月別アーカイブ: 2012年9月

主観的除染

すべてはできるだけ淡水を利用して海へ流す。
陸よりも3倍広い海へ。
そして、水で流れないものは大地に埋める。
すべての除染行為は主観的である。
半減期以上に客観的な除染はできなかった。
より少なく見せるためのコストは膨大だ。
<doing less with more>は
核兵器よりも破壊的方法である。

受動的抵抗について

受動的なすべての抵抗は
人間のための生命維持装置システム(shelter+energy+food)の
生産を拡大しなかった。
より受動的な生活を拡大するためのシステムが
これまでになく積極的に開発されている。

風は粘性の強い見えない流体である。
山脈の頂上や尾根付近の稜線を覆う
背の低い高山植物群は
その流れの方向と強さを記録している。
特に2千メートルを超える山岳地帯の頂上や尾根では
見えない流体はしばしば海辺のような美しい砂浜を形成する。
小さな小石は大きな岩石を砕いた結果としてよりも
より多くの砂や埃になる次なる過程を準備している。
極地の岩石や植物は
大地に静止しているように見えるが
相対的に航空機の翼と同じように
つねに空力学的な作用を受けているのである。

続)iphoneについて

適者生存(=survival of the fittest))のためのカスタマイズから
生存に有利なものが生き残りの道具に方向性を与えるのは
独創的なデザイナーよりもユーザなのである。
それは自然が自ら採用した生き残り方法、
つまり、自然選択(=natural selection)に
より接近している方法なのである。

iphoneについて

その<形態は機能に従う>ようにデザインされなかった
最初の工業製品である。
無数のアプリが言わば自然選択(=natural selection)できるシステム上に
置かれているという前例のない革命がまだ十分に言語化できていない間に
ついに、それまでの押しつけがましい機能や
専門分化しすぎた無駄な機能を
ユーザが個別に排除できるようにデザインされていたのである。
インストール時のハードウエアとソフトだけの従来のカスタマイズ(=改造)は
すでに陳腐化されていることに気づくだろう。

有用性(Utility)について

包括性と抽象性との違いは
自然のデザインと人間のデザインの
違いとして現れる。
包括性は無駄な機能を衰えさせた結果、
たとえば無限のバージョンアップなどからは
けっして獲得できない。
より単純な有用性は包括性に接近する。
あるいは
真の有用性は原理に従う。
(Actual Utility follows Principle. yk)

続)モジュールについて

モジュールは人工物だけではない。
自然はエネルギーを
量子というモジュールによって
パッケージしている。
その量子間が整数比で表されるまでに
システムを単純化したのである。
シナジェティクスは
そのモジュール理論に視覚化という革命をもたらしてきた。

人工物(artifact)

傘が環境制御可能な最初のモバイル用の人工物であったように
シェルター(住居)は大気圏内における最後のモバイル可能な傘である。
大気圏外ではすでにこの人工物は
半世紀間、十分にテストされてきた。
土地資本主義に保護され続けてきた建築家は
いまやもっとも出遅れた宇宙技術開発者である。

モジュールについて

モジュールは
分断化からは生まれない。
断片化された超専門分化からも生まれない。
原子は再生的でもっとも統合された
最古のモジュールである。
再生的にデザインされ生産性の高い人工物は
モジュールから構成されている。
その場合、各機能を再現できるモジュールの内部は
ブラックボックスでもかまわない。
かつて原子核構造が人類にブラックボックスであったように。

続)生産性

なぜなら
ある人間には過労を
その他の人間には貧困か飢餓を
そうできない場合には
いじめを与える方法または
いじめを放置する方法を考える人間が
確実に増加しているからだ。
彼らはそれらを計画的に合法的な仕事にしている。
彼らのすべての仕事から
<効果的な生産性>は除外されたままだ。

生産性

効率を伴った生産性(productivity)という概念は
第2次世界大戦後に生まれている。
効果的に生産性を向上させる具体的な方法が
資本力に比例した設備投資から
ほとんど生まれてこなかったように
21世紀の人類の平均的な生産性は
機械が発明され採用され始めた時代の
平均よりも低下している可能性がある。

目的

飛ばない飛行機はもっとも安全であるが
飛行機が作られた目的に反しているように
人間がこの宇宙の目的のために出現していたのなら
行動しない人間はもっとも反生物的である。

続)結び目

その結び目のすべてのパターンは
必要性が生みだした現実的な道具となったが
それらのパターン自体には重さがない。
ノット以上に原始的に単純で有用性の高いパターンは
存在しないだろう。
誰でも森の中で長期的な海を再現できるだろう。
今日もまだ暑い午後がやってくる。
森に浮かぶハンモックで実験できるだろう。

結び目

解きたいときにすぐに解けるノットは
海のロープワークには不可欠だ。
解けにくい結び目のパターンは
信頼性では優れているが
解きたいときにすぐに解ける結び目は
一時的な有用性を優先するが故に
長期的な安全性を犠牲にしがちだった。
ロープワークを学んできて
解きたいときにすぐに解けながら
もっとも信頼できるノットを探していたが
必要なパターンは過去の蓄積には存在していなかった。
そしてついに自ら発見によって解決しなければ
ある特殊な問題を超えられない現実が見えてきた。

