月別アーカイブ: 2015年2月

信用(reliance)

人を当て(rely)にしたいときは
その人を信頼(reliance)しないと
頼る(rely)ことはできない。
誰かに頼ることは、副作用(side effect)として
「縛り直す」行為を伴うのである。
この副作用を巧みに利用して
銀行は、金利を払える人だけを
信用(reliance)する経済システムを維持してきた。
その結果、お金に依存しはじめると
人間を「縛り直す」システムが作動するのである。

<もう一つのテクノロジー>1

生命圏の修復にかかるすべての修復費用と
生物的な損傷を十分に修復するための開発費用とを
負担する<もう一つのテクノロジー>がないま
核分裂の再開を議会制民主主義が採用する場合、
深い知識と高度な技術を必要とする
自然からのハッキングが開始される時なのである。
危機的なグランチからいつでも遊離し
自律的で包括的な人間の生存を生命圏で調和させるための
テクノロジーの探求ができる科学者は
個人的に実践可能な自律的な食料とエネルギー、そして住居の
基本テクノロジーを自然からハッキングしなければならない。
自然からのハッキングを
つねに<もう一つのテクノロジー>に統合するのは
予測的デザインサイエンスである。

放射的

科学とはテクノロジーの発見とその在り方を探求することであるが
権力は包括的なテクノロジーの在り方とその権限を科学者に委託しなかった。
まして、政治家には委託しなかった。
それが権力というテクノロジーの在り方なのである。
つねに権力的であリ続けるためには
そのテクノロジーは放射的なのである。
放射的とは、解離、拡散し、そしてそれらを隠蔽し、
けっして信頼を形成しないエネルギーのコントロールなのである。

情報について

人間の一生を支配するのは、運ではない。
知識や知恵を形成する情報である。
その政治経済の情報源だけではなく
科学的な情報源を絶えず間違った情報に組み替えれば
大多数の運命や知識、そして一生を支配できる。
教育もまた外部から宿った間違った情報によって
新しい教育の懐胎期間が人間の平均寿命以内とは限らない場合
暗黒時代(Dark Age)は容易に維持できる。

志願兵

生き方を自由に選べない構造は
死に方も選べない時に、もっとも強大になる。
しかし、例外的にこの構造には
自由意志で国境を越える志願兵が生まれる。
有志連合に参加したい日本政府は
自由逃亡者をテロリスト予備軍として
出入国管理で待ち伏せしたのである。

父と母

私の両親はともに広島で被曝して
特に母は半径1.5キロ以内での被曝に苦しみながらも
共に長寿であったのは
私がデザインサイエンスに挑戦してきたからではないかと思う。
デザインサイエンスはまだ当時の北アメリカ大陸でも
職業ではなかったから
その困難な挑戦を理解したわけではないが
生物として本能的に支えてきたのではないだろうか。
平和を求めたわけではなく
人間が生き延びるように
権力が作り出す全放射エネルギーに
直観的に対抗していたのだ。
それは子供が期待する家庭的な愛情とは異なっていた。
父は私が生まれるまでに30回以上も引越しをするほどの
モバイラーだったことにも関連しているだろう。
それを知ったのは死の2年前であったが
彼はテンセグリティシェルターの実用的な機能を深く理解していた。
全放射エネルギーに対抗できるモバイラーのマシーンとして。

軍事利用

優れた科学技術者は
原子力を平和利用として考えたが
軍事利用をさせない方法を用意しなかったのは
その多くが軍産学複合体(Military-industrial complex)に
軍事利用のために雇用されたからだ。

正月

春節とは、太陽と月が黄道面上で一致し
火星と天王星と木星、そして
土星と水星がその軌道面上に並ぶ時が正月である。
その優れた天文学を放棄したのは1872年12月3日であり
1873年1月1日の西洋暦に改暦された日だ。
明治維新期に西洋の制度や技術、文化に変換した日でもある。
そして現在、西洋の<後方支援>に夢中なのである。

