月別アーカイブ: 2013年7月

直観

何かになろうとする願望によって学習するかぎり
努力は報われるという信念によって行動するかぎり
競争と支配の世界が確実に築かれる。
何かになろうとする願望は
組み込まれた葛藤と重圧を生むが
興味に基づいた学習と行動は
真実に接近できる喜びを生む。
その喜びこそが直観の源なのである。

浮遊するテンセグリティ

テンセグリティモデルから
構造に関するまったく新しい概念を発見できる。
しかし、テンセグリティ原理を認識するためには、
すべての古い構造の概念を捨て去ることが必要になる。
基礎に依存して自重をすべて大地に
流し続けていることを疑わない
古い構造の固有な概念を。
浮力や揚力を利用する船舶や航空機が
移動するために基礎部分をまったく持たないように
大気圏を浮遊可能なテンセグリティ構造は
人々を移動させるために存在している。
テンセグリティを浮遊させないで地上に係留する時も
より軽量で自律的でなければ安全ではないだろう。
テンセグリティは
バイオスフィア自体も
太陽系を軸回転しながら浮遊し
断層ネットワークがつねに振動していることを
前提にしたテクノロジーとして発展する。

無次元(dimensionless)

何者にもならない努力をすれば
何もすることはない状態がやってくる。
生きることから遠ざける指導者たちが
もっとも怖れている無次元(dimensionless)だ。
無次元とは
微小で取るに足らない
それゆえに
あるがままの無限の領域なのだ。

風鈴

午後の静かな日陰の縁側に
吊り下げられたテンセグリティの共鳴する音に耳を傾ける。
微風で僅かに回転しながら振動するだけで
テンション材と空気が擦れ
そしてアルミパイプと共鳴しているのだ。
振動と共鳴の違いを
再現できるテンセグリティは
優れた風鈴だ。
やがて、その内部に
蜘蛛がもう一つの巣(web)を巡らすだろう。

続)<絆>実験

怖いモノが見えなくなる
<絆>によって
この2年間に少なくとも
50万人が予定よりも早く死亡している。
<絆>によって
想像力までも被曝したのだろうか。
内部と外部からの被曝を回避するすべての方法と行動こそ
自己のテクノロジーである。
bandicam_20130718_213630145-thumb-500x314-30

積算沈着分布セシウム-thumb-500x544-33

☆これらの2つの図から未来ではなく
現在を想像できなければ太陽系には生存できない。

エージェントシステム

エネルギーに満ちた政治指導者に
信念に基づいた行動を求める。
信念に基づいた行動こそが偽善を生む
これまでのシステムをより組織する。
日々の条件反射的な思考による
ありもしない政治による代理安定志向こそは
無秩序が拡大する原因である。
このエージェントシステムが
暗黒時代の安定期のためだっとは気づかれない。

続3)テンセグリティのもう一つの機能

原子物理学者はどんな原子核構造からも
テンセグリティ構造システムを予測できなかったが
テンセグリティ原理が発見され
半世紀が経過したとき
他の天体から届いた隕石の中に
バックミンスター・フラーレーンという
炭素からなる球系テンセグリティ構造が発見された。
どの物質を構成する原子核構造も、
そしてどの有機体生命を構成する細胞も
テンセグリティ構造システムを採用していたのである。
そしてこのことに気づくことが
テンセグリティのもう一つの機能である。

続)テンセグリティのもう一つの機能

テンセグリティモデルの張力には
その制作者の張力に対する理解の履歴が明確に残されている。
テンセグリティモデルに直接触れなくとも
一瞥するだけでそれを感じとることができる。
そしてこのことに気づかせるのが
テンセグリティのもう一つの機能である。
テンセグリティエンジニアリングを
創り出す前に
それはすでに生成されている。

初期論文 シナジェティクスモデルの発見 1981年

バックミンスター・フラーの死後30年が経過した。
私は初期論文を公開することにした。
ちょうど30年前の7月18日に彼にあった。
私は30才になる直前だった。
この初期論文はサイエンティフィックアメリカン日本版の
オリジナル論文「多面体をおりたたむ」に続く第2弾だった。
これらの論文のスーパーバイザーは
バックミンスター・フラーだったが彼の死後、
日本の学会から出版された。
☆備考
“シナジェティクス研究所のサイト”:http://synergetics.jp/homeから
ダウンロードできる。