タンク

英軍が最初に秘密裏に戦車を開発中に
タンク(=水槽)と偽称したために
その後も<戦車>の固有名詞になったが
そもそも分厚い鉄板で密閉された水槽を
陸に揚げてキャタピラーと大砲を装着した動く武器として
デザインされたことが未だに知られていないのは
明らかに偽称の影響である。
このような言語の問題は
数学にも科学にも無数に存在する。

続)概念の壁

同じ概念で問題を解決できない場合は
より重要な問題があるとは限らない。
観察方法や分析方法の変更ではなく
問題に異なった概念が存在するとしても
より重要な概念があるとは限らない。
それら概念を構築する言語のレベルに
問題がある場合は。

続)発明と発見

世界の発明件数は
やがて世界人口よりも多くなるが
まだ学校では教育していない。
発明のノウハウの教授は時間の問題だが
発見方法は現在の学校では教育不可能だと考えてよい。
概念の新しい破壊方法をマスターした人間は
学校には一日たりとも存在できないだろう。
そもそも自然界に潜む諸原理の発見の可能性は
人間の作り上げる記号システムや
社会的共同性の限界から生じているからである。

シナジェティクス投影法

既知なるものは、ことごとく過去にある。
想像力で描く未来でさえ
過去の投影である。
未知なるものは、未来ではなく
現在に囲まれている。
その内部から現在を見る行為こそ
シナジェティクスの思考の投影法である。

超越的教育

自分自身だけではなく
自分以外でもなく
つねに自分を超えた存在に気づくと
少なくとも頭は確実に良くなる。
次に体も良くなる。
この大気圏内での
もっとも安全でかつ
冒険的な宇宙体験に対して
無関心になるように教育していくのは
愛情豊かな両親である。

破壊の方法

問題を発見する人とそれを解決する人が
同じ人である必要はない。
しかし、問題を解決できる人もその問題を発見する人も
それまでの概念を破壊する試みから導かれるのである。
破壊の方法に関する包括的なメタフィジックスは
シナジェティクス以外にはほとんど存在しない。

理想

貧乏になった理由は
金持ちになった人にも理解できるが
金持ちになる秘訣は
貧乏しなかった人には実践できない。
平和に暮らす方法に対して
貧乏になった人にも
金持ちになった人にも想像できないほど
無関心に暮らすには
最初にお金が必要になるなら
この世はすでに理想的にできている。

秋雨

<ひと雨ごとに秋がやってくる>
はずだが、このまま雨がほとんど降らないなら
広葉樹が温度差で紅葉する余裕が失われ
秋らしさがほとんどないまま
いきなり冬が来ることもあるだろう。
今頃よく見かけるカマキリの産卵場所や蜂の巣の位置から
雪に埋もれない高さの予知能力を
彼らに期待するのは誤りである。
森の倒木から得られる薪を
どんなに燃しても二酸化炭素の増加にはならないが
いまからかなりの薪を準備しなくてはならない。
秋までの薪の備蓄量でその住人の気象予測能力が分かる。

カボチャ

夕暮れの畑のそばで焚火がしたくなるのは
陰干しで長く乾燥させたカボチャを
そろそろ丸焼きできる季節がやってきたからだ。
夏が暑く雨が少ないと
どんなカボチャも栗カボチャのように
甘くておいしくなる。
しかし、
この極上のカボチャをどんなに貯蔵しても年末までで
本当に寒い冬は越せない。
低温で彼らは腐敗していくのだ。
春が来る前に種子を大地に拡散するために。

気象予報

低気圧と高気圧
そして偏西風で
天気を予測する学習は
退屈すぎるだけでなく
非現実的だ。
ダイナミックな気象の変動は
つねに太陽がもたらしている。
X線とガンマ線による被曝や
電力網が停止する可能性がある
太陽のフレア時の予報がないのは
人類の気象学ではないだろう。
これまでの天気予報は
激しい<宇宙気象>の部分でしかない。

概念の沈黙

未知な自然の原理の一つを発見するには
ただひとり社会的行動様式の枠をつねに超越する実験に
何度も挑戦しなければならない。
その挑戦のほとんどは
昨日までの失敗を支えた諸概念を
いかに沈黙させるかである。

続2)アップル敗訴

しかし、アップルが敗訴したのは
日本の資本主義に対してだけである。
日本の資本主義の隠れた指導者であり、
同時に閉鎖的社会を維持する特殊な官僚システムは、
特殊な記号言語のテクノロジーを形成してきた。
何も発明しないでも
ビジネスを維持できるテクノロジーを独占するために。

続)アップル敗訴

日本の航空機産業や原子力産業、
そして電子産業などにおいては
設計者に科学指導者としての権限ががない。
たとえば、国産のスマートフォンにおいては
ビジネスをより独占する戦略についての経営指導部は存在するが、
その設計に関して、一人の設計者が同時に計画立案者であり
指導者であるようなシステムをけっして採用しない。
権力と責任が、言い換えるならば最高決定権が
すべてその設計者になければならないという概念は
そもそも存在しないのである。
科学技術者は経済システムへの適者生存者以上ではないのである。

アップル敗訴

アップルが提訴した特許侵害の裁判は
カリフォルニアとソウルでは勝訴したはずだが
日本では敗訴した。
日本の法律言語システムが
まだ世界と統一されていない可能性が高いだけではなく
日本権力構造が支配する不平等性がある。
放射性に関する日本版の法律記号言語システムでさえ
国内で統一できなかったのだから。
iphoneやipadの記号言語は
日本の法律言語システムよりも少なくとも半世紀は先行する
テクノロジーに属する。