしば原理の発見者でもある。

雑草冷却方法

午後の外気温が34度になる時
庭先の雑草の葉の表面温度は31度であるが
雑草を刈って枯れた葉の表面温度は43度に上昇する。
この温度はむき出しの地表の表面温度に等しい。
ちなみに、雑草に打ち水をすると
雑草の葉の表面温度は25度にまで低下するが
枯れた葉は生きた葉の表面温度には戻らない。
家の周りの雑草を適度に維持することは
もっとも経済的な科学的な省エネ方法である。

分割と分裂

勝者による世界分割(=グローバリズム)には
核分裂(nuclear fission)が使用されてきた。
勝者による世界分割と
弱者による自己分裂は
恐ろしいほどに同時進行する。
こうして、外部と内部の分割と分裂のために
消費されるエネルギーと物質という宇宙の富は
人類が作り出す富の過半数に達している。

学ぶことについて

具体性を実際に学ぶことは
行動にもとづいた気づきによって
蓄積され先行した知識を破壊するための
しばしば孤立した峻烈な行為である。
学ぶ方法は模倣的学習からは学べない。
さもなくばどんな新しいものも除外されるに違いない。

より繊細でより軽く

圧縮材の強度は
断面積と長さとの細長比に影響されるが
張力材の強度は
単位断面積あたりの張力材の表面積に影響される。
張力材の強度は、張力材を構成する炭素繊維または金属繊維が
細ければ細いほど強度は向上する。
この原理から
藁から縄が編まれる場合の強度の飛躍的増加が
縄の直径よりも
単位断面積あたりの藁の数で説明できるだろう。
実際、21世紀のより繊細で軽い存在は
ほとんど炭素から構成されるようになった。
人類が排出してきた炭素は
大気圏に十分保存されている。
地球を周回している見えない資源として。

安定について

政治家の保身行為が政治を破壊するように
社会のあらゆる静的で個人的な安定志向は
無秩序を拡大している。
われわれが自然の一部なら
やがて自然の秩序を形成するだろう。
テンセグリティのように
動的な均衡のみによって。

天気

天気をもっとも気にして生きている人は
漁師や農夫である。
メディアの天気予報を信じていないからだ。
天気は統計学的にしか正しくない以上
自分が住んでいる地域の
今日という未来にはほとんど有用ではない。

リセット戦争

政治に依存した道徳は不道徳に他ならず
彼らが不実な言語を押し通す結果、
社会は無秩序な行為を受容し始める。
政治家や企業家の支配欲が
われわれの生活やその基盤となる文化や社会を築きあげてきた。
しかし、支配のための競争と
そして極大化した矛盾のすべてをリセットするための戦争を
受け入れる正義を
あらゆる瞬間に複製する平時の文化を築きあげるのは
彼らではない。
われわれの言語である。
そして
不安や怖れ
それらを打ち消すための欲望を引きずりながら
工場やオフィス、ホテルやアパートの寝室で
突如として死を向かい入れるのである。
唯一言語化できない死を。

統合力の在り方

統合力は圧縮力にではなく
張力の側に存在する。
その形成には、圧縮材を相互に直接結合しない前提条件が
理解されなければならない。
互いに純粋に分離させることで
連続した張力によって統合する方法が
「分割して統治」する法律家資本主義の方法の対極にあるのは
統治するシステム自体をテンセグリティから
けっして取り出すことができないからだ。
中枢機能(=大黒柱)がなくては存在し得ないシステムを完全に排除する
史上初の構造の発見によって
構造の認識とその定義は
どんな権力機構も意図的に回避している。
許認可システムによって
記号と言語を再生産する建築家によってさえも。

鋳型について

真のリアリティは構造が生成する。
空間構造こそ人間の精神を表すばかりか
その鋳型にもなり得る。
あらゆる宗教のモスク建築に
かなりの富が費やされてきた。
モスクとは柱のない広大な礼拝堂空間であるが
幾何学的な球状空間を作り出す固体的な建築技術によって
はじめて可能になった。
だからこそ、
その直径には限界があった。

