月別アーカイブ: 2015年1月

部分から推測される全体

すべての個人情報は部分である。
ビッグデータによる検索、共有、転送、解析、可視化などから
テロの防止、ビジネスの傾向の発見、研究のレベルの決定などが実行できる。
ビッグデータとは、そのすべての部分を集合させた全体から
部分のふるまいが推測可能なことを示している。
しかし、推測可能な全体を解析し、再び部分に応用するだけの世界が
しばしば完全に陳腐化されるのは、
人間が、部分からは推測不可能な全体の働きを突如発見してしまうからだ。
どの部分にも全体を予測できる要素は
まったく存在しなかった事実を認識する瞬間が訪れるのである。
つまり、個人の可能性は、すべての個人情報の集積をしても
部分からは推測できないのであるが
その経験から、もっとも怖れなければならないのは、
収集され捨てられていく個人情報ではなく
ビッグデータは重要な科学的発見の予測ができないにもかかわらず
ビッグデータの主導権が個人にないまま
ビッグデータの予測にしたがって、
群として現在を理解し未来を生きていく事実である。

政府工作員

イスラム国に人質として拉致されたのは
政府の組織的な動きの実行要員であり、
強大な工作予算とともに任務を請け負って
表向きにはNHKの番組レポーターとして派遣されたからだ。
しかし、工作に失敗した故に
いまや不都合な真実を持った彼は、
個人的な善意と友情から生まれた
しかし、その無謀さのすべてのリスクが
自己責任論で批判されるのではなく
英雄として救出されるシナリオに変えられている。
受信料を支払う人々は
すでに見えない心理作戦のなかに巻き込まれている。

軍備

一人殺しても犯罪者だが
50人殺せば凶悪なテロリストと呼ばれてれも
自国では英雄だ。
しかし、政治指導者になれば、合法的に敵も
そして、意見の異なる同胞さえも闇で殺せる。
そのすべての経費が
殺す側と殺される側の税金から支払われる
暗黒時代の変わらぬシステムが見える。

ジオデシックライン

球面三角法に基づいた測量技術がなければ、
広大な領土を直線的に分割することは不可能である。
球面上の広大な領土を分割して、
地図上でその国境線が直線に見える場合は
その境界線はほぼ大円(ジオデシックライン)上に置かれている。
直線的に分割されて見えるかつてのオスマン帝国の国境線群は
数学的には純粋な大円という円弧によって囲まれているのである。
球面幾何学は、ルネッサンス以前も以後も
権力テクノロジーが主に教会内部で
古代の天文学と航海術から開発した数学である。

有志国連合とういうグランチ

イスラム国との戦争に不可欠なロジスティックに
物資や医療技術などの後方支援は含まれる。
安全保障と集団的自衛権の法整備は
日本人の人質作戦の誘導計画から始まった。
有志国連合のこれらの軍事作戦では
決してイスラム国とは呼ばれない。
ISILとだけ呼ぶ彼らは、明らかにグランチである。
グランチは、第一次世界大戦中のオスマン帝国領の分割を企てた
秘密協定によって、この帝国にもアフリカ分割で成功したように
直線的な領土分割で国境線を引いたのである。
日本はすでに有志国連合の一員である以上、
テロの連鎖も直線的に確定している。

続)心理戦争

1980年代にすでに
世界の軍事費の過半数が心理戦争に費やされている。
人質救出のために自衛隊を派兵する目的で
今回の誘拐人質作戦を綿密に予測し計画し、
そして、誘発させることこそ
戦後アメリカから学んだ心理作戦である。
この種の心理戦争において、
テロ行為と戦争の区別はどこにもないように
特定秘密保護法と心理戦争は表裏一体なのである。

心理戦争

心理戦争を理解しなければ
捏造された戦争も
空虚な平和も
それらを支えた無数の現実の死さえも見えない。

テクノロジー 

他者をより効果的に殺傷する目的なら、
自己のテクノロジーにも
宇宙航空のテクノロジーにも
勝利はないだろう。
すべてのテクノロジーは、非人格的な宇宙に属するから。