無知

インターネットによって
無知が最も不幸になる構造を作ったが
何も知らないことが幸福であった時代は
存在していなかったことも分かった。

無と職業

人間は進化の過程で多様な可能性を探査しているから、
あらゆる個人は人と違ったことを経験している。
かつて存在しなかった新たな意味や価値を引き出したいなら
職業を最初に選ぶべきではない。
しかし、圧倒的な無の時間に浸っていなければならないだろう。
何もできない時間ではなく、何もしない時間に。
概念よりも物質が遅れてやってくるように
有用性よりも無の時間に耐えるのは
最初の重要なメタフィジクスだ。

シナリオ

テロのいいところが
戦争を拡大できることなら
戦争のいいところは
テロを憎むことから
法律や憲法も変えられることだ。

主観性

あらゆる科学的実験で
もっとも身近な安価な調達可能な素材は
自己である。
自己のテクノロジー(=自己規律)が
もっとも開発されにくい思考方法を教育することによって
客観性のために最初の主体的な主観性を
犠牲にする習慣が刷り込まれる。
すべての観察行為は
観察対象に影響を与えない、あるいは与えてはならないという
非現実的で主観的な立場を信じているのである。
同時に、科学を学ぶ学生のほとんどは
主観性は客観性を破壊するという怖れを抱いている。
こうして、科学に関する日本の教科書のような
退屈な書物が編集されていくのである。

権力構造(Power Structure)

科学テクノロジーのあり方を科学者が批判しないように
権力というテクノロジーの起源を哲学者が
分析しない時代にいる。
権力への批判だけでは
権力の起源を隠蔽した支配の歴史を存続させている。
分断し、分離するエネルギーをどれほど制御できたとしても
権力構造が求めているのは
物質を、出来事を、そして人間を分解し分離する
放射的なエネルギーである。
物質を、出来事を、そして人間をより豊かに結合していくのは
宇宙の統合的なエネルギーである。
———-距離を隔ててもつねに断面積がゼロの
重力(=万有引力)のように。

放射エネルギー

原子炉が溶けなければ
地下水で放射物質による汚染水は作れない。
その被曝量がほとんど
報道されなくなったのは
汚染水が流出する事故ではなく
最近は海に流しているからである。
原子炉の破滅的状態をコントロールする技術は
まだ原始的すぎるほどでもない。
何もないのである。
同時に、被曝線量の基準を100 倍にされても
だれも逮捕しない社会変革を成し遂げた。
溶解した原子炉の核反応は
ほぼ解放状態であり
権力は、そのあるがままの自然を
バイオスフィア内部に取り込んだのである。
権力は、本質的に
放射エネルギーを増大させる
もっとも効果的なテクノロジーなのである。
——————互いを分断し征服するための。

知性の原型

何を学んだかは重要ではない。
どうやって学んだかも重要ではない。
自分の興味が何かを知ることがなければ。
人間の興味は、誰かの知識からではなく
生得的な想像力から始まる
知性の芽生えにちがいない。
人間から原型を形成しない場合が
ほとんどの知性を作ってきている。
職業に結びついた興味のレベルは
集団のなかの条件反射でしかない。
知性は内部化した外部である。

エスプレッソマシーン

コーヒー豆を節約して
より美味しく早く飲める方法として
電気式の家庭用エスプレッソマシーンが
開発されたのは1961年頃であるが
原理が発明されたのは1世紀前の蒸気機関の時代だ。
当時のイタリアでは、
アフリカの領土分割で始まった内乱で
植民地で栽培されるコーヒー豆が決定的に高騰したためである。
私の実験では、ドリップコーヒーの場合と比較すると
約40%はコーヒー豆を節約できる(=コーヒー豆の粉費向上)。
コーヒー豆をより細かく粉砕することで
コーヒー豆の表面積を増大する技術は、
小麦の粉挽(グラインダー)の一般技術である。
そのグラインダー技術の開発がなければ、
エスプレッソマシーンによる新しいカテゴリーと
コーヒー豆の粉費向上は達成できなかった。
エスプレッソマシーンのように
愛する物事を物理的に包括的に改善できる人たちは
コーヒーが大好きな人よりも少ないが
コーヒーが大好きな人から生まれている。
アメリカやヨーロッパの中東の植民地における
石油の争奪戦争によって、原油価格をコントロールされ
内燃機関の燃費が最終的に飛躍的に向上するまでの
過程と似ているだろう。
優れた<生活器>の開発には半世紀以上を要したのは
彼らが戦争が大好きな人たちに
つねに直接的に間接的に<兵器>デザイナーとして
雇用されてきたからだ。
グランチのために働く<兵器>デザイナーは金銭的な誘惑に満ちている。