自律可能な展開

最初にテンセグリティ原理の応用を
他の天体に求めたのは1960年代のNASAである。
より軽量でより少ないエネルギーで
構造が瞬時に自律可能であったからである。
1986年、バックミンスター・フラー研究所のクロノファイルから
そのプロジェクト資料を閲覧したときの衝撃こそ
やがて21世紀のデザインサイエンスのメインストリームを形成するに違いない。

<観る>について

1番目の目は
2つの眼球から
視覚的情報がインプットされる。
2番目の目は
五感から生じる包括的な直感から
視覚的情報が統合される。
3番目の目によって
人間は知識ではなく経験を統合した
直観から獲得される
非視覚的な原型を初めて観ることができる。
原型は人間の内部にもあるからにちがいない。

沈黙のために——-8月6日を終えて

沈黙に耐えられないのは
ざわめきに満ちている
未来の自分に出会うからだ。
あるいは
記憶で塗り固めた過去の幻影からの
逃避に過ぎないからだ。
沈黙は過去からのどんな連続性も与えず、
どんな陰も投影しない。
そして
未来からどんな光も反射しない。
静寂すぎる森に充満している
光と影以上の
太陽系の沈黙に出会うことはないだろう。

極地

夕日が水平線に隠れるまでの
もっとも長い夕暮れと
水平線から太陽が輝きはじめる
もっとも長い朝がやってくる同じ場所は存在する。
なぜかだれも暮らせなかった
その場所こそ極地だ。

エネルギー宗教

「原子力はもっともクリーンで無尽蔵なエネルギーである。」
このことに半世紀間、毎年、ほぼ5000億円の維持費を費やしてきた。
 
自己の目的を実現するために
彼らは計算づくで人を欺く。
他人に取り入るために
正義を装うことに使われてきた富は
産業を支えたのではなく
新たな巨大宗教を形成している。
核によって支配されながら
成功を追い求める奴隷たちのための。
その宗教では
テクノロジーを不誠実さを拡大する道具として教育している。

黒い雨

本当の被爆とは
被爆者に被爆の知識がなかった半世紀間だ。
爆心地から半径5キロ以内の
インフラが破壊された市街地で
多くの市民は井戸水で暮らしていた。

原発技術者

原発の安全性は原発技術者以外にはわからない。
だからこそ
政治家は核の専門家たちに安全性に関するすべての権限を
譲渡したのである。
ただし、
核兵器を開発する軍産複合体(Military-industrial complex)によって
原発技術者を完全に組織した後に
この軍産複合体に譲渡されたのである。
実際、原発技術者にはどんな権限もない。

最終実験

生物学によれば
人類の出現は自然選択(natural selection)の結果である。
人類が自然エネルギーか、ウランを含む地下資源に依存するかの選択は
権力者たちは今のところ主に経済的な諸条件を優先するための
人為選択(artificial selection)に
属しているかのように振る舞っている。
しかし、
生存を賭けたすべての選択は
本質的に自然選択(natural selection)に属する。
なぜなら
人類という哺乳類による
エネルギーの在り方に関するすべての意識的かつ無意識的選択は
太陽系に適応できるかどうか
つまり、惑星地球に降り立った人類の存在理由に関して
最終実験の段階に突入しているからである。

長くなる夜

満月の夜
裏庭の樹に吊した
ハンモックで眠るほど
美しい長い夜はない。
森に続いた渓谷から
朝靄がにじり寄るまで
乾いた青い夜空に
浮かんでいよう。

有用性について

シナジェティクスは
有用性からの逃避ではない。
孤立的で閉鎖的な活動ではなく
完全に今日を生きるときにこそ
理解への厳しい冒険が生まれる。
世界とそのあり方を理解することは
有用性の極限に違いない。

現実について

皮肉にも電子的なテクノロジーによって
同時的な「全世界」は
つねに致命的に遅延した現実を扱っている。
ほとんどのメディアは
現実に起こっていることを
時間の外に追放する放射エネルギーによって
その遅延を意図的に引き起している。
知ることは
あるがままの現実を
時間に包含させる重力エネルギーだ。

最初の「全世界」

同時的な「全世界」を
共有するための
最初の聖火リレー付きの多国籍オリンピックゲームは
ヒットラーが考案した。
さらに当時はまだ実験段階であった
テレビ同時中継を準備していた。
当時はメディアによる同時性こそが
「全世界」支配のための<見えない武器>であった。