自己のテクノロジー

空爆にはテロが憎いという多数決が前提の
高度な宇宙航空テクノロジーが必要だ。
自爆テロには
空爆が憎いというカルマが前提の
自己のテクノロジーが必要だ。
死を包括したテクノロジーを制圧するために
テロと戦う決心をした日本政府は
戦後、アメリカから開発を制限されてきた
宇宙航空テクノロジーを推進しはじめた。
だが、自爆テロはどんなテクノロジーも越えられない
極限的なモバイルテクノロジーである。

生還

人質が死んでも何も変わらない。
だが、生還して変わるものがある。
安倍政権は真実の生還を怖れている。

殺害と解放

テロに屈しないとする政府によって
情報の収集、分析とともに、問題について協議するが
人間の拘束を解放する方法と現実を生まなかった。
裕福な、そして空虚な生活を優先した人々は
再びインターネット映像の真偽を判断するばかりだ。

カイロで行った2億ドル支援演説

<これからトルコとレバノンの支援を行う。
ISIL(イスラム国)と戦う国々に、人的能力・インフラ支援のために
2億ドルを供与する>としたカイロで行った2億ドル支援演説こそ、
明確な後方支援であり、日本が中東での兵站線を担うことを宣言している。
軍事的な兵站線を支える目的を明確にしたわけだから
即刻、人質作戦の2億ドルで対応されたのは当然である。
2億ドル支援演説内容は、外務省の失態ではなく、テロ行為を誘発させ、
国際世論を反イスラム国にするための作戦だった。
日本人は、すでにイスラエルの軍事的な兵站線を支えている。

補給戦

今回の人道支援は、明らかに後方支援を拡大する目的であり
ロジスティクスとしてのイスラエルへの補給戦であった。
後方支援を人道支援に見せかけた日本政府は
人質の救出劇をも演じる側にあったのだ。

代理人

外務省の情報収集と分析には、成功も失敗もない。
それは、解放交渉する側の行為ではないが
情報の公開もしないなら、絶望的な機能だ。
つまり、様々な情報に接するだけなのは
代理人を雇用するからだ。

日没の前に

雪原から見る西の空では
太陽と、その黄道の軌道面に
月と火星、海王星、そして金星、水星までも
互いに接近する。
(月と金星は昨夜はほぼ重なっていた)
それは、三角形状の山羊座と重なる時刻だ。
放射冷却が始まった。
明日の朝は車のドアは凍って開かないだろう。

流れ(stream)

金と情報の流れは、権力構造のヒエラルキーの下部への流れ。
日本政府が情報収集しかできないのは
世界権力構造の下部組織だからだ。
この権力構造の流れの支流から本流へと逆流できるのは
政治交渉ではなく、人間の<対話>だけである。

会計学

人道的支援は、政府の高官などが密約で交わす政治戦略の変形ではなく
「身代金2億ドル相当の医薬品や食料などを、
イスラム国の支配地域で暮らす難民に
赤新月社(イスラム諸国での赤十字社)を通じて援助すること」であり
政府が主導できるものではないのだ。
ロックのチャリティコンサートの会計学と同じだ。
分断して統治するグランチは、この会計学を一番嫌っている。

遅すぎる国家安全保障会議

人質救済のための日本政府の国家安全保障会議は
まだ機能していない。
人道的支援を正当化する方法で
欧米流の平和を望んでも
平和は、正義と爆弾から作られてきた。
地獄の季節を隠すほど、メルトダウンしている平和が怖い。

エンベロープ (envelope)

自然の構造とパターンは発見されるのみである。
その発見に典型的知性ほど無力なものはない。
インフルエンザウイルスやエイズウイルス、
エボラウイルス、そしてノロウイルなどの
エンベロープ (envelope)という外皮の構造とパターンは
すべて例外なく正20面体の対称性を備えている。
しかし、人間はこうした外敵を防御する自律的で経済的な外皮構造を
生得的にまったく備えていないので
30年ローンで高価すぎる固定された外皮を購入することで
環境との調節をはじめた最初の哺乳類である。
その環境を制御する方法は、まだウイルスほど科学的とは言えない。
うねぼれと希望が交錯する期待感から
新たな構造とパターンをデザインすることはできない。

