月別アーカイブ: 2014年12月

退屈な関係

教師から指導された問題を
いくら解決しても、新しい知識にはならない。
知性と独創性とが、比例するとは限らない。
独創性がなくとも、賞賛されてきた
優れた教師と優れた学生は
退屈な関係に満足しがちである。

分散 vs 分断

どんな外力も分散し
そのエネルギーがシステムを通過するごとに
そのシステムを強化する機能から
共鳴作用へと変換するメカニズム以上に
より自由な構造は存在しない。
大地へ自重を流すための基礎を形成しないまま
構造を支えるこの分散システムは
外力を分断して征服する専門分化からは生まれなかった。

基地

沖縄の大地を占領軍の最大の基地にするために
その基地の土地所有者たちに対して
海外のどこでも自由に移住できるほどの
裕福な経済が与えられた。
その賃貸料は日本の税金が使われてきた。
自分が住んでいる土地が
そのような基地になるなら
だれでも弁護士を雇用して
海外に移住するにちがいない。
土地資本主義はこうして維持されてきた。
「那覇(なは)」の語源は、
漁場を表す「なふぁ」よりも古く
語源的にナーガ(Naga)である。
アメリカ海軍はその古代史から
ナーガの優位性を見抜いていたのである。

緩慢な死の歴史

核兵器開発と直結する放射線に関する研究にたずさわった
アメリカと日本の科学者が、もっとも重要視し対処してきたのは、
放射線被曝による人間の緩慢な死に対する事実と
その恐怖が広がることであった。
最悪の不幸が決して起こらないためのテクノロジーは
虚偽のために使われ、
不幸を予期するテクノロジーは
いまでも戦時よりも平時での悲惨な出来事を傍観している。
メディアは決してその緩慢な死の歴史を報道しない。
⭐︎
米国科学アカデミー(NAS)が1946年に
原爆被爆者の調査研究機関として設立した
放射線影響研究所(放影研:元ABCC、原爆傷害調査委員会)と
その科学諮問委員であった理化学研究所は
放射能安全神話に奉仕する最初の科学者たちを組織している。

配当金

世界中で利用される製品を開発するよりも
原子炉がメルトダウンしなければ、株価は戻らなかった。
思考力がなくとも、配当金と補助金で暮らす人々を増やすシステムを
求めているのは、21世紀の新しい<群れ>である。

断糖

脳が消費するエネルギー量は全身の20%を占めていながら
脳はエネルギー源として主にブドウ糖を必要としている。
脳以外の臓器はタンパク質や脂肪もエネルギー源にすることができるが
通常の食生活からでは、脳のエネルギー源の99%がブドウ糖だと言われている。
しかし、ブドウ糖の摂取のための糖分の過剰摂取は
記憶の低下をもたらすだけではなく
ほぼ年齢を超えて痴呆症へと持続する。
ケーキとお餅とお酒で、しばらく日本中の記憶力が低下する季節になる。

構造とパターン

テンセグリティを理解する前から
そしてそのモデルを作成した後も
立体的に構成された幾何学モデルだと思われているのだろう。
あらゆる構造とパターンの中で
テンセグリティに関する知識が一番遅れている。
すべての強制を憎むとテンセグリティになるのだ。
その構造とパターンは自然に内在している。

もっとも暗い夜

この冬至は、もっとも暗い闇夜から始まる。
地球の公転面(黄道=大円)の垂線に対する地軸の傾きだけではなく
月の白道という天球上における月の見かけの大円に対する月軸の傾きの
組み合わせからこの闇夜がやってくる。
この暗闇からゼロセッティングすることは
互いに距離を隔ても
動くものは動くものに影響を与える太陽系において
もっとも単純で高度な原点設定方法である。
われわれは、優れた遠隔技術を有しながら
互いに動きながらより密集する都市に住んでいる。

優先順序

不幸は自分以外のすべてがきめる。
幸せは自分を含むすべてがきめる。
政治はどちらにも関わっているが
科学は産業を、産業は経済を、経済は政治を変えてきた。
しかし、人々は政治が経済を、産業、そして科学の順で
コントロールできると信じ込こまされために
いまもこの基本的な物事の優先順序は反転したままだ。
優先順序を反転させるためのエネルギー源は
つねにわれわれが支払う税金である。

