月別アーカイブ: 2013年11月

単純さ

単純さが発見できる時は
生活とシナジェティクスとの間に区別がなくなったときだ。
心が複雑になれば、
単純なものを所有しようとする。

構造の安全と自由

表向きは人間の安全と自由を安定させる目的を理由に
中心部により重要なシステムを構築し続ける社会的構造は
圧縮材が不連続のテンセグリティオブジェ以外の
テンセグリティの科学的原理とその概念を
まったく受容できないのである。
テンセグリティ構造の安定性は
いかなる種類の静止状態を持たないことにあるように
人間の自由はいかなる種類の安定を持たないことにある。

日本版NSC(国家安全保障会議)

日本版NSCとは
見えない軍隊である。
見えない予算で動く最強の軍隊は
不透明なのではなく
ステルスのように
すばやく自在に動く
透明な情報兵器なのである。
さらに、特定秘密保護法案によって
クラウドの外部だけではなく
その内部でさえ自在に
探査できるのである。

食料自給率と廃棄率

日本の食料自給率39%(カロリーベース計算<註>)が
先進国の中では最低水準であるとする日本政府は、
食糧廃棄率では先進国の中でトップの75%である事実を公開してこなかった。
食料自給率39%でも
廃棄率を低下させる流通の包括的テクノロジーを採用すれば
グローバリズムのTPP戦略に対抗できるはずだが
日本の食糧の流通システムは
すでにグローバリズムの餌食になっている。
食料自給率と廃棄率は
食糧不足から不安と恐怖を与えるための
資本主義における分割統治の手法なのである。
食料自給率と廃棄率は
エネルギーに対する同様の<無知>から形成されている。
食糧は生命維持にとってはエネルギーだから。
<註>
カロリーベースでの自給率計算法では
微量元素の生命に対する諸機能が
無視されているのでまったく非科学的である。

事実形成(defact)

シナジェティクスを学ぶことは
行為とメタフィジックスを分離させることではない。
シナジェティクスとデザインサイエンスは
共に学ぶことのうちに客観的な行為を含んでいる。
つまり、自己の行為が
事実形成(defact)に影響を与えることである。

シナジェティクス講義

連続6時間のシナジェティクス講義を終えた。
人間が置かれているあらゆる条件を明確に見るためには
あるいは
淀んだ自己満足を生むすべての比較を超越するためには
ある種のオペレーションが必要である。
たとえば、シナリオのない対話によって
群れの思考から逸脱できる。
その後に、シナジェティクス講義がはじまる。
シナジェティクスはオペレーショナルな数学である。

現実化(realization)

見るものは限られたものであり、
そこには新しい現実はない。
優れたシナジェティクスモデルには
思考によって
時間と空間が分断され
見るものとあるものとに分離された断片を
新たなモデル言語の生成によって
全体を回復させる機能が内在している。
シナジェティクスに時間が含まれるのは
時間と空間を統合するためである。
シナジェティクスは明らかに
これまでのスタティックな幾何学ではない。
見るものとあるものは
モデル言語の生成によって
はじめて結合(文節化=articulation)する。
認識とは
文節化による現実化(realization)である。

思考形式

シナジェティクスの発見を再現した
バックミンスター・フラーによる無数のモデルを研究しようとすれば
原理のより単純な理解が得られるだろう。
しかし、新たなシナジェティクス原理の発見、および
その発見をモデル化する方法は
他者の発見からは生まれない。
新たなるものは他者の経験にはなく
せいぜい思考形式の複製にとどまることになる。

外部ノウハウ

テンセグリティにおいては
外部から与えられたどんなノウハウも
つねに混乱をもたらしてきた。
それは
人間にとってテンセグリティは
発見することしかできなかった
最初の構造だからではなく
宇宙に適応した真の構造の
優れた機能だからではないだろうか。
つまり、本当の内部なのだ。
——–人間の洞察形式を陳腐化するための

シンタックス再考

思考はシンタックスを
見出すことができない。
新しい概念は後にモデル言語によって
モデリングで初めて理解されるが
その理解はかつての思考にとって
もはや現実ではない。
シンタックスは
形態デザインからは生まれない。
それを否定することから生まれる。

知識人

何を学ぶかは終わった。
興味のあることを
どうやって経験するかである。
その方法を学ぶノウハウから学ぶと
知識を愛せなくなるから。
知識は自己との対話の集積である。

