月別アーカイブ: 2015年2月

信用(reliance)

人を当て(rely)にしたいときは
その人を信頼(reliance)しないと
頼る(rely)ことはできない。
誰かに頼ることは、副作用(side effect)として
「縛り直す」行為を伴うのである。
この副作用を巧みに利用して
銀行は、金利を払える人だけを
信用(reliance)する経済システムを維持してきた。
その結果、お金に依存しはじめると
人間を「縛り直す」システムが作動するのである。

<もう一つのテクノロジー>1

生命圏の修復にかかるすべての修復費用と
生物的な損傷を十分に修復するための開発費用とを
負担する<もう一つのテクノロジー>がないま
核分裂の再開を議会制民主主義が採用する場合、
深い知識と高度な技術を必要とする
自然からのハッキングが開始される時なのである。
危機的なグランチからいつでも遊離し
自律的で包括的な人間の生存を生命圏で調和させるための
テクノロジーの探求ができる科学者は
個人的に実践可能な自律的な食料とエネルギー、そして住居の
基本テクノロジーを自然からハッキングしなければならない。
自然からのハッキングを
つねに<もう一つのテクノロジー>に統合するのは
予測的デザインサイエンスである。

放射的

科学とはテクノロジーの発見とその在り方を探求することであるが
権力は包括的なテクノロジーの在り方とその権限を科学者に委託しなかった。
まして、政治家には委託しなかった。
それが権力というテクノロジーの在り方なのである。
つねに権力的であリ続けるためには
そのテクノロジーは放射的なのである。
放射的とは、解離、拡散し、そしてそれらを隠蔽し、
けっして信頼を形成しないエネルギーのコントロールなのである。

情報について

人間の一生を支配するのは、運ではない。
知識や知恵を形成する情報である。
その政治経済の情報源だけではなく
科学的な情報源を絶えず間違った情報に組み替えれば
大多数の運命や知識、そして一生を支配できる。
教育もまた外部から宿った間違った情報によって
新しい教育の懐胎期間が人間の平均寿命以内とは限らない場合
暗黒時代(Dark Age)は容易に維持できる。