月別アーカイブ: 2015年3月

「事実無根」国家

小説は虚構である。
映画も同じである。
政治は、嘘のシナリオをメディアを使って現実化する。
新聞もテレビも、そのシナリオを
自主的に忠実に報道しているだけである。
報道の自由は、権力によって守られているので
嘘のシナリオ以外はすべて事実無根を根拠にして
拡大できる。
優れた嘘をこしらえるシナリオライター達の養成に
軍事費が使われているのが彼らの最大の弱点だ。
「事実無根」は権力欲で維持されているだけだから。

シナジェティクス焚火

静止している部分はどこにもない
炎の安定を望むなら、
動的な平衡を理解しなければならない。
例えば、丸太だけで、ベルヌーイの流体理論を
応用した炉心と煙突は形成できる。
私は発明したこの焚火の方法は
濡れた倒木の丸太しか手に入らない森の生活では不可欠である。
焚火の調整可能な炎と遠赤外線によって
調理のためのエネルギーと乾いた服
そして、温められて開いた毛細血管を得ることができる。
そして、春の星空の下で
深くて厚いダッチオーブンから
サツマイモと里芋や、かぼちゃの丸焼きは
すべてのレシピと調味料を遠ざけるだろう。
原型的なデザインサイエンスの遂行には
シナジェティクス焚火は不可欠である。
しかし、見覚えのない炎の記憶が呼び戻される
このシナジェティクス焚火とその原理を習得した人は
人類でまだ数人もいない。

ニーチェの馬

3.11以後、天安門事件の時より
厳しい報道規制をかけたメディアに
報道の自由は最初からなかったのである。
その後、彼らは自主規制に見せかけながら
グランチの報道官に変貌することで
身の安全と永続性を優先する行為によって
真実はいまも被曝しつづけている。
メディアの自由からの逃避によって
やがて勝ち馬に乗り遅れた人々の
生活が押し寄せる。
水と米と塩を買わなければ生きていけない場所に
閉じこめられたまま。

戦争機械

ジャーナリストが
ジャーナリズムにプロが必要だと考えている理由は
表現の自由を維持するためには
スポンサーに取材費を負担させる
資格(優れた情報収集能力と分析力に対する)が必要だと考えているからだろう。
プロのデザイナーにクライアントがいるように。
しかし、ジャーナリストの表現の自由には限界がある。
解雇されたら仕事がなくなる怖れを自ら克服する自由が
最初に除外されている専門分化の階層構造に住んでいるからだ。
資金を提供する側が最終的な意思決定力を持っているかぎり
すべての専門分化を自負する人々に、プライムデザインは存在していない。
そして、軍隊のない資本主義が存続できない政治指導者たちの怖れから
見えない戦争機械は、日常的に無意識に広範囲に製造されて
インストールされている。
つまり、あらゆる職業がいずれ絶滅するように
宇宙のテクノロジーが漸進的変化を遂げていくなかで
名誉と生活費を稼ぐ専門家たち、つまり戦争機械は確実に黄昏て行く。
それを危機的に感じないのは、
<unknown>を自覚した無数の群れにいない自律した個人である。
無力な専門家がうごめきながら死に絶えていくこの地球惑星は、
遠隔操作される火星よりはまだ希望がある。

二重性

感じたことをいかに隠せるかを
学ぶのは、早い時期だ。
本に書いてあることを
いかに自分の考えとして表現できるかを
習得するのはそれほど難しくない。
これらの二重性は、群れとして生存するための
条件反射から形成される。
独創性は、この表面化させたくない内面の葛藤なくして
引き出せないのではなく
群は統合された宇宙の知性には到達できないのである。
あるがままの存在は
いたるところに存在しているにもかかわらず
それらに包まれて生きる場を
人々が自ら拒んでいるシステムがあるかぎり。

客観的エスプレッソコーヒ

エスプレッソコーヒを飲むと
その刺激がどれだけ強く激しく依存する関係を生むことを理解するには
エスプレッソコーヒを3日間だけ飲まないで生活するときの
激しい偏頭痛を経験しなければならない。
しかし、激しい偏頭痛の原因を
その刺激と関連づけることができない場合
人々はコーヒを再び飲み続けるだろう。
だから、心が敏感で感覚的に澄んでいるときに
エスプレッソコーヒを飲む重要な実験はほとんど困難なのだ。
この操作主義の実験には、外部と内部の観察者が必要だ。
先週私は、幸運にもその両方の実験に成功したばかりだ。

時間

人がそれぞれの速度で歩くように
それぞれの時間が過ぎていくように見える。
異なった自己を発見すると、時間も入れ替わっている。
朝起きた起きた時、昨日までの時間と同一であるとは限らない。
しかし、時間自体の速度は生きている間は
分からないようにデザインされている。

