月別アーカイブ: 2013年3月

バラック考

バラックは日本語ではなかったが
第2次世界大戦後
この言葉を日常的に使って暮らさなければならなかった。
バラック(Barracks)とは
<一時的なシェルター>を意味する兵隊のための細長い宿舎である。
細長い横木=Barがその語源である。
テンセグリティは
垂直な圧縮材も水平な圧縮材も存在しない
最初の放射状のバラックである。
バックミンスター・フラーが
正20面体の対称性のあるテンセグリティを発見したのは
1951年である。

逃亡的知性

知識の大半は
危機から逃亡する言い分けのために用意される。
そこから逃れた僅かな知識が知性ではない。
知性は予測的な能力にある。

放射について

学習の99%は
才能や能力によって与えられる光がなくとも
他人から借りた知識という光に依存する行為である。
自らの内部にはどんな光源もないことを前提にした自己教育は
その学習方法を競争させる以外の目的を排除するだろう。
その記憶された知識の正確さと量を競うのは
放射する無意味性そのものだ。
無意味性という被爆は
未来に続く昨日の思考の沈黙の拡大である。
学習すればするほど
社会道徳とその諸価値を全的に否定することがより困難になれば
そのような依存の終わりに
死という最大の放射が訪れる。

複製技術

インフルエンザウィルスの直径は80-120nm
プロセッサの配線の太さの最小は32nm
しかし、ウィルスの核酸RNAはもっとも細い。
そのDNAは直径2nm(nm=100万分の1mm)
自然のテクノロジーは
まだ複製できていない。
プロセッサの配線は
RNAのように螺旋ではなく、まだ直線だからだろう。
☆<自然は最短距離に直線を使わない> 梶川泰司 

inful-thumb-500x199-27

自由について

間違いを認めない権力が含まれていないのであれば、
権力は持つに値しない。
これは外部の出来事であった。
自由への願望よりも
<自由からの逃走>によって
権力構造はより強化される。
自由を抑圧すればするほど他人への依存が高まる。
権力はいまや内部化している。

クレジット(credit)

小さなグループは
無数のより小さな政府をコントロールし、
小さな政府は国営事業の民営化・私企業化(privatization)や
規制の撤廃、国有資産の売却などを行ってきた。
原子力発電事業も完全に私企業化されている。
それらは
クレジットシステムをより一点に集中するためである。
クレジット(credit)は
かつては「真実性を信じる」言葉であった。
21世紀の生存に対する不安や恐怖、
そして
放射性物質は
このクレジットシステムから
つねに放射されている。

唯一無二への幻想

自然は92の元素を修理することなく
無限にその機能を<掛け替え>ている。
自然は
元素が中古品にならないように
デザインした
最高のプロダクトデザイナーだ。
否、プロダクトデザイナーには
クライアントがいる。
自然のデザインには
クライアントが存在しないのが
グランチの最大の嫉妬の対象である。
それ故に
彼らは<掛け替えのない>
唯一無二の自然をでっち上げている。

捨てられるモノと機能について

いま日本中から使われなくなった
しかし、優れたボール盤や旋盤が
より増加している話を友人から聞いた。
捨てられるモノの機能は
ほとんどは壊れていない。
捨てるとは所有権の放棄であるが
機能の飛躍的な移動の始まりでもある。
修理するボール盤や旋盤の道具だけで
ガレージでも耐久性30年のシェルターが作れるが
そのシェルター自体は
まだ捨てるほど製造されていない。
無数の個人が自由により移動するためには
最初のシェルターの所有権が譲渡され
あるいは放棄されなければならない。
世界中の中古車が
新車よりも移動しているように。

