月別アーカイブ: 2013年9月

冷蔵庫

世界の主要都市部の温暖化現象だけで
地球全体の温暖化を類推するのは
冷蔵庫の外側の温度上昇から
家全体の平均の温度上昇を測る操作に等しい。
同じ考えから、彼らは家の内部の温度上昇に伴う
冷蔵庫の中の氷の増大現象を
地球寒冷化と言わざるを得ないだろう。
実際、南極の氷は融けながら全体は増大しているが
その現象は除外されたままだ。
観察者が冷蔵庫の内部にいるのか
外部にいるのかを最初に決めなければならない。

テンセグリティモデル

林檎の生産数は
それを食べる人よりも多いように
テンセグリティモデルの制作数は
テンセグリティのあるがままを観察する人よりも多い。
テンセグリティモデルは
たとえ圧縮材をカーボンパイプで制作しようとも
林檎のように自然に属する。

よい医療制度は健康のために
より多くの病名を作り出している。
より高価な薬が必要だったから
病気でもない人が
<健康になる薬>を飲んでいる。

動詞

シナジェティクス・モデリングは目的のための手段ではない。
モデル言語の獲得は手段と同時に目的である。
新しい物の見方を動詞から発見しなければならない。
真理は過去にも未来にもない。

シナジェティクスと言語

宇宙と自己との相互関係を理解する方法は情報ではない。
シナジェティクスは
別の次元からあるがままの現実を観察し
そして知る方法を探査すると同時に
メタフィジックスとフィジックスとの境界線を拡張する。
学ばれるべき数学的知識よりも
シナジェティクスはモデル言語の形成が先行する。

続2)反カリキュラム

自己教育システムは
すでにこどもにインストールされているにもかかわらず
カリキュラムと試験の廃絶を困難にしているのは
人々の条件反射である。
カリキュラムや試験は
学校や両親によって刷り込まれた
見せかけの単純化である。

続)反カリキュラム

自発性にしたがってすべてのこどもが天真爛漫に成長する
真の自由教育のシステムは
教育専門家がデザインしたシステムではなく
こどもの観察から発見された先験的な教育システムを採用する。
ポスト産業社会では
カリキュラムとともにすべての試験や教科書など
ともに争って<走る>ためのツールはすべて廃止される。
産業用ロボットが遠隔操作で隈無く配備される段階で
工場労働者は解雇され続ける一方、
こどもたちを<社会的な役割>のために準備させる必要は
ますます減少し、
20世紀に建造されたほとんどの学校とそのシステムは
都市部でも農村部でも陳腐化し廃校になる。
真の教育システムは
知的産業社会の主目的が21世紀の教育産業にシフトする時、
生産コストからも合意されるだろう。
ポスト産業社会では
すべてのこどもに対して誰よりも<その瞬間を生きる>ための
環境を準備しなければならない。

反カリキュラム

これまでの教育過程で使用されてきた
カリキュラム(curriculum)は
ともに争って<走る currere>というギリシア語から
派生した概念を利用している。
同じ場所に集合して同時に同じカリキュラムで学ぶ
20世紀型の教科課程という形式は
第2次世界大戦後のアメリカの産業社会を反映している。
明らかに産業システムが教育システムを生み出してきたのである。
それらの共通点は、生産コストである。

張力的認識

テンセグリティを知ることは
テンセグリティを制作するよりも
はるかに困難である。
——–張力材をエラスティックなゴム材か
ステンレスワイヤーで代用しているかぎり
重力が<万有引力>である所以は
2点間距離から逃れられないばかりか
重力には
弾性率が存在しない、そして
けっして劣化しないユニバーサルな張力材だからである。

デザインサイエンス修行期間

モデル言語に精通し
テンセグリティの原理の開発方法と応用技術に熟達した
テンセグリティ・マスターまでの修行期間は
デザインサイエンスの修行期間(12年間)に含まれる。
テンセグリティ構造は
観察から発見されなかった希有な科学的原理であった。
発見された当初は対応する物質や生命体は存在しないと考えられていた。
それゆえに
まだ存在していない新たなテンセグリティ構造さえも
モデル言語のシンタックスとセマンティックの
予測できない組み替えに依存しているのである。

物質の沈黙

テンセグリティは
中心となる部分が全く存在しない状態を維持しつづける。
われわれは非生物で完全無欠な状態に統合された
もっとも単純な存在をまだ分類できていないばかりか
あまりにも複雑に複製されつづけてきたから
テンセグリティの完全な沈黙を複製できないのだ。

観測記録

観測史上最大の記録的な豪雨によって
浸水した地域のほとんどは
農業に適していたことを証明している。
本来は森林から溶け出した腐葉土を
受け取る場所であった。
豪雨は大地震や津波よりも
頻度が高いという観測記録にしたがって
住む場所と職業を選ばなければならない。