バージョンアップからの離脱

シナジェティクスは
幾何学をバージョンアップしたのではなく
それを陳腐化したように
包括的な思考は、しばしば
惑星地球上の古い思考形式を支えてきた諸概念を
絶滅させる思考のテクノロジーを発見する。
それらの絶滅は危惧すべきではなく
その起源とともに忘却できるのである。
新たな生存形式との調和のために。

絶滅(extinction)について

ある技術がそれまでの技術を陳腐化すると
発明(invention)と言われる。
ある概念から社会的にも新たな価値を創造すれば
変革(innovation)と言われるだろう。
ある生物種が滅びると絶滅と言われる。
ある言葉が使われなくなると死語と言われてきた。
人間は、他の生物が絶滅した後に誕生し、
さらに他の生物を絶滅させてきたように
人間を絶滅させるために開発された核分裂兵器の性能を
より高性能にするための原子力発電は
廃炉にする技術もないまま、税金で製造されているが故に
絶滅させるべき技術であると同時に
原子力発電という概念は死語にするべき言葉である。
(水蒸気でタービンを回転して発電しているかぎり
発電の基本構造は蒸気による蒸気機関である。)
反核や反原発からは、発明や変革は生まれない。
絶滅(extinction)は、それ自体が先験的な宇宙のテクノロジーである。

観察者

未知なる存在は、
自然に含まれるが
自然は、
さらにシナジーに包括される。
部分から推測できないシナジーの働きを発見するまで
観察者に<全体>が存在しないのではなく
観察者が<全体>に含まれるまで
不可欠な<部分>は存在しないのである。

産業

経済が優先という考えが、産業の進化の過程で著しい障害となる。
これほど根拠のない、しかし、大多数に支持される考えはない。
産業は、少数の人々のアイデアと直観から膨大な富を形成している。

ハードウェア

3Dプリンターは日本の金型産業を破壊するために
CADと共に開発されてきた。
3Dプリンターは
アジア人の手という思考する精密機械と
絶縁させるために工作されたのである。
アイデアのコピーレフト化よりも
ハードウェア全般の自由化へのイニシアティブは
人間がより自由であるかどうかにかかっている。

物質化された瞬間

テンセグリティは美しい。
張力材が数カ破断したテンセグリティはもっと美しい。
誰にも気づかれないように、ほとんど元の球状を維持している。
局所的な、しかし決定的な破壊に対する概念の牢獄から解き放たれて
部分と全体の絶えざる不可視の相互作用を感じとれたなら
張力の理解が物質化された瞬間がやってくるのである。

黄食人種

ウリ科のカボチャは、白い皮の伯爵がもっとも美味しいのは
糖分が多く含まれているからだろう。
カボチャの種は、初夏にコンポストの近くに
無造作に植えても簡単に発芽しはじめる。
夏の終わり頃、一個の種から平均5個程度のかぼちゃが収穫できる。
カボチャを栽培すると雑草がほとんど生えないのは
茂った雑草に覆い被さって、分厚い大きな葉で太陽光を遮り
その成長を阻むほど強い植物だからだ。
誰でも容易に無農薬自家栽培できるので
私は朝食用の豆乳入りのカボチャスープにしている。
どんな野菜よりもカボチャを食べるので
カロテンやビタミン類を経済的に摂取できているだけではない。
人類が生物学が発見する前に、酒を醸造しなかったどんな民族も存在しない。
深い圧力鍋でカボチャをほぼ丸ごとを短時間で調理できるから
カボチャと酵母菌から焼酎を簡単に醸造する方法もある。
酵母菌は糖分があれば何でも酒にする。
雑穀類、ジャガイモ類、とうもろこし、樹液、蜂蜜、果汁から
平均60%のアルコールが収穫できる。
(無濾過の焼酎を水で薄めて30度以下で製品化するのは
アルコールの度数に比例した酒税法のためだ。)
カボチャは長期間保存できる野菜である。
メキシコの洞窟の紀元前7000~5500年の地層から
カボチャの種が発見されている。
先人たちもほとんど同じ理由と方法で生きていたからだろう。
こうした黄食人種はきっと火星でも、再現されるにちがいない。

ステップアウト

社会の生産性と不可分な形態美から逸脱する方法なくして
峻烈な原理の探査方法が確立できないならば、
美的価値が新たな機能の形成後に生まれることを
知るだけではなく
メタフィジックスからの物質化を企てるために
群れから遠く離れた場所にいなければならない。

模倣

バックミンスター・フラーのシナジェティクスモデルを再現するより
シナジェティクス原理を模倣するほうがはるかに知的である。
宇宙の原理は、非人格的で
そして
非形態的であるから。