寄付と身代金

人道的な支援は、個人、企業、政府からの寄付で賄われてきた。
寄付と身代金は、世界経済の過半数になりつつある。
戦争と平和の均衡は、いまや不労収入で賄われている。

ブラック vs ホワイト

ブラックホールとホワイトホールは
宇宙に実在する。
ブラックボックスとホワイトボックスは
テクノロジーによって発見された概念だ。
(スティーブ・ジョブスは、ホワイトボックスのパソコンから販売した。)
ブラック企業とホワイト企業は経済的で
ブラック国家とホワイトハウスは政治的な概念だ。
国民からの借入金を国民の借金と定義する日本政府よって、
裏切られた経済は、1%の富裕層を達成した。
日本政府は、海外では表現の自由を求めながら
国内では秘密保護法を制定する。
悪党と保安官が織りなす
白・黒映画の安上がりの西部劇は終わらない。
その保安官は、人質一人1億ドルの日本人の相場を検討している。

リアリティ

未来は明日のことではない。
すでに始まっている現在でもない。
行動によって思考方法を変革するプロセスから生まれ
匂いや質感を伴う自己投影される
世界像(=リアリティ)である。
ほとんどの知識は、その世界像の生成には無縁である。

復興に多くの人々が関わりながら
それでいて被災者を孤独のままに置く
センチメンタルなこの方法を
心理学的に、経済的に、社会学的に、人類学的に
哲学的に、そして科学的に分析し批判しなければ
本当の幻想はやってこない。
現在への幻想は、
過去の欺瞞や未来の偽装からは
けっしてデザインできない。
絆という記号を作り出した映像作家や音楽家を
最初に分かりやすく批判するだけで終わってはいけない。
——–背後のプライムデザイナーという巨人を知らないで。

時間

過去は過ぎ去った未来であり、
未来はすでに始まっている現在であることは
時計を見ても分からない。
それらが区別できるのは、
相対性理論以外では、強迫観念しかない。

破壊実験

核分裂連鎖反応を人工的に起こす方法の発見は
国家権力が介在する巨大プロジェクト(=マンハッタン計画)
による成果であった。
原発爆発の科学的な原因究明と設計責任の公開を
前提とする国家プロジェクトを形成しないまま、
原子力に関わる日本の科学技術者たちは
原発爆発後も原発を再設計し、施工し再稼働することを選んだ。
想定外の出来事の場合は
すべて自分たちの失敗でないとする思考から
安全な設計方法は生まれない。
自動車や飛行機などの工業製品は
すべて破壊実験から安全性をデザインしている。
破壊実験に想定外は存在しないからだ。
日本の原発は、破壊後の人体の被曝実験を含めて実験済みである。

非同時的テクノロジー

そもそも軍事技術は非同時的である。
これまで軍事技術が民間で一般化するのは、平均30年後であった。
外洋上の兵站線で、
兵士の新鮮な食料を長期間保存するための冷蔵庫は
第1次世界大戦中のアメリカの海軍でより実用的に開発されたが、
100万台以上の冷蔵庫が一般家庭の台所で普及し始めたのは
1927年以後である。
現代の優れた軍事技術は特許出願されていない。
特許出願後に、特許審査請求の有無にかかわらず
特許公報で世界中に公開されるからである。
(例外的に、原爆の製造技術は第2次世界大戦後に
イギリスで特許出願されているのは、アメリカの覇権に対して
世界権力闘争内部での抗争だったにちがいない。)
この非同時的な戦略は、独創性の拡張よりも
より敵の殺傷能力をもった秘密裏の兵器生産の必要性から生まれている。
グランチの非同時的な戦略は
各国の特許制度を確立する前に確立されている。

帰還兵士

アフリカ分割以後のテロとは
自国内の自発的な非同時的な戦争なのである。
工業先進国内での非同時的なテロは、以下の条件で生成されている。
1. 差別的社会において、経済的な貧困以外の選択肢がない。
2. 祖国と地理的な隔たりがある。
3. 多国籍の移民のなかで、幼年期に支配者の言語を習得する。
4. 最初から帰還兵士として志願し、祖国での軍事訓練を受ける。
この条件はアフリカ分割の成功と引き替えに
自国に持ち帰ったタイムラグを伴う反撃のための条件だったのである。
帰還兵士を帝国主義が自動生成するエネルギーは
原因と結果をつなぐ歴史的なカルマなのである。