斥力的な群れ(cluster)

互いに引き合う張力的関係ではなく
所有欲と支配欲、憎悪などの排他性という斥力的関係によって
われわれは互いに分裂しながら
群れ(cluster)で結びついている。
そうした無数の暴力性を
道徳として偽装する社会を形成している。
互いに引き合う張力的関係が
バイオスフィアのすべての細胞から
大気圏外の太陽系までを
同時的にかつ非同時的に
統合してきたにも関わらず

忙しい人

観察したり理解するための時間を持てない大人は
自分のことで忙しいからではなく
自己中心的だから
忙しい時間しか持たないのである。

個性について

他人との違いを求めて
賢くなれる教育によって
個性が形成できると期待するのは
自己中心的なカオスの始まりである。
宇宙は、もっとも豊富な水素原子に個性を求めなかった。
———-他の原子との絶えざる動的な相互作用以外に。

こども

こどもからではなく
こどもに学ぶとは
こどもの直観にふたたび遭遇し
あるがままの現実を見るという
デフォルトにリセットできることである。
同時に観察者の過去からの離脱を意味する。
さもなくば、こどもは見えない存在だ。

無関心(indifferent)

あらゆる大人はかつてこどもだったにも関わらず
こどもがそれぞれ特別な(different)興味にしたがって
学習することに確信を持てないでいる。
むしろ、こどもの興味に対して
無関心(indifferent)で冷淡にふるまうのは
生きる上で重要でないと確信しているからである。

学習の無秩序

こどもの学習を試験という競争に駆り立てるところには
苦痛と怖れから逃れるための無秩序がある。
強制のあるところには
自由を憎む心が芽生える。
あるがままを見るように
導くのは教師ではない。
生得的なデフォルトである。
生得的なデフォルトは
教師からもっとも憎まれている。
自然は彼らを必要としないから
学校は無秩序で溢れている。

螺旋軌道

弾丸の飛跡をブレなくし命中率を飛躍的に高くするために
銃身内部に螺旋条溝が発明されたが
この螺旋条溝がなくとも、球体がスピンしながら飛ぶとき
その軌道は螺旋を描く。
シナジェティクスの螺旋体モデルで理解すれば
螺旋軌道は、回転しながら移動する球体を安定させるための
最短距離なのである。
地球も月も、太陽系の外から観察すると
それぞれ周期的な螺旋軌道を形成している。
この物理学を知らないまま
螺旋軌道を描いてサッカーボールを高速でシュートできるプレーヤーを
天才と見ていいだろう。
そのボールには明らかに地軸のような回転軸が存在する。

反・独学法

1970年代の日本には、シナジェティクスの教育者も専門家もいなかったが、
私には、何をなすべきか教えてくれる人がいない状態で
独学した期間はなかった。
1975年頃からバックミンスター・フラー研究所とフラーに手紙を書いていた。
彼の講義日程はつねに把握できていた。
驚くことに、彼の休日は飛行機での移動時間だった。
当時のエアメールでさえ、充実した遠隔的な自己学習方法であった。
学習に独学は存在しない。
自己と他者、そして宇宙との関係だけで、他になにも存在しない。
5年後、彼とシナジェティクスの仕事をしたときに分かったことであるが、
彼は年間2万通の手紙を書いていた。
通学も独学も時代遅れである。

デフォルトの美

検索によって
過去に照らして現在を解釈するかぎり
現在というあるがままのデフォルトの美しさを
とらえられないばかりか、
現在から遠ざかる手段となっている。
検索すればするほど
現在を過去と似た部分で重ねる行為は
より加速するビッグデータで
人類は違いよりも互いにより似てくるのである。
これ以上の神秘の腐敗があるのだろうか。

戦争機械

みんなが金持ちの真似が好きだったお陰で
働かない豊かな生活が1%にやってきた。
お金でお金を稼ぐこのシステムは
経済戦争から戦争経済に自ら変容する。
残りの99%に
借金あるいは死体が残るシステムこそ
戦争機械なのだ。

遭遇

シナジェティクス・モデリングの経験の蓄積によって
シナジェティクス原理との遭遇は生まれない。
シナジェティクスにおいて
経験主義は発見の方法ではない。
シナジェティクスは
抑圧された中心もなく周辺もないドメインに
自己を包含する過程を生成する。
そのドメインは、より少ない言葉と時間でしか生成されない。

同時的真実

「知られざる真実」は確かに存在する。
——非同時的に。
では、いまいったい今何が起こっているんだろうか?
同時的に真実は分からないということだけが分かっている。
少なくとも20世紀にバックミンスター・フラーが
『クリティカル・パス』(1998 白揚社)を著す以前にはなかった
認識が加速度的に形成されている。
理解にも真実にも同時性は存在しない認識こそ
同時性に見せかける過剰な<記号のテクノロジー>を見破ることができる。