現金製造機

ハイブリッドカーでなくとも燃費は改善された。
補助金で大多数がハイブリッドカーを購入した後に。
大企業にとってエコカー減税という補助金は
手っ取り早い現金製造機である以上
技術革新が加速されたわけではない。
パソコンのように短期間に電子的な技術革命をしながら
安価にはなっていないからだ。
石油から取り出す水素で走る燃料電池車でさえ
技術のあり方に矛盾を引き起こしているままだ。

集団的自衛権の上納金

人質が殺されたから
安全保障のための法整備をするのではなく
安全保障のための法整備をするために
人質が殺される必要があった。
このドキュメンタリー映画を企画制作し
全世界に公開上映させるための
日本政府が有志連合へ上納した所場代は
2億ドルであった。
このドキュメンタリー映画は
9.11で企画が一時的に成功したが、
第2作のイラク戦争からは駄作続きの
法衣を纏った資本主義の<正義>シリーズである。

無為

逃避する時は、過去に
忘却する時は、現在を
絶望する時は、未来から思うと
より効果的である。
無為は、こうした時間の操作からは発見されない。

シナジェティクスからコズモグラフィーへ

25歳までにシナジェティクスを習得していても
古典幾何学の延長にすぎない。
ダイナミックなモデル言語の習得と
予測的デザインサイエンスの修行期間は
人類最長の12年間である。
もし、その単独者が37歳を過ぎて
精神的に経済的に孤立しないで
デザインサイエンスを継続していれば
彼はシナジェティクス原理を発見できているだけではなく
宇宙における人間の目的と無為に目覚めているだろう。

観察者

不幸な未来の遺伝子が
おカネになるのは
被爆者を観察する側に限られる。
科学的な観察者はまだ尊敬されながら
つねに権力側の傍観者になれるから。
彼らの仲間の技術者たちも
基準値を守る側にいないまま
汚染水をひたすら測定するばかりだ。
彼らはけっして客観的で科学的な行為から
生きてはない。

再稼働

金がなくならない
生まれた場所で生き延びる絆は
家族や故郷のためだとしても
科学的ではない。
分かっていたはずの
不幸な未来の遺伝子を持つのは
人間的でもない。
光のない静かすぎる春が来る前に
知識のない鳥や魚、そして無数の昆虫たちが
すでに知らせてくれている。

支持率上昇

罪の償いをさせるのは
法律システムであり
保安官気取りの政治家ではないからこそ、
悪党を懲らしめる西部劇の視聴率の上昇には
劇場公開用の単純化したシナリオが用意されるだけではなく
広告用の予告編まで事前に制作されていなければならない。

逃亡経済

正義はテロを憎むために使われるが
殺人は三日で忘れ、再稼働は三日で慣れる。
暴力なしでは生きられない
個人の、そして国家の
原始的な権力の姿を誰も見ないのか。
自由からの逃亡は
自由よりも豊かに見えた時だ。

致命的

手の指が火傷すれば
すぐに氷で冷やすだろう。
その同じ指が凍傷になれば
お湯で温めると細胞は死んでしまう。
氷でゆっくり温めなければならない。
温度と細胞の再生の関係は、反対称的である。
危機的な状況下で
しばしば、われわれが致命的な反応をしたのは
多数決を工作する条件反射である。