監視された実験

理化学研究所は、ネイチャーの論文を撤回させたにもかかわらず、
国際出願していたSTAP細胞作製法の特許について、
複数の国で出願の継続手続きをとったのは2014年10月24日である。
この判断は、理化学研究所のそれまでの関係者への
組織的な処罰と矛盾する行為であった。
欺瞞的な組織によっって
監視され厳しい制限を課せられた
科学実験方法とその結果が
真であるとは限らない。
真なるものは全体に宿る。

非論理的に

何を学ぶかではなく、どうやって学んだかは教えられる。
しかし、どうやって発見するかを、だれにも教えられないのは、
どうやって発見できたかが、自分で理解できないからではなく
シナジーはつねに全体からやってくるからだ。
シナジーの発見は、非論理的にしか経験できないが
発見された自然の秩序は直観的に
そして、論理的に新しく理解できる。

当然の報い

この<正義>はNHKの番組では、
非哲学的に<白熱教室>と意訳されてきたが
<正義=Justice>、は語源的に司法、裁判官であり、
当然の報い、そして処罰という意味である。
当然の報いほど、イデオロギーや宗教によって
相互に敵対するものはないはずだが
その力学を意図的に利用する存在こそ
すべての大戦争の舞台裏に居続けている。
当然の報いによって、兵器産業が介在する合法的な場所が形成される。
合法的な場所こそ、法律家資本主義の表舞台である。

正義(=当然の報い)

2014年のマララ・ユサフザイへのノーベル平和賞授与は
やはり、学校にいる時の子供を
無差別的に殺戮するための起爆装置だった。
冷酷なテロ作戦には、無知も利用されるが
イスラム過激派を攻撃する<正義=Justice>を仕立てるための
心理作戦としてノーベル平和賞も利用される。

軍事テクノロジー

無人航空機は第1次世界対戦中から開発されてきた。
その飛行距離は最大110キロであったが
最新のGPSを搭載した小型無人ステルス偵察機の遠隔操作距離や
有人ステルス爆撃機の飛行距離は、ともに12000キロ以上である。
沖縄の基地の必要性は
21世紀の軍事テクノロジーからはすでに陳腐化されている。
沖縄基地の存続を望んでいるのは
アメリカの軍部ではなく、基地撤退完了までに
独自の軍事産業と宇宙航空産業を発展させたい日本政府である。

全方向的

少数は政治観を信じ、多数は生活感を信じる。
弱者は運勢を信じ、強者は経済を信じる。
閉じた局所で
感傷的な人々は、自由に動いている。
しかし、けっして全方向的に移動しない。

自分以外

バイクや自動車の運転の方法に注意するより
走行する前にそれらを基本的に整備するほうが
結果的に安全に走行できるように、
学習の方法を変えるより
学習する環境を整備するほうがより効果的だ。
生活を改善するより
生活する環境を整備するほうが簡単で効果的だ。
そして、客観的である。
<環境とは自分以外のすべて>だから。

生き方、死に方

失敗をしないで
よい生き方を望む人々は
詐欺師になれる。
誰も失敗しないで学習できないのだから。
よい生き方をしないで
よい死に方を望む人々は
立派な詐欺師である。
誰も死を経験できないのだから。

権力と圧縮力

圧縮力が幅をきかせるところに張力は存在できない。
取るに足らない存在だから。
圧縮力と張力が互いの影になるとき
圧縮材が連続するときである。
張力が全体に連続して機能する構造では
圧縮力は分離された圧縮材自体しか圧縮しない。
張力が圧縮力に変換される時、
張力と圧縮力は
非鏡像的で相補的である。
われわれの権力と愛は
まだ相互変換されたことはない
それぞれの影なのだ。

固体的

固体的物質観から生まれる
圧縮材の集積だけで成り立ってい構造の最大の欠陥は
すべての振動や共振を恐れている社会システムと
連動していることである。
固体は振動の自由度がもっとも少ないからではなく
宇宙には固体的物質は何一つ存在しないからだ。
固体物理学の基本概念はすでに否定されてきたが
イデオロギーのなかではまだ生き残っている。
政治とは、21世紀も強固な揺るがぬ砦なのである。