テンセグリティ・ジオスコープ

過去と現在と未来はすべて一つの領域に
統合された閉じた皮膜テンセグリティ・シェルターは
ジオスコープ機能を備えている。
皮膜テンセグリティ・シェルター内部は
動的な天球儀に生まれ変わる。
テンセグリティ・シェルターの
ジオスコープとの融合は
他者たることへの
空間エンジニアリングにちがいない。
無柱、無管、無線、無軌道は
大気圏外における
全方向的な開放系の空間エンジニアリングであった。
真空と放射性による絶対的な隔絶ゆえに。

逃亡する生活

読みたい本よりも
より大きな蔵書ファイルを持ちたい。
聴きたい音楽よりも
より大きな音楽ファイルを持ちたい。
使うお金よりも
不足しないお金を貯金したい。
それらによって
生きたい人生よりは
より長い時間を生きたい。
こうして
使うエネルギーよりも
不足しないエネルギーを発電したい
社会が支持されてきた。
失うことの不安から
逃亡するテクノロジーよりも
より少ないエネルギーと物質で
野生の現実を生成するために
自然は無数の原理を用意している。
ーーーーー重さもなく不可視な究極の存在形式を。

<絆>実験

かつては木が死にはじめたら
地球の変化の始まりであったが
子どもを疎開させないで
ストロンチウムとの<絆>実験は
環境ではなく
宇宙への適応性の退化の始まりだった。
国家と私企業による
もっとも残忍な観察行為となった。

4つの放射的思考

原発事故後、反原発の可能性は4通りで議論された。
したいけど、できない。
できるけど、したくない。
これらは対称的(鏡像)思考から生まれる。
できないけど、したい。
したくないけど、できる。
後者は反対称的思考から生まれる。
つまり、5番目の
<どんな場合でも太陽系ではしない>
または
<どんな場合でもバンアレン帯の内部ではしない>
は含まれなかった。
統合された思考はつねに奪われている。

アプリオリ(a priori)なこと

知識の豊富な人は、サーバーには勝てない。
サーバーは、ノウハウ(know how)を作る人間には勝てない。
ノウハウが豊富は人は、原理を応用する人には勝てない。
原理を応用する人は、原理を発見する人には勝てない。
という時代がやっとはじまった。
原理を発見するノウハウは存在しない。
発見する人は、もっとも重要なノウホワイ(know why)=動機を
他人や書物から輸入しないからだ。
原理を発見する人々は
発見する前から
応用する前から
ノウハウを習得する前から
検索する前から
そして、勝敗の世界を刷り込まれる前から
<失敗する神秘>に気づいている。
つまり、宇宙の統合されたテクノロジーに。

続)クレジットシステム

恐慌のための「準備」とは預金準備であり
冷戦のための「準備」とは核軍備であった。
この2つはいまも世界を分断しづけている。
もっとも効果的に
クレジットシステムをより一点に集中している。

クレジットシステム

「アメリカでさえ1979年のスリーマイル原発事故以来、
新規の原発建設が30年間凍結されてきた」
という主観的事実が原発爆発後の日本を何も変えなかったのは
個人が日々使用するクレジットシステムが
最大の客観的事実になってからだ。
それはちょうど100年前に決められたシナリオどおりだった。
ウッドロー・ウィルソンアメリカ合衆国大統領(Woodrow Wilson)が
<連邦準備制度理事会(FRB)条例=連邦準備制度>に調印したのは
ちょうど1世紀前の1913年である。
その連邦準備法によってアメリカのお金を発行する権利が
国際銀行カルテルに引き渡されたのである。
「準備」とは「預金準備」の意味であった。
その制度は世界恐慌にまで拡大したアメリカの金融バブル崩壊を
防止するどころか、連邦準備制度が明白な意図的な不作為によって
事態をより深刻化させたのである。
「私はもっとも不幸な人間です。
私はうっかりして私の国を滅亡させてしまいました。
大きな産業国家はその国自身のクレジットシステムによって
管理されています。
私たちのクレジットシステムは一点に集結しました。
したがって、国家の成長と私たちのすべての活動は
ほんのわずかな人たちの手の中にあります。
私たちは文明化した世界においての支配された政府
ほとんど完全に管理された最悪の統治された国家に陥ったのです。
もはや自由な意見による政府、信念による政府、大多数の投票
による政府はありません。
小さなグループの支配者によって拘束される政府と化しました。」
         ——————–ウィルソンアメリカ大統領
小さなグループの支配者は現在も<グランチ>の頂点にいる。