経済的

お金をより使わない暮らし方を支えている人々は
経済的とは言えない暮らしをしている。
より安く生産する側は
知恵と物理的な手段がいるので
大抵は経済的ではない方法に陥っている。

雑草を食べない牛

人間が牛を食べ始めたから
牛は雑草ではなく
穀物を食べ始めたのではなく
アマゾンの森林は大豆畑にされ始めたから
中国人が牛肉と大豆を買い占めたのではなく
人間が直接大豆を食べないように
そして、人間が牛のために雑草を栽培しないように
モンサント社が雑草よりも
大豆の遺伝子組み換えを始めた訳でもない。
牛は本来穀物を好んでは食べないことを
そして、その苦しみを人間が無視したからだ。
大豆を食べない人間が
雑草を食べない牛をお金にしているかぎり
植物と人間の関係の生態学的な無知から
すべての食料不足が生産されている。
石油埋蔵量の間違った刷り込みから
ハイブリットカーが生産されたように
肉食も人類の食の自発性から形成されていない。

シナリオ生活

生きているときに
忘れているのは
生きているだけで
十分に幸福であるという瞬間である。
他人を利用していながら孤立する複雑な人々は
より大きく彼らを支配するグランチに依存する生活によって
幸福になれるという幻想に浸り続けている。

直観期

絆どうしは絶えず未来について語り合うが
<半減期>の未来とは無縁だ。
未来で再開するのは、愛情ではなく
放射エネルギーの渦にすぎない。
絆は愛情を騙すエネルギーに変換されていることに
気づかないほど、われわれの<直観期>は確実に衰退している。
それが原発で被曝する前からだとしたら
敗戦の構造の現れにちがいない。

一番騙し易いのは、弱い自己ではなく脳である。
感じないようにしている場所が騙されるのである。
脳は言語というフィルターがない場所を求めている。

失敗しないシステム

被曝の報酬は除染の仕事だ。
それが一番うれしい人々は
原発を再稼働して、復興するだけでは物足りない。
地震の予知をしながら
オリンピックをしたいのだ。
それらのすべての報酬を税金で支払う
失敗しないシステムは
原発が爆発してもふたたび自然災害にできるから。

もう一つのテクノロジー

国内の空中での核分裂の実験は
ヒロシマから始まってフクシマで完成した。
目的がどうであれ、基本的なテクノロジーの作用効果は
大気圏内の爆発に伴う殺傷可能な放射エネルギーと
被曝物質の拡散によって、長期的に証明できるのである。
生命圏の修復にかかるすべての修復費用と
生物的な損傷を十分に修復するための開発費用とを
負担する<もう一つのテクノロジー>がないま、
核分裂の再開を議会制民主主義が採用する場合、
生命圏の修復にかかるすべての修復費用を除外する
テクノロジーを解体することは、
科学的知識とモラルを欠いた政治家や専門家ではなく、
そして、科学者の課題ではなく、
もはや法律ではなく、
個人の想像力なのである。
想像力こそ、自然からハッキングされた
原初的なテクノロジーである。
あまねく宇宙では、それは
重さのない誠実さ(integrity)に変換可能である。
2015.03.11

シナジェティクスの操作主義

構造とパターンを相互に調整する言語は
シナジェティクスによる
新たな操作主義である。
その言語は数学言語に翻訳可能だ。
デザインサイエンスは
最も効果的な構造とパターンを物質に変換する
すべての方法に関わる。
このシナジェティクスの操作主義の有効性は
もっとも知的なプロトタイプで実証されるだろう。
時間とエネルギーと物質を最小化した
トリムタブとその形成方法において。

モデル言語

シナジェティクスに解説はいらない。
原理を発見するのみである。
それを物質化するすべてのプロセスに関わる
デザインサイエンスは
原型を3Dプリンターで担うプロダクトデザインとは
大きな違いが生じるだろう。
モデル言語の形成はメタフィジクスの側にあって
3Dプリンターやかつてのモックアップには依存していないからだ。
シナジェティクスとデザインサイエンスとの境界線は
モデル言語の形成によって原型を物質化していく行為によって
より曖昧になるのである。
原型の物質化は
Doing more with lessを加速する数学によって統合される。