テンセグリティのもう一つの機能

テンセグリティの構造とパターンは明晰さにある。
テンセグリティの自律性に対する包括的理解は
あらゆる過去の思考に未だ変換できない直観に属している。
論理的思考力が過去の記憶と経験に根ざしているなら
その思考力はけっしてテンセグリティの明晰さを
もたらすことはできないだろう。
その思考は他人の教える知識に従った
他人に似た自己を複製する行為なのである。
このことに気づくことが
テンセグリティの本質的機能の一つなのである。

個体差

生物学では個性という概念は消失する。
個体ごとの差異は個体差であり
個体性(individuality)である。
個体変異がこの個体差を形成する。
しかし、人類が群れを形成する時
その個体性は植物や菌類のようにほぼ消失する。
だからこそ、放射性物質の降下範囲内での
その群れの突然変異(=遺伝的変異)と
個体変異(=非遺伝的変異)との差異について
驚くべき実験と観察が行われている。

続)反個性

砂糖の過剰摂取が偏った過食を誘発するように
欲しいと思わせるモノだけを生産すれば
必要なものを買わないようにできる。
互いに異なったモノの所有とその自惚れから
人類の反個性は
手っ取り早く作られる。
反個性のほとんどは
条件反射的な生化学反応にすぎない。

反個性

電子が不足すると
見かけが正電荷を持つ反電子(=陽電子)として存在できるように
足りないモノが個性として振る舞うことができる。
欠点を覆い隠す個性など存在しない。
個性という概念は、実際には反個性である。

建築家

太陽や惑星の質量は知っているが
自らが設計した空間構造の質量に対して無関心である。
静止した空間構造物の全自重を
大地に流す仕事から軽量化は生まれない。
大地が重力の下水道のように使われているかぎり
リダンダンシーは最大限に増大する。

単独者

群れから不連続な存在には愛はなく
連続化する群れには恐怖がある。
不連続の連続化に出会うための
自発的精神が担う単独者による探査こそは
シナジェティクスに他ならない。
分断されない一つの全体は
いかなる理想や信念からも
無傷で発見される。

最小単位

古代インドにおける重さと長さの最小単位は<麦>であった。
もっとも身近な主食に成り得たからこそ
この目に見える穀粒が
異なった世界を共通化するための記号に変換された。
穀物よりも成長の早いイモ類が記号化されなかったのは
イモ類が長期保存性に劣るからだった。
とりわけ、移動には不向きであった。
穀物とその栽培方法や保存方法が
重さと長さの永続的な最小単位を作り出したが
その単位はその植物が成長し
種子がより移動した結果である。
統計的な近似値的なその結果から
長さや重さは
それらをどのような方法で測定するか
という<操作>によって定義されている。

欠乏と過剰

エネルギーの欠乏戦略が
格差を生み出し
貧困経済を作り出す。
一方、
過剰なエネルギー戦略が
病を作り出し、
医療経済を作り出す。
平時では
欠乏と過剰は
軍事的な兵器よりも効果的に作用する。
これらの相互作用こそ
グローバリズム(=見えない軍隊)と言っていいだろう。

熱中症(heat disorder)

熱中症は屋内外を問わず
高温や多湿などが原因とされている。
20世紀にはこの病名は存在していなかった。
室温34度でも湿度が30%以下なら
汗はほとんどかかない。扇風機で十分である。
熱中症(heat disorder)は
身体の外部環境への適応障害であるが
真夏日をもたらす偏西風は
本質的に蛇行するようにデザインされている。
北極と南極の回転軸上を
軸トルクで捻れる大気の動的パターンが形成される。
偏西風は波動であり、蛇行によって地球を
より長い距離を循環できるのである。
偏西風の波動とその揺らぎも
バイオスフィアを冷却するために
バイオスフィアが生み出した機能である。
バイオスフィアに熱中症(heat disorder)は存在しない。
自然に無秩序(disorder)は存在しない。