アフリカ分割という最大のテロ

アフリカの人々はヨーロッパの人々より
人種的・文明的に劣等であるという思考が
植民地獲得を正当化した結果、
産業革命後の鉄道や船舶を利用する前提で
アフリカ全土の分割を始めたヨーロッパのわずか7か国が
今回のフランスでの反テロ行為キャンペーンを始めた時
その首脳たちがデモに参加したのは
ヨーロッパ帝国主義の持続方法でしかない。
その帝国主義の持続方法は
今や搾取のための強大な軍備を備えた民主主義なのである。
アフリカ分割は
現在のアフリカ諸国の国境線の直線的な分割線から分かるように
他の大陸の国境線とは異なった方法で
つまり、大陸全体が明確な外部から<分断されて支配>されたので
内部と外部の激しい衝突の痕跡がないまま
最短距離を保つ直線でなされたのである。
しかし、いまその外部は自身の内部からの
激しい非同時的な衝突に出会っている。

同時性から非同時性へ

真に新しいことは誰も知らないから
同時的な競争は生まれにくい。
競争では、短時間を競うゆえに、しばしば古い道が採用される。
単独者として思考した場合
他者と同時的に新しい同じアイデアに到達することは不可能である。
独創性は、社会に同時性を求めないだけでなく
他者によるアイデアの評価にはタイムラグがあるから
意図的に評価を他者に求めない行為をどれほど持続できるかに関わっている。
(同時的な評価は、むしろアイデアの新規性の乏しさ、そして
しばしば革命性の排除を意味するだろう。)
学習が同時的競争意識と同時的な評価基準で方向づけられている限り
既成の知識の理解度の競争しか生まれない。
にもかかわらず、この同時的な競争方式が採用されやすいのは、
簡単に管理し予測しやすかったからであるが
この競争が科学研究分野で適用されば、独創的でも
そして、経済的でもなくなる。

同時的な学習

インターネットにあることや
本に書いてあることを話すと
すぐに検索できる時代では
真に思考していく人間以外は、より忙しくなるだろう。
———-互いに似るための同時的な学習によって。
宇宙のすべての出来事は
非同時的な思考によってのみ理解できる。

リセット(続)

燃料電池車は
ハイブリッドカーをリセットできなかった。
地球温暖化理論を歓迎する原子力エネルギー社会は
燃料電池車の購入に補助金200万円の税金を投入させるために
宇宙ではありふれた水素原子を石油から取り出すテクノロジーに
依存したからである。
ライト兄弟が人類初の動力飛行機の開発に
政府からの研究補助金をいっさい受け取れなかったのは
そもそも官僚に真に革命的なテクノロジーが理解できなかったからだ。
それはいまでも変わらない。
革命的なテクノロジーを政府がリードできた産業史は存在しない。

目的存在

夢には二つのタイプがある。
それを追いかけるタイプとそこから逃げるタイプと。
それを分かつのは
欲望(desire)ではなく、志(high aim)である。
志の高さを決めるのは
知性(intelligence)ではなく、動機(know why)である。
動機なき欲望をもとめる知性に具現化する夢、
つまり、独創性は宿らない。

燃料電池車

環境を変えたい時、
古い方法で変えると人間は確実に衰退する。
例えば、水素を石油から取り出して
水素ステーションを5億円で建造する似非エコ社会。

主観的な現実

現実とは、目の前に存在しているものと
それらを送り出している仕組みからデザインされている。
未来を暗く描けば、現在も暗くできる。
何も変わらないと感じて生きているのは
その仕組みが変わらないのではなく
そのように感じるようにその仕組みが
正確に機能していると考えられる。
政治経済が主導する非人格的な仮想化マシーンが描いた
かつての未来を頼りに生きているかぎり
主観的な現実は人間を何も変えない。
人々の傍観に消費されるエネルギーで
その仮想化マシーンは動き続ける。