内部

テンセグリティシェルターは
スモールハウスではない。
恐怖や抑圧から逃亡して瞑想する一時的な場所ではない。
週末だけ都市から孤立する隠家ではない。
一個の全体に変換する天真爛漫なテクノロジーである。
重さのない所有できない宇宙の機能を再現するために
移動する広大な内部なのである。

消費の極限

金曜日の夕方の会社帰りに携帯から
いつものドラッグストアーでオムツの買い物を言いつけられた若い夫は
オムツの隣にビールが陳列されていると、
その両方を購入する傾向を生み出すシステムが、
必要だから買うのではなく、安いから買うつもりが
ポイントを貯めるために買う人々へと徐々に変貌させるシステムと統合される。
そういった消費の極限状態へ移行できるのは高度な資本主義なのであるが
広告による記号のテクノロジーによって
集団性の無意識の条件反射に依存しすぎて生存することになるのである。
消費の極限に向かう人々に対話と危機は存在しない。
それは、きわめて冷酷で短命なライフスタイルの消費なのである。

知識

平凡な講義は、関心を持たせて聞かせる。
優秀な講義は、書物からではない理解が得られる。
素晴らしい講義は、学生の質問から入るシナリオのない講義だ。
しかし、最高の講義は、もっと知りたいという心を開花させる。
知識自体を愛する前に。

生活者

移動販売のラーメン屋よりも
移動販売車を販売する方がつねに利益がある。
ラーメン屋はそれに気づいていても選択肢がない。
たいていの人は、詐欺師のような仕事で稼いでいる。
そして、教師のための教師、保険屋のための保険、修理屋のための修理、
種屋のための種屋、ボイストレーナーのためのトレーナーなど
管理者の管理、指導者の指導は階層的に続く。
科学的研究と実践の乖離を口実に
生存に必要なテクノロジーがますます独占されていく時代に
価値を生みながら生活することは、もっとも困難なことだ。

自由度

張力こそは、短すぎて不要になった骨格材を
第一級の構造に導いてくれる唯一の道である。
構造に振動という完全な自由度が与えられた
テンセグリティは
非正規雇用された圧縮材だけで構成される。
テンセグリティは
建築家(architect)という構造の支配者には
つねにアナーキー(an-archy)である。

どの美術館にも、どのスタジオにも
美しいテンセグリティが展示される日は来ないだろう。
植物の種子のように風に運ばれて
光とともに大地にインストールされ
夜空を見ながら、畑と共に平和に暮らす
シェルターの時代が終わるまで。

消費税

いらないものを買い
オークションではいるものを買う。
インターネットでは
つねに消費税を2度払う人が増えている。

デザイン

テンセグリティモデルの美しさは
モデル言語の理解度から生まれる。
テンセグリティシェルターで美しければ、
それは構造とパターンと物質との調和の美しさだ。
構造とパターンの物質への変換テクノロジーは
シナジェティクスとデザインサイエンスとの
相互作用から生まれる。
デザインとはその相互作用を発見する仕事である。

所有

健全な人間に過剰な現金を贈与すると
やがて高級車を乗り回すようになるだろう。
経済的に困窮した男に高級車を与えると
その男は富裕層の気分になれる。
しかし、どちらも本当の金持ちが
車も土地も所有していない現実を
見ようとはしない。
いつでも買えるほどの富を信じていないから。
現実は所有欲から生まれない。

変動

不動とは時間のない概念である。
未来永劫を前提にして生きる欲望から生まれた。
その空虚がバレると、偶然に見せかけた経済の変動によって
人々は未来までも搾取されている。

破壊実験

構造がわかるのは
構造がデザインしたとおりにできた時ではない。
構造が破壊された時だ。
すべての航空機は破壊実験の後に飛行している。
住宅はもっとも危険な方法でデザインされている
もっとも高価な製品である。

人工意識

ポケット関数電卓とiPhone 6 Plusは
ほぼ同じ大きさである。
関数とは、機能(=function)である。
スマホという無数の機能は
関数と同様にブラックボックスでデザインされている。
他者という変数に依存して
自己が決まるならば
その関数は人工意識に接近している。
アマゾンからの推薦された新刊案内のメールには
最近ほとんど反発を感じなくなっている。