権力テクノロジー

原子力テクノロジーは
原子核を分裂できても
核分裂をほとんど制御できない技術段階にある。
バイオスフィアで廃棄される核廃棄物という現実は
より無秩序化している。
にも関わらず、この無秩序化をさらに拡大できるのは
その科学テクノロジーを
権力テクノロジーが所有してきたからである。
現実(Real)を作り出すのは権力(Royal)だとしても
国家(Nation)という幻想を排除できるのは
想像力(image-nation)なのである。

量子幾何学としてのシナジェティクス

シナジェティクスの量子モジュール群の発見は
素粒子物理学におけるクォークの発見に等しい。
シナジェティクス・モジュールの発見は
基本的な素粒子の発見と同様に
基本的なモジュールの発見だけではなく
異なったモジュール間の融合によって
より単純なシステムを発見してきた。
例えば、クォーク1個の質量が電子の質量の整数倍(=1836倍)
になる理由を科学的に解明できるのは
シナジェティクスの量子モジュール理論だけである。
シナジェティクスは
自然の先験的な秩序を発見する
科学的なテクノロジーである。

廃れた住居空間

外洋を移動する船舶は
波の上の長時間の住居空間である。
大陸間を移動する航空機は
翼の上の短時間の住居空間である。
都市間を移動する自動車は
ホイール(車輪)の上の
さらに短時間の住居空間である。
空間は移動速度によって
より高性能な居住機械に変換されてきたが
30年ローンで購入する21世紀の高価な空間は
まだ大地の上で静止したままだ。
しかも、設計図から通常の1回しか製造されない建築空間は
もっとも危険なプロトタイプの静止した空間である。
すべての設計者は自分が使用する
ノート型パソコンの重量は知っているが
設計者がその全重量を知らない居住機械は
建築空間以外に存在しない。

基準

ほとんどの政治家が
原子炉の固有安全性(自己制御性)に無関心だった。
東電の株主であるがメディアが誘導する
被曝に関するすべての道徳と基準を否定すること以外に
今日を安全に生きる道徳と基準は存在しない。
政治家は法律を作れるが
生きるための道徳と基準は作れない。

続)他人のアイデア

他人のアイデアとの違いを求める行為から
独創性は生まれない。
独創性は自己の無数の経験の秩序化に関わっている。
その結果、どんな他人のアイデアにも
似ていないアイデアが生まれるのである。
<Think different>は
物事を変える行為を外からみた時の
他人の言葉だ。

過剰な畑

エネルギーが欠乏した畑よりも
エネルギーの過剰な有機農法の畑によって
畑はより荒廃していることに
気がつかない農民や農協が
いまさらTPPに反対しても
補助金漬けの営農ファシズムに
もはやなにも期待できないのだ。
バイオスフィアの生産性を否定した彼らに
コスト戦争が待ち伏せしていたのだ。
バイオスフィアの土壌細菌と雑草を
壊滅させる彼らの組織に
見えないエコロジーの反撃が始まったとも言えるだろう。

非鏡像的な相補性

すべての圧縮材は惑星地球から調達されてきた。
それゆえに、圧縮力は大地との結合を必要としている。
張力は惑星地球以外とのしかも
距離を超越した関係を含んでいる。
それゆえに、張力は圧縮力を統合できるが
単独では存在できないのである。
テンセグリティの張力は
非鏡像的に異なった圧縮力との関係においてのみ
相補的に存在しうるのだ。

他人のアイデア

国産車の部品は
世界中の部品メーカーが供給する部品から構成されている。
そうでなければ毎年デザインされる新車は
安価に、そして安全には製造できない。
しかし、独創性に関する限り
世界中の他人のアイデアを無数に集めても、
新しいアイデアはけっして生まれない。

やりくり

自分でモノを考える習慣がない人は
他の誰かになる目的のためには
その人の言葉をけっして引用しない。
そのありふれた詐欺師たちは
自分の好きなように過ごせば
悔いがない人生のやりくりに忙しい。

群れ

利益で結ばれた指導者とその群れが支持する
大多数を被曝させるテクノロジーを
全的に否定することは
シナジェティクスのはじめにある
自己のテクノロジーである。