整備士

フォードのステーションワゴン
95年式の19年目の車検で
信頼できる整備士に会いに500キロの旅。
高速での燃費は10キロ。
排気量4000ccのエクスプローラの燃費は
日本車の4WDより優れている事実を知っている
整備士はほんとうにメカ好きだ。
そしてメカニズムの説明が明快だ。
彼はセスナ機のパイロットでもある。
陸海空の移動体の整備技術者は
テンセグリティの外力分散システムを
サスペンションの機能分化として理解する。
彼の対話のメカニズムは専門分化しない。

生活器(反・兵器)

すべての兵器は
砂漠で闘うためだとしても
寒冷地仕様にデザインされているように
生存可能な寒冷地仕様の
テンセグリティ・モバイルシェルターとは
設置する場所の平均気温ではなく
最低気温に対応している。
これまでのアウトドア用のテントが
たとえ極地探検用のテントでさえも
断熱性と遮熱性、そして耐候性や耐久性を備えていないのは
極地での極地長期的な生活のための道具ではないからだ。
移動時の軽量化のためにそれらのほとんどの機能は
前例のない極地探検の記録更新のために犠牲になっている。
超軽量のテンセグリティ・モバイルシェルターは
寒冷地における長期的な快適生活のための道具である。
人類の5%が定住ではなく
つねに移動しなければ包括的なテクノロジーは発展しない。
テンセグリティ・モバイルシェルターは
大気圏内宇宙での長期のモバイル居住実験に最適である。

再生的モジュール

一雨ごとに、広葉樹の森は
光合成を弱めている。
光合成を弱めるためには
葉緑素を劇的に減らさなければならない。
同時に
凍結から身を守るための
水分を減らす劇的な方法こそは
落葉であった。
あるいは
葉を小さく、厚くするという方法であった。
短時間に移動できない彼らが
急激な寒さと闘うのではなく
表面積を短時間に劇的に減らす方法を採用したのは
より寒い気候に適応するためである。
同じ理由から
テンセグリティシェルターが
より寒い場所に移動できるのは
シェルターを構成するモジュールの
統合的な再生的デザインによって
植物の葉のように<合成>と<分解>を繰り返すことで
広範囲に自在に移動するための
もっとも経済的な表面積を再構成できるからである。

偶然性

偉大な自然の原理の発見ほど
発見者には純粋な偶然性が介在している。
発見者はその偶然を偶然性のまま
取り出すことに失敗して
新たなシンタックスを取り出すのだ。
この瞬間に発見者の発見力が明確になる。
発明もまた
偶然性が介在した
あるいは
介在させる発明ほど
発明家の発明力が明確になる瞬間がある。

自己のテクノロジー(再考)

何かを築きあげるための唯一の基礎は
大地だけではない。
惑星地球を支えているのは
圧縮力に耐える大地ではなく
<万有引力>という太陽系を超えた距離でさえ
けっして超越しない不可視の張力である。
自分自身を知るための自己のテクノロジーは
圧縮力に耐えるがゆえに
自重をけっして超越しない
思考のすべての構造を最初に否定できるだろう。
大気圏内を移動し浮遊するための
思考の全構造を再構築するのは
つまり、何かを築きあげるための最初の自律的な包括性は
この自己のテクノロジーである。

最小移送コスト

「適地適作」
「地産地消」
「身土不二」
にもっとも貢献している化学元素は
セシウムとプルトニウムである。
元素と人間の移送コストを
最小にすることが除染産業であった。
除染産業はスローフードを啓蒙して
利益率を向上できる。

万能意識 (multipotency)

ノウホワイ(know why)は
いわば万能細胞(=ips細胞)のように
教師や学校教育プログラムを全く使用せずに
分化し統合できる万能意識を呼び覚ますことができる。
こどものある時期(人間の10歳児の知的爆発期)の
ノウホワイ(know why)は
統合的多能性 (integrated multipotency) と呼ばれるだろう。
こどもは興味のあることは
経験を超えて実現できるという意識を持っている。

生物学的雑用

生物学で分類できない植物は存在しないが
雑草には名前がない。
名前のある価値のない職業は無数にあるが
雑用には名前がない。
エコロジーシステムから雑草を除外できないように
人類の雑用には無数の創造性が潜んでいる。