雑草の定義について

「たえず外的な干渉や生存地の破壊が加えられていないと
その生活が成立・存続できないような特殊な一群」
この植物生態学による都市依存型雑草の定義は
ある種の日本人も定義できる。
その一群とは<絆>社会である。
数十年間に及ぶα線、β線、γ線による
究極の持続的な破壊によっても
存続する社会を形成しようとしている。

張力について

麺類の食感は水分量にある。
強力粉のグルテンの弾性を制すると
すばらしい麺類になる。
物質の表面に張力が存在する。
張力を制すると
床にバウンドする共鳴するテンセグリティ
または
大気圏を浮遊するテンセグリティになる。
人間の顔の皺は
表面張力の歴史だ。
テンセグリティが劣化するのは
張力だけである。
———–ネットワークと圧縮材ではない。
つまり、
重さではないのである。

雑草学のすすめ

偏西風と南風が日本列島上空で衝突して
湿度28%になれば
砂嵐はいつでも発生するのは
日本列島に雑草がないからだ。
雑草がない大地が黄砂を生み出している。
雑草には大地を保湿しながら冷却する機能がある。
ーーー海風のように
雑草の種がTPPの拡大交渉には含まれなかったのは
まだ農産物ではないからだ。
自然は明らかに人間が食べられない農産物を
最初にデザインしている。

量子幾何学的世界像

量子は特殊性を内包していながら
互いに整数化されている。
シナジェティクスはその秩序を
モジュールに変換した最初の量子幾何学である。
1991年に5方対称性の準結晶構造は
そのモジュール理論で解析されている。
量子幾何学的世界像は
21世紀のシェルターにも応用されるだろう。
すべての空間はモジュールから
デザインできるからだ。

内部について

植物には内部のテクノロジーがある。
植物は光と水と空気と大地だけで生存できる。
光と空気をまだ買わなくても暮らせる間に
権威からの離脱と服従への拒否は
この惑星で生き残れる
高度な、そして
もっとも単純な大気圏内のテクノロジーになった。

外部について

プルトニウムを原子炉ではなく
大気圏に閉じ込めた専門家の知識を
信じてはいけない。
彼らにとって大気圏は
ついに見知らぬ外部であったから。
彼らの知識では
この惑星には生き残れないだろう。

開放系メタフィジックス

開放系哺育器は
国境のない閉じた大気圏だけで十分である。
人間が使用する前に
46億年間も安全かどうかテストしたのだから。
哺育器をデフォルトに戻すのは
政治家が委託した私企業や科学者ではなく
テクノロジーだ。
所有されない宇宙のテクノロジーは
メタフィジックスにある。

開放系哺乳瓶

人間の安全な成長のために
家庭から学校まで繋がった一つの哺育器が作られた。
その保育器の中のすべての家電は
原発の巨大な湯沸かしのタービンで
発電した電気エネルギーで繋がっている。
その保育器に相応しい
巨大な黒い鉄の哺乳瓶だ。
2年前からその底には大きな穴が開いている。
この哺育器で人間を育てる実験は失敗したが、
だれもそこから出て行かない実験が始まった。
哺乳瓶が先に最新型の開放系になったから。