包括性

自然はテンンセグリティ原理を
細胞の構造にも筋膜と骨格との相互作用にも応用してきたが
建築家は人類の住宅の基本構造への応用は不可能だと考えている。
テンセグリティ原理の発見からその応用の可能性が
決定的に遅延させられてきた原因を知る機会が乏しいのは
自然の構造を専門分化するその方法が影響してる。
テンセグリティほど
知の包括性を内包している構造は他には存在しない。
それゆえに、自然を分割した専門家によって
未だに構造解析ができないのかもしれない。
航空力学は、死の危険を伴った無数の有人の飛行実験から体系化された。
構造解析には実験の結果を
論理的に解析する以上の機能はないのである。
もっとも重要な構造のモデル言語は
構造の解析行為からは生まれていない。
構造を支配しているのは、自然の構造を定義するメタフィジクスである。

有用性の進化

テンセグリティシェルターは
超軽量で、組立と分解が容易で
断熱性と耐候性、強度と剛性があり
そして、経済的に維持できる
自律的なエネルギーシステムを備えている。
それが、人々の生存にもっとも有用であるからである。
大規模な緊急時に移動に鈍い哺乳類は絶滅する可能性がある。
テンセグリティシェルターは緊急災害用としてデザインされてはいないが
短時間にモバイル可能である。
しかし、住居のモバイル機能の有用性は
ライフスタイルからよりもテクノロジーの進化の非同時性によって
引き裂かれている。
99%の人々は、地震と津波の怖れから
バージョンアップした鉄とコンクリートの壁の部屋を
これからも選ぶだろうから。
————-生き残りをかけて洞窟に再び帰るのだ。

非同時的な飛躍

理解には越えられない固有のタイムラグがある。
毎日少しずつ努力するのは儒教的な習慣であり
真の理解にはそれほど効果はない。
目的に接近する生産性を改善するよりも
目的に接近する方法に変化が生まれる時に
必要とされる物事の形成に飛躍が生まれる。
しばしば真の飛躍は
人間の考えた方法を超えた時にやってくる。
そして、その構造と意味の劇的な変容を理解するための
不可避なタイムラグが生まれる。
非同時的なタイムラグこそが生命の解体期間だ。

概念の死

新しい経験から新しい概念はすぐには生まれないが
優れた研究開発のほとんどは
先行する概念の破壊過程に関わっている。
その作業履歴は、結果よりも重要である。
なぜなら、自然はどのプロセスにおいても
自らをけっして陳腐化しないから。

テンセグリティシェルターの
張力の調和のために
風(時には嵐)は不可欠である。
テンセグリティにおける外力を分散するときの
システムに調和した振動数に変換する機能こそ、
張力と圧縮力によるシナジーの物質化である。
自然の構造は動くことでより安定する。
この楽器の演奏者は、その住人ではなく風である。
結晶構造でさえ、結晶格子が振動しながら
自ら電磁波(Thermal radiation)を発生する。

コズモグラフィー

自分と自分以外のすべて以上の
物質と生命は存在しない。
鉛筆と消しゴム、磨り減った机、
埃や岩石、自転車の影、
遠くの錆びた戦車と近くの靴底、
真夏の雑草の表面温度と地表温度、
そして、汚れたラジエータや測定した北風と
爆破された偶像や見えない太陽黒点すらも
<自分>以外のすべて。
そのすべての環境に関心が向けられる時
すべてを包み込む関係が生まれる時が
<宇宙の中の人間>が始まる瞬間だ。
自分を内部と外部から非同時的に見る
コズモグラフィーによって。

自然のデザイン

計画的な改善は、やがて発明へと開花する。
しかし、予期しない原理に導びかれる過程で
はじめて自然のデザインの存在に気づく。
自然のデザインを深く理解するには
しばしば社会的言語との絶縁とその苦痛を伴うだろう。
しかし、この自覚の芽生えから
再び予期しない計画的偶然に出会えるように
探査に伴う孤独さえも受容できるにちがいない。

火星移住計画

食料やエネルギー、住居の
生産方法とその過程から隔離された
静かで豊かなライフスタイルが
絶望的な生活のはじまりだとは想像できない人々の対極に
火星移住計画がある。
火星でのライフスタイルは
ハイテクだが前例のない動的な第1次産業から始まる。
遠隔でバイオスフィが複製されるかぎり
微量元素の大地に依存した農業なしでは、
火星の大気圏内では人類の生命維持はできない。
火星移住計画で水耕栽培がついに否定されたのは
コストや管理技術の問題ではなく
生命維持において、
微量元素に依存したエコロジーの神秘を受け入れたからである。
地球惑星での限界集落化する村々への
定住促進に伴う静的なすべての概念が打ち砕かれるのは
神秘を否定した地球惑星での静的な農業さえも、短命であるからだ。

関係

そのすべての環境に関心が向けられる時
すべてを包み込む関係が生まれる。
その関係は無数だか数えられるだろう。
数えられる関係こそが
人間が知らない<他>を愛する時間だ。
知らない<他>は
理解できない70億の人間の
無限の時間からは生まれない。