強欲な法律家資本主義

STAP細胞の特許権を強奪するために
理研は独創的な研究者を退職金のない立場で雇用して
アイデアの独創性に関与していないにもかかわらず
論文の共同研究者に参画した時点で
実質的に個人としての特許権を放棄させている。
そして、懲罰的解雇(=自主退職に追い込む手口)によってそれは確定した。
彼らは、解雇する前にアイデアの独創性を
記号のテクノロギーに変換した後に
国際特許の審査請求をしたのである。
発明の才はないが、博士号というライセンスを得た科学研究者のほとんどは
強欲な法律家資本主義の下部構造に甘んじている。

プライムデザイナー

補助金という名誉と富の獲得のために
科学者の自由からの狡猾な逃亡が終わらないのは
核開発におけるプライムデザイナーは
科学者ではなく、グランチだからである。
プライムデザイナーは
最近はSTAP細胞の研究開発でも暗躍している。

狡猾な逃亡者ども

核分裂を使用しなくとも
電気エネルギーを作るための
地下資源はまだ十分に埋蔵されている。
実際、シェールオイル生産と投資を減速させられるほど
石油資源は有り余っているのである。
そもそも、石油が枯渇する脅迫からだけでは
原子力を選択させられなかったので
全地球的な地球温暖化理論がでっち上げられた。
研究補助金と権威を利用する科学者による地球温暖化の警告は
いかにもグランチらしい差し金である。
炉心溶解した複数の核反応は、この3年間だれも止められなかった。
これ以上被爆したくないが、被爆医療もないなら
そして、福島での被爆医療の開発を主導しながらの再稼働は
人間性が分裂しながらも利権を求めて結ばれる
産官学融合の<群れ>が他人の行動を恣意的に
変更し操作しようという操作主義的な犯罪である。

物質の遅延

テンセグリティだから軽くて強いわけではない。
むしろ、軽く強くしたいからテンセグリティになったのだ。
美しいテンセグリティは、最後にやってきたのであるが
美しい形態だけを複製しても生存には無関係である。
軌道エレベータ(Space elevator;重力エレベーター)は、
それを生産するために必要な強度を持つ素材が発見される前から
概念的に考案されている。
エレベーターのケーブルは地球に接近するほど
重力が増加して遠心力が弱まると同時に
より大気圏外に行くほど重力が減少し遠心力が強まる。
緯度が上がるほどケーブルにかかる張力が大きくなるが、
連続したケーブルのどの点でも張力が非同時的にかかるので
結果的に全体の遠心力が重力を上回るようにデザインできる。
したがって、基本的にはカーボンナノチューブによって統合された
最軽量のテンセグリティ構造であるが
まだ重力エレベーター用のナノチーブはまだ生産できていない。
電導性のないナノチューブが大気圏内外の紫外線に弱いだけではない。
連続したより長いナノチューブが完成していないのは
技術の問題ではなく、再び構造とパターンのメタフィジックスの問題である。
物質はつねに遅れてやってくる。

引力(gravitation)

重力と戦うことにエネルギーを使って
ついに構造を疑ったとしたら
その瞬間に張力を失うだろう。
張力は、重力の別名の
引力(gravitation)に等しい。
すべての圧縮材は互いに
引き寄せる作用(gravitation)を及ぼしあっている。

アイデア

世間について話し
出来事について話し
アイディアについて話す順番を逆にしないから
愉快なことを理解できない人間になるのである。
そして、アイデアがなくとも
成績を上げられる社会を形成するのである。

圧縮力的社会

われわれの社会システムでは、政治や経済は
ある種の大黒柱のような圧縮材として扱われている。
人々はそれを失う怖れから大黒柱を尊敬している。
表面材が構造を形成していないばかりか
圧縮材の一部を失うのは小さく
張力材の一部を失うのはさらに小さい
テンセグリティ構造が理解されるのは
すべての大黒柱への幻想が崩壊してからだろう。

脱・復旧

構造の多くは見せかけであり
その解析でさえ
多くの愚かさからの回避にすぎない。
でなければ、これほど多くの復旧からの復興は
存在しないだろう。
すべての復旧は過去のシステムの肯定にすぎない。
偽のシステムは本当に死ぬまでに何度も死ぬ。
真の破壊への条件が解析できていないかぎり
生きる条件はデザインできないだろう。