知的な労働力

この自己教育システムによって
より高度な知的教育をスカイプなどの遠隔的システムを利用して
もっとも経済的に実践できる。
グランチは、発展途上国の知的で安価な労働力を吸収するために
工業先進国で広範囲に確立された平均的な学歴を
短時間に陳腐化しているのである。
21世紀の計画的陳腐化の対象は
自動車のようなハードウェアーだけではないだろう。
しかし、この自己教育システムを知的な労働力に変換し
グローバルな奴隷化を加速するために
グランチはパソコンを発展途上国のスラム街に贈与する以外に
ほとんど何も投資していない。
人間の生得的な自己教育システムには
開発も投資も不要だったのである。
この偉大なデフォルトを否定しているのは
先進国のほとんどすべての学校社会である。

受容から自律へ(ノウハウ know how からノウホワイknow whyへ)

例えば、
誰かが考案した球状テンセグリティモデルの
正確無比な作り方(=ノウハウ)を教えるほど
あなたが無思慮であり
あるいは、
あなたがそのノウハウに従うほど無自覚であれば
教師と学生はただ知識を模倣するための
学習システムを受け入れそれに従うだけである。
結局はまたテンセグリティとはまったく関係のない
権威というシステムを受容することになる。
細胞が自らの構造を複製し増殖するためにDNA以外に
テンセグリティシステムを採用したのは
19世紀から20世紀にかけて蔓延したこの非自律的な学習システムを
人類が学校を作る前に自ら破壊していたからである。
権力がこしらえた教育システムが
動機に基づいた生得的な学習システム(=ノウホワイ)を
模倣できなかった歴史は終わる。
それゆえに、生得的な学習システムを否定する教育システムは
教師の終身雇用制度の存続に専念している。

自己教育

より優秀な学生は
もっとも必要とされる場所に行きたがるが
より優秀な教師は
もっとも必要とされる場所に行きたがらないから
最初から優秀な学生は
いつも優秀な教師に出会える。
このシステムでは
優秀な教師ほど生得的な自己教育システムで育った
こどもを知りたくなくなる。
そのこどもたちが
教師を必要としていないほど自律的だからだ。

21世紀の雑用(再考)

誰でも、雑用は嫌いである。あるいは苦手である。
しかし、雑用のない仕事は存在しない。
すばらしいと感じる仕事の90%は雑用から成り立っている。
水素の核融合反応によって、2つの水素原子からヘリウムが生成され
そのヘリウムから炭素、窒素、酸素が生成される。
水素原子はこの二つの核融合反応を起こす担い手であり
宇宙全体の活動に深く関わりがあるのは
質量では宇宙全体の55%を占め
宇宙で有限な原子数の90%以上を占めているからである。
水素は、宇宙で最も豊富な元素ゆえに
宇宙の雑用をこなしている。
ありふれた雑用は、個人の統合的な仕事に深く関与している。
それゆえに、個人が宇宙全体の活動に深く関わろうとする場合
分類不可能な「環境の準備」として加速度的な雑用の増加が現れる。  
この進化する雑用こそ
ロボットには代用できない仕事なのである。
雑用を職業的代行として認識しているかぎり。

朝の運動

動物行動学者コンラート・ ローレンツの朝の運動は
朝食前にお気に入りの仮説をひとつ踏みつぶして捨てることだった。
ならば、次の朝食までに踏みつぶすべき
次のお気に入りを用意できるかどうかが
日課になったはずだ。
それほどの学者だったからこそ
ある仮説の一つが偉大な発見に繋がっただけではなさそうだ。
仮説を踏みつぶす日々の運動なくして
科学的な創造性を獲得できない経験的事実を
誰かから<刷り込み>されていたのだ。
つまり、10才までのデフォルト期限までに。

健康水準(income level)と貧困線(poverty line)

人類の健康は所得水準(income level)に比例する
という20世紀の統計学がある。
この理論では野生生物の健康を説明できないが
少なくとも生命保険会社はこの統計学を
惑星地球の頂点に立つ哺乳類に適用している。
その哺乳類の過半数は貧困線(poverty line)、
つまり最低限度の生活を維持するのに
必要な所得水準以下で生きている。
(30億人以上は1日2ドル未満で暮らしている。)
所得水準や貧困線は動物行動学には存在しない概念である。
それゆえに、その貧困線(poverty line)以下の人口が
毎年拡大している現象は動物行動学では説明できない。