想像力(image-nation)について

孤立した場所にいる人々は
太陽光発電や風力発電が不足したときに輸入でき
そのエネルギーが過剰なときに輸出できるシステムを
構築する必要がある。
蓄電の発明によって
エネルギーの自律度は向上するが
そのシステムへの相互依存がより少なくなるわけではない。
孤立によって不足や不安が増大するのではなく
孤立によって想像力がより増大し
都市文明とは別のより小さなモバイル文明へと移行する可能性がある。
なぜなら、そもそも想像力(image-nation)は
かつて<国家の幻想>を作り上げたのだから。
実際、都市部と農村部の交流は
もはや前世紀の経済様式になってしまった。
少なくともグランチは
分断して征服したその富を永遠に独占するための
想像力で互いに結ばれている。
グランチはより少ないグランチで統合され
いまやほとんど不可視である。
ーーーーー重力のように。

操作主義の役割

川に浮かぶボートからもう一つのボートへ
ジャンプして移動した瞬間に
それぞれのボートは
互いに遠ざかるだけではない。
互いに離れて運動する2つの物体の動きは
作用・反作用だけでは捉えられない。
川岸からその2つのボートの動きを見るまでは
ジャンプする人には観察できない
非同時的な第3の動きがある。

デフォルト預金

クレジットローンにすると
「働く分だけお金を貰う」から
「お金を貰った分だけ働く」ようになる。
より少なく働く社会をだれも想像もできない社会になると
「働く分だけお金を払わされる」から
「お金を払った分だけ働かされる」
あるいは
「預金した分だけ働かされる」奴隷になっている。
すべての預金は
デフォルトのために用意されている。

5%について

新しい思考の蓄積が
発見や発明になるとは限らない。
「人間の脳の95%は昨日とおなじことを考える」習慣から
いかに脱出するかという方法にしか
残りの5%の可能性はない。

最小限について

クレジット(支払い猶予期間)で最大限を求める
テクノロジーは終わった。
気楽な人生を送るには
汚染のない水と太陽とテクノロジーが必要だ。
テンセグリティは
その人生を加速するだろう。
ーーモバイル可能な最小限のテクノロジーによって。

国籍喪失権

もし民主国家を宣言した場所に
真の民主主義があるなら
国籍とイデオロギーは
出産する場所と無関係に
その国の選挙権を得る年齢の誕生日までに
個人が決定できるだろう。
少なくともオランダでは外国人が国内で出産すると
その子どもにはオランダ国籍が与えられ二重国籍となる。
すべての民主国家が国籍喪失権を自由化すると
この国のような官僚たちは生きる場所を瞬時に失うだろう。
彼らにはこの悪夢はまだ非現実的にちがいない。
国籍とイデオロギーを自由に選べない
偽の自由に繋がれているかぎり
われわれの悪夢はつねに<現実>と呼ばれている。

送料無料

送料なしのより安い商品を
クレジットカードで買い続けられる自由を
謳歌する個人主義は
民族主義と国家主義の知的な美化にすぎない。
すべてが戦争の準備に変換されているかぎり
イデオロギーも送料無料だ。

続)デフォルト・デザイン再考

住宅の個性は追加注文(option)の集積度から生まれる。
ーーーー免震装置でさえ
生物学的に人類に人種がないように
人類の生存のためのシェルターの標準装備に
オプションは存在しない。
デザインサイエンスは
すべての資本主義的な製品やサービスにおける
オプションを排除する。

デフォルト・デザイン再考

テンセグリティシェルターでは
後付けの耐震や免震、まして制震などのハードウエアは不用だ。
最初から外力エネルギーと共鳴するように
デザインされている。
テンセグリティは振動によって
構造はより構造化される。
大地に依存しない純粋なテンセグリティシェルターは
致命的な事態に対する予測的な憂いから
すべての備えはデフォルトで機能化されている。
デザインサイエンスは
つねに<憂いあれば備えなし>の
デフォルト・デザイニングを遂行する。

鏡について

両親にとって良い子どもは
自分の鏡だ。
自分の選択を反映するから。
良い教師にとって子どもは鏡だ。
子どもから教えられるから。
しかし、学ぶことに鏡は不用だ。
学ぶとはすべての鏡という等価物の反射作用の破壊から始まる。
ーーーたとえ破壊だけに終わったとしても。