月別アーカイブ: 2015年3月

「事実無根」国家

小説は虚構である。
映画も同じである。
政治は、嘘のシナリオをメディアを使って現実化する。
新聞もテレビも、そのシナリオを
自主的に忠実に報道しているだけである。
報道の自由は、権力によって守られているので
嘘のシナリオ以外はすべて事実無根を根拠にして
拡大できる。
優れた嘘をこしらえるシナリオライター達の養成に
軍事費が使われているのが彼らの最大の弱点だ。
「事実無根」は権力欲で維持されているだけだから。

シナジェティクス焚火

静止している部分はどこにもない
炎の安定を望むなら、
動的な平衡を理解しなければならない。
例えば、丸太だけで、ベルヌーイの流体理論を
応用した炉心と煙突は形成できる。
私は発明したこの焚火の方法は
濡れた倒木の丸太しか手に入らない森の生活では不可欠である。
焚火の調整可能な炎と遠赤外線によって
調理のためのエネルギーと乾いた服
そして、温められて開いた毛細血管を得ることができる。
そして、春の星空の下で
深くて厚いダッチオーブンから
サツマイモと里芋や、かぼちゃの丸焼きは
すべてのレシピと調味料を遠ざけるだろう。
原型的なデザインサイエンスの遂行には
シナジェティクス焚火は不可欠である。
しかし、見覚えのない炎の記憶が呼び戻される
このシナジェティクス焚火とその原理を習得した人は
人類でまだ数人もいない。

ニーチェの馬

3.11以後、天安門事件の時より
厳しい報道規制をかけたメディアに
報道の自由は最初からなかったのである。
その後、彼らは自主規制に見せかけながら
グランチの報道官に変貌することで
身の安全と永続性を優先する行為によって
真実はいまも被曝しつづけている。
メディアの自由からの逃避によって
やがて勝ち馬に乗り遅れた人々の
生活が押し寄せる。
水と米と塩を買わなければ生きていけない場所に
閉じこめられたまま。