安全保障会議

解毒剤を飲むのは
間違って毒を飲んだ場合だけである。
人を騙して毒を飲ませ、
自分の調合した解毒剤の効果を知らせる場合は
計画犯罪である。

新しい傾向

誰かが新しいことを考えると、誰かが模倣する。
誰かが新しいことを始めると、誰かがやってくる。
つまり、新しいことは二人から
同時に始まっていないにちがいない。
しかし、一人では何もできない人が
二人以上集まる社会や調和を求める傾向を作り出している。
だから、だれも互いを批判しないのだ。
新しい傾向でさえ、孤立を怖れる保守性から生まれるのは
考える前に、他者の思考方法で生きてしまうからだろうか。
昨日までの目的を射止めた方法こそが
確実に支持される方法になりやすいからこそ、
行動さえも
その目的や意味からではなく
行動形式の破壊から免れているのだ。

反転システム

戦争は、憎むべき凶悪なテロの対極としてではなく、
その一部として存在する。
しかも、罪を償わせる<正義>として反転させる
基本的な記号システムなのである。
この反転システムは
例えば、天真爛漫な興味から生じる好奇心すらも
理系・文系に分離できる。

軍事技術者 2

軍事技術者の予備軍を教育するには
文系と理系に分離して教育するだけで十分である。
その分離によって
例えば、数学ができる学生は絵や音楽による表現に興味がなく、
芸術を志す学生は、数学や物理学への興味がないという
知の不自然な分化を自ら批判できないようになる。
こうした専門分化が権力テクノロジーの基本的な企てであることに
その予備軍時代からすでに無関心である。
専門分化への無関心さは、
文系と理系の棲み分けのための試験制度によって
決定的にされるのであるが、
こうした教育プログラムは巨大な軍事産業と
その暗黒資金を抱えているグランチが先導している。
専門分化と専門家に対するあらゆる間違った尊敬によって
この分離は確実に深く進行する。

軍事技術者 1

産業界や大学に、「金のためにはなんでもやる」という
技術者や学者が多くなった理由はなんだろう。
「金のためにはなんでもやる」技術に従事するには
軍事に関連する技術がもっとも有利である。
軍事技術には、原発も含まれる。
それらに従事する場合、戦争によって真の科学技術が発展するという
間違った刷り込みで専門家のプライドは保たれる。
しかし、「金のためにはなんでもやる」技術が
公然と優勢になるためには
エンジニアから発明の才を引き出す
<内部の誠実(integrity)>さが
若い時にすでに衰退していなければならない。

自己のテクノロジー

妥協することなく
反権力に接近する技術(=テクノロジー)があれば
クラッカーか、テロリストになれる。
妥協することなく
ノウハウに精通する技術があれば
ハッカーになれる。
妥協することなく
技術を発見する技術があれば
発明家になれる。
あらゆる権威を否定して
妥協することなく
自らの動機に接近する技術があれば
包括的な科学者になれる。

想像力

テロリストの取材はかなり困難になったばかりか
その国家から志願兵は誰一人帰ってきていない。
国家(nation)とは、国境線ではなく
想像力(=image-nation)から形成されている。
想像力の欠如は武力で補われる。

軍産学複合体(Military-industrial complex)

死者に対する最高の手向けは
悲しみではなく報復ならば、
彼らも賞賛する立派なテロリストだ。
自分ではだれも殺害しない
武器商人組合員(=軍産学複合体)の手口に
騙されないはずだが
それがなかなか難しい。
この戦争のシナリオでは
民間企業の参加による雇用確保と価格と株価の安定をもたらす
軍需産業の利点が
住宅ローンと奨学ローンを抱えた人々から支持されるからだ。

正義

優れた仕事の報酬はより大きな仕事を望んでいる。
<罪を償わせる>手段として
人道支援はあり得ない。
テロへの報復として
武力による威嚇又は武力の行使が
国家を安全に保障できる。
強欲な正義は、国外で偽造された。

条件反射的な結末

国権の発動たる戦争を正当化するためには
政府工作員の処刑ではなく
フリージャーナリストの殺害を非難する
条件反射的な世論が必要だった。
テロ行為に屈しないならば
そして、こうした心理操作にも屈しないならば
<罪を償わせる>手段として
武力による威嚇又は武力の行使は
憲法に違反するという考えから
反条件反射的な行動が生まれる。